デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(02/10) 信用取引貸借倍率表(02/07

令和2年02月12日(水)


 2月10日現在海外相場
NYダウ 29276ドル −0.4ドル
ナスダック指数 9638P +10P
CME日経先物 23890円 +250円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎方向感が出辛い

 新型肺炎の感染者数が4万人、死者数は1000人を超えたと言うことで、各メディアがこぞって報じています。日本国内では感染者数は増えて居ないのですが、ただ横浜に停泊しているクルーズ船内で160人以上の人が感染しているようです。

 ただこのクルーズ船が日本国内だと判断して良いのかと言う点ではやや疑問が生じることになります。船籍は現在イギリスのロンドンですから、日本の船ではないと言うことになります。更に運用は米国のプリンセスクルーズで船長も外国籍の人となっています。

 船の場合には船長がその管理を行う訳ですから、実際には日本人が多く乗っていると言っても、厳密には日本国内と同じような扱いをして良いのかどうかと言うことになります。実際に現在、この横浜に寄航しているクルーズ船以外に、1月以降に中国を訪れた大型船21隻は全てアジア・オセアニア地域にとどまっているとのことで、うち複数の船が次の寄港地が決まっていない状況です。向かう先で入港できず、次でも断られ、行き場を失う船が出てきています。

 このような状況を受けて、運航会社の株価にも影響が出ているようです、横浜に寄航しているクルーズ船ダイヤモンド・プリンセスを運航する米カーニバルの株価は、大幅に下落しているようで、今後クルーズ船の運用会社の苦難が続くことになりそうです。

 いずれにしても各メディアではクルーズ船の船内の状況を悲惨なものとして報じています。確かに長期間、船室に閉じ込められることに対して、同情する気持ちは分かるのですが、一部の乗客が厚生省に要望書を出したそうですが、提出先は日本ではなく、船籍国に提出するべきものだと言えます。本来であれば、寄航を拒否しても良い位なのですが、日本人の乗客が多いことで、日本政府としても、放っておけないと言うことになり、最善の対応をしていると言うことになります。「検疫」と言う面ではメディアが日本国内の対応と同じようにしろとするコメントを多く垂れ流していることに対して何か違和感を感じてしまいます。

 と言うことで、新型肺炎の影響が世界経済にどのように影響を及ぼすのかを見極める展開になりそうです。FRBのパウエル議長も11日の議会証言で新型肺炎について「中国で混乱を招き、残りの世界経済にも影響が及ぶ可能性があるため、注視していく」と繰り返しています。証言後の質疑応答で、新型肺炎の米景気への影響を問われると「どの程度になるか見極めるのは時期尚早だ」と述べています。確かに現状、感染拡大のピークアウトとなっていない状況下では先行きを見通すのは難しいと言うことになりそうです。

 それでも金融市場はそのような先行き不安を無視する動きのようで、11日の米国株は一時主要株価指数は高値を更新する動きとなっています。投資家は新型コロナウイルス感染拡大が経済に与える影響を特に材料視せず、代わりに発表予定の企業決算を意識する動きとなっています。

 中国国外のウイルス感染例が増加し、さまざまな企業が国際会議への参加見送りを決める中で、投資家は感染率が安定しつつあるかどうかを見極めようとしています。新興国市場では、金融当局が金融システムのてこ入れに向けて介入する動きが見られ、中国人民銀行(中央銀行)はリバースレポを通じ資金を供給しています。

 オッペンハイマーのチーフ市場ストラテジスト、ジョン・ストルツファス氏は、新型ウイルスのこれまでの感染拡大は「不安を誘うものだが、この疾病は世界的な注目を集めており、やがて拡大を食い止める解決法が見つかる公算は大きい」とリポートで指摘。「先週発表された経済指標は米労働市場の力強さと底堅さを浮き彫りにしたほか、経済成長の持続可能性も示すものだった」と説明しており、少なくとも米国国内では地理的な面もあるようで、新型肺炎の影響は限定的とする見方が支配的のようです。日本でも同じような状況になるのかどうかは見極めが必要ですが、それでも米国市場の動きを見る限りでは過度の不安は必要ないのかも知れません。


1893 五洋建設
準大手ゼネコン、海上土木(マリコン)で首位。国内建築ほか、海外の大型案件に実績豊富。2月7日発表、20年3月通期連結業績では営業利益で4.9%、経常利益で6.8%、純利益で12.8%上方修正している。最高益予想を上乗せ。売上高は国内建築および海外の工事出来高見込みの減少により、5,405億円(前回発表予想比100億円減、前年度比283倍円増)となる見込み。利益面は、国内土木の工事利益率が改善したことなどにより、営業利益は290億円(同15億円増、同31億円増、経常利益は285億円(同20億円増、同5l億円増)当期純利益は200億円(同25億円増、同33億円増)となる見込み。

1929 日特建設
基礎、地盤改良、法面など特殊土木大手。環境、防災工事に強み。麻生グループの傘下。好財務。2月7日発表、20年3月通期連結業績では売上高で4.1%、営業利益で21.2%、経常利益で22.2%、純利益で19.1%上方修正している。配当も2円増額。売上高は、暖冬により降雪地での施工が進んでいることによって、約63,000百万円となる見込み。また、売上高の増加に加え、前期からの大型工事の大幅な利益改善により、営業利益は約4,200百万円、経常利益は約4,200百万円、当期純利益は約2,700百万円となる見込み。

2395 新日本科学
前臨床試験受託の最大手。臨床試験、医療機関支援も展開。米国市場は回復途上。2月7日発表、20年3月通期連結業績では営業利益で22.2%、経常利益で50.0%、純利益で50.0%上方修正している。最高益予想を上乗せ。当第3四半期累計期間の結果及び足元の業績動向を踏まえて、営業利益、経常利益及び親会社に帰属する当期純利益を修正。経常利益は、前回予想の想定為替レート(107.93 円/米ドル)に対して円安で推移したことによる増加や臨床事業における合弁会社の持分法投資利益の増加などにより前回予想を上回る見込み。

3107 ダイワボHD
紡績大手。ダイワボウ情報システム(DIS)擁しIT関連分野強化。繊維関連の経営資源一本化。2月7日発表、20年3月通期連結業績では売上高で19.1%、営業利益で37.9%、経常利益で39.1%、純利益で41.8%上方修正している。ITインフラ流通事業において、Windows10搭載パソコンへの更新需要を捉え、周辺機器やソフトウェアを含めた複合提案により販売が拡大した。20年3月通期連結業績では20.1%増収、37.0%経常減益を見込む。最高益更新。

3798 ULSグループ
ITシステムのコンサル、設計、構築担う。流通、製造、情報サービス向けに強み。SI企業と合併。2月7日発表、20年3月通期連結業績では売上高で14.0%、営業利益で42.9%、経常利益で42.9%、純利益で39.3%上方修正している。売上高は、主に建設、金融及びサービス業を中心とする既存顧客のIT投資の拡大により、前回発表時の想定を超えて受注が堅調に推移しており、通期連結売上高は6.200百万円程度になる見込み。一方、損益面は、売上高の拡大に加え、プロジェクト管理と効率的なグループ事業運営の徹底により、営業利益、経常利益はそれぞれ前回予想を390百万円程度上回り1.300百万円程度に、親会社株主に帰属する当期純利益は前回予想を220百万円程度上回り780百万円程度になる見込み。20年3月通期連結業績では6.3%増収、11.8%経常減益を見込む。最高益、配当も8円増額。

4331 テイクアンドギヴニーズ
『ハウスウェディング』のパイオニア。直営施設を全国展開、海外挙式も注力。ホテル事業に進出。2月7日発表、20年3月通期連結業績では営業利益で12.5%、経常利益で16.7%、純利益で2.9%上方修正している。2020年3月期第3四半期累計期間において、売上高は、国内ウェディング事業の不採算店舗閉鎖や、自然災害(令和元年台風19号)影響等があり、計画を下ったが、粗利率の高い商品の販売強化等により、粗利率 は向上。併せて、国内ウェディング事業、海外・リゾートウェディング事業共に、販管費の効率化を継続的に推進し、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益は計画を上回った 。

4848 フルキャストHD
短期派遣から撤退し、アルバイト紹介と同給与管理代行に主力事業を移行。警備業務請負も。2月7日発表、20年12月期連結業績では9.7%増収、16.1%経常増益を見込む。3期連続最高益、前期配当を2円増額・今期は4円増配へ。19年12月期においては主力事業である短期業務支援事業において、主力サービスである「紹介」及び「BPO」が順調に推移したことを主因とし、加えて、顧客企業の長期人材ニーズにも応えた結果、「派遣」が伸張した。引き続き今期も主力事業である短期業務支援事業の拡充に注力し、加えて、周辺領域の刈り取りを推進することで収益を伸張させ増収を果たすと共に、継続してグループ全体の業務効率化を推し進め生産性を高める。また、発行済み株式数の1.17%にあたる44万9500株(金額で10億1269万円)を上限に自社株TOB(株式公開買い付け)を実施する。

6077 N・フィールド
精神疾患の患者に特化した訪問看護事業を展開。退院患者向けに賃貸物件への入居支援も実施。2月7日発表、20年12月期連結業績では12.6%増収、24.6%経常増益を見込む。3期ぶり最高益更新。19年12月期には精神科訪問看護サービスの提供をさらに進めるため、新たに11事業所、3営業所及び1出張所を開設したほか、9営業所及び1出張所の事業所化を行った。また、より地域に密着した看護の提供及び事業所運営の実現のため、従来の北海道支店を北海道支店及び東北支店に、大阪支店を名古屋支店、大阪支店及び中四国支店にそれぞれ分割を行っている。今期も期経営計画において、2020年12月期から2022年12月期まではPHASE2として「医療サービス拡充とアライアンス強化による次世代成長エンジンの構築」を図る。

6333 帝国電機製作所
キャンド(無漏洩)ポンプ最大手で国内シェア約6割、世界4割弱。米国企業買収。大連に工場。2月7日発表、20年3月通期連結業績では売上高で0.5%、営業利益で32.4%、経常利益で29.5%、純利益で38.9%上方修正している。売上高は概ね計画どおりに推移。一方、利益面は、ポンプ事業において中国子会社で人件費を含む諸経費の見直しを実施したこと等から営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益が前回発表予想を上回る見込み。20年3月通期連結業績では5.3%増収、57.7%経常増益を見込む。5期ぶり最高益更新。

6929 日本セラミック
赤外線センサーで国内9割、世界6割のシェア。超音波センサーでも世界的。中国等に生産拠点。2月7日発表、20年12月期連結業績では2.3%増収、6.4%経常増益を見込む。需要が見込まれる自動車関連、省エネ関連分野に対して品質の強化と安定した供給体制構築に努める。センサ製品などの開発と量産を進め、新たな業界への拡販に努める。リードタイムの短縮など原価改善を継続し、安定的な利益を確保した上でより強固な経営基盤の構築に努めるなど。又、発行済み株式数(自社株を除く)の1.50%にあたる40万株(金額で10億円)を上限に自社株買いを実施する。

6855 日本電子材料
半導体検査用プローブカード大手。ブラウン管カソード等から出発。海外生産比率向上に注力。2月7日株価は上昇。2月6日発表、20年3月期第3四半期連結業績では3.7%増収、27.9%経常減益となった。20年3月期連結業績では2.7%増収、32.0%経常減益を見込む。半導体市場の回復の遅れにより、プローブカードの需要も、本格的な回復は遅れる傾向で推移しているものの、当第2四半期連結累計期間においては、売上、利益ともに予想を上回った。当第3四半期以降は、 プロダクトミックスの影響や新工場稼働に向けた先行費用が見込まれるものの、2019年5月13日に公表した2020年3月期通期業績予想を修正する。

3626 TIS
独立系SI大手。クレジットカード向け強い。TISインテックグループとして傘下に約50社。2月7日株価は上昇で昨年来高値更新。2月6日、野村証券が投資判断を「Buy」継続、目標株価を8200円から8800円に。2月6日発表、20年3月期第3四半期連結業績では5.3%増収、23.0%経常増益となった。3月末現在の1株を3株に分割。20年3月通期連結業績では3.6%増収、11.4%経常増益を見込む。年間配当では10円増配を予定。IT投資動向が強まりを見せる分野において顧客ニーズを的確に捉えたこと等が牽引し、前年同期を上回った。営業利益は、増収効果や収益性向上による売上総利益の増加が構造転換に向けた対応強化による費用を中心とする販売費及び一般管理費の増加を吸収したことから前年同期比増益となった。

3817 SRAHD
独立系のシステム開発一括受託会社。Linux等オープンソース系に強い。海外展開積極化。2月7日株価は上昇で昨年来高値更新。2月6日発表、20年3月期第3四半期連結業績では3.9%増収、7.9%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では2.2%増収、2.9%経常増益を見込む。開発事業が減少したものの、運用・構築事業、販売事業が増加。運用・構築事業は、企業向け及び大学向けが増加。

2929 ファーマフーズ
卵黄由来のサプリや化粧品通販が主力。機能性食品素材ギャバ等は内外の食品メーカーへ販売。2月7日株価は上昇で昨年来高値更新。薬用育毛剤「ニューモ」は酵素などに卵由来ペプチドの独自成分「HGP」を配合した、同社の通販事業で展開する薬用育毛剤が人気化。20年7月通期連結業績は29.6%増収、18.2%経常増益を見込む。機能性素材事業は、 主力の「GABA」、新規美白素材「セレプロン」が好調に推移。OEM事業も堅調に受注を積み上げた。通信販売事業は、主力の「タマゴサミン 」が成長をけん引。さらに、化粧品のリピート通販が拡大した。

6656 インスペック
半導体用精密基板の最終外観検査装置(AVI)・パターン検査装置(AOI)を製造。台湾に販社。2月7日株価は上昇で昨年来高値更新。東海東京調査センターが新規に投資判断「アウトパフォーム」、目標株価3000円に。5Gや自動車のCASE対応など取り巻く技術革新は業容拡大に追い風になっていると指摘。5Gスマホ、5G基地局、新型PKG基板の需要が20年から急増するため、第3四半期以降のR2R型検査装置の受注好転を想定。20年4月通期業績では10.6%増収、3.1%経常増益を見込む。年間配当では3円復配を予定。

7609 ダイトロン
電子部品中堅卸。製販一体推進。半導体など製造装置も。自社製品比率3割目標。米国に工場。2月7日株価は上昇。2月6日発表、20年12月期連結業績では2.2%増収、1.6%経常増益を見込む。国内販売事業は、電子機器及び部品では半導体や情報システム横着旨の販売が、製造装置では二次電池生産用の製造装置の販売が、それぞれ好調に推移。国内製造事業は、電子機器及び部品を手掛ける部品事業部門は、売上、利益共に前年同期並みで推移。製造装置を手掛ける装置事業部門は、半導体ウェーハの生産用に半導体製造装置の販売が、レーザーダイオードや電子部品の生産用に電子部品製造装置の販売が、それぞれ好調に推移。海外事業は、東アジア市場にて「半導体・フラットパネルディスプレイ製造装置」の販売が好調に推移。

3837 アドソル日進
大企業向け大規模システムの開発に強み持つ。技術水準に定評。ソリューション提案を強化。2月7日株価は上昇で昨年来高値更新。2月6日発表、20年3月期第3四半期連結業績では10.3%増収、23.0%経常増益となった。20年3月通期連結業績では3.3%増収、9.5%経常増益を見込む。年間配当では1円増配を予定。社会インフラ事業における「エネルギー分野(電力関連、及びガス関連)」や、「交通・運輸分野(旅行関連)」が堅調に推移。利益面では、「研究開発や開発拠点の整備」等、「将来の事業拡大につながる投資」を継続、「増収効果」に加え、「プロジェクト管理の徹底による不採算案件」の抑止、「生産性向上に向けた改善活動」に継続して取り組んだ。

4974 タカラバイオ
遺伝子・再生医療研究用試薬や理化学機器販売が主。再生医療開発にも注力。2月7日株価は上昇。2月6日、日本経済新聞電子版が「タカラバイオは新型コロナウイルスの検査試薬を大幅に増産する」と報じた。中国・大連市から安定供給の緊急要請を受け、生産量を従来比50倍の週25万検体分に増やした。20年3月期連結業績では5.4%減収、12.1%経常増益を見込む。

6541 グレイステクノロジー
内外メーカー向けに産業機械マニュアルの作成、管理、運用システムや企画、翻訳サービス提供。2月7日株価は上昇。2月6日発表、20年3月期第3四半期連結業績では24.0%増収、84.2%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では24.6%増収、30.5%経常増益を見込む。MMS事業は、前年度第4四半期から引き続き、「e-manual」の導入促進を積極的に図っており、前年同期は一過性で低採算のオンプレミス案件が売上高に寄与。

こだわりレーティング
02月10日(月)分

2815 アリアケジャパン GS 買い継続 8900円→9000円
3360 シップヘルスケアHD 野村 Buy継続 5300円→6070円
4516 日本新薬 メリル 買い継続 11300円→11700円
6976 太陽誘電 GS 買い継続 3900円→4000円
7269 スズキ GS 買い継続 5400円→5700円
7282 豊田合成 野村 Buy継続 3150円→3200円
7740 タムロン 野村 Buy継続 3200円→3850円
8001 伊藤忠商事 野村 Buy継続 2900円→3200円
8801 三井不動産 GS 買い継続 3300円→3400円
9409 テレビ朝日 大和 1継続 2000円→2500円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
01/27 01/28 01/29 01/30 01/31
02/03 02/04 02/05 02/06 02/07
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本