デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(01/09) 信用取引貸借倍率表(12/27

令和2年01月10日(金)


 1月9日現在海外相場
NYダウ 28956ドル +211ドル
ナスダック指数 9203P +74P
CME日経先物 23740円 +40円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎米国株高と円安

 1月9日の日経平均株価は535円高の2万3739円、円相場は直近で1ドル109円台半ばでの動き。9日のNYダウは200ドル高程度の上昇で2万8941ドルと史上最高値を更新しています。

 この動きだけでを見る限りでは年初に起こった中東情勢の緊迫化は何とか沈静化する動きだと言えそうです。イランと米国との間で直接的な戦争を回避しようとする動きがみられますから、今更表立った争いが起そうと言うことにはならないと言うのが一般的な見方のようです。

 勿論、中東各地のテロ組織に資金提供をしていた首謀者が今回米国の攻撃によって殺害された訳ですから、実際のテロ組織による「暴走」がないとは言い切れない部分もあるだけに、今後中東地域でのイランやイラク以外の地域でも対米や米国の同盟国に対するテロが起こる可能性は否定できないとも言えます。

 それでも米国株は9日のNYダウの史上最高値でも分かる通り、すっかりリスク回避の流れが後退した流れになっていると言えます。と言う事で見ると日経平均株価も少なくとも昨年末の高値水準である2万4000円台復活しても良いのかも知れません。

 それでも日本株に関しては慎重な意見もあるようです。大和証券では日米株式市場は冷静に買い場を探すタイミングだと慎重なスタンスを見ているようです。実際には米軍がイランに対する軍事攻撃を起こせば、目先の日米株式市場は下値模索の展開となるとの指摘ですから、その意味では懸念を抱くには至らないのですが、それでもその懸念を警戒している事は投資家心理としてはあまり良く無い動きに働く可能性がありそうです。

 それでも目先は米国株高、円安推移と言った動きで日本株を押し上げる材料が相次いでいますから、日経平均株価は2万4000円台に接近する動きになりそうです。1月6ひの大発会以来、昨日9日まで4日間とも上下変化幅が大きくなっているだけに、ここで方向感を示す意味でも上方に一段高になれば、市場は上に向かうベクトルが強まる可能性がありそうです。


2337 いちご
不動産の価値向上・運用と太陽光等のクリーンエネルギー事業が主力。1月8日発表、12月太陽光発電所の発電量は前年同月比13.5%増。20年2月期第2四半期連結業績では77.1%増収、59.0%経常増益となった。尚、20年2月通期連結業績では1.2%経常減益を見込む。主力の心築事業で保有物件の賃料収入が着実に向上しストック収益の増加に寄与したほか、高い利益率による物件売却が実現したことが業績を牽引。

4514 あすか製薬
旧帝国臓器製薬。婦人科系、泌尿器系に強い。武田と親密。後発薬主体だが、新薬の開発にも注力。1月8日発表、スペインのInsud Pharmaが保有する経口避妊薬「ドロスピレノン」の日本・韓国における開発販売でライセンス契約を締結。20年3月通期連結業績では13.5%増収、6.1%経常増益を見込む。難吸収性リファマイシン系抗菌薬「リフキシマ」及びGnRHアンタゴニスト「レルミナ」をはじめとする産婦人科領域の新製品群の売上拡大により、増収となる見通し。

6183 ベル24HD
コールセンター(CRM)事業大手。伊藤忠が筆頭株主に。1月8日発表、20年2月期第3四半期連結業績では6.0%増収、16.7%税引前増益となった。尚、20年2月期連結業績では6.5%増収、36.6%税引前増益を見込む。20年2月期配当も6円増配の42円を予定。CRM事業では前期から業務開始した既存継続案件の売上が拡大した他、伊藤忠商事とのシナジー案件が堅調に推移、凸版印刷との協業強化によるシナジー効果が拡大したこと及び参議院選挙業務等のスポット業務の伸長等による。

3141 ウエルシアHD
ドラッグチェーン最大手。イオン子会社。調剤併設、深夜営業に強み。CFS統合し売上首位に。1月8日発表、29年2月期第3四半期連結業績では10.8%増収、22.9%経常増益となった。店舗改装を重視したウエルシアモデルの推進、調剤併設店舗の増加(11月末現在1,393店舗)による調剤売上の伸長等により、既存店の売上高は総じて堅調に推移。尚、20年2月通期連結業績では9.1%増収、13.0%経常増益を見込む。

2929 ファーマフーズ
卵黄由来のサプリや化粧品通販が主力。機能性食品素材ギャバ等は内外の食品メーカーへ販売。1月8日株価は上昇で一時年初来高値更新。20年7月通期連結業績は29.6%増収、18.2%経常増益を見込む。機能性素材事業は、 主力の「GABA」、新規美白素材「セレプロン」が好調に推移。OEM事業も堅調に受注を積み上げた。通信販売事業は、主力の「タマゴサミン 」が成長をけん引。さらに、化粧品のリピート通販が拡大した。

8515 アイフル
京都で創業。独立系の消費者金融大手。ADRに基づく事業再生期間終了したが、なお再建途上。1月8日株価は上昇。12月27日、みずほ証券が投資判断を「買い」継続、」目標株価を320円から330円に。20年3月通期連結業績では7.8%増収、274.7%経常増益を見込む。

2148 アイティメディア
IT系ネットメディア運営。各種広告展開。見込み客リスト提供するリードジェン事業が成長。1月8日株価は上昇で年初来高値更新。20年3月通期連結業績では3.1%増収、38.0%当期増益を見込む。新規顧客の開拓やLBPによる業務効率化を通じてリードジェン事業の収益安定化や利益率上昇が進んでおり、同事業を中心に収益予想は上向き。

6095 メドピア
医師向け情報サイト運営、製薬会社の広告料が収益源。人材紹介会社へ医師の求職者情報も提供。1月8日株価は上昇で年初来高値更新。20年9月通期連結業績では41.2%増収、37.9%経常増益を見込む。3期連続最高益更新。ドクタープラットフォーム事業では医師会員の会員基盤の拡大によって、「MedPeer」サイト内での広告価値を高めるとともに、従来の広告配信プラットフォームを進化させ、広範囲なマーケティング支援を行うことで、製薬企業からの収益拡大を図る。ヘルスケアソリューション事業では産業保健支援サービス「first call」においては、従来のオンライン医療相談サービスに加え、オンライン産業医やストレスチェックなど、企業の産業保健業務をワンストップで支援するサービスを提供することにより、法人利用企業の更なる拡大を図る。

6597 HPCシステムズ
科学技術計算用の高性能コンピュータとシステムを大企業や官庁へ納入。AI分野の需要拡大。1月8日株価は上昇で上場来高値。20年6月通期業績では7.2%増収、24.7%経常増益を見込む。科学技術計算用コンピュータを展開しているHPC事業は、従来の大学研究室や公的研究機関からの受注を確保しつつ、民間企業の研究所・R&Dセンターなどで実施されている大規模・高精度な科学技術計算向け高性能計算機の拡販を強化し、受注に繋げている。産業用組込コンピュータを展開しているCTO事業は、半導体検査装置、医療装置、アミューズメト機器向け継続顧客の受注継続に努めるほか、画像処理、ディープラーニング、スマートファクトリーなどを戦略分野と定め、新規顧客の獲得に注力。

4026 神島化学
窯業系の不燃内外装建材が主力。マグネシウム類の化成品を構成比50%目指し生産・販売拡充。1月8日株価は上昇で年初来高値更新。20年4月通期業績では2.2%増収、8.9%経常増益を見込む。建材事業で、非住宅分野の都市型高層ビル向け耐火パネルや、住宅分野の高級軒天ボードなど高付加価値商品の拡販を図るほか、化成品事業で海外事業の営業展開強化などを図る見通し。

4674 クレスコ
受託によるソフト開発主力、金融系に強い。情報家電などの組み込み開発も手がける。独立系。1月8日株価は上昇。1月7日発表、1月31日現在の株主を対象に1対2の株式分割を実施。20年3月通期連結業績では7.5%増収、4.2%経常増益を見込む。年間配当では2円増配を予定。企業のIT投資積極化を背景に、幅広い業種からのソフト開発受注が伸びたほか、不採算案件の抑制も利益を押し上げた。

こだわりレーティング
01月08日(水)分

3626 TIS ジェフリーズ Buy継続 7400円→7500円
4739 CTC ジェフリーズ Buy継続 3400円→3600円
3038 神戸物産 三菱UFJMS Buy継続 3440円→4000円
7735 スクリーンHD モルガンS Equalweight→Overweight格上げ 5300円→9000円
6326 クボタ JPモルガン Overweight継続 2100円→2000円
8035 東京エレク モルガンS Overweight継続 20000円→25500円
4543 テルモ 三菱UFJMS Overweight継続 3710円→4300円
7747 アサヒインテック 三菱UFJMS Overweight継続 2990円→3600円
5975 東プレ みずほ 中立→買い格上げ 1650円→2250円
7205 日野自動車 GS 買い継続 1200円→1300円
6981 村田製作所 みずほ 買い継続 6700円→8200円
6273 SMC GS 買い継続(CL新規採用) 54000円→60000円
6407 CKD GS 買い継続(CL新規採用) 2000円→2500円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本