デイトレ・デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

初歩からの株式投資講座
初歩からの株式投資講座:初心者からプロまで充実の講座内容
デイトレ初心者のためのデイトレード入門講座お申込み
ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(06/30) 信用取引貸借倍率表(06/24) 外国人投資家動向

平成28年07月01日(金)


 6月30日現在海外相場
NYダウ 17929ドル +235ドル
ナスダック指数 4842P +63P
CME日経先物 15730円 +220円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎NYダウ3日続伸

米国株が戻しています。英国のEU離脱決定で先週末、週明けとNYダウは870ドル程度下げましたが、その後の3日間で9割方戻す動きです。方や日経平均株価と言えば、先週末の24日に1286円安でその後昨日までで623円反転しています。水準的にはまだ半分も戻していない感じですが、米国株に連動する動きを期待するのであれば16000円台近辺まですんなり戻しても良いのかも知れません。

足元で「リスクオフ」の流れが止まった感じがあるようで、今朝も為替市場では円相場が1ドル103円台に乗せる動きとなっています。こちらも先週末の急激な円高の動きからやや落ち着きを取り戻した状況で、特に円安に再度戻すと言ったムードは少ないものの、逆に円を買い直すだけの材料もないようで、一旦はポジションを手仕舞うと言う流れになっていると言えそうです。

リスクオフの流れがこのまま止まるのかと言えば、そんなに事は簡単ではないようで、やはり英国EU離脱と言うキーワードが世界の金融市場を再度混乱に引き込むか分からないと言う不安は常に付きまとっているようです。今朝も外国為替市場で英ポンドが急落しているようで、対ドルで一時1ポンド1.3240〜50ドルまで売られています。英イングランド銀行(中央銀行)のカーニー総裁が講演で「夏にかけていくつかの金融緩和策が必要になりそう」と述べています。英の欧州連合(EU)離脱決定による景気の悪化懸念に対応するもので、市場では追加緩和策の思惑が高まり、ポンド売りにつながったとのことです。

そもそも英国自身はEUを離脱しなくても経済はさほど良く無かったのですが、EU離脱で更に経済悪化が鮮明になるとの見方が出ているようです。加えて、英国内ではスコットランドが独立をと言う国民投票を実施しようとする動きや他のEU残留支持派の地域の独立を目指す流れに拍車を掛けることになるのではないかと言った懸念が浮上しています。唯でさえ悪い英国経済ですから、ここで英国崩壊、なんて話になれば、他のEU諸国にも影響は必至で、欧州経済危機、そして金融危機と言う話も持ち上がって来る可能性は捨てきれないと言うことになります。

そんな状況ですから米国株が3日続伸、円相場が103円台と通常であれば、先高観がぐっと広がるのですが、皆おっかなびっくりで上値を買っている動きだとすると、日経平均株価16000円台達成は何か特段の支援材料がないと難しいと言うことになりそうです。

●3653 モルフォ

 携帯電話用の画像処理ソフト開発のベンチャー。国内携帯から海外スマホ向けに軸足を移す。平成27年10月通期の業績は売上高は、20.37億円(前年度比45.0%増)営業損益は7.42億円(同151.4%増)。また、経常損益については、7.85億円(同138.4%増)となった。当期利益については、6.04億円(同95.5%増)とななった。直近の円安傾向により主として保有する外貨預金及び外貨建債権の評価替による為替差益を計上した。また、売上原価、販売費及び一般管理費について、集中と選択が功を奏し、新規投資余力の拡大をした結果、営業増益となった。又、法人税等、繰延税金資産を追加計上した影響で、当連結会計年度は増収増益となった。

●4593 ヘリオス

iPS細胞使う眼科用再生治療薬を開発するバイオベンチャー。大日本住友製薬と共同開発。15年12月期の業績(15年1〜12月)では売上高は0.98億円(前期比64.9%減)、営業損失は10.6億円(前期は5.68億円の営業損失)、経常損失は9.87億円(前期は4.7億円の経常損失)、純損失は9.58億円(前期は4.77億円の純損失)となった。再生医療業界においては、再生医療等製品の実用化に関して、新制度の運用及びiPS細胞を用いた治療に関するエビデンス(科学的根拠)の蓄積の両面で大きな進展が見られた。同社はiPS細胞を培養・分化誘導して作製した人体組織と同等の機能を持つ再生医療等製品の開発を中核的な事業領域と位置付けている。iPS細胞を使った目の難病「加齢黄斑変性」の治療法の実用化を手がけており、これはiPS細胞を使ったヒトへの移植として、理化学研究所が14年に世界で初めて行った治療法で、これまでに培ったノウハウを肝臓再生向けの治療法に活用する。
こだわりレーティング
6月30日(木)分

●7202 いすゞ自動車
ドイツ証券
投資判断 「Buy」継続
目標株価 1400円から1650円

●6758 ソニー
マッコーリー 
投資判断 「OP」継続
目標株価 3200円から3450円

●1801 大成建
みずほ証券
投資判断 「買い」継続
目標株価 850円から1000円

●2398 ツクイ
みずほ証券
投資判断 「買い」継続
目標株価 1800円から2300円

ヒストリカル
01/04 01/05 01/06 01/07 01/08
01/12 01/13 01/14 01/15
01/18 01/19 01/20 01/21 01/22
01/25 01/26 01/27 01/28 01/29
02/01 02/02 02/03 02/04 02/05
02/08 02/09 02/10 02/12
02/15 02/16 02/17 02/18 02/19
02/22 02/23 02/24 02/25 02/26
02/29 03/01 03/02 03/03 03/04
03/07 03/08 03/09 03/10 03/11
03/14 03/15 03/16 03/17 03/18
03/22 03/23 03/24 03/25
03/28 03/29 03/30 03/31 04/01
04/04 04/05 04/06 04/07 04/08
04/11 04/12 04/13 04/14 04/15
04/18 04/19 04/20 04/21 04/22
04/25 04/26 04/27 04/28
05/02 05/06
05/09 05/10 05/11 05/12 05/13
05/16 05/17 05/18 05/19 05/20
05/23 05/24 05/25 05/26 05/27
05/30 05/31 06/01 06/02 06/03
06/06 06/07 06/08 06/09 06/10
06/13 06/14 06/15 06/16 06/17
06/20 06/21 06/22 06/23 06/24
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

PHS


カブーフレンズ見本