デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(02/13) 信用取引貸借倍率表(02/07

令和2年02月14日(金)


 2月13日現在海外相場
NYダウ 29423ドル −128ドル
ナスダック指数 9711P −13P
CME日経先物 23710円 −80円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎米国株反落

 中国発の新型肺炎ですが、中国サイドが認定基準の変更に伴い、中国で感染者数が急増したと伝わっています。認定基準の変更に伴い、新型コロナウイルスによる肺炎で確認された中国本土の死者について、13日午前0時(日本時間同1時)時点で前日より254人増え1367人になったと発表。感染者は1万5152人増の5万9804人となっています。感染ペースが鈍化しているとの報道を受け、12日にNYダウなど米主要株価指数が過去最高値を更新していたのですが、楽観論が後退、アジア欧州株が全面安になったことで米国株も下げているようです。

 この感染者数の急増については、これまでの方法である核酸の検査キットとともに、画像スキャンで確認された症例を加えるとのことです。ここ数日は新たな感染者の伸びが鈍化していたのですが、こうした傾向が反転する格好となっています。更に湖北省の政府は13日、企業の休業措置を今月20日まで延長すると発表。

 湖北省の衛生健康委は声明で、今後はコンピューター断層撮影(CT)検査を含めた「臨床診断」で確認した症例を加えると説明。これまではCTスキャンで見つかった肺炎のような症状を示す多くの患者は、核酸の追加検査を受けなければ陽性と診断されない可能性があったそうです。

 湖北省は新型ウイルス感染拡大の中心であり、医療施設も限界に達している状況で、何時間も待って核酸の検査を受け、陰性となった場合は通常、発熱や咳などの症状が明らかでも病院から追い返されるとのことです。

 同委員会の発表によると、12日に増えた1万4840件の感染症例のうち、1万3332件が新たな分類である臨床診断によるものだったそうです。湖北省では同日に死者が242人増え、そのうち135人が新たな診断方法によるもの。今回の感染者の急増に加え、何千もの症例がこれまで公表されていなかったことも示唆しており、当局による危機対応を巡り市民の怒りが広がる公算が大きいとブルーンバーグでは伝えています。

 新たな認定基準に変更したことについては、それなりに仕方がないのかも知れませんが、中国共産党政権の対応について中国国民の怒りがじわりと高まっている事は確かなようです。中国と言う国は合理的な国ですから、自らの利害に関係ないような、例えばウイグルや香港などの「人権」については目をつぶってしまいますが、今回のような自らの健康被害が及ぶようなことに関しては、声を上げる人が増えることになります。

 直ぐに中国共産党政権が崩壊するような事はないのでしょうが、中国政府に対する批判は多くの部分で見られるようですから、SNSなどでの批判の拡散を政府が押さえつけようとする動きも限界が今後生じる可能性があるとの指摘もあるようです。更に中国共産党の存在意義がこれまで中国経済の拡大であった事で、中国国民に豊かさを与えてきた訳で、今回の件で中国経済が大きく減速するようなことになれば、中国共産党の存在意義自体が崩れる切っ掛けになるとの見方もあるようです。

と言うことでこの中国政府発表の感染者数の急増事態で相場が崩れと言った事はなさそうで、実際に13日のNYダウも一時200ドル安が100ドル安程度まで下げ渋っています。日本株もこの米国株の影響から上値の重い展開になりそうですが、一方で今朝の日経でも指摘されていたように、日本とアジアの株式相場の連動性が高まっているとの見方は日本株にとっては重石になりそうです。新型肺炎の感染拡大による景気や企業業績の先行き懸念が共通の重荷となり、年明け以降、そろって上値が重くなり、高値更新が続く欧米株とは対照的な動きとなっています。海外の投資マネーが流出する傾向も続いており、日本を含むアジア株全般への逆風はなお続きそうだとの指摘です。

 米国株連動からアジア市場の一部としての日本株と言う捉え方をされてしまいますと、日本株の上値はどうしても重くなってしまう可能性が高いと言えそうです。日本国内でも80歳代の人が今回の新型肺炎で死亡したと言う報道もありますから、世界中で見た場合の感染者数、死者数が中国に次いで多いと言うレッテルを貼られてしまいますと、流石に日本市場への見方も厳しくなるのかも知れません。今後の感染拡大の動きを見極めるしかないのですが、それでも全体相場よりも個別株に特化する動きをとれば、地合い自体はそんな悪い訳でないようで過度の悲観も必要ないのかも知れません。


2385 総医研HD
抗疲労食品・飲料の直販と、化粧品が収益柱。評価試験や医薬品臨試受託も。利益は下期偏重。2月12日発表、20年6月期第2四半期連結業績では17.0%増収、29.1%経常増益となった。20年6月通期連結業績では5.7%増収、4.8%経常増益を見込む。健康補助食品事業の売上高および営業利益が計画未達となったものの、化粧品事業において「モイストクリームマスクPro.」を中心とする越境EC関連商品の販売が計画を上回って推移。第2四半期は、引き続き化粧品事業の業績が計画を上回って推移する見通し。

3443 川田テクノロジーズ
鉄骨と鋼橋、PC土木、システム建築の総合最大手。航空事業兼営。ロボットなど先端分野育成。2月12日発表、20年3月通期連結業績では営業利益で12.5%、経常利益で24.1%、純利益で20.9%上方修正している。売上高はほぼ予想通りとなる見込み、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益は、大型工事の設計変更が獲得できたこと及び持分法適用関連会社の業績が順調に推移したことにより、それぞれ前回予想を上回る見込み。20年3月期連結業績では1.4%増収、15.7%経常減益を見込む。

3461 パルマ
ディア・ライフ傘下。トランクルームの滞納保証が主力。施設の開発・販売、運営、仲介も行う。2月12日発表、20年9月期第1四半期連結業績では294.4%増収、421.5%経常増益となった。尚、20年9月通期連結業績では49.2%増収、9.3%経常増益を見込む。年間配当では4円増配を予定。引き続きセルフストレージ市場に強くコミットし、ビジネスソリューションサービスの主力業務である賃料債務保証業務等の受託拡大を図るとともに、引き続き拡大が見込めるターンキーソリューションサービスを強化し、建物型セルフストレージの開発・販売の拡大を図る。

3962 チェンジ
工場や施工現場の作業や官公庁の情報処理を携帯端末とITで効率化する仕組みを開発・提案。2月12日発表、20年9月期第1四半期連結業績では121.7%増収、733.0%経常増益となった。20年9月通期連結業績では32.6%増収、33.5%経常増益を見込む。9期連続最高益更新。AI人材・データサイエンティストなどのデジタル人材の育成、AIを利用した生産性向上プロジェクト、業務効率化アプリケーションの開発・提供、働き方改革を支えるモバイルセキュリティプラットフォームの販売など、NEW-ITトランスフォーメーション事業は順調に推移。

4321 ケネディクス
不動産ファンド運営会社。国内独立系で最大規模。REITや私募ファンドなど幅広く手がける。12月12日発表、発行済み株式数の2.1%にあたる468万5800株の自社株を消却する。11月26日、SMBC日興証券が投資判断を「1」継続、目標株価を680円から700円に。19年12月期第3四半期連結業績は11.5%減収、5.5%経常増益となった。尚、19年12月通期連結業績では7.3%増収、6.9%経常増益を見込む。年間配当を8円増配予定。

4396 システムサポート
ITシステム開発・保守、オラクルDB得意。データセンター受託に注力、自社製ソフト販売も。2月12日発表、20年6月期第2四半期連結業績では18.0%増収、47.2%経常増益となった。20年6月通期連結業績では9.9%増収、9.7%経常増益を見込む。今期配当を実質増額修正。クラウドサービス利用支援分野の受注拡大に加え、消費税率の改正に伴う機器・ライセンス販売の伸張やソリューション事業における大型案件の前倒し等による。5月31日現在の株式1株を2株い株式分割を実施。

4579 ラクオリア創薬
ファイザー日本法人の中央研究所が前身。新規開発化合物の導出による収益獲得が事業の基本。2月12日発表、19年12月通期連結業績では営業利益が0.68億円、経常利益が1.03億円、純利益が1.11億円と一転黒字に上方修正している。事業収益は、第4四半期会計期間において、新規契約が翌期以降にずれ込んだものの、ロイヤルティ収入は想定を2割程度上回った。事業費用は、研究用消耗品や外注費の見直しを行ったことにより、関連費用が60百万円減少した他、探索段階で進めている幾つかのプロジェクトの追加試験が翌期にずれ込んだ影響等による。

6175 ネットマーケティング
成果報酬型を軸とした広告代理事業で創業。恋愛マッチングサービス『Omiai』を育成中。2月12日発表、20年6月期第2四半期連結業績では18.6%増収、経常利益は5.13億円となった。尚、20年6月通期連結業績では16.0%増収、92.9%経常増益を見込む。年間配当では1円増配を予定。同社が主力のアフィリエイト広告や恋愛マッチングアプリ事業の良好な市場環境に支えられ、高成長を維持すると見通し。

6407 CKD
省力・自動機械の大手。管球製造装置、薬品包装機、半導体用薬液制御機器などで高シェア。2月12日発表、20年3月通期連結業績では営業利益で88.0%、経常利益で90.2%、純利益で75.0%上方修正している。機器部門では、延期されていた半導体設備投資が一部再開されたことや次世代通信に向けた設備投資が期待されることなどにより、売上高及び利益の増加が見込める。自動機械部門では、自動包装システムで一部検収遅れによる売上高の減少が見込まれるものの、取組んできた収益改善により利益は増加が見込める。

7047 ポート
キャリア系、ファイナンス系、メディカル系のネットメディアを運営。人材紹介などの展開強化。2月12日発表、20年3月期第3四半期連結業績では35.0%増収、37.0%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では25.7%増収、23.5%経常増益を見込む。キャリア領域、ファイナンス領域とも送客数が好調に推移した。会員数が想定よりも獲得できたこと、想定よりも高い広告効果を得られ送客数が増加した。

7198 アルヒ
固定金利住宅ローン『フラット35』販売首位、債権回収のほか、住宅検索など関連サービスも。2月12日発表、20年3月期第3四半期連結業績では10.5%増収、25.1%税引き前増益となった。20年3月通期連結業績では9.0%増収、13.7%税引前増益を見込む。住宅ローン新規借入件数は金利低下が一段落した20年3月期第2四半期から前年同期比15%増前後に回復し、融資実行業務営業収益は第3四半期から20%増超へ。ファイナンス収益が強く、不正利用検知システム「ARUHIホークアイ」などの構築・運用諸費増も相殺でき、会社予想から上振れるするとみずほ証券は予想している。

9416 ビジョン
安定事業のWebマーケティング支援と成長事業のWi‐Fiルーターレンタルの2本柱。2月12日発表、20年12月期連結業績では14.9%増収、19.2%経常増益を見込む。空港無人店舗の開発に加え、AI(BOT)を活用したコールセンターでの自動案内、バックヤード業務のロボット化(RPA)の推進等を行ってきたが、引き続き最新技術を積極的に活用して労働集約型からの脱却を図るとともに、企業主導型保育園「ビジョンキッズ保育園」の運営を含め、雇用環境を整える。

6284 日精エーエスビー
ペットボトルなどプラスチック容器の成形機で世界2位級。海外比率9割。インドに生産拠点。2月12日株価は上昇。2月10日発表、20年9月期第1四半期連結業績では4.1%減収、2.4%経常増益となった。20年9月通期連結業績では10.2%増収、9.7%経常増益を見込む。中長期的な事業規模の拡大と、更なる企業競争力の向上を図るため、重要施策を実施。技術面では、画期的な新技術であるゼロ・クーリングシステムの更なる進化、リサイクル材料や生分解性プラスチックなどの新素材に対応した環境配慮型技術の開発、2ステップ市場のシェア拡大を企図する量産技術の開発強化に取り組む。

2146 UTグループ
製造業派遣・請負大手。半導体向け中心だが自動車や電池など業種多様化。技術者派遣も開始。2月12日株価は上昇。1月30日発表、関西地盤の人材派遣会社サポート・システムの全株式を取得し子会社化。20年3月期連結業績では18.7%増収、21.2%経常増益を見込む。主力のマニュファクチャリング事業、半導体・電子部品分野の一部半導体製造装置関連顧客などで生産調整局面が継続、自動車関連分野・住宅関連分野などで人材需要は底堅く推移し。またソリューション事業では増収を確保し、引き続き順調に規模を拡大。

2929 ファーマフーズ
卵黄由来のサプリや化粧品通販が主力。機能性食品素材ギャバ等は内外の食品メーカーへ販売。2月12日株価は上昇で昨年来高値更新。薬用育毛剤「ニューモ」は酵素などに卵由来ペプチドの独自成分「HGP」を配合した、同社の通販事業で展開する薬用育毛剤が人気化。20年7月通期連結業績は29.6%増収、18.2%経常増益を見込む。機能性素材事業は、 主力の「GABA」、新規美白素材「セレプロン」が好調に推移。OEM事業も堅調に受注を積み上げた。通信販売事業は、主力の「タマゴサミン 」が成長をけん引。さらに、化粧品のリピート通販が拡大した。

4331 テイクアンドギヴニーズ
『ハウスウェディング』のパイオニア。直営施設を全国展開、海外挙式も注力。ホテル事業に進出。2月12日株価は上昇。2月7日発表、20年3月通期連結業績では営業利益で12.5%、経常利益で16.7%、純利益で2.9%上方修正している。2020年3月期第3四半期累計期間において、売上高は、国内ウェディング事業の不採算店舗閉鎖や、自然災害(令和元年台風19号)影響等があり、計画を下ったが、粗利率の高い商品の販売強化等により、粗利率 は向上。併せて、国内ウェディング事業、海外・リゾートウェディング事業共に、販管費の効率化を継続的に推進し、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益は計画を上回った 。

8515 アイフル
京都で創業。独立系の消費者金融大手。ADRに基づく事業再生期間終了したが、なお再建途上。2月12日株価は上昇で昨年来高値更新。みずほ証券が投資判断を「買い」、目標株価を330円に。20年3月通期連結業績では7.8%増収、274.7%経常増益を見込む。

4812 電通国際情報サービス
親会社電通の社内システム構築が安定収益源。製造向け設計開発支援、金融向けに強み。無借金。2月12日株価は上昇で昨年来高値更新。2月10日発表、20年12月期連結業績では4.3%増収、5.9%経常増益を見込む。3期連続最高益、9円増配。売上高は、コミュニケーションITセグメントを中心に予想を上回る見通し。利益も、増収に伴い、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益すべての段階利益で前回予想を上回る見通し。

7966 リンテック
粘接着素材で最大級。半導体、液晶はじめ光学関連向けに特色。炭素繊維複合材料用工程紙も。2月12日株価は上昇で昨年来高値更新。12月10日、みずほ証券が投資判断を「買い」継続、目標株価を2600円から2800円に。20年3月期連結業績では5.6%減収、30.5%経常減益を見込む。

8279 ヤオコー
埼玉県中心に食品スーパーを展開。独立系。営業利益率は業界首位級。ライフとPB共同開発。2月12日株価は上昇。2月10日発表、20年3月期第3四半期連結業績では4.3%増収、6.6%経常増益となった。20年3月期連結業績では3.0%増収、2.6%経常増益を見込む。新規出店は6月に川越今福店(埼玉県川越市)、7月に東松山シルピア店(埼玉県東松山市)、12月に本庄中央店(埼玉県本庄市)を開設、既存店の活性化策として6店舗について大型改装を実施した。また、店舗を拠点とするヤオコーネットスーパーは、8月に川越今福店にて5号店を開業。グループの株式会社エイヴイでは、「圧倒的な低価格」と「徹底したローコスト運営」を基本方針とし、その具現化を図る施策や取組みを鋭意進めており、そのノウハウを当社の売場づくりやカイゼンに活用。店舗展開は、9月に新規出店としてエイビイ南部市場店(神奈川県横浜市)を開設。2019年12月31日現在の店舗数は、グループ全体で176店舗(ヤオコー164店舗、エイヴイ12店舗)。

3689 イグニス
スマホ向けアプリを企画、制作、運営。ソーシャルゲームや無料アプリ配信、婚活サイトも運営。2月12日株価は上昇。20年9月連結業績では売上高は前期比28.2%減の40億円を見込む。コミュニティ事業では『with』のユーザー数が順調に増加し、このジャンルの売上高構成比は53.6%(前連結会計年度は35.5%)と連結売上高に占める割合はより一層高まり順調にトップラインを伸ばしている。オンライン恋活・婚活マッチングサービスのマーケットは拡大が続くという予測もあることから、今後も『with』のユーザー数・トップラインともに成長を見込んでいる。20年9月期についても、この『with』の収益が連結業績に大きく貢献してくる見込み。

4574 大幸薬品
止瀉薬『正露丸』で知名度高い。海外も展開。感染管理が第2の柱に。アース製薬と資本業務提携。2月12日株価は上昇で昨年来高値更新。2月10日発表、20年3月通期連結業績では売上高で20.8%、営業利益で36.4%、経常利益で41.0%、純利益で30.3%上方修正している。配当も10円増額。主に感染管理事業において、国内一般用製品、国内業務用製品、海外市場向けが好調に推移したことから、前回発表予想に比べ売上高が大幅に増加。また、これらの要因等により、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益が前回発表予想を上回る見通し。20年3月通期連結業績では30.5%増収、45.9%経常増益を見込む。

6800 ヨコオ
自動車用アンテナ国内大手。半導体・スマホ用の回路検査機器が収益源。医療用カテーテル育成。2月12日株価は上昇。2月12日発表、20年3月期第3四半期連結業績では11.0%増収、44.7%経常増益となった。20年3月通期連結業績では9.7%増収、18.7%経常増益を見込む。車載通信機器セグメントが堅調に推移し、回路検査用コネクタ/無線通信機器セグメントが想定を上回った。営業利益は、車載通信機器セグメントにおける新規調達部材の不具合発生による一時的な費用の発生などがあったが、回路検査用コネクタ/無線通信機器セグメントにおける増収及び利益率上昇に伴う増益などによる。

7172 ジャパンインベストメントアドバイザー
航空機オペレーティング・リースが柱の金融ソリューション事業展開。2月12日株価は上昇。2月10日発表、20年12月期連結業績では34.4%増収、38.9%経常増益を見込む。10円増配。前期より持ち越した案件により、十分な出資金残高を有しており、売上高、利益いずれも2019年12月期業績予想を上回り、過去最高益を計上する見込み。

7722 国際計測器
遠心力のバラツキを測るバランシングマシンの大手。自動車業界が主力販売先。海外比率高い。2月12日株価は上昇で昨年来高値更新。2月10日発表、20年3月期第3四半期連結業績では29.6%増収、741.5%経常増益となった。20年3月期連結業績では23.3%増収、161.1%経常増益を見込む。売上高は、バランシングマシン及び電気サーボモータ式振 動試験機の売上が増加したため、当初の予想に対し増収となる見込み。利益面は、役員報酬が増加したことや、製品保証引当金繰入額及び運賃が増加したものの、増収により売上総利益が増加した。

こだわりレーティング
02月13日(木)分

2269 明治HD みずほ 買い継続 9950円→9900円
2413 エムスリー ジェフリーズ Buy継続 3320円→3830円
2871 ニチレイ SMBC日興 1継続 3120円→3200円
2875 東洋水産 みずほ 買い継続 5550円→5700円
3941 レンゴー メリル 買い継続 1030円→1060円
4151 協和キリン メリル 買い継続 2950円→3300円
4307 NRI SMBC日興 1継続 2600円→2900円
4812 ISID 大和 1継続 4700円→5600円
5201 AGC 野村 Buy継続 5100円→5170円
5471 大同特殊鋼 三菱UFJMS Overweight継続 6270円→6310円
6407 CKD GS 買い継続 2500円→2700円
6723 ルネサスエレク マッコーリー OP継続 900円→935円
6723 ルネサスエレク モルガンS Overweight継続 900円→930円
6753 シャープ みずほ 買い継続 1880円→1900円
6758 ソニー 大和 1継続 8300円→8900円
6976 太陽誘電 三菱UFJMS Overweight継続 3500円→3700円
7550 ゼンショーHD 三菱UFJMS Hold→Buy格上げ 2700円→3000円
7974 任天堂 野村 Buy継続 53000円→57000円
9962 ミスミG 野村 Buy継続 3000円→3400円
9983 ファーストリテイリング メリル 中立→買い格上げ 66000円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
01/27 01/28 01/29 01/30 01/31
02/03 02/04 02/05 02/06 02/07
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本