デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(03/30) 信用取引貸借倍率表(03/27

令和2年03月31日(火)


 3月30日現在海外相場
NYダウ 22327ドル +690ドル
ナスダック指数 7774P +271P
CME日経先物 18995円 +185円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎NYダウ反発

 昨日3月30日の午後8時台に小池東京都知事が会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止策を強化するため、夜間の接客を伴う飲食店などへの出入りを自粛するよう都民に要請しています。都知事は、東京都では最近、感染経路が不明なケースが増えていると指摘。なかでも、夜間から早朝にかけて営業しているバーやナイトクラブなど接客を伴う飲食店での感染が多発しているとしています。

 そのうえで「若者にはカラオケやライブハウス、中高年の方にはバーやナイトクラブなどの接客を伴う飲食店に行くことを自粛してほしい」と述べています。自粛要請に伴い、中小の飲食店や従業員に対して、国に支援を要望するとともに、都としても独自の支援策を検討する考えを示しています。

 飲み屋に行くな、と言う要請なのですが、数多ある飲み屋さんがこの要請を受け入れる事が出来るのかはやや疑問な部分もあるのですが、少なくとも上場している企業などでは、社会的な信用と言う意味でも従わざるを得ないのかも知れません。居酒屋チェーンなど外食大手企業などは大きな痛手を被ることになるのかも知れません。

 ただ、殆どのお店は小規模ですから、個人経営でやっているバーやクラブなどは店を閉めると言うだけでは、経営が成り立たなくなる可能性もあるのも確かです。それら一連のお店が今回の自粛要請に従う可能性は低いのかも知れません。増しては、その日暮らしで働いている、従業員、所謂、接待する女性などは、生活困窮に陥る可能性もあるのかも知れません。

 その意味では本当の今回の新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するつもりがあるのであれば、欧米諸国のようにある程度厳しい権限を持った法整備が必要になるのかも知れません。常に「要請」や「お願い」ベースで自粛をさせる事は基本的に無理がある訳で、幾ら大人しく、お上の言うことに従う日本人でもなかなかそうは上手く出来ないと言うことになるのかも知れません。

 実際に政府が緊急事態宣言を発令して、例えば都知事が首都封鎖を発令したとしても、その権限については一定の歯止めがあり、海外のようなロックダウン、都市封鎖のような厳しいものではないようです。菅義偉官房長官は27日の会見で、ロックダウンについて、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言によって、都道府県知事が外出自粛の「要請」、学校や福祉施設などの使用制限に関する「要請」や「指示」が可能になると説明しています。

 内閣官房新型インフルエンザ等対策室によれば、特措法における「要請」とは、一定の行為について要請を受けた相手に対し好意的な処理を期待するものであり、その相手は要請を法的に履行すべき立場に立たされない。「指示」とは一定の行為を実施させることを指し、指示事項について相手に法的な履行義務が生じる。

 ただ、指示に違反したとしても刑事罰が科されるのは限定的で、特措法で刑事罰が規定されているのは、必要な物資を確保するための都道府県知事からの命令に従わず、必要物資を隠匿、損壊、廃棄したケースなどに限られるそうです。外出自粛や使用制限について特措法は罰則規定を置いていないとのことです。

 と言うことで仮に都市封鎖を行ってもその強制力には限界がある訳で、本来であれば、もう少し罰則を伴った厳しい法整備が必要なのかも知れません。人権ガ−と常に批判する特定野党の政治家の反対があるのかも知れませんが、それでもこれから将来に渡り、緊急事態に陥る可能性が生じるケースは何度かあると想定をすれば、今の内にそれなりに制限がかけられる法律を整備する必要がありそうです。

 ネット上では4月1日にロックダウン、都市封鎖が発令されると言う噂が駆け巡っています。政府は直ぐに否定したのですが、日本医師会が、新型コロナウイルス感染症に関する記者会見を開き、政府の専門家会議メンバーを務める釜萢敏常任理事が感染拡大に伴う緊急事態宣言について「個人的にはもう発出し、それに基づき対応する時期ではないかと思う」と語った事が背景にあるのかも知れません。

 相場ですが、引き続き波乱の展開を想定するべきなのですが、それでも先日の日経平均株価の1万7000円割れで目先は底打ちで、後は日柄調整をどの水準で推移することになるのかを見極める展開と見る向きが多いのかも知れません。仮に都市封鎖と言ったような事が現実になったとしても、米国株は再び2万ドルを割り込むような動きにならない限りでは下値は限定的なのかも知れません。月末最終日です。機関投資家やファンド運用機関による3月期末・月末のドレッシング(お化粧)買い期待がある一方で、引き続き新型コロナウイルスによる経済への打撃を懸念する動きから上値は重く、戻りを試す展開になりそうです。


2792 ハニーズHD
SC軸に10〜60代向け低価格の婦人カジュアル展開。中国は完全撤退。ミャンマーに自社工場。3月27日発表、20年5月期第3四半期連結業績では2.8%減収、28.7%経常増益となった。国内は、記録的暖冬等の天候不順や自然災害、消費増税による消費マインドの弱含み等、厳しい環境下、価格とクオリティのバランスが支持を得たことで増収に。一方で、中国子会社である好麗姿(上海)服飾商貿有限公司について、18年9月末をもって営業を終了したため減収となった。尚、20年5月通期連結業績では0.5%増収、9.4%経常増益を見込む。年間配当では10円増配を予定。国内は価格とクオリティーのバランスが支持を得て堅調に推移。

3930 はてな
運営する『はてなブログ』で広告獲得。企業サイト向けシステム、コンテンツ提供が利益支える。3月27日発表、双葉社のWebマンガサイト「webアクション」にマンガビューワが採用。20年7月通期業績では10.3%増収、36.2%経常減益を見込む。主力サービス「はてなブログ」の登録ユーザー数や、月間ユニークブラウザ数が順調に推移し、「はてなブログ」の有料プラン「はてなブログPro」等の課金売上についても好調に推移。

4465 ニイタカ
業務用洗剤、洗浄剤、固形燃料の製造、販売。旅館や外食向けの固形燃料は国内シェア6割以上。3月27日発表、20年5月期第3四半期連結業績では4.5%増収、55.8%経常増益となった。20年5月期連結業績では2.9%増収、1.9%経常増益を見込む。原材料価格が当初の見込みよりも下がったことと生産現場における業務の効率化が順調に進んだことにより売上原価率が低下。4期連続最高益更新。新中期経営計画「NIP Q60」に基づき、従来のシェア拡大の取り組みに加えて、製品の統廃合や生産方法の改革等によるコストダウン、人員配置の最適化による生産性の向上等を進める。

4977 新田ゼラチン
ゼラチンで日本一、世界4位。兼営のペプチドは国内2位。米国、インド、中国等で現地生産。3月27日発表、発行済み株式数(自社株を除く)の2.01%にあたる37万株(金額で2億円)を上限に自社株買いを実施。20年3月期連結業績では6.8%減収、93.2%経常増益を見込む。グミキャンディー市場が引続き堅調に推移、製菓用途の売上高が増加。また、共働き世帯や高齢者の中食需要も堅調に推移し、コンビニエンスストア向け総菜用途の売上高が増加。美容サプリメント用途において主要顧客の需要が堅調に推移し、コラーゲンペプチド製品の売上高は増加した。

5282 ジオスター
建設用コンクリート製品の大手メーカー。新日鉄の子会社を吸収合併、新日鉄住金の子会社に。3月27日発表、20年3月通期連結業績では営業利益で22.0%、経常利益で22.0%、純利益で50.0%上方修正している。売上高は出荷の時期ずれ等により、前回予想から減収となる見通し。損益は、プロジェクト構成等による売上総利益の改善に加え、徹底したコスト削減を行ったこと等により、前回を上回る見込み。

5288 アジアパイルHD
コンクリートパイル(基礎杭)製造・施工で2位。設計から建設まで独自の一貫請負体制を構築。3月27日発表、風力発電事業のベトナム・Phan Vu社の株式を取得し持ち分法適用会社化する。20年3月期連結業績では5.2%増収、5.2%経常増益を見込む。国内では新工法のMAGNUM工法の販売が好調に推移したこと、また海外ではベトナム事業会社Phan Vu Investment Corporationが昨年度買収したFecon Mining Joint Stock Companyの業績が寄与。

6200 インソース
企業等の人事部向けに講師派遣型研修、公開講座を運営。人事や営業サポートシステムも展開。3月27日発表、短時間版のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進研修を新たに開発。20年9月期連結業績では21.2%増収、16.7%経常増益を見込む。当第1四半期連結累計期間における講師派遣型研修実施回数は前年同四半期比109.7%、公開講座受講者数は前年同四半期比130.3%、「WEBinsource」新規登録先数は前期末から639組織増加。また、「Leaf」有料利用組織数が前期末から13組織増加した。

7060 ギークス
フリーランスIT人材紹介が柱。エンジニア活用したゲーム開発、人材教育サービスにも注力。3月27日発表、東証が4月3日付で東証1部に市場変更する。20年3月期連結業績では16.4%増収、21.2%経常増益を見込む。積極的な広告展開による新規受注の獲得や、ITフリーランス向け福利厚生プログラム「フリノベ」の拡充等の取り組みを行った。合宿型でプログラミングと英語を学ぶことができる「エンジニア留学」が大きな特徴。エンジニア留学の認知拡大を目指すとともに、英語留学の商品ラインアップの拡充やオフショア開発にも注力。

8155 三益半導体工業
信越化学からウエハ研磨加工を受託。使用済みウエハ再生、半導体関連装置の設計や卸売りも。3月27日発表、20年5月期第3四半期連結業績では4.2%減収、1.3%経常増益となった。20年5月通期業績では2.3%減収、1.3%経常増益を見込む。年間配当では2円増配を予定。最先端加工技術の推進と低コスト化の両立を図るとともに、自社開発製品の拡販を積極的に進めるなど、総力を挙げて業績の向上に取り組んだ。

8818 京阪神ビルディング
住友系。場外馬券売り場やオフィスビルを賃貸。データセンターを近年拡大中。大半が大阪物件。3月27日発表、発行済み株式数の1.32%にあたる69万7800株の自社株を消却する。20年3月通期連結業績では1.4%増収、1.6%経常増益を見込む。当第3四半期末の空室率は、一部のオフィスビルにおいてテナント退去に伴う一時的な空室により0.7%になったが、既に後継テナントは決定しており当期末は満室稼働を予定している。今後とも既存ビルの付加価値を高め周辺ビルとの優位性を保つとともに、業容拡大のため現在開発中の案件を始め新規投資にも継続して取り組む。

3968 セグエグループ
セキュリティ製品の輸入販売とソリューション関連が両輪。SE派遣に強み。自社開発品育成。3月27日株価は上昇で一時ストップ高。3月26日発表、子会社ジェイズ・コミュニケーション株式会社は、Juniper Networks 社が提供する、AIでユーザーの利用環境を学習し、自動的に改善するインテリジェントクラウド管理型Wi-Fi(無線LAN)ソリューション”Mist”の取り扱いを開始。20年12月期連結業績では14.2%増収、7.2%経常増益を見込む。加速度的成長のため、人財の確保及び育成を重要視し、積極的な採用及び教育の充実に加え、オフィスの増床・整備や働き方改革の推進等により働きがいのある環境づくりに取り組む。また、自社開発製品の開発継続及び販売拡大、セキュリティにフォーカスした製品及びサービスラインアップの拡充、新規商材と既存商材のクロスセルなどの取り組みを継続。

3199 綿半HD
長野県地盤のHCと建設事業が2本柱。HC全店で食品、一部店で生鮮品も扱う。貿易事業併営。3月27日株価は上昇。2月既存店売上高は前年同月比8.2%増と5ヵ月ぶりに前年実績を上回った。20年3月期第三四半期連結業績では15.6%増収、33.4%経常増益を見込む。20年3月期連結業績では7.3%増収、12.2%経常増益を見込む。年間配当は1円増配を予定。

4078 堺化学工業
1918年創立で亜鉛から発祥。酸化チタン大手で電子材料や風邪薬『改源』含む薬品等も展開。3月27日株価は上昇。20年3月通期連結業績では0.5%増収、23.1%経常減益を見込む。医療事業および有機化学品、化粧品材料が堅調に推移。米中貿易摩擦や中国景気減速の影響を受けて電子材料、酸化チタン、樹脂添加剤など主軸製品が低調に推移している。

4401 ADEKA
樹脂添加剤や界面活性剤等の機能化学品が柱。電子材料にも展開。パン・菓子用の加工油脂類も。3月27日株価は上昇。20年3月通期連結業績では6.9%増収、23.1%経常減益を見込む。樹脂添加剤では、三重工場でポリオレフィン用高機能添加剤の設備が稼働し、グローバル市場でのさらなる拡販を図る。情報・電子化学品では、鹿島工場とADEKA KOREA CORP.で最先端の半導体メモリに使用される高誘電材料の設備を増強し、量産に向けた準備が整う。機能化学品では、相馬工場で潤滑油添加剤の設備を増強し、千葉工場で水系ウレタンの設備が稼働。食品では、艾迪科食品(常熟)有限公司で加工油脂の設備が稼働し、販売拠点として新設した広州分公司を活用することで、中国市場における事業のさらなる拡大を進める。環境・エネルギー分野では、SPAN及びグラフェンのパイロットプラントを相馬工場に設置し、次世代二次電池向け等にサンプル出荷を開始した。

4488 AIinside
AI認識技術活用したクラウド型OCRサービスが柱。手書き文字のデジタル文字変換に強み。3月27日株価は上昇。20年3月期業績では売上高で14.3%、営業利益で57.9%、経常利益で60.2%、純利益で81.9%上方修正している。売上高は代理店による顧客獲得件数が想定を上回り、主力の「DX Suite」クラウド版の新規契約数が順調に増加したことに加え、リリース間もない「AI inside Cube」の需要が高く、主に期間限定のトライアル導入を想定していたものの、継続利用が見込める本番利用における導入台数が計画を超えた。3月2日、AI-OCRサービス「DX Suite」が1000契約を突破。AI-OCRとは、収集した大量の文字データから文字の特徴をディープラーニングし、高精度な文字認識を可能とするソリューション。「DX Suite」は同社独自のAI技術を導入しており、従来のOCRでは困難とされた手書き文字を高精度に読み取り、これまで人が手入力で行なっていたデータ化業務を自動化することができる。

4543 テルモ
医療機器大手。カテーテルなど心臓血管分野に強み。医薬品類も。米国、中国などで生産拡大。3月27日株価は上昇。20年3月期連結業績では売上収益は前期比5.9%増の6350億円、営業利益は同2.2%増の1090億円、当期利益は同1.9%増の810億円を見込む。日本では、ホスピタルカンパニーの外科領域、製薬企業との提携ビジネスであるアライアンス事業、心臓血管カンパニーのTIS(カテーテル)事業や血管事業が好調に推移ている。海外では、ホスピタルカンパニーのアライアンス事業、心臓血管カンパニーのTIS(カテーテル)事業やニューロバスキュラー事業が好調に推移している。今下期には、狭心症や心筋梗塞治療用の「Ryurei(経皮的冠動脈形成術用バルーン)」を欧州で本格展開する予定で、引き続き新製品の展開拡大による業績押し上げが見込まれている。

4593 ヘリオス
iPS細胞、間葉系幹細胞による治療薬開発のバイオベンチャー。大日本住友製薬と共同開発も。3月27日株価は上昇。3月26日発表、新型コロナウイルスによる急性呼吸窮迫症候群(ARDS)に対する体性幹細胞再生医薬品「HLCM051」を用いた治験を実施。3月18日、みずほ証券が投資判断を「買い」継続、目標株価を2780円から3260円に。19年12月通期連結業績は営業利益が42.71億円、経常利益が45.04億円、純利益が44.10億円の赤字となった。20年12月期の連結業績見通しは、事業提携の可能性や新規シーズの獲得の可能性など、現時点では業績に影響を与える未確定な要素が多いことから、適正かつ合理的な数値の算出が困難な状況。体性幹細胞再生医薬品分野及びiPSC再生医薬品分野において開発を推進。体性幹細胞再生医薬品分野は、脳梗塞急性期及び急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の治療法の承認取得にむけ、それぞれ治験を実施。iPSC再生医薬品分野は、眼科分野及び肝疾患分野での開発の他、次世代iPS細胞の作製にむけた研究活動も進めている。

4617 中国塗料
塗料3位。船舶用は国内シェア6割、世界2位。海外に製販16社。中国中心のアジアが最大市場。3月27日株価は上昇。20年3月通期連結業績では0.5%減収、経常利益は40億円の黒字化を見込む。

4996 クミアイ化学工業
全農系で農薬専業首位級。イハラケミカル合併で化成品強化、農業用ドローンベンチャーに出資。3月27日株価は上昇。20年10月期連結業績では9.3%増収、0.7%経常増益を見込む。3期連続最高益、前期配当を2円増額・今期も11円継続。主力剤アクシーブの販売拡大による。

1450 田中建設工業
建築構造物の解体工事の施工管理に特化。1都3県を中心に展開。民需主体で元請け比率高。3月27日株価は上昇。20年4月期連結業績では10.6%増収、3.1%経常増益を見込む。主力製品のフォトプロッター(基板のフィルム原版を印刷する装置)が売上を牽引しているが、米中貿易摩擦等の影響に予想を下回っている。又、ロールtoロール型検査装置の大型商談に加え、半導体用精密基板検査装置の引き合いが活発化。

4462 石原ケミカル
金属表面処理剤の研究開発型メーカー。ウエハバンプ(こぶ状突起電極)用等電子関連向け中心。3月27日株価は上昇。20年3月通期連結業績では5.2%増収、4.4%経常増益を見込む。年間配当では2円増配を予定。8K及び有機EL化に対応した大型テレビ向けめっき液の需要は堅調に推移。エアコン洗浄剤の販売が、引き続き好調に推移。

4559 ゼリア新薬工業
製薬中堅。医療用は消化器系中心。滋養強壮剤『ヘパリーゼ』も柱。スイス企業買収で海外展開。3月27日株価は上昇。20年3月通期連結業績では5.1%増収、51.7%経常増益を見込む。3月25日、東海東京調査センターが、投資判断を「ニュートラル」(中立)から「アウトパフォーム」(強気)、目標株価を2350円から2170円に。同証券では20年3月期連結営業利益について、47億円(前期比5.8%増、従来53億円、会社側計画は50億円)と試算。海外の「アサコール」の寄与はあるものの、コンシューマーヘルスケア事業は主力の「へパリーゼ群」が新型肺炎の拡大による宴会、イベント自粛影響が直撃、鉄欠乏性貧血治療剤「フェインジェクト」の上市先送りなどが背景。

8194  ライフコ−ポレ−ション
食品スーパー大手。首都圏と近畿で集中展開。3月27日株価は上昇で昨年来高値更新。20年2月期第2四半期連結業績では1.5%増収、21.3%経常増益となった。尚、20年2月期連結業績では3.0%増収、1.3%経常増益を見込む。配当も10円増配の40円を予定。上半期の営業増益が2ケタ増益となり、従来予想を上回った。5店舗の新規出店と4店舗の改装を行ったことに加えて、おいしさの追求などの商品施策が奏功し売上高が増加。一方で人件費や物件費などのコスト増はあったものの、商品政策など各種施策の成果がそれを上回っている。

9099 C&FロジHD
フローズン輸送のヒューテックノオリンとチルド輸送の名糖運輸が統合。総合物流企業を志向。3月27日株価は上昇。20年3月期連結業績では2.2%増収、4.6%経常増益を見込む。年間配当を1円増配予定。TC事業、DC事業それぞれに新たなインフラ整備を進めている。現在建設中の新センターは、来期以降順次竣工を予定しており、固定費の負担増加を想定しているが、持続的成長を実現するため、自社車両による配送比率の引き上げをはじめとしたコスト構造の見直しや適正な料金収受の推進、従業員の定着率向上に向けた働きやすい職場環境づくりなどに取り組んでいる。

9310 日本トランスシティ
倉庫業界4位、中部地区最大。総合物流企業で海外に展開。四日市港で取扱品目の多様化を推進。3月27日株価は上昇。20年3月通期連結業績では3.9%増収、1.9%経常増益を見込む。倉庫業、港湾運送業および陸上運送業の取扱いが堅調に推移。

4113 田岡化学
住友化学系。染料、接着剤から医・農薬中間体など精密化学分野を拡大。インドに生産子会社。3月27日株価は上昇。3月26日発表、20年3月通期連結業績では売上高で1.2%、営業利益で6.5%、経常利益で6.5%、純利益で9.4%上方修正している。売上高は医薬中間体、および樹脂原料の出荷が当初想定を上回る見込みとなり、営業利益・経常利益・親会社株主に帰属する当期純利益は、売上高の増加に加え、効率的な生産による原価の低減により、前回発表時の予想を上回る見込み。配当も5円増額。

4571 ナノキャリア
がん領域に特化した創薬ベンチャー。超微細な『ミセル化ナノ粒子』で副作用少ない新薬目指す。3月27日株価は上昇で一時ストップ高。20年3月通期連結業績では17.0%増収、経常損益は15.36億円の赤字を見込む。主要パイプラインの開発推進、新規パイプラインの探索、提携先の開拓などに積極的に取り組んだ。

こだわりレーティング
03月30日(月)分

4042 東ソー 岡三 新規強気 1600円
3981 ビーグリー 岩井コスモ 新規A 1350円
4396 システムサポート 岩井コスモ A継続 2000円→2700円
1929 日特建設 東海東京 OP継続 820円→900円
3232 三交HD 東海東京 OP継続 660円→625円
8113 ユニチャーム 東海東京 OP継続 3980円→4200円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
01/27 01/28 01/29 01/30 01/31
02/03 02/04 02/05 02/06 02/07
02/10 02/12 02/13 02/14
02/17 02/18 02/19 02/20 02/21
02/25 02/26 02/27 02/28
03/02 03/03 03/04 03/05 03/06
03/09 03/10 03/11 03/12 03/13
03/16 03/17 03/18 03/19
03/23 03/24 03/25 03/26 03/27
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本