デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(01/29) 信用取引貸借倍率表(01/24

令和2年01月30日(木)


 1月29日現在海外相場
NYダウ 28734ドル +11ドル
ナスダック指数 9275P +5P
CME日経先物 23250円 −110円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎売り一巡感から

 新型肺炎に対する懸念が引き続き強い中ですが、騒動から10日程経過したことで、徐々に落ち着きを取り戻す動きとなっています。勿論、日本人の二次感染者が出るなど予断を許すものではないのですが、それでも致死率が3%程度であること、更には日本と言う独特の衛生管理の行き届いた国であることを踏まえますと、通常のウイルス感染、例えばインフルエンザウイルスなどの蔓延に対する対応で十分に対応できると言った見方が強まったと言えます。

 経済ジャーナリスとの上念司氏に拠りますと、昨年インフルエンザで3000人以上が死んでいると言う事ですから、その意味では今回感染者が出たとしても未だに死者が出ていない事を踏まえますと、通常のインフルエンザ対応で良いのではないかと言った見方も出来るのかも知れません。ただ、そうは言っても、今回は中国人が大量に日本に訪れている事や、発生地である武漢からの訪日客も多数来ていると言うことで言えば、も暫くは要人した方が良いのかも知れません。

 これもネットの情報になるのですが、武漢から来日している人は昨年12月末から先週までで1万8000人程度いるそうです。順次、帰国するなど延べ人数と言うことになるのですが、それでも今回の新型肺炎が発生したのが12月始めと言うことが言われていますから、日本各地でウイルスをばら撒いた事は事実なのかも知れません。そして今になって奈良のバスの運転手が二次感染となった訳で、今後1カ月程度は気を付けた方が良いと言うことになりそうです。

 と言うことで新型肺炎に対する懸念は徐々に解消する動きだと言うことで株式市場も下値を固める動きになっています。日経平均株価も昨日163円高、NYダウも100ドル超上げています。勿論、今回の件で下げ始めた水準までまだまだ戻り切れない動きですから、自律反発の域超えるものではないとも言えそうです。それでもじわりと下値を切り上げる動きが続けば、上値へのベクトルが強まることになりそうです。

 足元で決算発表が本格化しています。本日30日は200社程度、明日31日は400社程度が発表を予定しています。主要企業では本日30日は4307野村総研 46610LC 6586マキタ 6971京セラ 7974任天堂 8035東工レク 8309三井住友トラ 8316三井住友FG 8604野村 8697日本取引所 9020JR東日本 9022JR東海 9202ANAHD 9437NITドコモ 9531東ガス。明日31日は 4503アステラス 4523エーザイ 4528小野薬 4568第一三共 4922コーセー 6201豊田織 6301コマツ 6501日立 6762TDK 6861キーエンス 6902デンソー 8015豊田通商 8308リそなHD 8411みずほFG 9021JR西日本 9201JAL 9433KDDI 9502中部電 9503関西電となっています。相場の落ち着きを待って、徐々に好業績銘柄への物色の範囲が広がりそうです。日経平均株価は75日移動平均線である2万3200円台で下値を固める動きになりそうです。


3992 ニーズウェル
金融システム開発に強み。ソリューション事業強化。エンドユーザーと直接取引は売上高の5割。1月28日発表、サッカーJリーグ「V・ファーレン長崎」とスポンサー契約。1月21日発表、国内建設会社から企業内情報セキュリティソリューション「NW Security Police(セキュリティポリス)」を受注。20年9月通期業績では8.7%増収、8.9%経常増益を見込む。年間配当では2.5円増配を予定。売上総利益は、ソリューション・ビジネスの拡大等に伴い高付加価値案件が増えたことによる。

8060 キヤノンマーケティングJPN
複合機、カメラ、インクジェットプリンタ等、キヤノン製品の国内販売が主。IT事業にも強み。1月28日、20年12月期連結業績では3.4%減収、3.1%経常増益を見込む。ヘルスケアのグループ会社売却に伴う売上の減少や、昨年大きく増加したビジネスPCの反動減、コンスーマ製品の減少等により、売上は対前年減収を見込みますが、ITソリューションの収益性を高めること等により、利益は増加を見込む。

8818 京阪神ビルディング
住友系。場外馬券売り場やオフィスビルを賃貸。データセンターを近年拡大中。大半が大阪物件。1月28日、20年3月期第3四半期連結業績では3.3%増収、5.9%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では1.4%増収、1.6%経常増益を見込む。当第3四半期末の空室率は、一部のオフィスビルにおいてテナント退去に伴う一時的な空室により0.7%になったが、既に後継テナントは決定しており当期末は満室稼働を予定している。今後とも既存ビルの付加価値を高め周辺ビルとの優位性を保つとともに、業容拡大のため現在開発中の案件を始め新規投資にも継続して取り組む。

9277 総合メディカルHD
調剤薬局上位。勤務医の転職支援、院内備品リースも。薬局モール注力。18年10月持株会社移行。1月28日、20年3月期第3四半期連結業績では14.7%増収、17.3%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では14.3%増収、16.1%経常増益を見込む。医業支援部門は、株式会社ルフト・メディカルケアのグループ化による売上寄与やリース・割賦事業の売上増、薬局部門においては医療モール内調剤薬局の売上増や調剤薬局の新規出店効果により、増収となった。

9782 ディーエムエス
ダイレクトメール首位、企業のCRM支援。セールスプロモーション(SP)、イベント事業進出。1月28日、20年3月期第3四半期連結業績では3.2%増収、26.8%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では2.3%増収、12.8%経常増益を見込む。企業におけるデータの蓄積と活用技術の充実化および旺盛な販促活動を受けてDMが堅調に推移した。

6086 シンメンテHD
店舗メンテ専業で外食チェーン向け主体。乃村工藝社と資本業務提携。17年9月に持株会社化。1月28日株価は上昇。1月14日発表、20年2月29日を基準日として、1株につき2株の株式分割を実施。20年2月期第3四半期業績では34.8%増収、30.5%経常増益となった。20年2月通期連結業績では20.9%増収、5.8%経常増益を見込む。

7049 識学
独自組織運営理論『識学』による経営層向けコンサルが柱。スポーツ分野も。クラウド事業育成。1月28日株価は上昇。20年2月期第2四半期連結業績では売上高で7.79億円、経常利益で1.33億円となった。通説を疑う独自の理論は関心を呼び、導入社数は19年2月期末で979社と前の期の約2倍。直近では1000社の大台を超えた。業績も堅調で20年2月期の単独税引き利益は前期比23%増の1億9900万円を見込む。

3990 UUUM
ユーチューバーの制作サポート事業を展開する会社。7月16日株価は大幅上昇。1月28日株価は上昇。1月9日発表、LINEとライブ配信サービス「LINE LIVE」がスタートしたライバー(ライブ配信者)の育成プログラム「LIVER Support Program」で協業を開始。20年5月通期連結業績では31.8%増収、11.3%経常増益を見込む。5期連続最高益更新。動画広告市場の成長を取り込み、売上成長に沿った売上総利益の増加を見込む一方、人員増加に伴う費用や新規事業への投資を見込む。

4571 ナノキャリア
がん領域に特化した創薬ベンチャー。超微細な『ミセル化ナノ粒子』で副作用少ない新薬目指す。1月28日株価は上昇。20年3月通期連結業績では17.0%増収、経常損益は15.36億円の赤字を見込む。主要パイプラインの開発推進、新規パイプラインの探索、提携先の開拓などに積極的に取り組んだ。

6619 ダブル・スコープ
リチウムイオン電池セパレーター専業メーカー。日本が本社だが、生産は韓国、販売先は日中韓。1月28日株価は上昇。高容量リチウムイオン電池の内部抵抗を従来品より20%抑え、耐熱性を向上させて、安全性を大幅に改善するセパレータの新製品を開発した。19年12月期連結業績では100.4%増収、経常利益は4億円の黒字化に。

7034 プロレド・パートナーズ
ローコスト戦略が柱のコンサル。大企業や企業再生ファンドなどに成果報酬型でサービス提供。1月28日株価は上昇。20年10月通期業績では31.3%増収、17.9%経常増益を見込む。4期連続最高益更新。顧客紹介及びインパウンドによる案件数の増加、並びに想定よりもコストマネジメントの削減額が向上した。

7065 ユーピーアール
物流、製造現場向け箱型荷台(パレット)等をレンタル・販売。IT事業も。東南アジアに拠点網。1月28日株価は上昇。東海東京調査センターが新規「アウトパフォーム」、目標株価3360円に。20年8月通期連結業績では7.1%増収、19.0%経常増益を見込む。IoTサービスでは、位置情報ソリューション及び遠隔監視ソリューションの販売案件の受注が増加、ビークルソリューションサービスでは、堅調な顧客の増車計画に伴い、カーシェアリングシステムのレンタル及び販売が想定を上回るペースで推移。

3655 ブレインパッド
企業データを分析し販促に活用するデータマイニング提供に強み。関連ソフト開発や販売も。1月28日株価は上昇。20年6月通期業績は19.8%増収、0.5%経常増益を見込む。主力のアナリティクス事業で案件の大型化・長期化が進み、利益率が向上したほか、ソリューション事業ではソフトウェアのライセンス販売やデータ分析環境構築案件などが好調。人員採用が進捗せず、採用関連費用が想定を下回ったことも大幅増益の要因。

4348 インフォコム
業界首位級の電子コミックとシステム開発が柱、医療・介護関連や管理ソフト強化、帝人子会社。1月28日株価は上昇で昨年来高値更新。20年3月通期連結業績では13.1%増収、19.3%経常増益を見込む。Tサービス・セグメントは、病院・企業向けが好調に推移。ヘルスケア事業は、働き方改革への対応に伴い病院における複雑な勤務状況の管理に有効な、就業管理システムの販売が拡大。

8036 日立ハイテクノロジーズ
商社から出発、日立の計測器・半導体装置部門統合。医用分析装置など半導体分野以外を育成中。1月28日株価は上昇。1月14日、ジェフリーズ証券が投資判断を「Buy」継続、目標株価を7300円から9000円に。20年3月通期連結業績では4.3%減収、7.3%税引き前減益を見込む。電子材料の開発や創薬向けの需要が堅調に推移。

9369 キユーソー流通システム
食品物流最大手。キユーピー系だが依存度1割台。チルド、冷凍品に強み。全国で小口輸配送も。1月28日株価は上昇。20年11月通期業績では1.1%増収、4.6%経常減益を見込む。食品メーカーなどの新規取引や既存取引が拡大した。食品メーカーやチェーンストアなどの新規・領域拡大が伸長。

9519 レノバ
再生可能エネルギーの発電と開発・運営が2本柱。11月5日株価は上昇。1月28日株価は上昇で昨年来高値更新。20年3月通期連結業績では売上高で9.7%、営業利益で17.5%、経常利益で24.2%、純利益で57.1%上方修正している。開発中である石巻ひばり野バイオマス発電事業の最終投資意思決定を2021年3月期に見込んでいたが、事業開発の進捗を踏まえ、今期中に最終投資意思決定を行う方針とした。これに伴い、石巻ひばり野バイオマス発電事業を行う合同会社石巻ひばり野バイオマスエナジーからの事業開発報酬を今期において売上計上する見込み。

2929 ファーマフーズ
卵黄由来のサプリや化粧品通販が主力。機能性食品素材ギャバ等は内外の食品メーカーへ販売。1月28日株価は上昇で昨年来高値更新。薬用育毛剤「ニューモ」は酵素などに卵由来ペプチドの独自成分「HGP」を配合した、同社の通販事業で展開する薬用育毛剤が人気化。20年7月通期連結業績は29.6%増収、18.2%経常増益を見込む。機能性素材事業は、 主力の「GABA」、新規美白素材「セレプロン」が好調に推移。OEM事業も堅調に受注を積み上げた。通信販売事業は、主力の「タマゴサミン 」が成長をけん引。さらに、化粧品のリピート通販が拡大した。

4978 リプロセル
東大・京大発ベンチャー。iPS試薬・モデル細胞、遺伝子改変等研究支援と再生医療の2本柱。1月28日株価は上昇でストップ高。1月27日日経新聞が、同社が今春にも再生医療用のiPS細胞の製造受託サービスを開始すると報道。独自技術で製造し、他社の製品に比べて安全性が高いのが特徴。日米欧の規制に対応し、製薬企業が世界展開しやすい。20年3月期連結業績では31.8%増収、経常利益は6.87億円の損失を見込む。

6200 インソース
企業等の人事部向けに講師派遣型研修、公開講座を運営。人事や営業サポートシステムも展開。1月28日株価は上昇で昨年来高値更新。1月27日発表、20年9月期第1四半期連結業績では25.5%増収、31.9%経常増益となった。20年9月期連結業績では21.2%増収、16.7%経常増益を見込む。当第1四半期連結累計期間における講師派遣型研修実施回数は前年同四半期比109.7%、公開講座受講者数は前年同四半期比130.3%、「WEBinsource」新規登録先数は前期末から639組織増加。また、「Leaf」有料利用組織数が前期末から13組織増加した。

7033 マネジメントソリューションズ(MSOL)
プロジェクトマネジメント(PM)実行支柱のコンサル。PMに関する研修計画提供等も。1月28日株価は上昇。同社は、システム導入などのプロジェクトを推進する企業に対して、プロジェクトの円滑な運営などを支援するプロジェクトマネジメント支援サービスを提供。20年10月通期では41.1%増収、35.3%経常減益を見込む。

4974 タカラバイオ
遺伝子・再生医療研究用試薬や理化学機器販売が主。再生医療開発にも注力。1月28日株価は上昇。1月16日発表、米Therapeutics社に遺伝子治療関連技術の非独占的ライセンスを供与。20年3月期連結業績では5.4%減収、12.1%経常増益を見込む。

こだわりレーティング
01月29日(水)分

2413 エムスリー 野村 Buy継続 3500円→3700円
3289 東急不動産HD メリル 新規買い 1000円
4062 イビデン 野村 Buy継続 2700円→3150円
4063 信越化学工業 ジェフリーズ Buy継続 15000円→15500円
4063 信越化学工業 野村 Buy継続 13500円→13800円
4369 トリケミカル 三菱UFJMS Buy継続 8000円→12000円
4666 パーク24 CS OP継続 3000円→3300円
5333 日本ガイシ CS OP継続 2100円→2300円
5975 東プレ CS Neutral→OP格上げ 2000円→2200円
6971 京セラ CS OP継続 8100円→8900円
6976 太陽誘電 野村 Buy継続 3700円→4300円
7269 スズキ モルガンS Overweight継続 4700円→5550円
8591 オリックス SMBC日興 1継続 2220円→2240円
8804 東京建物 メリル 新規買い 2100円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本