デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(03/18) 信用取引貸借倍率表(03/13

令和2年03月19日(木)


 3月18日現在海外相場
NYダウ 19898ドル −1338ドル
ナスダック指数 6989P −344P
CME日経先物 16545円 +35円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎NYダウ2万ドル割れ
 
 18日の米国株が再度大きく下げています。新型コロナウイルスの感染拡大への懸念が強まって大幅反落し、相場安定化のため取引を15分間停止する「サーキットブレーカー」が発動されています。多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数の下落率が7%を超えたためで、サーキットブレーカーの現行の制度下での発動は4回目。今月の9、12、16日に発動されており、売買停止措置の解除後に、さらに下げ幅を広げています。

 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計によると、18日までに世界の新型コロナウイルスの感染者数は20万人を超え、8200人余りが死亡。米国内でも50州と首都ワシントンすべてに感染が広がり、6000人超が罹患、死者数も少なくとも100人に上ったもようです。相場は前日、米連邦準備制度理事会(FRB)がコマーシャルペーパー(CP)購入を通じて企業の資金繰りを支える姿勢を打ち出したことや、トランプ米政権が国民への現金給付を含む総額1兆ドル規模の経済対策をまとめたとの発表を好感し、大幅高で取引を終えていましたが、米政府は新型コロナウイルスの影響が「1年半以上続く」と想定しているとの報道などを受けて再び投資家心理を冷え込ませています。

特に下げの激しかったのが原油先物相場で、指標油種であるWTIで期近の4月物が前日比で6ドル以上下げ、20ドル台と、2002年3月以来18年ぶりの安値となっています。新型コロナウイルスによる世界的な需要減退に加えて、4月から主要産油国のサウジアラビアなどが増産に転じて一段と需給が悪化するとの見方が強まっています。

 トランプ米政権と米連邦議会が協議する新型コロナウイルスに対処する1兆ドル(約107兆円)規模の経済対策が明らかになっているようで、家計には計5千億ドルを2回に分けて現金給付し、航空会社など影響が大きい産業への支援に2千億ドルを充てるとのことです。売り上げが落ち込む中小企業などには3千億ドルの融資枠も設けるもので、過去最大の経済対策で景気の落ち込みを短期でとどめたい考えのようですが、今年の11月の大統領選挙を意識したものだとの見方もあるようです。

 方や、日本でも経済対策で国民に現金給付案が出されるとの思惑情報が昨日もワイドショーを賑わしていたようです。5万円とか国民民主党が言っている10万円とか、色々と想像して視聴者に興味を抱かせるような報道をしていましたが、政府と言うか、財務省の発想では、減税よりも現金給付、現金給付よりもポイント還元率の引き上げ、と言うような感じなのかも知れません。

 いずれにしても新型コロナウイルス世界感染で世界がどのような対応を取るのかがポイントになりそうです。金融政策、経済対策など出来うる限りの事を行う覚悟のようですが、今後はその効果の程を見極めることになりそうです。

今朝の報道からですが、マネックスグループ傘下のマネックス証券が、同社に口座を持つ個人投資家を対象に実施したアンケート調査の結果を公表。新型コロナウイルスの感染拡大で株式相場が下落したのに対して、どのような投資行動をとったかを尋ねたところ「特に行動しておらず、様子見をしている」が56.3%と最も多くなっています。次に多かったのが「株式や投資信託などのリスク資産を買い増した」で31.9%。「株式や投資信託などのリスク資産を売却し、現金比率を高めた」は11.8%にとどまっています。このような状況ですから、様子見姿勢を取る意味は大きいですし、今の所は正解なのかも知れません。ただ、そろそろリスク資産の仕込みを始めても良い時期に来ていると言えそうです。尤も、日経平均は引き続き波乱の展開が目先続きそうです。


3919 パイプドHD
クラウド活用のデータ管理プラットフォーム『スパイラル』が柱。月額サービス料が売上の大半。3月17日発表、20年2月期連結業績を営業利益で15.4%、経常利益で17.6%上方修正している。すべてのセグメントにおいて、内部体制の効率化や生産性の向上をはかり、営業利益及び経常利益は業績予想よりも増益となる見通し。

4440 ヴィッツ
組み込みソフト・自動運転用ソフト開発・販売。車載に強み、コンサル業務も。アイシン精機出資。3月17日発表、ブロックチェーンを利用した「WITZ MaaS プラットフォーム AIチャットサービス」を開発。20年8月期連結業績では8.8%増収、1.0%経常減益を見込む。前期より発生した不採算プロジェクトの対応等により売上高が伸び悩みんだが、外注政策の見直しと高収益事業へのシフトを進めることにより、営業利益率は大幅に向上。

6027 弁護士ドットコム
Webでの弁護士向け営業支援と一般会員向け法律相談サイトを運営。税理士向けも育成中。3月17日発表、企業法務向け法律書籍の月額閲覧サービス「BUSINESS LAWYERS LIBRARY」を提供開始。20年3月通期業績では37.3%増収、1.7%経常増益を見込む。10月18日発表、19年11月より、法律書籍・雑誌のサブスクリプションサービス「BUSINESS LAWYERS LIBRARY」の提供を開始。公開時には、主要な法律系出版社8社が参画、400冊以上の法律書籍・雑誌を掲載し、順次拡大する予定。

7550 ゼンショーHD
外食最大手。牛丼首位『すき家』が柱。『はま寿司』やファミレス『ココス』を展開。M&Aに積極的。3月17日発表、発行済み株式数(自社株を除く)の0.97%にあたる150万株(金額で20億円)を上限に自社株買いを実施。20年3月期連結業績では8.8%増収、21.5%経常増益を見込む。

7818 トランザクション
デザイン雑貨、エコ雑貨等の企画販売中堅。ファブレス経営。電子たばこのVAPE事業を育成。3月17日発表、マスクの生産と供給体制の再構築を行い、事業者向けに約400万枚のマスクを緊急輸入し、4月上旬から販売する。20年8月期通期連結業績では7.0%増収、10.1%経常増益を見込む。5期連続で過去最高益を更新。14期連続増収、5期連続増益。年間配当を前期比1円増の17円に増配予定。

9262 シルバーライフ
高齢者向け配食サービスのFC本部運営が柱。高齢者施設への食材販売、冷凍弁当のOEMも。3月17日発表、東証が18日付で貸借銘柄に選定。20年7月通期業績では13.2%増収、6.8%経常増益を見込む。同社は、高齢者向け配食サービスのFC本部運営が事業の柱で、FC加盟店が年間で50〜60店舗増加する見通し。また、OEM販売も引き続き堅調が見込まれる。

9619 イチネンHD
自動車リース中堅、リース車両整備受託、燃料販売等ケミカル事業も展開。M&Aに積極的。3月17日発表、発行済み株式数(自社株を除く)の1.22%にあたる30万株(金額で4億円)を上限に自社株買いを実施。20年3月通期連結業績では7.1%増収、1.5%経常増益を見込む。

9678 カナモト
建機レンタル大手。北海道を基盤に広域展開、関東への拡大図る。上海、香港等海外にも拠点。3月17日発表、発行済み株式数(自社株を除く)の2.84%にあたる110万株(金額で20億円)を上限に自社株買いを実施。3月6日発表、20年10月期第1四半期連結業績では3.0%増収、8.9%経常増益となった。尚、20年10月通期連結業績では1.1%増収、10.3%経常減益を見込む。中期業績計画では2024年度目標として、売上高 2,280億円、営業利益 230億円、EBITDA+ 727億円、自己資本比率 48.7%、ROA 4.8%、ROE 10.0%を計画。

3497 リーガル不動産
権利調整後に収益物件化する不動産開発が柱。賃貸や仲介、介護施設も展開。成果報酬制を徹底。3月17日株価は上昇で一時ストップ高。3月13日発表、20年7月期第二四半期業績では43.9%増収、3.0%経常増益を見込む。5期連続で過去最高益を更新する見通し。7期連続増収、5期連続増益。相続税対策商品としての低層賃貸マンションシリーズ「LEGALAND(リーガランド)」を開発・販売。

3966 ユーザベース
ビジネスデータの「SPEEDA」とSNS型ニュースの「NewsPicks」運営。アジアを強化。3月17日株価は上昇。2月27日発表、株主優待制度を新設。毎年12月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、NewsPicksとQuartz Japanの有料コンテンツを体験できるギフトカードを贈呈。20年12月期は、売上高は15,000百万円〜16,000百万円(前期比19.8%〜27.8%増)を見込んでいる。SPEEDA事業では新規獲得IDの順調な積み上げによりID数が増加し、NewsPicks事業では有料課金ユーザー数の増加に加え、順調に広告売上が拡大。

6095 メドピア
医師向け情報サイト運営、製薬会社の広告料が収益源。人材紹介会社へ医師の求職者情報も提供。3月17日株価は上昇。20年9月通期連結業績では売上高で20.9%、営業利益で2.5%、経常利益で4.6%、純利益で4.0%上方修正している。株式会社コルボ及び株式会社コルボホールディングスを2020年1月1日付けで連結子会社としたことが主な要因。売上高は、2020年1月1日から2020年9月30日までの9か月分のコルボ社の売上高を新規連結することにより900百万円増の5,200百万円となる見通し。

6920 レーザーテック
半導体マスク欠陥検査装置が柱。マスクブランクス検査装置シェア100%。レーザー顕微鏡も。3月17日株価は上昇。3月3日、みずほ証券が投資判断を「買い」、目標株価を6000円から7500円に。尚、20年6月通期連結業績では39.0%増収、65.9%経常増益を見込む。年間配当では31円増配を予定。

4572 カルナバイオサイエンス
 キナーゼタンパク質の販売や受託試験など創薬初期の支援事業が柱。3月17日株価は上昇で一時ストップ高。3月16日発表、血液がんを治療標的として開発中の次世代BTK阻害剤AS-1763について、中国のバイオノバ・ファーマシューティカルズとライセンス契約を締結。19年12月通期連結業績では売上高で5.5%、営業利益で209.4%、経常利益で240.9%、純利益で268.9%上方修正している。4期ぶり最高益更新。創薬支援事業は、米国および中国を中心に、キナーゼタンパク質およびアッセイキットの販売やプロファイリングサービスの受託が計画を上回って推移した。また、創薬事業の売上高の修正は前回公表予想作成時の前提為替レートと実績レートの差異によるもの。

4978 リプロセル
東大・京大発ベンチャー。iPS試薬・モデル細胞、遺伝子改変等研究支援と再生医療の2本柱。3月17日株価は上昇。3月17日前場株価は上昇。3月16日発表、順天堂大学と共同で実施するNEDO公募事業の助成期間延長と交付増額が決定。20年3月期連結業績では31.8%増収、経常利益は6.87億円の損失を見込む。



こだわりレーティング
03月18日(水)分

2897 日清食品HD CLSA OP→BUY格上げ 9900円
4568 第一三共 大和 1継続 9100円→9300円
6273 SMC SMBC日興 2→1格上げ 45000円→48000円
6762 TDK みずほ 買い継続 13000円→15000円
9433 KDDI メリル 中立→買い格上げ 3700円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
01/27 01/28 01/29 01/30 01/31
02/03 02/04 02/05 02/06 02/07
02/10 02/12 02/13 02/14
02/17 02/18 02/19 02/20 02/21
02/25 02/26 02/27 02/28
03/02 03/03 03/04 03/05 03/06
03/09 03/10 03/11 03/12 03/13
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本