デイトレ・デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

初歩からの株式投資講座
初歩からの株式投資講座:初心者からプロまで充実の講座内容
デイトレ初心者のためのデイトレード入門講座お申込み
ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(09/21) 信用取引貸借倍率表(09/16) 外国人投資家動向

平成28年09月23日(金)


 9月22日現在海外相場
NYダウ 18392ドル +98ドル
ナスダック指数 5339P +44P
CME日経先物 16755円 +25円
 9月21日現在海外相場
NYダウ 18293ドル +163ドル
ナスダック指数 5295P +53P
CME日経先物 16505円 −225円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎連休の谷間

 日銀による金融政策決定会合、そして米連邦準備理事会(FRB)による米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表と、日米の重要な金融イベントを通過し、為替・株式はそれなりの変化を遂げたと言えそうです。日米ともに結果は現状維持の格好になりましたが、ただ、日米ともにこれまでの金融政策の姿勢を若干方針転換したとも言えます。

 日本はこれまでの量的な緩和から金利での緩和姿勢に変化させると言うことで、米国FRBは年内の利上げは1回程度あるにしても来年以降の利上げのペースは想定よりも緩やかなものになるとの観測が市場に出ています。実際にそれぞれのトップ(日銀総裁とFRB議長)の会合後の発言を見る限りでは、市場はそう受け止めたと言うことになります。

 この結果を受けての、為替は1ドル100円台前半、米国株は連日の高値更新で、日経平均株価は16000円台後半と円高で上値が重いものの、米国株高を好感する動きもあり、下値も固いと、やや方向感が失われた感があります。テクニカル的には日経平均株価が下値75日移動平均線である16300円台で下値を固める動きになった事は、意外に底固いと感じる向きは多いのかも知れません。75日線、最高かよ!と言う感じで、後は200日線の16800円台、そして17000円大台回復と言うシナリオに向けた動きを期待することになります。

 その為にはある程度の為替市場の円高を食い止める動きから円安に修正される動きを待つしかないかも知れません。さすがに1ドル100円、或いはそれ以上の円高で、仮に100円を割り込むような動きになった場合には、幾ら米国株高でも日本株安を阻止するのは難しいのかも知れません。ただ市場関係者の多くは100円割れでは、政府の介入があるだろうし、祝日にも関わらず、円高になったことで大慌ててで政府日銀、財務省辺りの役人連中が会合を持ったところを見ると、その姿勢を見せると言うパフォーマンスを演じたと言うことなのかも知れません。

 世間は東京都の豊洲市場移転問題ばかりに注目するのですが、この日米の金融政策の決定は、今後の日本経済にとっては需要な問題となりますから、この辺りにも焦点を当てて欲しいところです。国民の声をと言うことではないにしても、円高が日本経済に打撃を与えると言うことになれば、豊洲問題など比ではないと言うことになります。でも豊洲問題は個人的には今の築地市場を改築し、豊洲のでっかい建物はカジノを含め、複合娯楽施設に変えて、外国人を呼び込む起爆剤にしたら良いんじゃないかと思うのですが・・・

●6182 ロゼッタ

人工知能とWeb検索活用の自動翻訳サービス・ソフトを提供。専門的な産業向け翻訳に特化。企業などから文書の翻訳を受託する。特許関連の資料や専門的な論文など対象は様々で、2015年2月期は連結営業利益の5割強を翻訳受託が占めたが、成長事業として期待するのは独自開発の自動翻訳ソフト。顧客は定額料金を支払えば、クラウド上でソフトを自由に使って文書を翻訳できる。同事業が営業利益に占める割合は前期で2割。今期は3〜4割に高める。自動翻訳ソフトは人工知能を活用し、顧客が使うほど翻訳の精度が高まる自動学習機能を持つ。「人間による翻訳に対して6〜7割の水準まで精度が高まった。25年までに人間とほぼ同等にする」。企業の海外進出の拡大に伴い、自動翻訳ソフトの需要は着実に高まっていくとみれている。

●2183 リニカル

CRO(臨床試験受託)が主柱。臨床試験後期が得意。CSO(医薬品営業受託)育成、海外展開も。経験豊かな臨床開発モニターを中心に、新薬開発のコアな領域と業務に特化し、高精度なデータをスピーディーに提供できる体制を構築。さらに、近年では規模拡大が進む国際共同治験に対応すべく、日本窓口をハブ拠点として、アジア・欧州・米国を舞台に世界規模の新薬開発支援体制を整えている。同社は5月12日に16年3月期(15年4月〜16年3月)の通期業績予想を上方修正している。売上高は75.1億円から76.66億円(前期比57.3%増)、営業利益は17.24億円から20.12億円(同2.3倍)、当期純利益は10.78億円から13.3億円(同3倍)へ修正。

こだわりレーティング
9月21日(水)分

●トヨタ紡織(3116)
クレディ・スイス 
投資判断 「OP」継続
目標株価 2800円から3000円

●第一生命(8750)
クレディ・スイス 
投資判断 「OP」継続
目標株価 1400円から1720円

ヒストリカル
05/02 05/06
05/09 05/10 05/11 05/12 05/13
05/16 05/17 05/18 05/19 05/20
05/23 05/24 05/25 05/26 05/27
05/30 05/31 06/01 06/02 06/03
06/06 06/07 06/08 06/09 06/10
06/13 06/14 06/15 06/16 06/17
06/20 06/21 06/22 06/23 06/24
06/27 06/28 06/29 06/30 07/01
07/04 07/05 07/06 07/07 07/08
07/11 07/12 07/13 07/14 07/15
07/19 07/20 07/21 07/22
07/25 07/26 07/27 07/28 07/29
08/01 08/02 08/03 08/04 08/05
08/08 08/09 08/10 08/12
08/15 08/16 08/17 08/18 08/19
08/22 08/23 08/24 08/25 08/26
08/29 08/30 08/31 09/01 09/02
09/05 09/06 09/07 09/08 09/09
09/12 09/13 09/14 09/15 09/16
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

PHS


カブーフレンズ見本