デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(03/25) 信用取引貸借倍率表(03/19

令和2年03月26日(木)


 3月25日現在海外相場
NYダウ 21200ドル +495ドル
ナスダック指数 7384P −33P
CME日経先物 18945円 −295円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎NYダウ大幅続伸

 日経平均株価は先週末3月19日の安値1万6552円から昨日の終値1万9546円まで約3000円反発しています。上昇率では18%戻しています。NYダウも今週初めの3月23日の安値1万8591ドルから、25日の終値2万1868ドル(26日午前4時現在)まで17%程度戻しています。

 日米ともにここまで短期に17,8%戻した訳ですが、急速に下げた相場が戻すのも一気に戻した感があります。問題はこれが単に買戻しで終わるのか、本格的な変転相場が開始されるのかと言うことなのですが、多くの投資家は決して本格的に戻すなどとは想定していないのかも知れません。

 今回の日経平均株価の大幅な上昇についてはヘッジファンドやアルゴリズム取引を駆使する投資家による先物買いが水準を押し上げた格好のようで、正に先物主導の上昇ですから、純粋に買いが入ったと言うことではないのかも知れません。それでも東証1部の値上がり銘柄数は全体の約95%を占め、多くの銘柄がストップ高まで買われています。

 最大の買戻しの背景がトランプ米政権と与野党の議会指導部が大規模な景気刺激策で最終合意したと伝わったことにあるのですが、ただ一方で新型コロナウイルスの感染拡大への不安が払拭された訳ではなく、目先、売られ過ぎ感や期末を目前にしたポジション解消の買いが入ったということなのかも知れません。

 更に配当権利取り最終日の3月27日を前に権利取りの買いも入ったとのことですが、ただこの配当に関しては東証が先日の24日に注意喚起を行っており、3月期決算企業の配当基準日が3月末から延期される可能性について投資家に注意を呼びかけています。3月期決算企業は通常、事業年度末から3カ月以内に定時株主総会を開くのが慣習で、6月開催が多いそうです。

 ところが今年に限って法務省は新型コロナの収束後に開けば問題ないという見解を示しています。その場合、基準日は再設定されることになり、投資家は配当を受け取る日が大幅に遅れたり、企業が無配や減配に修正したりして、思わぬ損失を被るリスクが高まると言うことになるとの見方です。

 勿論、何時ものように配当はあくまでも予定されたもので確定ではありませんから、その点でのリスクを覚悟で権利取りに動くのですが、今回の場合にはそのリスクがより大きくなるとの覚悟が必要なのかも知れません。大幅な減益を余儀なくされる銘柄などは注意が必要になりそうです。

 と言うことで日米ともに短期に急激な反転を演じた訳で、この勢いがどこまで続くのかを見極める展開になりそうです。日経平均株価の年初来の高値2万4000円から直近の安値の半値戻しが2万200円程度で、丁度25日移動平均線がこの水準ですから、2万円の大台と言う意味でも相当に意識される水準になりそうです。


3180 ビューティガレージ
理美容機器や業務用化粧品を販売する専門商社。低価格に特徴。シンガポールにアジア拠点。3月24日発表、発行済み株式数(自社株を除く)の1.58%にあたる10万株(金額で1億円)を上限に自社株買いを実施。20年4月通期連結業績では15.8%増収、16.5%経常増益を見込む。年間配当では1円増配を予定。2018年5月に投入した新ECサイトと新基幹システムの安定運用とUI/UXのさらなる進化・改善を行うことで、目に見える成果を着実に出していく。グローバル市場攻略に向けては、ITシステム投資などの積極投資が引き続き先行する年度となる見込み。

3630 電算システム
情報処理サービス開発中堅。払込票決済など収納代行を拡大中。グーグルの販売代理店展開も。3月24日発表、Works Human Intelligenceと人事システム関連で業務提携。20年12月期連結業績では9.4%増収、3.9%経常増益を見込む。3月18日に東海東京証券が投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」、目標株価を3400円から3000円に。3月19日に日本エイサーと共に、休校対応中の学校を対象にしたGoogle主催の「Google for Education遠隔学習支援プログラム」に新たに参画し、Chromebook LTEモデル及び利活用のためのサポート体制を提供すると発表。

7818 トランザクション

デザイン雑貨、エコ雑貨等の企画販売中堅。ファブレス経営。電子たばこのVAPE事業を育成。3月24日発表、追加で事業者向けマスク約500万枚を緊急輸入。20年8月期通期連結業績では7.0%増収、10.1%経常増益を見込む。5期連続で過去最高益を更新。14期連続増収、5期連続増益。年間配当を前期比1円増の17円に増配予定。

2491 バリューコマース
アフィリエイト(成果報酬型)広告で首位級。ヤフー出店者向けに展開するCRMツールが成長。3月24日株価は上昇。20年12月通期連結業績では16.8%増収、10.3%経常増益を見込む。配当は1円増配予定。「Yahoo!ショッピング」のストア向けクリック課金型広告「ストアマッチ」が好調に推移していること、及び成果報酬型広告「アフィリエイト」が堅調に推移。

4293 セプテーニHD
ネット広告代理大手、傘下にスマホマーケ支援やCRM関連サービスも。漫画アプリ育成中。3月24日株価は上昇。20年9月通期連結業績では13.1%増収、当期利益では前期の7.34億円の赤字から14億円の黒字に転じる予想。新市場の開拓及び電通グループとの協業の促進、各新規事業の成長により前期比で増収増益の見込み。

2148 アイティメディア
IT系ネットメディア運営。各種広告展開。見込み客リスト提供するリードジェン事業が成長。3月24日株価は上昇で一時ストップ高。20年3月通期連結業績では9.5%増収、99.1%当期増益を見込む。新規顧客の開拓やLBPによる業務効率化を通じてリードジェン事業の収益安定化や利益率上昇が進んでおり、同事業を中心に収益予想は上向き。

3491 GA TECHNOLOGIES
AI活用した中古不動産の総合プラットフォームを開発・運営。クラウドファンディングも。3月24日株価は上昇。20年10月期連結業績では40.0%増収、50.0%経常増益を見込む。「RENOSY(リノシー)」の会員数獲得(累計会員数59,323人、令和元年10月末現在)のための広告宣伝及び人財確保のための投資等により、当連結会計年度においても過去最高の販売件数(1,856件)を達成。

2471 エスプール
物流等のアウトソーシングとコールセンター等への人材派遣中心。障害者雇用支援で農園販売。3月24日株価は上昇で一時ストップ高。20年11月通期連結業績は17.8%増収、22.3%経常増益を見込む。5期連続最高益、1.3円増配予定。売上高は 概ね計画通り推移したが、損益面は、障がい者雇用支援サービスにおいて、障がい者の採用・教育が順調に進んだことで、相対的に利益率の高い設備販売を上積みすることができた。

3031 ラクーンHD
衣料・雑貨の企業間電子商取引『スーパーデリバリー』運営。掛け売り決済代行、売掛債権保証も。3月24日株価は上昇で一時ストップ高。20年4月通期の連結業績では15.8%増収、22.8%経常増益を見込む。2020年4月期は、これまで実施してこなかった出展企業向けの広告を行うことで出展企業の獲得を強化し商材掲載数の増加を図る。これにより商材掲載数は2020年1月時点において110万点を超えた。

3415 TOKYO BASE
国内ブランド特化型のセレクトショップと独自ブランド『UNITED TOKYO』店運営。3月24日株価は上昇。20年2月通期業績では9.7%増収、2.8%経常増益を見込む。STUDIOUS業態は前年同期の春物商材の仕入抑制による苦戦が一巡して実店舗が牽引、一方でECについては2019年3月にリニューアルした自社ONLINE STOREの効率化やZOZOTOWN向けの低価格帯オリジナル商品廃止の補填など引き続き改善を進めた。UNITED TOKYO業態は前期に引き続き実店舗、ECともに成長。

3479 TKP
貸会議室の運営大手。遊休不動産の一括借り上げ、小分け活用に特徴。3月24日株価は上昇で一時ストップ高。20年2月通期連結業績では58.2%増収、45.9%経常増益を見込む。貸会議室・ホテル宴会場事業とレンタルオフィス・コワーキングスペース事業の間で相互送客の実績増。22年2月期を最終年度とする中期経営計画では、最終年度の目標数値を売上高で793.26億円、経常利益を119.18億円に。

4557 医学生物学研究所
臨床検査薬・研究用試薬製造。自己免疫疾患など難病領域に強み。がん領域も。JSR子会社に。3月24日株価は上昇で一時ストップ高。3月23日発表、新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」を検出するリアルタイムPCR試薬を27日に発売する。行政検査に加え、公的医療保険も適用。2月27日株価は上昇。2月26日発表、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の検査試薬開発に着手。20年3月期連結業績では13.7%増収、135.4%経常増益を見込む。国内市場で主力の自己免疫疾患関連試薬、昨年度に新発売・保険収載された遺伝子検査試薬の販売が好調であること、海外市場で中国子会社MBLBによる中国診断薬メーカー向けへの企業向けマテリアルの売上が当初計画よりも順調に推移。感染症分野の検査薬、診断薬に強みを持っている。

6264 マルマエ
液晶、半導体、太陽電池製造装置の精密部品加工業。大型高精度品強い。産活法による再建終了。3月24日株価は上昇で一時ストップ高。3月19日発表、2月受注残高は前年同月比29.5%増の8億円。20年8月期業績では9.0%増収、32.7%経常増益を見込む。。FPD分野ではG10.5大型液晶パネル向けの受注に加え、中小型の有機EL向け受注が活発化。また、新たに導入したEBW(電子ビーム溶接)に関する受注が増加した。

6407 CKD
省力・自動機械の大手。管球製造装置、薬品包装機、半導体用薬液制御機器などで高シェア。3月24日株価は上昇。20年3月通期連結業績では14.4%減収、13.7%経常減益を見込む。機器部門では、延期されていた半導体設備投資が一部再開されたことや次世代通信に向けた設備投資が期待されることなどにより、売上高及び利益の増加が見込める。自動機械部門では、自動包装システムで一部検収遅れによる売上高の減少が見込まれるものの、取組んできた収益改善により利益は増加が見込める。


こだわりレーティング
03月25日(水)分

4448 チャットワーク SBI 新規買い 1200円
6367 ダイキン工業 マッコーリー Neutral→OP格上げ 13500円→15000円
6754 アンリツ SMBC日興 2→1格上げ 1900円→3000円
7606 Uアローズ みずほ 新規買い 2500円
9735 セコム ジェフリーズ Hold→Buy格上げ 9550円→9850円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
01/27 01/28 01/29 01/30 01/31
02/03 02/04 02/05 02/06 02/07
02/10 02/12 02/13 02/14
02/17 02/18 02/19 02/20 02/21
02/25 02/26 02/27 02/28
03/02 03/03 03/04 03/05 03/06
03/09 03/10 03/11 03/12 03/13
03/16 03/17 03/18 03/19
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本