デイトレ・デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

初歩からの株式投資講座
初歩からの株式投資講座:初心者からプロまで充実の講座内容
デイトレ初心者のためのデイトレード入門講座お申込み
ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(12/02) 信用取引貸借倍率表(12/02) 外国人投資家動向

平成28年12月05日(月)


 12月02日現在海外相場
NYダウ 19170ドル −21ドル
ナスダック指数 5255P +4P
CME日経先物 18365円 +35円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎需給良好で底固い動き

 「ポピュリズム」日本語では大衆迎合主義とも訳されるl言葉ですが、11月8日に行われました米国大統領選挙で共和党のトランプ氏が勝利したのは、正にこの言葉が米国民の意思として票に繋がった結果だと言えます。ポピュリズムは、一般大衆の利益や権利、願望、不安や恐れを利用して、大衆の支持のもとに既存のエリート主義である体制側や知識人などと対決しようとする政治思想の事を指すのですが、正にこの言葉が特に白人労働者の胸を打ったと言うことになります。

 この、流れが世界的に浸透していると思われたのが、今年であり、英国のEU離脱を問う国民投票の結果もそうでした。英国・米国と来て、その他の主要先進国にも広がるのではないかと言った懸念を抱く向きも少なくありません。週末に行われました、オーストリアの大統領選挙では、難民や移民の受け入れに寛容な姿勢を打ち出してきた、緑の党の出身のファン・デア・ベレン氏が勝利したと報じられています。

 少なくとも排外的な思想を掲げる政党からの大統領では無い訳ですから、オーストリアに関しては、この英国・米国と来た流れは受け継がれなかったと言えます。ただ、選挙結果はどうも接戦だったようですから、その意味では世界の潮流はやはりトランプ氏が勝利した後、確実に変化していると言うことのようです。

 更に週末に選挙イベントとして金融市場が注目したのはイタリアの憲法改正の是非を問う国民投票です。首相のレンツィ氏は上院の権限を縮小する改憲案が否決されれば辞任する意向で、同国の政治が混乱する可能性があるとして、市場は懸念しています。イタリアもオーストリアの大統領選挙と同じで、反エスタブリッシュメント(支配階層)の感情の強さが結果を左右するとのではないかとの見方です。この選挙の結果次第で所謂、ポピュリストの台頭につながるとの見方があるようで、欧州の先行きを占う意味でも注目されているようです。

 このイタリアの国民投票について、外国為替証拠金(FX)取引会社が顧客に対し、相場の変動に備えるよう注意喚起していると報じています。結果の大勢が判明するのが日本時間の5日早朝ですから、週明け早々のFX取引で大きな波乱があるかも知れないと言うことで、注意するようにとの警告を出しています。実際に早朝、それも週明けですから、通常でも取引が少なく値動きが荒くなりやすいタイミングだと言えます。

 その週明けのドル円相場ですが1ドル113円台半ばで、先週末2日の東京市場からするとややドル安円高ですが、大きな変化がある訳でもありません。この記事を書いている時にはまだイタリアの選挙結果が出ていないのでしょうか、FX業者が懸念するような大きな変化はにようですが、週明けの金融市場に影響を及ぼすと言うことであるのであれば、この流れを受けた相場を見極めると言う展開になるのかも知れません。と言うことで日経平均株価も引き続き為替に影響を受ける展開ですが、先週末米国株に大きな変化がなかっただけに、国内的な要因、海外勢が日本株を買う流れに続いて、機関投資家、そして個人投資家が参戦するのかどうかといった需給面に目が向くことになりそうです。

●6864 エヌエフ回路設計

 NF制御技術やアナログ技術に強み。独自開発の電子計測器、応用機器で高シェア。中国展開も。高精度なネガティブフィードバック制御技術をもとに、「世の中に求められる新しい製品を創りたい」という想いから誕生。同社の独創技術は、自動車・ディジタル家電等の先端エレクトロニクス、ナノテクノロジー、環境エネルギー、さらには人工衛星やロケット等の宇宙関連にいたるまで、幅広い分野に広がっている。16年3月第2四半期連結決算では売上高は35.31億円(前年同期比8.1%減)、経常利益3.63億円(同23.8%減)、純利益2.49億円(同18.0%減)となった。売上高は、カスタム応用機器と関連製品での売上低下に伴い減収となり、また、利益面においては、売上減少に加えて中期的な成長を見据えた戦略投資および新規商品開発への取り組み強化による費用増加も伴い、減益となった。

●4591 リボミック

東大発の創薬ベンチャー。RNA(リボ核酸)を利用した分子標的薬(アプタマー医薬)を開発。アプタマー創薬技術に関するプラットフォーム(新薬のシーズを創出する基盤技術)である「RiboARTシステム」をベースに事業展開。アプタマーとは核酸であるRNAを素材とした分子で、病気の要因となるタンパク質に結合してその働きを阻害あるいは調節する。「RiboARTシステム」は、RNAの生化学的性質の把握、特に潜在的なRNAの造形力の掘り起こし、アプタマーの構想・デザイン、アプタマーの創製から医薬候補アプタマーの仕上げまでをカバーするもの。 16年3月期の業績予想を修正。15年5月14日発表の業績予想の通り、16年3月期の事業年収益として、ライセンス収入( 共同研究 共同研究 品目 から1品、自社創薬 から1品、自社創薬 から1品、自社創薬 から1品、自社創薬 品目 から1品の合計2)に加えて、共同研究収入を見込んでいたが、他社との交渉状況や相手先の事情により業績を下方修正している。
こだわりレーティング
12月02日(金)分

●クラリオン(6796)
クレディ・スイス証券 
投資判断 「Neutral」から「Outperform」
目標株価 320円から450円

●タダノ(6395)
JPモルガン証券
投資判断 「Neutral」から「Overweight」
目標株価 1300円から1900円

●新日鉄住(5401)
みずほ証券
投資判断 「中立」から「買い」
目標株価 1920円から3050円

●日揮(1963)
みずほ証券
投資判断 「買い」継続
目標株価 2100円から2300円

●ニチアス(5393)
みずほ証券
投資判断 「買い」継続
目標株価 1050円から1270円

●クラリオン(6796)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
投資判断 「Overweight」継続
目標株価 370円から480円

ヒストリカル
05/02 05/06
05/09 05/10 05/11 05/12 05/13
05/16 05/17 05/18 05/19 05/20
05/23 05/24 05/25 05/26 05/27
05/30 05/31 06/01 06/02 06/03
06/06 06/07 06/08 06/09 06/10
06/13 06/14 06/15 06/16 06/17
06/20 06/21 06/22 06/23 06/24
06/27 06/28 06/29 06/30 07/01
07/04 07/05 07/06 07/07 07/08
07/11 07/12 07/13 07/14 07/15
07/19 07/20 07/21 07/22
07/25 07/26 07/27 07/28 07/29
08/01 08/02 08/03 08/04 08/05
08/08 08/09 08/10 08/12
08/15 08/16 08/17 08/18 08/19
08/22 08/23 08/24 08/25 08/26
08/29 08/30 08/31 09/01 09/02
09/05 09/06 09/07 09/08 09/09
09/12 09/13 09/14 09/15 09/16
09/20 09/21 09/23
09/26 09/27 09/28 09/29 09/30
10/03 10/04 10/05 10/06 10/07
10/11 10/12 10/13 10/14
10/17 10/18 10/19 10/20 10/21
10/24 10/25 10/26 10/27 10/28
10/31 11/01 11/02 11/04
11/07 11/08 11/09 11/10 11/11
11/14 11/15 11/16 11/17 11/18
11/21 11/22 11/24 11/25
11/28 11/29 11/30 12/01 12/02
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

PHS


カブーフレンズ見本