デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(9/19) 信用取引貸借倍率表(9/13)

令和元年09月20日(金)


 9月19日現在海外相場
NYダウ 27094ドル −52ドル
ナスダック指数 8182P +5P
CME日経先物 21955円 +85円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎高配当取りの動き

 10連騰の後、一日休み、19日も小幅に上昇した日経平均株価ですが、この日の高値は2万2255円までと、4月に付けた戻り高値2万2307円を意識する動きとなっています。終わってみると、2万2044円と小幅に上昇した訳ですが、高値から200円程度下押す動きとなっています。辛うじて2万2000円台を維持する結果になったのですが、この日経平均株価の値動きも為替に連動した動きになっています。

 19日も1ドル108円台半ばまでの円安水準が19日の昼に掛けて円高に振れており、107円80銭近辺までの円高となっています。直近では108円台を挟んでの動きですから、極端な円高になっている訳ではないのですが、ただ昨日の米FOMCもそうですし、日銀の金融政策決定会合での金融政策の決定を気にする向きが少なくなかったようで、日米の金利動向を巡り、株式相場も為替に神経質になっていたようです。

 ただ、米FOMCの結果に関しては大きな動きは無かったものの、日本では黒田日銀総裁が、引け後の記者会見で「躊躇なく、追加緩和を講じる姿勢に変わりはない」ことを強調しているようで、相場の下支え要因となったとの見方もあるようです。実際に配当取りの動きも強まっているようで、個別株物色意欲も強く、更なら上値を目指すと言う見方の一方で、今週末も再び3連休と言うことですから、その意味では一旦手仕舞い売りが出ても不思議ではないのかも知れません。

 その配当を巡る動きですが、今朝の日経新聞でこの配当取りの動きが日本株市場に出遅れマネーを呼び込んでいるとの見方を示しています。足元の相場上昇に伴って「持たざるリスク」を意識した投資家の買いに加え、来週に迫った9月の権利確定に向けて配当に着目する動きが目立ってきたとの見方です。業績の先行き懸念が依然として拭えないなか、株主還元に対する期待は根強く、配当がマネーを呼び込む構図となっています。

 「日米の中銀の金融政策決定会合はひとまず無難に通過したのではないか」と言う専門家の意見もそうですが、重要イベントを通過し、3連休明けの26日が配当の権利付き最終売買日となり、残り数日の間での動きに特定はされるものの、出遅れマネーの矛先が高配当株に向かっていることは確かなようです。この日経記事に拠りますと、特に注目されているのが、減配リスクが低いとみられる高配当銘柄で、2001年度以降で減配した実績がほとんどなく、市場が今期増益を予想する高配当利回り株を抽出したところ、清水建や住友林、出光興産などが該当したと指摘しています。

 配当取りについては一時的な要因であることに違いない訳で、その後の株価、10月の相場を見る時、やはり為替相場と米国株の影響を気にする動きになりますから、その意味では中東情勢や英国のEU離脱を中心とした欧州情勢、そしてやはり最大の懸念は米国と中国の貿易協議が今後どのような展開となるのかがポイントになります。今のところ、米中貿易摩擦に関しては、緩和方向に向かっているようですから、この状況を続く限りでは10月相場も安定した動きが続くことになりそうです。

 楽観的な見方としては現在のリスクオンの結果、株高と同時に進む円安は、日本企業の業績見通しの改善を後押しし、1ドル110円方向に円安が進む前提も想定され、日本企業の19年度業績は増益確保に向けた期待が残ることになると大和証券では分析しています。さらに、10月からの消費増税がスタートしますが、日本株を敬遠する要因として指摘されてきたポイントですが、当初の実体経済への影響は軽微であることが認知されるにつれて、今後はアク抜け感が強まる可能性があるとの見方です。外部環境の激変に備える必要はあるものの10月相場も強気で臨みたいところです。


3627 ネオス
ソリューション・デバイス事業を展開。AI・IoT分野の開発に強み。キッズ向けコンテンツも。9月18日発表、子会社IT機器開発・製造のジェネシスHDは、ことはが予約販売を開始したIoTデバイス「kotobo(ことぼ)」の試作から量産設計・量産まで全面サポートする。20年2月通期の連結業績予想では最大で12.3%増収、58.6%営業増益を見込んでいる。

4582 シンバイオ
がん、血液、ペインマネジメントの3領域に特化。他社から新薬候補物質導入し開発、製品化。9月18日発表、現在実施中の再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の承認取得を目的とした抗悪性腫瘍剤「トレアキシンR」(一般名:ベンダムスチン塩酸塩)の第V相臨床試験において、目標症例数の登録後、すべての被験者の観察期間が完了した。2019年第4 四半期に有効性に関するトップライン結果を公表し、その試験成績を受け、再発・難治性DLBCL を追加適応症として、2020年第2四半期に向けて承認申請の準備を進める。

6572 RPA HD
事務作業などを代替するRPA提供や医療系求人のアドネットワーク事業を中心に展開。9月18日発表、RPAHDグループのオープンアソシエイツは、 国内最多導入数を誇る経費精算システム「楽楽精算」など 、 中小企業向けのクラウドサービスを提供するラクスと、2019年9月18日より業務提携を締結し、「楽楽精算」向けの RPAサービスの開発・連携を開始した。20年2月期連結業績では71.9%経常増益を見込む。

1712 ダイセキ環境ソリューション
汚染土壌の調査から浄化処理までの一貫体制に特徴。名古屋地盤だが関東、関西でも展開拡大。9月18日発表、20年2月第2四半期連結業績では売上高で0.2%下方修正、経常利益で76.2%、純利益で82.6%上方修正。尚、20年2月通期連結業績でも売上高で3.8%下方修正、経常利益で17.5%、純利益で21.1%上方修正している。弥富リサイクルセンターの稼働率は対前年比で15%増加、年初に稼働した横浜恵比須リサイクルセンターは概ね計画値で推移。その結果、売上高については、ほぼ予定通りでしたが、利益率が想定より改善、営業利益、経常利益および純利益が、業績予想を上回る見通し。

3180 ビューティガレージ
理美容機器や業務用化粧品を販売する専門商社。低価格に特徴。シンガポールにアジア拠点。9月18日発表、立会外分売を予定。分売予定株式数は60000株。9月10日発表、同社は美容室・理容室向け美容器具メーカー大広製作所との販売代理契約を締結し、 9月10日より同社製品の取り扱いをスタートした。20年4月期第1四半期連結業績では14.9%増収、34.4%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では15.8%増収、16.5%経常増益を見込む。年間配当では1円増配を予定。2018年5月に投入した新ECサイトと新基幹システムの安定運用とUI/UXのさらなる進化・改善を行うことで、目に見える成果を着実に出していく。グローバル市場攻略に向けては、ITシステム投資などの積極投資が引き続き先行する年度となる見込み。

3923 ラクス
クラウドとIT人材派遣の2本柱。『メールディーラー』と『楽楽精算』が利益成長を牽引。9月18日発表、完全子会社ラクスパートナーズが、ITエンジニアの転職を支援する人材紹介事業「RPエージェント」を開始。20年3月期8月度全店月次売上高は前年同月比131.5%となった。9月30日を基準日として1株を2株に株式分割する。20年3月期第1四半期連結業績では30.4%増収、9.6%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では31.8%増収、14.1%経常減益を見込む。年間配当では2円増配を予定。前期下期から実施している売上高成長を最重要視した積極的な成長投資の効果で新規受注が増加した。

4579 ラクオリア創薬
ファイザー日本法人の中央研究所が前身。新規開発化合物の導出による収益獲得が事業の基本。9月18日発表、韓国CJヘルスケアへ導出した胃食道逆流症治療薬「テゴプラザン」について、インドネシアの製薬最大手カルベ・ファルマ社(ジャカルタ)とサブライセンス契約を締結したとの連絡を受けた。今回のCJ社とカルベ社の契約により、ラクオリアは一時金並びにテゴプラザンにより得た収益に応じてロイヤルティー収入を受領する予定。

4584 ジーンテクノサイエンス
北大発創薬ベンチャー。がん、免疫系中心にバイオ後続品を開発。ノーリツ鋼機グループ入り。9月18日発表、岐阜薬科大学と眼関連の一部疾患に対する新たな治療方法創出に向けて、共同研究契約を締結した。20年3月通期連結業績では売上高は10.5億円、経常利益は12.6億円の赤字を見込む。

9793 ダイセキ
産廃処理大手。廃液・廃油の中間処理・リサイクルが柱。子会社で土壌汚染調査・浄化処理なども。9月18日発表、連結子会社ダイセキ環境ソリューションが20年2月期利益予想を上方修正している。20年2月通期業績では4.2%増収、10.8%経常増益を見込む。前期大幅な減収減益となった土壌汚染の調査・分析・処理事業が回復傾向にあることに加えて、鉛再生事業が増産および原材料費の下落により、計画を大きく上回った。

2925 ピックルスコーポレーション
漬物業界1位。セブン&アイ向け3割弱。キムチ、浅漬けなど『ご飯がススム』ブランド展開。9月18日発表20年2月期第2四半期連結業績では売上高で1.0%、経常利益で51.8%、純利益で64.2%上方修正している。尚、20年2月通期連結業績でも売上高で0.5%、経常利益で14.8%、純利益で26.1%上方修正している。売上高は、概ね予想どおりとなる見込み・利益は、原料野菜の仕入価格が安定したことや、佐賀工場が稼働から1年が経過し製造効率が改善し、予想を上回る見込み。


6194 アトラエ
成功報酬型の転職者向け求人サイトを運営。採用実績ある企業の約90%がIT・Web関連。9月18日株価は上昇。19年9月期第3四半期業績は38.7%増収、29.8%経常増益となった。尚、19年9月通期業績では30.1%増収、4.6%経常増益を見込む。第3四半期累計期間の入社人数は2,204人(前年同期比25.7%増)となった。

6544 ジャパンエレベーターサービスHD
関東、北海道軸にエレベーターの保守・保全、リニューアル展開。独立系首位。価格、技術力に強み。9月18日株価は上昇。20年3月期連結業績では11.7%増収、14.9%経常増益を見込む。工期短縮の実現とコストを大幅に抑えた「クイック・リニューアル」が需要増。

3030 ハブ
首都圏中心に英国風パブ『HUB』、ウイスキー主体の『82』を展開。9月18日株価は上昇。ラグビー観戦チケットが当たるキャンペーンを実施、月次売上高に期待。20年2月期通期業績では11.5%増収、18.1%経常増益を見込む。年間配当を2円増配予定。第1四半期の既存店の対前年比は、売上高101.1%、客数103.7%と業績は堅調に推移。第1四半期末現在における店舗数は109店舗。

4975 JCU
メッキ薬品大手で自動車、電子部品向けに強み。荏原、エンソンからMBO。海外展開を強化中。9月18日株価は上昇。20年3月期連結業績では0.5%増収、1.5%経常増益を見込む。10期連続増収、8期連続増益。今期の年間配当は前期比2円増の47円に増配予定。

7034 プロレド・パートナーズ
ローコスト戦略が柱のコンサル。大企業や企業再生ファンドなどに成果報酬型でサービス提供。9月18日株価は上昇で一j年初来高値更新。9月12日発表、19年10月通期連結業績では売上高で13.8%、経常利益で34.8%、純利益で34.4%上方修正している。顧客紹介及びインパウンドによる案件数の増加、並びに想定よりもコストマネジメントの削減額が向上した。19年10月期第3四半期連結業績は38.4%増収、29.3%経常増益となった。尚、19年10月通期連結業績では58.8%増収、69.1%経常増益を見込む。

9277 総合メディカルHD
調剤薬局上位。勤務医の転職支援、院内備品リースも。薬局モール注力。18年10月持株会社移行。9月18日株価は上昇で7連騰。20年3月期第1四半期の経常損益は6.95億円、また20年3月通期の経常損益は前回予想を据え置き、16.1%増益の65.1億円を予想。尚、中間の経常損益は22.36億円を予想。

6196 ストライク
公認会計士、税理士が主体のM&A仲介会社。ネット活用した独自のマッチング機能に強み。特に中堅・中小企業のM&A仲介事業が主体。9月18日株価は上昇で年初来高値更新。19年8月通期連結業績では売上高で11.7%、経常利益で18.7%、純利益で25.9%上方修正している。事業承継ニーズを中心にM&A市場が順調に拡大、成約組数は当初目標組数に届かず未達となったが、相対的に規模の大きな会社から譲渡の依頼を受けるケースが増え、当期においては大型案件(報酬総額が1億円以上となる案件)の成約が6組となり、成約案件の単価が上昇した。又、期末配当も前回予想の11円から3.5円増額し14.5円を予定。

9450 ファイバーゲート
賃貸物件オーナーや商業施設向けにWi‐Fiサービス提供。法人に通信機器の製造・販売も。9月18日株価は上昇。20年6月通期業績は26.9%増収、19.5%経常増益を見込む。20年6月期にはレジデンスWi-Fi契約戸数は27.6万戸、フリーWi-Fi契約AP数は8.8万APをそれぞれ計画している。

3491 GA TECHNOLOGIES
AI活用した中古不動産の総合プラットフォームを開発・運営。クラウドファンディングも。9月17日、SBI証券が投資判断を「買い」継続、目標株価を6300円から6600円に。9月5日発表、子会社であるイタンジと東建コーポレーションが国交省の社会実験に共同で参画。19年10月期第2四半期連結業績では売上高は167.51億円、経常利益は2.66億円と。19年10月期の連結業績では売上収益が366.05億円、営業利益が12.01億円を見込む。

9843 ニトリホールディングス
北海道札幌市で似鳥家具店を創業。全国トップの家具・インテリア製造小売りチェーン。9月17日、JPモルガン証券が投資判断を「Overweight」継続、目標株価を15500円から17500円 に。特にインドネシア、ベトナムに製造拠点を置き、自社で好採算なオリジナル商品を生産販売。中国などアジア諸国のメーカーから商品を直接輸入、販売。20年2月期第1四半期連結業績では6.1%増収、0.1%経常増益となった。20年2月通期連結業績では5.7%増収、2.9%経常増益を見込む。国内ではデコホームを中心に出店を行い10店舗増としたほか、台湾で2店舗、中国で1店舗を出店。商品面ではキッチン用品や家電、ソファ、ベッドルーム家具が好調に推移。

こだわりレーティング
9月19日(木)分

6758 ソニー SBI 買い継続 8100円→8200円
7701 島津製作所 メリル 新規買い 3600円
7733 オリンパス CS OP継続 1225円→1700円

ヒストリカル
07/02 07/03 07/04 07/05 07/06
07/09 07/10 07/11 07/12 07/13
07/17 07/18 07/19 07/20
07/23 07/24 07/25 07/26 07/27
07/30 07/31 08/01 08/02 08/03
08/06 08/07 08/08 08/09 08/10
08/13 08/14 08/15 08/16 08/17
08/20 08/21 08/22 08/23 08/24
08/27 08/28 08/29 08/30 08/31
09/03 09/04 09/05 09/06 09/07
09/10 09/11 09/12 09/13 09/14
09/18 09/19 09/20 09/21
09/25 09/26 09/27 09/28
10/01 10/02 10/03 10/04 10/05
10/09 10/10 10/11 10/12
10/15 10/16 10/17 10/18 10/19
10/22 10/23 10/24 10/25 10/26
10/29 10/30 10/31 11/01 11/02
11/05 11/06 11/07 11/08 11/09
11/12 11/13 11/14 11/15 11/16
11/19 11/20 11/21 11/22
11/26 11/27 11/28 11/29 11/30
12/03 12/04 12/05 12/06 12/07
12/10 12/11 12/12 12/13 12/14
12/17 12/18 12/19 12/20 12/21
12/25 12/26 12/27 12/28
01/04
01/07 01/08 01/09 01/10 01/11
01/15 01/16 01/17 01/18
01/21 01/22 01/23 01/24 01/25
01/28 01/29 01/30 01/31 02/01
02/04 02/05 02/06 02/07 02/08
02/12 02/13 02/14 02/15
02/18 02/19 02/20 02/21 02/22
02/25 02/26 02/27 02/28 03/01
03/04 03/05 03/06 03/07 03/08
03/11 03/12 03/13 03/14 03/15
03/18 03/19 03/20 03/22
03/25 03/26 03/27 03/28 03/29
04/01 04/02 04/03 04/04 04/05
04/08 04/09 04/10 04/11 04/12
04/15 04/16 04/17 04/18 04/19
04/22 04/23 04/24 04/25 04/26
05/07 05/08 05/09 05/10
05/13 05/14 05/15 05/16 05/17
05/20 05/21 05/22 05/23 05/24
05/27 05/28 05/29 05/30 05/31
06/03 06/04 06/05 06/06 06/07
06/10 06/11 06/12 06/13 06/14
06/17 06/18 06/19 06/20 06/21
06/24 06/25 06/26 06/27 06/28
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本