デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(03/26) 信用取引貸借倍率表(03/19

令和2年03月27日(金)


 3月26日現在海外相場
NYダウ 22552ドル +1351ドル
ナスダック指数 7797P +413P
CME日経先物 19070円 +710円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎NYダウ1300ドル高

 新型コロナウイルスの話題がテレビのメディアの報道の殆ど、埋め尽くしていますが、今回のように同じ原因で世界が震撼する動きになったのはかってないことなのかも知れません。過去何度か経験した戦争でさえ、全世界を巻き込んでと言うことで言いますと、ここまで多くの国が影響を受けた事はなかったのかも知れません。

 実際に新型コロナウイルスの感染者数は3月26日現在で、世界で50万人を超えています。欧米を中心に南米・中東・東南アジアでも広がり、世界の20億人以上が外出制限の対象となっています。死者は2万3千人を超え、スペインとイタリアでは1日に600人以上が亡くなる日があるとのことです。比較的拡大を抑えてきた日本でも、爆発的な感染のおそれが出てきたとの見方から、ここ数日の報道からも「感染爆発」と言うオーバーショートと言う事がメディアでも盛んに言われています。

米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、国別ではイタリアが約8万人。近く中国の感染者数の約8万2千人を超えて世界最悪になるとの予想があるようです。米国は7万人を突破し、死者数は1千人超にのぼっています。感染者数はほかにスペインが約5万6千人などとなっています。感染を調べる検査が進んでいるという背景もあるのですが、感染拡大の中心は欧米先進国で、米カリフォルニア州、英仏、インドなどでは買い物などを除く外出を禁じる措置をとっています。

 特に日本経済にも影響が強い米国ですが。感染者数は米東部時間26日午後2時(日本時間27日午前3時)時点で7万6514人、死者数は1093人で、ニューヨーク州の感染者が約半数を占め、病床や人工呼吸器など医療機器の不足に懸念が強まっているとのことです。1台の人工呼吸器を2人の患者で使用できるようにしたほか、数千台の麻酔器を人工呼吸器に変換する作業にも取り組んでいるそうです。病院側も「緊急の手術以外は全てキャンセルし、病床の確保を急いでいる」と今朝の日経で報じています。

又、イタリアの死者数は世界で最も多く3月26日時点で8200人を超え、医療機関で人工呼吸器などの設備が不足しており、死者数は増え続けているとのことです。ただイタリア当局は全107県のうち、57県は感染拡大のピークは終わったとみているようで、政府が10日にイタリア全土に出した外出制限令の効果が注目されていると報じられています。

 昨日のBSフジの番組でイタリアの感染者数、死者者数が何故ここまで拡大したのかと言う特集を報道していましたが、やはり中国との密接な関係から、多くの中国人がイタリアに入っており、タイミング的に中国の春節やイタリア内でのお祭りの時期と重なった事が、感染を拡大したと言うことのようです。

 そもそもイタリア人の国民性と言うことで言いますと、話好きだそうで、連日、家族や親せき、近所の知り合いが寄り集まって食事をとりながら会話をする機会が多いようで、その殆どの人が唾を飛ばしながらずっと話しているそうです。増してや、ハグやキスといった習慣がある国民ですから、所謂「濃厚接触」を連日行っており、感染拡大がし易い素地があった事は間違いないようです。

 それと医療崩壊を起した背景にはイタリアの財政面での影響があったようで、財政支出を抑える為に、効率的な医療体制を取っていたようで、余裕のない中で今回の感染拡大で病人が急拡大し、医療体制がカバーできなかったと言う経緯があるようです。

 このイタリアの感染拡大の状況を踏まえて、現状の日本における感染状況を見る限りでは、それなりに上手く対応できるような動きにあるのかも知れません。特に日本人と言う国民性を考えますと、イタリア人のような「濃厚接触」をする機会が極めて少ないと言えます。更に医療体制もベット数も世界の先進国と比べても格段に多く、仮に今後感染者が増加したとしても、十分に対応できる状況にあるようです。

 ここ数日、東京都知事の会見で都内や近県地域では新型コロナウイルスへの恐怖が増加し、「都市封鎖」といった言葉がメディアで何度も取り上げられ、人々を買いだめなどの行動に駆り立てる動きとなっています。最大の責任はテレビメディアにあるのですが、空っぽになった商品棚を映し出し、人々の恐怖を煽る報道はいい加減止めて欲しいところです。

 その日本でも改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく政府対策本部が3月26日設置されています。東京都の感染増加幅は専門家の想定の2倍との事で、感染拡大のペースを抑えられなければ、首相による緊急事態宣言や、爆発的な感染拡大(オーバーシュート)につながる恐れがあるとの見方となっています。メディアでの目下の注目は「都市封鎖」が現実のものになるのかと言うことで、特に東京都の感染者数のここ数日の増加数の変化が注目されています。専門家は有り得ると言った発言をする向きもいるようで、その面での国民への恐怖を煽っている部分もあるようです。

 ただ、日本人がこれまで危機意識を持って対応していたところで、ここでやや気の緩みがでた事は確かで、その面では危機意識を強め、感染拡大を抑制する効果があるのは確かのようです。いずれにしても、自分たちの生活や健康に関わることだけに、ここ数日の感染者数の推移に注目したいところです。日経平均株価は26日のNYダウが1300ドルの大幅高となった事を好感する動きとなりそうです。週末ですし、ポジションを持ちたくないと言うムードも強いのですが、それでも1万9000台での動きになりそうです。


3038 神戸物産
冷凍食品など食材販売の『業務スーパー』をFC展開。外食買収で食材供給拡大。輸入材料多い。3月25日発表、2月売上高は前年同月比25.2%増の254億円、営業利益は同17.1%増の15.6億円。20年10月通期連結業績では4.1%増収、4.2%経常増益を見込む。7期連続最高益、前期配当を5円増額・今期は実質増配予定。基幹事業である業務スーパー事業の更なる拡大を計画しており、2020年10月期末における店舗数は875店舗(純増30店舗)を目標。商品は、品質を維持しながらも安価にご提供するために、サプライチェーンや店舗運営の仕組みの改善、そして「食の製販一体体制」の拡大に注力し、他社との差別化を図る。

3966 ユーザベース
ビジネスデータの「SPEEDA」とSNS型ニュースの「NewsPicks」運営。アジアを強化。3月25日発表、三菱地所と業務提携。また、三菱地所を引受先とする65万7400株の第三者割当増資を実施。20年12月期は、売上高は15,000百万円〜16,000百万円(前期比19.8%〜27.8%増)を見込んでいる。SPEEDA事業では新規獲得IDの順調な積み上げによりID数が増加し、NewsPicks事業では有料課金ユーザー数の増加に加え、順調に広告売上が拡大。

3992 ニーズウェル
金融システム開発に強み。ソリューション事業強化。エンドユーザーと直接取引は売上高の5割。3月25日発表、頭頸部がんを効能・効果としてBNCT用ホウ素薬剤の製造販売承認を取得。20年9月通期業績では8.7%増収、8.9%経常増益を見込む。年間配当では2.5円増配を予定。売上総利益は、ソリューション・ビジネスの拡大等に伴い高付加価値案件が増えたことによる。

4536 参天製薬
緑内障、ドライアイ点眼剤など眼科用医薬品首位。一般用目薬『サンテ』が有名。リウマチ薬も。3月25日発表、眼科用VEGF阻害剤「アイリーア」に5つ目の適応追加承認を取得。20年3月期連結業績では6.0%増収、20.4%税引前減益を見込む。

2146 UTグループ
製造業派遣・請負大手。半導体向け中心だが自動車や電池など業種多様化。技術者派遣も開始。3月25日株価は上昇で一時ストップ高。20年3月期連結業績では18.7%増収、21.2%経常増益を見込む。主力のマニュファクチャリング事業、半導体・電子部品分野の一部半導体製造装置関連顧客などで生産調整局面が継続、自動車関連分野・住宅関連分野などで人材需要は底堅く推移し。またソリューション事業では増収を確保し、引き続き順調に規模を拡大。

3289 東急不動産HD
東急電鉄系の総合不動産大手。ビル賃貸が利益柱。リゾート開発から東急ハンズまで業容多彩。3月25日株価は上昇で一時ストップ高。20年3月通期連結業績では3.1%増収、0.4%経常増益を見込む。

6200 インソース
企業等の人事部向けに講師派遣型研修、公開講座を運営。人事や営業サポートシステムも展開。3月25日株価は上昇で一時ストップ高。20年9月期連結業績では21.2%増収、16.7%経常増益を見込む。当第1四半期連結累計期間における講師派遣型研修実施回数は前年同四半期比109.7%、公開講座受講者数は前年同四半期比130.3%、「WEBinsource」新規登録先数は前期末から639組織増加。また、「Leaf」有料利用組織数が前期末から13組織増加した。

6556 ウェルビー
就労希望障害者への職業訓練や求職活動・職場定着支援が柱。障害児の発達支援行う療育事業も。3月25日株価は上昇で一時ストップ高。20年3月通期連結業績では17.2%増収、21.5%経常増益を見込む。年間配当では1.6円増配を予定。当第1四半期累計期間末の拠点数は、就労移行支援事業(ウェルビー)が68拠点、療育事業では28拠点(ハビーが22拠点、ハビープラスが6拠点)となった。

6951  日本電子
電子顕微鏡で世界首位。分析機器・半導体装置・医用機器も。筆頭株主にニコン、共同開発も。3月25日株価は上昇で一時ストップ高。20年3月期連結業績では6.9%増収、0.8%経常増益を見込む。電子顕微鏡を中心とした引合い、電子ビーム描画装置を中心とした受注、生化学自動分析装置を中心とした引合いがそれぞれ堅調に推移している。露光装置で知られる半導体製造装置メーカーのASML HD(オランダ)が1月22日に発表した19年10-12月期決算発表が好調となっており、EUV(極端紫外線)関連株が物色される動き。

6951  日本電子
電子顕微鏡で世界首位。分析機器・半導体装置・医用機器も。筆頭株主にニコン、共同開発も。3月25日株価は上昇で一時ストップ高。20年3月期連結業績では6.9%増収、0.8%経常増益を見込む。電子顕微鏡を中心とした引合い、電子ビーム描画装置を中心とした受注、生化学自動分析装置を中心とした引合いがそれぞれ堅調に推移している。露光装置で知られる半導体製造装置メーカーのASML HD(オランダ)が1月22日に発表した19年10-12月期決算発表が好調となっており、EUV(極端紫外線)関連株が物色される動き。

2427 アウトソーシング
工場製造ラインへの人材派遣・請負が主力。東海、関東を主地盤に全国に展開。請負化を促進。3月25日株価は上昇で一時ストップ高。20年12月期連結業績では16.3%増収、42.1%税引き前増益を見込む。年間配当は3円増配の予定。製造系においてメーカーが直接雇用している期間工を当社グループの正社員として受け入れるPEOスキームや未経験者を技術者に育成するKENスクールモデルにより、一人当たり採用コストの上昇を抑えながら業界トップクラスの中途採用を確保することに加え、国内有数の規模となった新卒採用も加速させて業容拡大していくほか、業界再編もリードする。

3689 イグニス
スマホ向けアプリを企画、制作、運営。ソーシャルゲームや無料アプリ配信、婚活サイトも運営。3月25日株価は上昇。20年9月通期連結業績では28.2%減収を見込む。コミュニティ事業では『with』のユーザー数が順調に増加し、このジャンルの売上高構成比は53.6%(前連結会計年度は35.5%)と連結売上高に占める割合はより一層高まり順調にトップラインを伸ばしている。オンライン恋活・婚活マッチングサービスのマーケットは拡大が続くという予測もあることから、今後も『with』のユーザー数・トップラインともに成長を見込んでいる。20年9月期についても、この『with』の収益が連結業績に大きく貢献してくる見込み。

4441 トビラシステムズ
独自の抽出アルゴリズムを用い迷惑電話番号を自動的に拒否、警告するシステムを開発、提供。3月25日株価は上昇。20年10月通期業績では25.0%増収、23.5%経常増益を見込む。又、20年10月期配当は前期無配から10.6円配当を予定。売上高の伸長は順調な一方、上場維持のために必要な管理部門の人員増強、上場手数料等の増加等が発生し、報告セグメントに帰属しない全社管理コストが前年同期と比べ増加することとなった。

4557 医学生物学研究所
臨床検査薬・研究用試薬製造。自己免疫疾患など難病領域に強み。がん領域も。JSR子会社に。3月25日株価は上昇。3月23日発表、新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」を検出するリアルタイムPCR試薬を27日に発売する。行政検査に加え、公的医療保険も適用。2月27日株価は上昇。2月26日発表、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の検査試薬開発に着手。20年3月期連結業績では13.7%増収、135.4%経常増益を見込む。国内市場で主力の自己免疫疾患関連試薬、昨年度に新発売・保険収載された遺伝子検査試薬の販売が好調であること、海外市場で中国子会社MBLBによる中国診断薬メーカー向けへの企業向けマテリアルの売上が当初計画よりも順調に推移。感染症分野の検査薬、診断薬に強みを持っている。

3031 ラクーンHD

衣料・雑貨の企業間電子商取引『スーパーデリバリー』運営。掛け売り決済代行、売掛債権保証も。3月25日株価は上昇で一時ストップ高。20年4月通期の連結業績では15.8%増収、22.8%経常増益を見込む。2020年4月期は、これまで実施してこなかった出展企業向けの広告を行うことで出展企業の獲得を強化し商材掲載数の増加を図る。これにより商材掲載数は2020年1月時点において110万点を超えた。

3479 TKP
貸会議室の運営大手。遊休不動産の一括借り上げ、小分け活用に特徴。3月25日株価は上昇で一時ストップ高。20年2月通期連結業績では58.2%増収、45.9%経常増益を見込む。貸会議室・ホテル宴会場事業とレンタルオフィス・コワーキングスペース事業の間で相互送客の実績増。22年2月期を最終年度とする中期経営計画では、最終年度の目標数値を売上高で793.26億円、経常利益を119.18億円に。

9740 セントラル警備保障
警備サービス3位。ガードマン派遣による常駐警備主体。JR東日本向け2割強。機械警備注力。3月25日株価は上昇で一時ストップ高。20年2月通期連結業績では4.2%増収、12.4%経常増益を見込む。沖縄の海上警備と鉄道関連向けの警備強化への対応や鉄道関連向けを中心とした画像関連サービスが堅調に推移した。今後5年間の中期経営計画では売上高750億円、営業利益64億円を目指す。


こだわりレーティング
03月26日(木)分

1414 ショーボンド 野村 Buy継続 4870円→5180円
1721 コムシスHD みずほ 新規買い 3100円
1951 協和エクシオ みずほ 新規買い 2800円
1973 NECネッツエスアイ みずほ 新規買い 4600円
4816 東映アニメーション 三菱UFJMS 新規Overweight 7000円
6976 太陽誘電 メリル 買い継続 3720円→3800円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
01/27 01/28 01/29 01/30 01/31
02/03 02/04 02/05 02/06 02/07
02/10 02/12 02/13 02/14
02/17 02/18 02/19 02/20 02/21
02/25 02/26 02/27 02/28
03/02 03/03 03/04 03/05 03/06
03/09 03/10 03/11 03/12 03/13
03/16 03/17 03/18 03/19
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本