デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(04/01) 信用取引貸借倍率表(03/27

令和2年04月02日(木)


 4月1日現在海外相場
NYダウ 20943ドル −973ドル
ナスダック指数 7360P −339P
CME日経先物 17600円 −220円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎NYダウ大幅続落

 新型コロナウイルス感染が世界的な拡大を続けています。日本国内でも4月1日1日で33の都道府県と空港の検疫で合わせて266人の感染を発表しています。全国の1日当たりの感染確認数としてはこれまでで最も多く、2日連続で200人を大きく上回っています。これまでの累計では2000人を超え、死亡者は60人を超えています。
 
 欧米の数字と比べますと日本の数字は低いのですが、それでも今後感染爆発が起こる状況になっているようです。欧米のように指数関数的な上昇度合いを示すのかどうかは分かりませんが、それでも日本政府や東京都の発表を見る限りでは、明らかに欧米の数字とは大きな違いがあるようです。

 検査をしていないからと言う一部の偏った専門家の意見があるようですが、それでは死者数を見ると、明らかに少ない訳で、その理屈は成り立たないと言うことになります。一般的に言われているのが、欧米と日本との生活様式の違いだとの見方です。欧米ではハグをしたり握手をしたり、顔と顔お接触し、キスまでする文化があるのですが、日本ではお辞儀をする程度です。又、家に上がる時にも靴を脱ぐ習慣が感染者数の少なさに繋がっているのではないかと言った見方もあるようです。

 特に大きな違いは衛生管理の面で大きな違いがあるようで、手洗いやうがいと言った習慣は欧米と日本では格段の差があるようです。更に言いますと、お風呂に入る週間や頻度と言った点でも違いがあるとの見方もあるようです。

 ただ、それだけでは理解出来ないほどの数字の違いが出ている点について、最近面白い発表があったようです。と言うのは日本人と欧米の一部の国の国民との間で、「免疫」の違いが有るのではないかと言った観測が出ているようです。まだ不確定情報の段階ですから、断定的な判断を下す訳には行かないのですが、それでもそれなりに納得させられるデータが出ている事は興味深いところです。

 ニューズウイーク誌の記事からになりますが、結核を予防するBCGワクチン接種と新型コロナウイルス感染拡大との間に負の相関関係が指摘されています。BCGワクチンは、1940年代以降、世界各地で普及し、日本でも、1949年にBCGワクチンによる結核予防接種が法制化されています。

 2011年3月時点の調査結果によると、180カ国のうち日本を含めた157カ国でBCGワクチンの全例接種が行われている一方、結核罹患率の減少に伴って、1980年代以降、スペイン、フランス、ドイツ、英国、オーストリアなどの欧州9カ国、オーストラリア、ニュージーランドで全例接種が中止され、米国やカナダ、イタリア、オランダでは、医療従事者などのハイリスク群のみに接種を限定する選択的接種となっています。

新型コロナウイルス感染症患者が欧米で急増するなか、「BCGワクチン全例接種を実施している国では、そうでない国に比べて、新型コロナウイルス感染症の感染者数や感染者数に対する死亡者数の割合が低い」と、BCGワクチンの接種と新型コロナウイルス感染症の感染拡大との負の相関関係が指摘されています。

たとえば、1981年にBCGワクチン全例接種を中止しているスペインでは、新型コロナウイルス感染症の感染者数が7万8797人、死亡者数が6528名と甚大な被害が出ている一方、BCGワクチンの全例接種を実施している隣国ポルトガルでは、感染者数が6528名、死亡者数が119名にとどまっています。

BCGワクチンが先天性免疫応答を調節し、結核以外のウイルス感染から防御する作用を持つ可能性があることもわかっているそうです。オランダラドバウド大学の研究チームが「BCGワクチンの接種が黄熱ウイルスの感染を抑制するのか」を検証した2018年1月の研究論文によると、「BCGワクチンの接種により、弱毒化した黄熱ウイルスのワクチン株の感染から防御する働きが認められた」という発表もされているようです。

米ハーバード大学公衆衛生学部の疫学者メーガン・マレー教授も、3月18日、自身のツイッターで「BCGワクチンが新型コロナウイルス感染症の発症や重症化を軽減させる可能性がある」と指摘。独マックス・プランク研究所でも、3月21日、BCGワクチンをベースに開発した結核予防ワクチン「VPM1002」の第3相試験において、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)への感染に対する効果についても検証する方針を明らかにしています。豪メルボルンの小児医療研究所「マードック・チルドレンズ・リサーチ・インスティチュート」は、3月27日、新型コロナウイルス感染症に対するBCGワクチンの効果を検証する臨床試験に着手したとのことで、今後本当にこのBCGワクチンが新型コロナウイルスに対する免疫力があるのであれば、研究を重ねることで、新たな効果のあるワクチン開発に繋がる可能性がありそうです。

ただ、そうかと言ってもBCGワクチンは今のところ完璧なものではなく、新型コロナウイルスに感染する日本人も数多く居る訳で、あくまでも掛かり難いのではないかと言った仮説にしか過ぎません。感染爆発が起こり欧米のような状況にならないとも限らない訳ですから、その点では楽観視するべきではないのかも知れません。
 
 相場ですが引き続き緊急事態宣言が発令されるのか、それに伴い都市封鎖が実施されるのかが市場の注目ポイントですが、この懸念もあり、ドル・円相場が1ドル107円割れ水準までの円高となっている事や、先日発表されました3月日銀短観で、大企業製造業の事業計画の前提となる想定為替レートの1ドル107円98銭よりも円高に振れていることも重石になっているようで、日本株にとっての上値の重さが意識されることになりそうです。日経平均株価は再度1万7000円台で低迷する動きになりそうです。


1716 第一カッター興業
ダイヤモンド使用のコンクリート構造物切断・穿孔工事が主力。建物解体用の高水圧力ツター。3月31日発表、プラント配管などの洗浄工事を手掛けるユニペックの全株式を取得し子会社化。20年6月通期連結業績では5.6%増収、0.7%経常増益を見込む。年間配当では2円増配を予定。

2706 ブロッコリー
ゲームソフト『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズをPSP向けに展開。関連CDなど物販も。3月31日発表、20年2月期連結業績では売上高で2.8%、営業利益で70.2%、経常利益で63.6%、純利益で25.8%上方修正している。2月に開催したイベント会場でのグッズ売上が大変に好調であったことに伴い利益も向上したこと、及び「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE キングダム」関連グッズに係るロイヤリティ精算が製作委員会から行われたことにより利益が向上した。

2930 北の達人コーポ
健康食品や化粧品中心のネット通販会社。オリゴ糖原料の『カイテキオリゴ』などが主力商品。3月31日発表、「刺す化粧品」シリーズの第4弾として「チークポアパッチ」(毛穴ケア商品)を発売。20年2月通期業績では31.6%増収、45.2%経常増益を見込む。第1四半期に「刺すヒアルロン酸化粧品『ヒアロディープパッチ』」が予想以上の人気を博したため製造が追いつかなくない状況。20年2月期の1株当たり中間配当金を2円から10銭増配し、2.1円に修正した。年間配当では0.6円増配予定。

4592 サンバイオ
中枢神経系疾患領域の再生細胞薬を開発するバイオベンチャー。3月31日発表、中国のOcumensionと網膜疾患における再生細胞薬の研究開発・事業化で業務提携。20年1月期連結業績では事業収益が前期比39.7%減の4.47億円、経常利益は46.17億円の損失。大日本住友製薬と共同で行っている米国慢性期脳梗塞の臨床試験の開発協力金が、計画より早期に計上されたためで、各利益については、当期間に計上予定であった研究開発及び製造に関わる費用が下期に計上されること、またカリフォルニア州再生医療機構からの補助金の一部が計画より早期に計上された。

4680 ラウンドワン
複合レジャー大手。ボウリング、ゲーム、カラオケ、時間制スポーツを関西、関東など全国展開。3月31日発表、発行済み株式数(自社株を除く)の10.5%にあたる1000万株(金額で50億円)を上限に自社株買いを実施。2月既存店売上高は前年同月比5.3%増と2ヵ月連続で前年実績を上回った。尚、20年3月通期連結業績では6.2%増収、3.4%経常増益を見込む。

7818 トランザクション
デザイン雑貨、エコ雑貨等の企画販売中堅。ファブレス経営。電子たばこのVAPE事業を育成。3月31日発表、20年8月期第二四半期連結業績では営業利益で5.0%、経常利益で4.7%、純利益で3.0%上方修正している。又、事業者向けマスク500万枚、女性・子供用マスク100万枚、除菌ウェットティッシュ70万個を追加で緊急輸入し、販売を始める。また、オンデマンドプリントサービスのイメージ・マジックと資本業務提携。

9651 日本プロセス
独立系システム開発会社。組み込み系、発電所向けの制御系が柱。自動車関連の開発が拡大。3月31日発表、20年5月期第三四半期連結業績では10.0%増収、12.4%経常増益となった。20年5月通期連結業績では5.6%増収、3.0%経常増益を見込む。前中期経営計画期間中に大きく拡大した自動運転、先進運転支援関連を主力事業化した一方、建設機械や医療関連のIoT分野については継続して拡大を図る。また、AI、ネットワーク、セキュリティ、クラウドなど更なる新分野の開拓にも積極的に取り組む。

6036 KeePer技研
カーコーティング材料の製造卸のほかサービス店舗を直営とFCで展開。施工の技術教育に力。3月31日株価は上昇。20年6月期業績では10.0%増収、7.8%経常増益を見込む。20年2月のキーパーラボ運営事業の販売実績は、直営全80店舗で前年同月の直営全78店舗に対して29.2%増。2月は天候も安定し、暖冬の影響もあり花粉や黄砂が舞っており、車が汚れた車が多く、洗車の需要が一気に上がり、店舗は大きく賑わいをみせ。東海東京証券では3月5日に投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に、目標株価を1450円から1800円に。EXキーパーを4月1日から全国で販売開始予定、これまでのコーティングはアフターマーケット中心であったが、今後は新車向けの売上増加が見込める。

4449 ギフティ
商品・サービスと交換できる電子チケット・eギフト発券・流通を一貫展開。マレーシアに現法 。3月31日株価は上昇。3月5日、SBI証券が投資判断を新規「買い」、目標株価を3140円に。2月14日発表、20年12月期連結業績では46.2%増収、99.1%経常増益を見込む。4期連続最高益更新。eギフトプラットフォームの利用者に対して新規サービスを提供することで、プラットフォームの利用価値を高めると共に、収益の多様化を図る。また、そのための人員増員及び戦略的M&Aも実施していく方針。

4571 ナノキャリア
がん領域に特化した創薬ベンチャー。超微細な『ミセル化ナノ粒子』で副作用少ない新薬目指す。3月31日株価は上昇。20年3月通期連結業績では17.0%増収、経常損益は15.36億円の赤字を見込む。主要パイプラインの開発推進、新規パイプラインの探索、提携先の開拓などに積極的に取り組んだ。

4875 メディシノバ・インク
米国が本拠の医薬品開発ベンチャー企業。3月31日株価は上昇。3月13日、重症肺炎および急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を対象とした MN-166(イブジラスト)の開発を開始すると発表。SMBC日興証券では「筆頭パイプラインであるMN-166の進行型多発性硬化症と筋萎縮性側索硬化症を対象にした探索的試験での有効性・安全性データはそれぞれ有望である」と指摘。19年度内に中枢神経系領域での商業化権利の導出契約が締結されれば、「MN-166上市への期待感がますます高まっていく」と評価。

6200 インソース
企業等の人事部向けに講師派遣型研修、公開講座を運営。人事や営業サポートシステムも展開。3月31日株価は上昇。3月27日発表、短時間版のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進研修を新たに開発。20年9月期連結業績では21.2%増収、16.7%経常増益を見込む。当第1四半期連結累計期間における講師派遣型研修実施回数は前年同四半期比109.7%、公開講座受講者数は前年同四半期比130.3%、「WEBinsource」新規登録先数は前期末から639組織増加。また、「Leaf」有料利用組織数が前期末から13組織増加した。

3040 ソリトンシステムズ
セキュリティ対策ソフトとシステム構築が柱。映像伝送や人感センサーなど育成。技術力定評。3月31日株価は上昇。20年12月通期連結業績では2.9%増収、1.1%経常減益を見込む。ITセキュリティ事業は、ITインフラのクラウドシフトにあわせ、製品の見直しとサービス化を一層、推進。映像コミュニケーション事業は、国内外で主にパブリックセイフティ分野への展開を図り、機器の販売からレンタル、映像配信サービスまで提供し、利益の積み上げを図ります。エコ・デバイス事業は、新製品の開発/販売を進めるほか、超短遅延映像伝送システムの要素技術の開発/改善を継続し、様々な企業と連携の上、建機、農機、フォークリフト等限定された環境下でのリモート運転の実用化を目指す。3月2日、同社はテレワークに必要なソフトウェアとサービスを期間限定で無償提供することを発表している。

8771 イー・ギャランティ
企業の売掛債権保証で成長。リスクは再保証先に委託。地銀との業務提携積極化。伊藤忠系。3月31日株価は上昇で昨年来高値更新。20年3月通期連結業績では11.2%増収、7.7%経常増益を見込む。信用リスク保証サービスは引き続き堅調に推移。新規顧客の増加を図るべく販売チャネルとの取り組みを強化するとともに、サービスの活用により、企業が行っている与信管理や債権回収の業務効率化を提案するなどのコンサルティング営業を展開。

7198 アルヒ
固定金利住宅ローン『フラット35』販売首位、債権回収のほか、住宅検索など関連サービスも。3月31日株価は上昇。3月18日発表、不動産業界に特化した職業紹介事業を開始。不動産テクノロジーの商品・サービス開発事業も開始する。20年3月通期連結業績では9.0%増収、13.7%税引前増益を見込む。住宅ローン新規借入件数は金利低下が一段落した20年3月期第2四半期から前年同期比15%増前後に回復し、融資実行業務営業収益は第3四半期から20%増超へ。ファイナンス収益が強く、不正利用検知システム「ARUHIホークアイ」などの構築・運用諸費増も相殺でき、会社予想から上振れるするとみずほ証券は予想している。

4448 Chatwork
クラウド型ビジネスチャットツールを開発・販売。広告表示や容量制限のない有料版が収益源。3月31日株価は上昇。20年12月期の業績予想は、競合・市場環境に対応し、機動的な投資判断が必要との観点から、営業利益以下の各段階利益については黒字を継続しつつ、具体的な金額予想は開示しない方針。また、売上高は、Chatwork事業で前事業年度並みの前事業年度比40%以上、セキュリティ事業は市場環境より前事業年度比微減を想定し、全体売上高では前事業年度比30%以上の成長を目標。3月30日にいちよし証券が投資判断を新規「A」、目標株価を2000円に。新型コロナウイルスを契機に、日本国内でテレワークが注目を集めているとした上で、Chatworkが提供するビジネスチャットサービス「Chatwork」が急速に普及する可能性がある。

こだわりレーティング
04月01日(水)分

4185 JSR メリル 買い継続 2030円→2300円
4502 武田薬品 三菱UFJMS 新規Overweight 5400円
4536 参天製薬 CS OP継続 2200円→2300円
5332 TOTO SMBC日興 3継続 3150円→3450円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
01/27 01/28 01/29 01/30 01/31
02/03 02/04 02/05 02/06 02/07
02/10 02/12 02/13 02/14
02/17 02/18 02/19 02/20 02/21
02/25 02/26 02/27 02/28
03/02 03/03 03/04 03/05 03/06
03/09 03/10 03/11 03/12 03/13
03/16 03/17 03/18 03/19
03/23 03/24 03/25 03/26 03/27
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本