デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(12/30) 信用取引貸借倍率表(12/27

令和2年01月06日(月)


 1月3日現在海外相場
NYダウ 28634ドル −233ドル
ナスダック指数 9020P −71P
CME日経先物 23290円 −350円

 1月2日現在海外相場
NYダウ 28868ドル +330ドル
ナスダック指数 9092P +119P
CME日経先物 23690円 +50円
 12月31日現在海外相場
NYダウ 28538ドル +76ドル
ナスダック指数 8972P +26P
CME日経先物 23425円 −215円
 12月30日現在海外相場
NYダウ 28462ドル −183ドル
ナスダック指数 8945P −60P
CME日経先物 23405円 −235円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎波乱の幕開け

 新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。新年早々、中東情勢が荒れる動きとなっています。1月2日に米国防総省が、敵対するイラン革命防衛隊の精鋭組織「コッズ部隊」のカセム・ソレイマニ司令官を空爆で殺害したと発表しています。トランプ大統領の指示を受けた措置で「海外の米国人を守るためだ」と説明。

 イラン国内で英雄視されるソレイマニ氏の殺害を受け、最高指導者ハメネイ師が1月3日に、ツイッターで米国への報復攻撃を警告。米国とイランの関係が一段と緊迫していることを受け、中東情勢の悪化を懸念した投資家が運用リスクを回避する姿勢を強め、1月3日のNYダウは一時360ドルを超える大幅な下げとなっています。

 新年早々と言うことになるのですが、投資家はこの中東情勢における地政学リスクの高まりを意識せざるをえない展開で2020年の幕開けと言うことになりそうです。尤もNYダウだけで見ますと、東京株式市場の昨年末の大納会直前の12月27日の価格が2万8645ドル、そして1月3日の終値が2万8634円ですから、価格的には10ドル程度しか下げていないことになります。

 ただシカゴCME日経先物で比較しますと350円安、そして為替市場では円高が進んでおり、12月30日時点で1ドル109円台前半であったものが、直近で107円台半ば近くまでの円高の動きとなっています。この流れを受けて、週明けと言うか今年最初の取引「大発会」がどのように動くのかについては「波乱」の展開を余儀なくされそうです。どこまでの下値を見る必要があるのかは、相場を見るしかないのですが、地政学的リスクが円高の誘因である事は間違いない訳で、円高=日本株売りに繋がると言う発想が強まれば、それなりの下値も覚悟する必要があるのかも知れません。

 ただ、新年初っ端のこの波乱劇については投資家の懸念を払拭するのに少し時間が掛かるのかも知れませんが、それでも昨年後半に掛けての日本株相場の強い基調の流れは、年初のこの動きの中でも継続しているようです。日経べリスタが市場アンケートを実施しており、2020年に一段高を試す日本の株式相場を予想する動きとなっています。

 今年の日経平均株価の高値予想では2万6000円〜2万8000円で4割弱を占め、2万5000円〜2万5500円は2割強、2万5500円〜2万6000円は2割弱で、2万8000円以上という回答もあったそうです。3月までにいったん弱含むも、米大統領選を控える年後半にかけて上値を追うというのがメーンシナリオとなっています。

 市場アンケートが過去の経験則で正しい訳ではないのですが、少なくとも投資家がそのような見方をしている事は間違いないようです。更に言いますと、もう少し先の予想で見ると、2020年代の10年間について、長期の視点で見ると、10年後の日経平均株価は、約半数が「3万円台」と回答、他に3割近くが「4万円以上」と答えています。足元の日経平均はバブル期に付けた史上最高値の3万8915円から4割安い水準ですが、10年単位では最高値更新への期待は高いようです。

 あくまでも投資家の「期待」が多く含まれた結果ですから、実際の動きがどうなるのかは誰も分からないのですが、新年早々ですから、そのような夢を見るのも良いのかも知れません。と言うことで2020年最初の取引は「波乱」になりそうですが、それでも地政学的リスクが過去の経験則で見る限りでは長期に渡り問題が継続すると言う事はないようですから、この波乱については、逆に言えば、絶好の下値買いの好機になるのかも知れません。


3038 神戸物産
冷凍食品など食材販売の『業務スーパー』をFC展開。外食買収で食材供給拡大。輸入材料多い。12月27日発表、11月売上高は前年同月比14.8%増の251億円、営業利益は同27.2%増の15億円。12月13日、野村証券が投資判断を「Buy」継続、目標株価を3450円から4470円に。20年10月通期連結業績では4.1%増収、4.2%経常増益を見込む。7期連続最高益、前期配当を5円増額・今期は実質増配予定。基幹事業である業務スーパー事業の更なる拡大を計画しており、2020年10月期末における店舗数は875店舗(純増30店舗)を目標。商品は、品質を維持しながらも安価にご提供するために、サプライチェーンや店舗運営の仕組みの改善、そして「食の製販一体体制」の拡大に注力し、他社との差別化を図る。

3919 パイプドHD
クラウド活用のデータ管理プラットフォーム『スパイラル』が柱。月額サービス料が売上の大半。12月27日発表、20年2月期第3四半期連結業績では11.8%増収、235.4%経常増益となった。尚、20年2月通期連結業績では19.9%増収、204.7%経常増益を見込む。年間配当では9円増配を予定。平成31年4月に攻めのIT経営に関して注目すべき取組みを実施している企業として経済産業省より「IT経営注目企業2019」に選定された。

4579 ラクオリア創薬
ファイザー日本法人の中央研究所が前身。新規開発化合物の導出による収益獲得が事業の基本。12月27日発表、韓国CJヘルスケアへ導出した胃食道逆流症治療薬「tegoprazan」の中国における第3相臨床試験で主要評価項目を達成。19年12月通期連結業績では売上高が前期比135.9%増の17.56億円、経常利益は0.82億円の赤字を見込む。

7049 識学
独自組織運営理論『識学』による経営層向けコンサルが柱。スポーツ分野も。クラウド事業育成。12月27日発表、新卒向け研修サービスをSurpassと共同開発。20年2月期第2四半期連結業績では売上高で7.79億円、経常利益で1.33億円となった。通説を疑う独自の理論は関心を呼び、導入社数は19年2月期末で979社と前の期の約2倍。直近では1000社の大台を超えた。業績も堅調で20年2月期の単独税引き利益は前期比23%増の1億9900万円を見込む。

7199 プレミアグループ
中古車オートクレジットとワランティ(修理保証)の2本柱。整備・板金育成、東南アに展開。12月27日発表、東証が12月30日付で貸借銘柄に選定。20年3月期連結業績では27.8%増収、53.5%税引前増益を見込む。年間配当では株式分割を考慮して実質1.5円増配を予定。クレジット事業、ワランティ事業が大きく伸長した。

9651 日本プロセス
独立系システム開発会社。組み込み系、発電所向けの制御系が柱。自動車関連の開発が拡大。12月27日発表、20年5月期第2四半期連結業績では11.9%増収、14.2%経常増益となった。尚、20年5月通期連結業績では5.6%増収、3.0%経常増益を見込む。前中期経営計画期間中に大きく拡大した自動運転、先進運転支援関連を主力事業化した一方、建設機械や医療関連のIoT分野については継続して拡大を図る。また、AI、ネットワーク、セキュリティ、クラウドなど更なる新分野の開拓にも積極的に取り組む。

4431 スマレジ
スマホ使ったPOSレジアプリのクラウドサービス事業。ネット経由で中小事業者らに拡販。12月27日株価は上昇。20年4月期第2四半期業績では108.6%増収、199.7%経常増益となった。尚、20年4月通期業績では55.9%増収、57.2%経常増益を見込む。軽減税率補助金申請の駆け込み需要などの効果で売上高が想定を上回る見通しであることに加えて、クラウドサービス機器販売などの売り上げが増えることが利益を押し上げる。

6656 インスペック

半導体用精密基板の最終外観検査装置(AVI)・パターン検査装置(AOI)を製造。台湾に販社。12月27日株価は上昇で年初来高値更新。東海東京調査センターが新規に投資判断「アウトパフォーム」、目標株価3000円に。5Gや自動車のCASE対応など取り巻く技術革新は業容拡大に追い風になっていると指摘。5Gスマホ、5G基地局、新型PKG基板の需要が20年から急増するため、第3四半期以降のR2R型検査装置の受注好転を想定。20年4月通期業績では10.6%増収、3.1%経常増益を見込む。年間配当では3円復配を予定。

2902 太陽化学
研究開発型食品素材メーカー。食品用乳化剤などが主力。機能性食品素材を拡大中。海外強化。12月27日株価は一段高で年初来高値を更新。20年3月期連結業績では4.7%増収、6.6%経常増益を見込む。4期連続で過去最高益を更新する見通し。年間配当も6円増配を予定。

7970 信越ポリマー
信越化学系。半導体ウエハ容器が主力。車載用タッチスイッチ、OA機器用部品、塩ビ建材も。12月27日株価は上昇で年初来高値更新。20年3月通期連結業績では2.9%減収、0.3%経常減益を見込む。

1434 JESCO HD
独立系電気設備工事会社、設計・調達・施工管理(EPC)一貫受注。12月23日株価は上昇。12月27日株価は上昇。20年8月通期業績では3.6%減収、2.3億円の黒字化を見込む。前期経常損失は0.74億円。年間配当を1円増配予定。主力のJESCO CNS社では、高速道路のETC、監視カメラ等の設置、通信基地局設置、空港等のメンテナンス工事等、今後成長が期待される分野の受注が伸びる見通し。

6387 サムコ
半導体など電子部品製造装置の研究開発型企業。LED向け薄膜形成、加工が主軸。アジア注力。12月27日株価は上昇で年初来高値更新。12月24日、東海東京調査センターが投資判断を新規に「アウトパフォーム」、目標株価を2600円に。20年7月期第1四半期連結業績は3.6%増収、208.5%経常増益となった。尚、20年7月通期連結業績では25.6%増収、136.0%経常増益を見込む。今期は海外販売や成膜装置の販売拡大に注力。設備投資需要の持ち直すなか、通信系レーザーやパワーデバイス、センサー向け製造装置などの販売が伸びた。

7065 ユーピーアール
物流、製造現場向け箱型荷台(パレット)等をレンタル・販売。IT事業も。東南アジアに拠点網。12月27日株価は上昇で上昇来高値。12月12日、東海東京調査センターが新規「アウトパフォーム」、目標株価3360円に。20年8月通期連結業績では7.1%増収、19.0%経常増益を見込む。IoTサービスでは、位置情報ソリューション及び遠隔監視ソリューションの販売案件の受注が増加、ビークルソリューションサービスでは、堅調な顧客の増車計画に伴い、カーシェアリングシステムのレンタル及び販売が想定を上回るペースで推移。

6855 日本電子材料
半導体検査用プローブカード大手。ブラウン管カソード等から出発。海外生産比率向上に注力。12月27日株価は上昇で年初来高値更新。20年3月通期連結業績では売上高で1.4%、営業利益で48.1%、経常利益で46.9%、純利益で22.2%上方修正している。半導体市場の回復の遅れにより、プローブカードの需要も、本格的な回復は遅れる傾向で推移しているものの、当第2四半期連結累計期間においては、売上、利益ともに予想を上回った。当第3四半期以降は、 プロダクトミックスの影響や新工場稼働に向けた先行費用が見込まれるものの、2019年5月13日に公表した2020年3月期通期業績予想を修正する。

8940 インテリックス
中古マンション再生販売専業の最大手。アフターサービス、高品質内装が強み。地方展開強化。12月27日株価は上昇で年初来高値更新。12月26日発表、20年5月期第2四半期連結業績では営業利益で44.5%、経常利益で460.3%、純利益で885.8%上方修正している。販売費及び一般管理費において主に先行投資関連の支出が想定を下回ったこと、加えて、特別利益として固定資産の売却益を計上することとなり、各利益が当初予想を上回る見通し。20年5月通期連結業績では14.1%増収、45.6%経常減益を見込む。主たる事業の中古マンション再生流通事業(リノヴェックスマンション事業)の販売件数は、首都圏が前年同期を下回ったものの、地方主要都市の増加により、全体で前年同期を4.8%上回る283件となった。

こだわりレーティング
12月30日(月)分

2685 アダストリア ジェフリーズ Buy継続 2600円→3200円
3110 日東紡績 メリル 買い継続 4600円→5500円
8515 アイフル みずほ 買い継続 320円→330円
9843 ニトリHD GS 買い継続 16900円→18200円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本