デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(01/17) 信用取引貸借倍率表(01/17

令和2年01月20日(月)


 1月17日現在海外相場
NYダウ 29348ドル +50ドル
ナスダック指数 9388P +31P
CME日経先物 24035円 +5円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎NYダウ3日連続高値

 米国株は引き続き強い動きで、先週末1月17日のNYダウは50ドル高と小幅ながらも3日連続で史上最高値を更新し、2万9348ドルとなっています。まだもう少し先のなのかも知れませんが、3万ドルと言う大台を視野に入れる向きも出て来ても不思議ではないようです。

 先週末の上昇の背景には米国と中国のそれぞれの経済統計の発表数字が好感されたようです。中国の国家統計局が発表した2019年の国内総生産(GDP)は前年比6.1%増と、29年ぶりの低い伸びとなったのですが、GDP統計とともに発表された12月の小売売上高や鉱工業生産などの経済指標が予想を上回り、同国経済の底堅さが確認されています。

 米中が「第1段階」貿易合意に署名して一段の事態悪化を回避する中で、中国の景気の先行きに対する警戒感が後退したと市場では判断しているようで、抜本的な解決策ではないものの、目先的には中国経済が減速すると言ったリスクが後退したと言う見方となっています。勿論、中国の事ですから、発表される経済指標の数字を鵜呑みにする訳には行きませんが、それでも米国株式相場にとっては、どのような材料でも上げ賛成のものであれば歓迎すると言うことになるのかも知れません。

ただ、この米国株の強い動きを受けて、日本株も勢いよく上値を目指せば良いのですが、なかなかそう言う訳ではないようです。日本株への影響の強い、為替市場は円ドル相場が1ドル110円近辺の動きで、17日の午前中に110円20銭台まで円安に振れた後、やや円高に戻しています。先週末の日経平均株価は2万4041円、取引時間中に2万4115円まで上伸したようです。17日のシカゴCME日経先物は2万4035円とほぼ横ばい、すっきりと2万4000円を抜けて行くと言う動きではないようです。

 勿論、週明けの相場がどう変化するのかは分かりませんし、米国株は史上最高値、日本株も昨年来高値と日米の株価は強い基調が続いていることで、相場の先高感を意識した資金が日本株式市場に流入する動きが強まる可能性も高いと言えます。米中貿易協議の進展、中東情勢の鎮静化などが相場を押し上げる動きがここ最近の買い材料ですから、株価動向次第では上値を目指す展開になるのかも知れません。

 それ以外の相場上昇の背景としては、米国では企業決算発表が好調のようで、米国経済が引き続き堅調地合いを継続しているとしている事が好感されているようです。日本でも同様に1月下旬から20年3月期第3四半期決算発表が本格化しますから、米国と同様の状況を期待したいところです。足元の日経平均株価が、2万4000円台を一気に上抜けるような状況ではないものの、為替市場で一段の円安になるのか、或いは新たな相場を押し上げるだけの好材料を待つ動きの中で、下旬の決算発表に向けて、徐々に下値を固めて行く動きになりそうです。


3097 物語コーポレーション
中部地盤。直営・FCで郊外に出店。食べ放題店『焼肉きんぐ』が主力。ラーメンやお好み焼きも。1月16日発表、12月既存店売上高は前年同月比2.1%増と2ヵ月連続で前年実績を上回った。20年6月通期業績は12.6%増収、8.8%経常増益を見込む。15期連続最高益、年間配当20円増配予定。新規出店は57店舗を予定。

3176 三洋貿易
ゴム・化学品商社。営業員の4割が技術系でメーカー機能も有す。自動車向け主軸。海外強化中。1月16日発表、1月31日現在の株主を対象に1対2の株式分割を実施。20年9月通期連結業績では13.5%増収、2.0%経常増益を見込む。11期連続最高益。年間配当を1円増配予定。前期に中国の環境規制等の問題があった化成品セグメントでの収益環境改善、新規に取得した連結子会社の収益貢献、米国や東南アジア等海外現法での事業拡大を見込む。

4974 タカラバイオ
遺伝子・再生医療研究用試薬や理化学機器販売が主。再生医療開発にも注力。1月16日発表、米Therapeutics社に遺伝子治療関連技術の非独占的ライセンスを供与。20年3月期連結業績では5.4%減収、12.1%経常増益を見込む。

2929 ファーマフーズ
卵黄由来のサプリや化粧品通販が主力。機能性食品素材ギャバ等は内外の食品メーカーへ販売。1月16日株価は上昇で昨年来高値更新。20年7月通期連結業績は29.6%増収、18.2%経常増益を見込む。機能性素材事業は、 主力の「GABA」、新規美白素材「セレプロン」が好調に推移。OEM事業も堅調に受注を積み上げた。通信販売事業は、主力の「タマゴサミン 」が成長をけん引。さらに、化粧品のリピート通販が拡大した。

7065 ユーピーアール
物流、製造現場向け箱型荷台(パレット)等をレンタル・販売。IT事業も。東南アジアに拠点網。1月16日株価は上昇で昨年来高値更新。東海東京調査センターが新規「アウトパフォーム」、目標株価3360円に。20年8月通期連結業績では7.1%増収、19.0%経常増益を見込む。IoTサービスでは、位置情報ソリューション及び遠隔監視ソリューションの販売案件の受注が増加、ビークルソリューションサービスでは、堅調な顧客の増車計画に伴い、カーシェアリングシステムのレンタル及び販売が想定を上回るペースで推移。

7818 トランザクション
デザイン雑貨、エコ雑貨等の企画販売中堅。ファブレス経営。電子たばこのVAPE事業を育成。1月16日株価は上昇で昨年来高値更新。1月10日発表、20年8月期第1四半期連結業績では6.6%増収、9.3%経常増益となった。20年8月期通期連結業績では7.0%増収、10.1%経常増益を見込む。5期連続で過去最高益を更新。14期連続増収、5期連続増益。年間配当を前期比1円増の17円に増配予定。

2163 アルトナー
技術者派遣古参。機械、電気・電子、ソフトの設計開発が軸。人材紹介進出。配当性向30%台維持。1月16日株価は上昇。20年1月通期業績では8.1%増収、10.1%経常増益を見込む。年間配当では1円増配を予定。運転支援技術を備えた先進安全自動車のプロジェクトにおいて、ソフトウェア技術者の要請が高まっており、自動化技術の開発が活発な生産機械分野においても、技術者要請が高まっている。

3762 テクマトリックス
情報インフラ構築とアプリ開発が主柱。医療、コールセンターなどクラウドに実績を持つ。1月16日株価は上昇で昨年来高値更新。12月4日、大和証券が投資判断を「1」継続、目標株価を2650円から2800円に。11月21日発表、金融系ITベンチャーの山崎情報設計と金融機関向け市場系システム分野で資本業務提携。20年3月期第2四半期連結業績では13.9%増収、50.8%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では5.4%増収、4.6%経常増益を見込む。情報基盤事業ではセキュリティ関連機能による差別化が奏功し、受注は堅調。

6200 インソース
企業等の人事部向けに講師派遣型研修、公開講座を運営。人事や営業サポートシステムも展開。1月16日株価は上昇で昨年来高値更新。2019年12月の講師派遣型研修実施回数は前年比115.8%の1,114 回、公開講座受講者数は前年比153.7%の7,017 人。さらに、WEBinsource 累計登録先数が11,974 組織、人事サポートシステム「Leaf」有料利用組織数が175 組織となった。20年9月期連結業績では21.2%増収、16.7%経常増益を見込む。

6656 インスペック
半導体用精密基板の最終外観検査装置(AVI)・パターン検査装置(AOI)を製造。台湾に販社。1月16日株価は上昇。東海東京調査センターが新規に投資判断「アウトパフォーム」、目標株価3000円に。5Gや自動車のCASE対応など取り巻く技術革新は業容拡大に追い風になっていると指摘。5Gスマホ、5G基地局、新型PKG基板の需要が20年から急増するため、第3四半期以降のR2R型検査装置の受注好転を想定。20年4月通期業績では10.6%増収、3.1%経常増益を見込む。年間配当では3円復配を予定。

6086 シンメンテHD
店舗メンテ専業で外食チェーン向け主体。乃村工藝社と資本業務提携。17年9月に持株会社化。1月16日株価は上昇で昨年来高値更新で一時ストップ高。1月14日発表、20年2月29日を基準日として、1株につき2株の株式分割を実施。20年2月期第3四半期業績では34.8%増収、30.5%経常増益となった。20年2月通期連結業績では20.9%増収、5.8%経常増益を見込む。

3689 イグニス
スマホ向けアプリを企画、制作、運営。ソーシャルゲームや無料アプリ配信、婚活サイトも運営。1月16日株価は上昇。20年9月連結業績では売上高は前期比28.2%減の40億円を見込む。コミュニティ事業では『with』のユーザー数が順調に増加し、このジャンルの売上高構成比は53.6%(前連結会計年度は35.5%)と連結売上高に占める割合はより一層高まり順調にトップラインを伸ばしている。オンライン恋活・婚活マッチングサービスのマーケットは拡大が続くという予測もあることから、今後も『with』のユーザー数・トップラインともに成長を見込んでいる。20年9月期についても、この『with』の収益が連結業績に大きく貢献してくる見込み。

6532 ベイカレントコンサルティング
経営戦略からITまで高い専門性が強みの総合コンサル会社。1月16日株価は上昇で昨年来高値更新。1月14日発表、20年2月通期業績では売上収益で14.3%、営業利益で37.3%、税引き前利益で38.8%、当期利益で33.9%上方修正している。売上収益は、デジタルトランスフォーメーション関連の案件獲得を推進したことで、既存クライアントの取引拡大、並びに新規クライアントの開拓が実現し、高い稼働率を維持できたことに加え、優秀な人材の獲得が想定を上回るペースで進捗したことや、人材育成による更なる高付加価値化が実現したこと等により、前回の予想を上回る見通し。

こだわりレーティング
01月17日(金)分

6367 ダイキン工業 みずほ 買い継続 15000円→18500円
6481 THK みずほ 中立→買い格上げ 2300円→3900円
7532 パンパシHD JPモルガン Overweight継続 2050円→2200円
8966 平和RE 野村 Buy継続 155000円→163000円
9062 日本通運 三菱UFJMS 新規Overweight 8300円
9962 ミスミG みずほ 買い継続 3100円→3600円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本