デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(02/12) 信用取引貸借倍率表(02/07

令和2年02月13日(木)


 2月12日現在海外相場
NYダウ 29551ドル +275ドル
ナスダック指数 9725P +87P
CME日経先物 23940円 +70円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎NYダウ高値更新

 外務省のホームページで次のような注意喚起が発表されています。
『中国における新型コロナウイルスに関する注意喚起(早期の一時帰国や中国への渡航延期を至急ご検討ください。)』

 「検討」と言う言葉ですから、強い言い方ではないのですが、言外の意を汲むとすると、中国全土に対する退避勧告を日本人に穏やかに言ったと言うことになるのかも知れません。

 春節明けから、中国国内で人の移動が活発化した場合には、新型肺炎の感染拡大が更に進むとの見方があるのかも知れません。米国では既に中国全土からの渡航制限を掛けていますが、日本では湖北省と浙江省だけで、その他の地域からの日本への中国人の日本への流入が可能になっています。

 その意味では中国人が悪い訳ではないのですが、感染の可能性と言う意味では仕方がないのかも知れません。勿論、今更中国全土を対象に渡航制限を行っても時既に遅し、と言うことになるのかも知れませんが、それでも万が一の事を想定すると、しないよりした方が良いのかも知れません。

 一方で米国株は強い基調が続いています。12日も中国政府発表の、新型コロナウイルスによる肺炎に関し、湖北省で新たに確認された感染者が10日ぶりに2000人を割り込んでいます。また中国本土で11日に確認された新型肺炎の感染者数は1月30日以来の低水準になったと伝わっています。感染拡大のペースが鈍化傾向を示したことで、中国の経済活動が長期にわたり停滞して世界景気の下振れを招くとの懸念が後退、投資家のリスク選好意欲が回復したとの見方です。NYダウは2日連続で取引時間中の史上最高値を更新しています。

 既に米国株式市場ではこの新型肺炎の影響は限定的と決めつけているような動きで、全く関係ないと言う事のようです。シカゴCME日経先物も2万3900円台で推移しており、昨日の大証比で小高い水準となっています。2万4000円台に乗せるのかどうかは分かりませんが、リスクオンの流れが為替市場にも及んでいるようで、ドル円相場は1ドル110円台に乗せる動きですから、このままの状況は東京市場の開始まで続くようですと、日経平均株価の2万4000円台回復の可能性も高いのかも知れません。

 2万4000円台と言えば昨年の12月半ば、先月1月の半ばにチャンレジしましたが、押し戻されており、今回3度目と言うか3か月連続で2万4000円台を目指す動きとなります。このまま押し戻されるのか、一段高になるのかは、米国株次第と言うことになりそうです。

 ただ、一方で懸念されるのは、グローバルな資金を見ると、「新型肺炎の影響で欧米株買い、アジア株売りに動いており、この流れは当分続くだろう」と言う見方も出ているようで、アジア株の中には当然、日本株も入ると言うことになれば、日本株への売り圧力に繋がる可能性がありそうです。いずれにしても新型肺炎の中国経済、そして日本経済に与える影響を見極める展開がもう暫く続くことになりそうです。


4714 リソー教育
首都圏地盤に個別指導受験塾『TOMAS』、客層は高所得。幼児教育、家庭教師派遣、英会話も。2月10日発表、発行済み株式数(自社株を除く)の2.71%にあたる400万株(金額で12億円)を上限に自社株買いを実施する。20年2月通期連結業績では10.2%増収、18.1%経常増益を見込む。主力のTOMAS(完全1対1の進学個別指導塾)や名門会(100%プロ社会人家庭教師)、伸芽会(名門小学校受験・幼稚園受験指導)の在籍生徒数が前期から約10%増加。また、スクールTOMAS(学校内個別指導塾)の契約校数、長時間英才託児事業および学童事業の伸芽’Sクラブの在籍生徒数が堅調に推移した。

6027 弁護士ドットコム
Webでの弁護士向け営業支援と一般会員向け法律相談サイトを運営。税理士向けも育成中。2月10日発表、電子契約システム「クラウドサイン」がラクスのクラウド型販売管理システム「楽楽販売」と連携。20年3月通期業績では37.3%増収、1.7%経常増益を見込む。10月18日発表、19年11月より、法律書籍・雑誌のサブスクリプションサービス「BUSINESS LAWYERS LIBRARY」の提供を開始。公開時には、主要な法律系出版社8社が参画、400冊以上の法律書籍・雑誌を掲載し、順次拡大する予定。

7033 マネジメントソリューションズ(MSOL)
プロジェクトマネジメント(PM)実行支柱のコンサル。PMに関する研修計画提供等も。2月10日発表、3月31日現在の株主を対象に1対3の株式分割を実施。同社は、システム導入などのプロジェクトを推進する企業に対して、プロジェクトの円滑な運営などを支援するプロジェクトマネジメント支援サービスを提供。20年10月通期では41.1%増収、35.3%経常減益を見込む。

3741 セック
リアルタイムソフトウェア技術に強み。モバイル端末向けや防衛分野、ロボットで開発受託。2月10日発表、20年3月期第3四半期連結業績では5.9%増収、19.4%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では3.7%増収、11.3%経常増益を見込む。今期配当を23円増額修正。移動体通信事業者向けのサービス系の開発が減少したものの、官公庁案件や交通系のモバイル決済関連の開発案件が増加したことに加え、車両自動走行の研究開発案件や宇宙天文分野の開発案件が増加した。

4574 大幸薬品
止瀉薬『正露丸』で知名度高い。海外も展開。感染管理が第2の柱に。アース製薬と資本業務提携。2月10日発表、20年3月通期連結業績では売上高で20.8%、営業利益で36.4%、経常利益で41.0%、純利益で30.3%上方修正している。配当も10円増額。主に感染管理事業において、国内一般用製品、国内業務用製品、海外市場向けが好調に推移したことから、前回発表予想に比べ売上高が大幅に増加。また、これらの要因等により、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益が前回発表予想を上回る見通し。20年3月通期連結業績では30.5%増収、45.9%経常増益を見込む。

4812 電通国際情報サービス
親会社電通の社内システム構築が安定収益源。製造向け設計開発支援、金融向けに強み。無借金。2月10日発表、20年12月期連結業績では4.3%増収、5.9%経常増益を見込む。3期連続最高益、9円増配。売上高は、コミュニケーションITセグメントを中心に予想を上回る見通し。利益も、増収に伴い、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益すべての段階利益で前回予想を上回る見通し。

7172 ジャパンインベストメントアドバイザー
航空機オペレーティング・リースが柱の金融ソリューション事業展開。2月10日発表、20年12月期連結業績では34.4%増収、38.9%経常増益を見込む。10円増配。前期より持ち越した案件により、十分な出資金残高を有しており、売上高、利益いずれも2019年12月期業績予想を上回り、過去最高益を計上する見込み。

7722 国際計測器
遠心力のバラツキを測るバランシングマシンの大手。自動車業界が主力販売先。海外比率高い。2月10日発表、20年3月期第3四半期連結業績では29.6%増収、741.5%経常増益となった。20年3月期連結業績では23.3%増収、161.1%経常増益を見込む。売上高は、バランシングマシン及び電気サーボモータ式振 動試験機の売上が増加したため、当初の予想に対し増収となる見込み。利益面は、役員報酬が増加したことや、製品保証引当金繰入額及び運賃が増加したものの、増収により売上総利益が増加した。

8279 ヤオコー
埼玉県中心に食品スーパーを展開。独立系。営業利益率は業界首位級。ライフとPB共同開発。2月10日発表、20年3月期第3四半期連結業績では4.3%増収、6.6%経常増益となった。20年3月期連結業績では3.0%増収、2.6%経常増益を見込む。新規出店は6月に川越今福店(埼玉県川越市)、7月に東松山シルピア店(埼玉県東松山市)、12月に本庄中央店(埼玉県本庄市)を開設、既存店の活性化策として6店舗について大型改装を実施した。また、店舗を拠点とするヤオコーネットスーパーは、8月に川越今福店にて5号店を開業。グループの株式会社エイヴイでは、「圧倒的な低価格」と「徹底したローコスト運営」を基本方針とし、その具現化を図る施策や取組みを鋭意進めており、そのノウハウを当社の売場づくりやカイゼンに活用。店舗展開は、9月に新規出店としてエイビイ南部市場店(神奈川県横浜市)を開設。2019年12月31日現在の店舗数は、グループ全体で176店舗(ヤオコー164店舗、エイヴイ12店舗)。

9517 イーレックス
代理店通じた電力小売り主力。外資と提携し家庭向け参入。高知、大分にバイオマス発電所保有。2月10日発表、20年3月期第3四半期連結業績では37.6%増収、166.7%経常増益となった。20年3月通期連結業績では44.4%増収、67.3%経常増益を見込む。販売電力量は順調に増加。8月26日、フィットネスクラブを運営するティップネスとイーレックス子会社が電気・都市ガス販売に関する業務委託契約を締結「ティップネスでんき」の販売を行うと発表。

9696 ウィザス
近畿地盤の集団指導塾『第一ゼミナール』が主柱。個別指導塾や通信制高校『第一学院』も併営。2月10日発表、20年3月通期連結業績では売上高で0.6%、営業利益で10.0%、経常利益で14.2%、純利益で31.1%上方修正している。主に高校・キャリア支援事業を中心に生徒募集が好調に推移したことに加え、ICTを活用した高付加価値サービスの導入により顧客単価も向上し、売上高及び利益面について大きく寄与した。また、学習塾事業において前連結会計年度に行った統廃合による採算性向上もあり、売上高、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益は、期初予想を上回る見込み。20年3月通期連結業績では4.4%増収、10.9%経常減益を見込む。

9099 C&FロジHD
フローズン輸送のヒューテックノオリンとチルド輸送の名糖運輸が統合。総合物流企業を志向。2月10日発表、20年3月期第3四半期連結業績では2.4%増収、6.4%経常増益となった。20年3月期連結業績では2.2%増収、4.6%経常増益を見込む。年間配当を1円増配予定。TC事業、DC事業それぞれに新たなインフラ整備を進めている。現在建設中の新センターは、来期以降順次竣工を予定しており、固定費の負担増加を想定しているが、持続的成長を実現するため、自社車両による配送比率の引き上げをはじめとしたコスト構造の見直しや適正な料金収受の推進、従業員の定着率向上に向けた働きやすい職場環境づくりなどに取り組んでいる。

2929 ファーマフーズ
卵黄由来のサプリや化粧品通販が主力。機能性食品素材ギャバ等は内外の食品メーカーへ販売。2月10日株価は上昇で昨年来高値更新。薬用育毛剤「ニューモ」は酵素などに卵由来ペプチドの独自成分「HGP」を配合した、同社の通販事業で展開する薬用育毛剤が人気化。20年7月通期連結業績は29.6%増収、18.2%経常増益を見込む。機能性素材事業は、 主力の「GABA」、新規美白素材「セレプロン」が好調に推移。OEM事業も堅調に受注を積み上げた。通信販売事業は、主力の「タマゴサミン 」が成長をけん引。さらに、化粧品のリピート通販が拡大した。

4331 テイクアンドギヴニーズ
『ハウスウェディング』のパイオニア。直営施設を全国展開、海外挙式も注力。ホテル事業に進出。2月10日株価は上昇。2月7日発表、20年3月通期連結業績では営業利益で12.5%、経常利益で16.7%、純利益で2.9%上方修正している。2020年3月期第3四半期累計期間において、売上高は、国内ウェディング事業の不採算店舗閉鎖や、自然災害(令和元年台風19号)影響等があり、計画を下ったが、粗利率の高い商品の販売強化等により、粗利率 は向上。併せて、国内ウェディング事業、海外・リゾートウェディング事業共に、販管費の効率化を継続的に推進し、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益は計画を上回った 。

4875 メディシノバ・インク
米国が本拠の医薬品開発ベンチャー企業。2月10日株価は上昇。SMBC日興証券では「筆頭パイプラインであるMN-166の進行型多発性硬化症と筋萎縮性側索硬化症を対象にした探索的試験での有効性・安全性データはそれぞれ有望である」と指摘。19年度内に中枢神経系領域での商業化権利の導出契約が締結されれば、「MN-166上市への期待感がますます高まっていく」と評価。

6333 帝国電機製作所
キャンド(無漏洩)ポンプ最大手で国内シェア約6割、世界4割弱。米国企業買収。大連に工場。2月10日株価は上昇で昨年来高値更新。2月7日発表、20年3月通期連結業績では売上高で0.5%、営業利益で32.4%、経常利益で29.5%、純利益で38.9%上方修正している。売上高は概ね計画どおりに推移。一方、利益面は、ポンプ事業において中国子会社で人件費を含む諸経費の見直しを実施したこと等から営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益が前回発表予想を上回る見込み。20年3月通期連結業績では5.3%増収、57.7%経常増益を見込む。5期ぶり最高益更新。

6656 インスペック
半導体用精密基板の最終外観検査装置(AVI)・パターン検査装置(AOI)を製造。台湾に販社。2月10日株価は上昇で昨年来高値更新。東海東京調査センターが新規に投資判断「アウトパフォーム」、目標株価3000円に。5Gや自動車のCASE対応など取り巻く技術革新は業容拡大に追い風になっていると指摘。5Gスマホ、5G基地局、新型PKG基板の需要が20年から急増するため、第3四半期以降のR2R型検査装置の受注好転を想定。20年4月通期業績では10.6%増収、3.1%経常増益を見込む。年間配当では3円復配を予定。

1893 五洋建設
準大手ゼネコン、海上土木(マリコン)で首位。国内建築ほか、海外の大型案件に実績豊富。2月10日株価は上昇で昨年来高値更新。2月7日発表、20年3月通期連結業績では営業利益で4.9%、経常利益で6.8%、純利益で12.8%上方修正している。最高益予想を上乗せ。売上高は国内建築および海外の工事出来高見込みの減少により、5,405億円(前回発表予想比100億円減、前年度比283倍円増)となる見込み。利益面は、国内土木の工事利益率が改善したことなどにより、営業利益は290億円(同15億円増、同31億円増、経常利益は285億円(同20億円増、同5l億円増)当期純利益は200億円(同25億円増、同33億円増)となる見込み。

2384 SBS HD
3PL(物流一括受託)の大手。食品輸送は国内屈指。物流施設等を賃貸、売却する不動産事業も。2月10日株価は上昇。物流事業における利益率改善余地、物流施設の開発進捗により物流事業の安定受託が可能になることなどを評価。買収したリコーロジスティクスの収益貢献に加えて、3PLなど物流事業の拡大と物流施設開発のシナジーにより、中期的に2ケタの増益が続くと予想。

3817 SRAHD
独立系のシステム開発一括受託会社。Linux等オープンソース系に強い。海外展開積極化。2月10日株価は上昇で昨年来高値更新。2月6日発表、20年3月期第3四半期連結業績では3.9%増収、7.9%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では2.2%増収、2.9%経常増益を見込む。開発事業が減少したものの、運用・構築事業、販売事業が増加。運用・構築事業は、企業向け及び大学向けが増加。

4848 フルキャストHD
短期派遣から撤退し、アルバイト紹介と同給与管理代行に主力事業を移行。警備業務請負も。2月10日株価は上昇で昨年来高値更新。2月7日発表、20年12月期連結業績では9.7%増収、16.1%経常増益を見込む。3期連続最高益、前期配当を2円増額・今期は4円増配へ。19年12月期においては主力事業である短期業務支援事業において、主力サービスである「紹介」及び「BPO」が順調に推移したことを主因とし、加えて、顧客企業の長期人材ニーズにも応えた結果、「派遣」が伸張した。引き続き今期も主力事業である短期業務支援事業の拡充に注力し、加えて、周辺領域の刈り取りを推進することで収益を伸張させ増収を果たすと共に、継続してグループ全体の業務効率化を推し進め生産性を高める。また、発行済み株式数の1.17%にあたる44万9500株(金額で10億1269万円)を上限に自社株TOB(株式公開買い付け)を実施する。

4465 ニイタカ
業務用洗剤、洗浄剤、固形燃料の製造、販売。旅館や外食向けの固形燃料は国内シェア6割以上。2月10日株価は上昇。20年5月期連結業績では2.9%増収、1.9%経常増益を見込む。原材料価格が当初の見込みよりも下がったことと生産現場における業務の効率化が順調に進んだことにより売上原価率が低下。4期連続最高益更新。新中期経営計画「NIP Q60」に基づき、従来のシェア拡大の取り組みに加えて、製品の統廃合や生産方法の改革等によるコストダウン、人員配置の最適化による生産性の向上等を進める。

6722 エイアンドティー
病院向け臨床検査機器システムメーカー。トクヤマの子会社。日本電子と提携。海外開拓に注力。2月10日株価は上昇。19年12月通期業績では7.4%増収、30.1%経常増益を見込む。臨床検査機器システム及び消耗品を中心に自社製品販売が増加。一方、臨床検査情報システム及び検体検査自動化システムの大型案件増に伴い、付随する他社製品の販売が増加したことにより、増収幅に対し増益幅は縮小。

2395 新日本科学
前臨床試験受託の最大手。臨床試験、医療機関支援も展開。米国市場は回復途上。2月10日株価は上昇。2月7日発表、20年3月通期連結業績では営業利益で22.2%、経常利益で50.0%、純利益で50.0%上方修正している。最高益予想を上乗せ。当第3四半期累計期間の結果及び足元の業績動向を踏まえて、営業利益、経常利益及び親会社に帰属する当期純利益を修正。経常利益は、前回予想の想定為替レート(107.93 円/米ドル)に対して円安で推移したことによる増加や臨床事業における合弁会社の持分法投資利益の増加などにより前回予想を上回る見込み。

3676 デジタルハーツHD
専用機、モバイル向けゲームソフトの不具合検出(デバッグ)主力。非ゲーム分野の開拓に注力中。2月10日株価は上昇。2月7日発表、20年3月期第3四半期連結業績では8.9%増収、14.4%経常減益となった。20年3月通期連結業績では19.5%増収、10.8%経常増益を見込む。売上高は、主力のデバッグ・システムテストサービスが好調に推移し、エンターテインメント事業、エンタープライズ事業ともに増収を達成。一方、利益は、積極的な先行投資を行った影響等による。

7722 国際計測器
遠心力のバラツキを測るバランシングマシンの大手。自動車業界が主力販売先。海外比率高い。2月10日株価は上昇で昨年来高値更新。2月7日発表、20年3月通期連結業績では売上高で8.3%、営業利益で18.8%、経常利益で18.8%、純利益で35.4%上方修正している。売上高は、バランシングマシン及び電気サーボモータ式振 動試験機の売上が増加したため、当初の予想に対し増収となる見込み。利益面は、役員報酬が増加したことや、製品保証引当金繰入額及び運賃が増加したものの、増収により売上総利益が増加したことにより、当初の予想を上回る見込み。

7740 タムロン
一眼レフ用交換レンズで世界的。小型デジカメのレンズOEMも受託。監視カメラ用を強化。2月10日株価は上昇。2月7日、野村証券が投資判断を「Buy」継続、目標株価3200円から3850円に。2月7日発表、20年12月期連結業績では3.5%増収、5.4%経常減益を見込む。レンズ交換式カメラはミラーレスカメラが堅調な推移となる一方で一眼レフカメラの減少が継続することにより全体では減少となり、交換レンズも同様に減少するものと思われます。なお、セキュリティ需要が高まる監視カメラや製造の自動化等を支えるFA/マシンビジョン、自動運転化が進む車載カメラ等の産業向けにおいては、高精度化や用途の多様化も更に進んでいくことが予想され、成長が継続するものと思われる。

こだわりレーティング
02月12日(水)分

3289 東急不動産HD 野村 Buy継続 830円→910円
3659 ネクソン みずほ 中立→買い格上げ 1700円→2000円
3774 IIJ 大和 1継続 3700円→5100円
4062 イビデン JPモルガン Overweight継続 3000円→3600円
4062 イビデン 三菱UFJMS Overweight継続 3100円→3200円
4516 日本新薬 東洋 新規買い 11500円
4661 OLC ジェフリーズ Hold→Buy格上げ 14900円→18000円
4768 大塚商会 SMBC日興 1継続 5500円→6200円
6324 ハーモニック GS 買い継続 6200円→6700円
6758 ソニー 野村 Buy継続 9000円→9800円
6967 新光電気工業 JPモルガン Overweight継続 1400円→1700円
6981 村田製作所 メリル 買い継続 7500円→8300円
7532 パンパシHD CS OP継続 2300円→2400円
7532 パンパシHD みずほ 買い継続 2075円→2500円
7974 任天堂 大和 1継続 49000円→49800円
8591 オリックス 大和 1継続 2400円→2500円
8802 三菱地所 GS 買い継続 2400円→2500円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
01/27 01/28 01/29 01/30 01/31
02/03 02/04 02/05 02/06 02/07
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本