デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(03/10) 信用取引貸借倍率表(03/06

令和2年03月11日(水)


 3月10日現在海外相場
NYダウ 25018ドル +1167ドル
ナスダック指数 8344P +393P
CME日経先物 20030円 +220円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎不安定な相場継続

 引き続き不安定な相場が続いています。週明け9日には日経平均株価は1000円安、NYダウが2000ドル安と、コロナショックが日米株価を震撼させました。日経平均株価は10日も下振れが続き一時1万9000円台を割り込みました。円相場が102円台を一時割り込んだ事、米国株は大きく下げた事などが背景になっていますが、ただ円相場の102円割れや日経平均株価の1万9000円割れは流石に売られ過ぎ感が出たようです、日経平均株価はプラス圏まで、円相場も105円近辺まで戻しています。

 この下げ止まり感を醸し出したのが、米国でトランプ米大統領が、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた業種を対象とする給与税減税や所得補償など「大規模な」景気対策の実現を与党共和党に働き掛けると表明して事だと言えます。財政出動で景気下支えに乗り出すもので、深刻な影響を受けている航空、クルーズ、ホテル業界と調整しているとようで、この動きを受けて、投資家心理が改善しています。

 日経平均株価はこの報道を受けて、この日の安値から1000円近く戻す動きとなっています。ただこの報道自体具体的な内容が出ておらず、トランプ氏はこの日に共和党執行部と景気対策の規模について協議すると強調しており、具体的な内容を見極めたいとの思惑が強いのも確かで、実際の減税の時期や規模は不透明なうえ、新型コロナウイルス拡散への不安が根強いのも確かです。

 と言うのも新型コロナウイルス感染拡大については日本以上に米国の方がより深刻化するのではないかと言った見方もあるようです。ロイターに拠りますと、アダムス米公衆衛生局長官が10日、米国内での新型コロナウイルス感染拡大は悪化する見通しと述べています。

アダムス長官はABCのテレビ番組「グッド・モーニング・アメリカ」でのインタビューで「感染は現時点で全ての地域には及んでいないが、状況は改善する前に悪化する公算が大きいと理解しておくべきだ」と語っています。

新型コロナウイルスの感染は米50州中34州とワシントンDCで確認されており、ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、感染者は10日午前時点で755人。死者は累計26人で、大半はワシントン州に集中しています。

公共衛生への脅威に対し、トランプ政権の対応の遅れが批判されているのですが、これを受けてトランプ大統領は同日、景気下支えに向け、前述の給与税の引き下げなどの措置を議会共和党と協議する見通しとなったようです。

いずれにしても、日本よりも発生源である中国からの距離が遠い米国が遅れて感染拡大となるのは自明の理ですし、日本と同じように中国人の観光客が相当数入っていた事は間違いありませんから、ここから2、3週間程度日本から遅れて感染拡大が起きるのかも知れません。

 日本はと言えば、実は安部首相がここからの1,2週間が重要な時期だとする日から丁度2週間が経過しています。何処かの特定野党の議員が丁度2週間経過したからどうのこうのと批判をしていましたが、ほんと常識のない質問をするもので、このような感染症の拡大の状況で1日単位で正確に時期を示す事が出来る訳がなく、普通に考えて分かりそうなもので、安倍政権をとにかく批判したい発言に終始していました。

 それがどうでも良いのですが、先日経済学者の高橋洋一氏が、彼の統計学的分析では、今回の日本での感染拡大のピークは既に3日程前に過ぎたのではないかと言った見解を言っていました。どこまで信じるべきかはわかりませんが、それでも統計的に判断した場合にはそうらしいです。と言うことで言いますと、2週間前に重要な時期だとするのは正しい判断で、このピークをどこまで低く抑えられるのかがポイントになる訳です。

勿論、あくまでもピークを過ぎただけであり、今後も感染者が続出可能性があるのも確かですし、対応が悪ければ、再度感染拡大となってしまう可能性もあるだけに、安易に楽観視するべきではないと言えます。

スポーツや音楽などのイベントが相次いで中止になっていますが、この日曜から始まった大相撲は無観客での開催となっています。無観客となったことで、その損失は10億円だそうで、この状況を見ると、各イベント中止などの経済損失は結構大きいのかも知れません。3月末までは現状維持を図るようですから、その意味では相当に大きな対策を日本でも打ち出す必要がありそうです。

 特定野党は対策の批判ばかりするのではなく、経済的な損失を受けて、政策を早期に打ち出すように、安倍政権に迫るべきですし、そのような論戦を国会では行って欲しいところですね。ところで、東京オリンピックの話が出ていましたが、この内容については弊社の有料情報サイト「カブーフレンズ」の中で解説します。と言うことで日経平均株価は1万9000円台での値固めから2万円大台復活が早期に達成できるのかどうかを見極める動きになりそうです。


3093 トレジャー・ファクトリー
家電、家具、雑貨など総合リユース軸に衣料、スポーツなど専門業態の展開加速。3月9日発表、2月既存店売上高は前年同月比5.3%増と5ヵ月ぶりに前年実績を上回った。20年2月通期連結業績では11.3%増収、0.2%経常減益を見込む。リユース事業において、主力業態の総合リユース業態、スタイル業態を中心に好調に推移。

3180 ビューティガレージ
理美容機器や業務用化粧品を販売する専門商社。低価格に特徴。シンガポールにアジア拠点。3月9日発表、20年4月期第三四半期連結業績では17.9%増収、42.2%経常増益となった。20年4月通期連結業績では15.8%増収、16.5%経常増益を見込む。年間配当では1円増配を予定。2018年5月に投入した新ECサイトと新基幹システムの安定運用とUI/UXのさらなる進化・改善を行うことで、目に見える成果を着実に出していく。グローバル市場攻略に向けては、ITシステム投資などの積極投資が引き続き先行する年度となる見込み。

6040 日本スキー場開発
日本駐車場開発の子会社。白馬八方尾根など国内有名スキー場を運営。夏場の収入増に取り組む。3月9日発表、発行済み株式数(自社株を除く)の2.51%にあたる40万株(金額で2億7000万円)を上限に自社株買いを実施する。3月6日発表、20年7月期第2四半期連結業績では0.7%増収、28.3%経常増益となった。子会社が保有する固定資産を譲渡し、また、2020年7月期第3四半期以降に子会社施設の価値向上のため、リゾート内の経年劣化した施設の除却を検討、それに伴う固定資産除却損(特別損失)見込んでいる。又、観光庁がインバウンドの増加に向け、長期滞在に対応したスノーリゾートづくりを進めるとの報道も好感される。

7239 タチエス
独立系自動車シート大手。ホンダ、日産向け中心。米ジョンソン、米リア等と提携し世界展開。3月9日発表、発行済み株式数(自社株を除く)の0.72%にあたる25万株(金額で2億2200万円)を上限に、3月10日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施。また、20年3月期に投資有価証券売却益7.6億円を特別利益に計上。20年3月期連結業績では5.5%減収、58.9%経常減益を見込む。

7636 ハンズマン
宮崎地盤に九州で展開する中堅ホームセンター。アイテム数が1店平均20万点の大型店に特徴。3月9日発表、2月既存店売上高は前年同月比7.9%増と5ヵ月ぶりに前年実績を上回った。20年6月期業績では1.4%増収、1.5%経常増益を見込む。

7676 グッドスピード
主にSUV、ミニバン、輸入車を扱う中古車店を展開。買い取りや整備、レンタカーも。東海地盤。3月9日発表、名古屋グランパスエイトと、昨年に引き続き2020年シーズンのパートナー契約を締結。20年9月通期の連結業績では21.9%増収、13.25経常増益を見込む。東海地方のドミナント方式による専門店の出店を積極的に進め、令和元年10月に愛知県名古屋市に「グッドスピード緑BPセンター」の出店や、愛知県尾張旭市にコーティング専用ブースを移転するなど、中古車販売における小売販売の拡大及び自動車買取や整備・鈑金、レンタカーサービス、保険代理店サービスを強化。

2871 ニチレイ
冷蔵倉庫と冷凍食品(ブランド別)で首位。低温物流は海外も積極的。水産、畜産も手がける。3月9日株価は上昇。20年3月期連結業績では0.8%増収、2.1%経常増益を見込む。新型コロナウイルス感染症の拡大から、外食から中食需要が拡大しているとの見方。

4480 メドレー
ヘルスケア領域向け成果報酬型人材紹介が主力。オンライン診療システムと電子カルテ育成中。3月9日株価は上昇。2月25日、三菱UFJMS証券が投資判断を「BUY」、目標株価を1800円から2000円に。2月14日発表、20年12月期連結業績では38.5〜44.8%増収、96.2%〜264.5%経常増益を見込む。今期は黒字浮上で3期ぶり最高益更新。

6538 キャリアインデックス
複数求人ポータルの情報を集約、一括検索・応募できるサイト運営。送客成果報酬課金で稼ぐ。3月9日株価は上昇。20年3月通期業績では0.7%減収、61.5%経常減益を見込む。2020年3月期第3四半期は、人材系メディアにて、クライアントニーズ多様化への対応が進み、Webマーケティング効率が回復傾向であり、マーケティングソリューションにおいても応募課金への移行が順調に推移。

こだわりレーティング
03月10日(火)分

4902 コニカミノルタ みずほ 中立→買い格上げ 700円→790円
4998 フマキラー 野村 Buy継続 1450円→1580円
8113 ユニチャーム CLSA OP→BUY格上げ 4300円
9433 KDDI 三菱UFJMS Overweight継続 3750円→3900円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
01/27 01/28 01/29 01/30 01/31
02/03 02/04 02/05 02/06 02/07
02/10 02/12 02/13 02/14
02/17 02/18 02/19 02/20 02/21
02/25 02/26 02/27 02/28
03/02 03/03 03/04 03/05 03/06
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本