デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(04/02) 信用取引貸借倍率表(03/27

令和2年04月03日(金)


 4月2日現在海外相場
NYダウ 21413ドル +469ドル
ナスダック指数 7487P +126P
CME日経先物 18065円 +205円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎米国株反発

 日本で目下最大の注目を浴びているのは、東京都の新型コロナウイルスの1日の感染者数ではないでしょうか。この数字如何で日本政府が緊急事態宣言を発令し、そして東京都が「都市封鎖」と言う決断を下すと言うのが、もっぱらの噂となってういます。

 先日の4月1日に緊急事態宣言が出されると言ったネット情報が出ていましたが、デマ情報だとして、政府も否定したのですが、ただ早晩発令されると言うのは大方の見方となっています。と言うのも東京都の感染者数が右肩上がりで増加傾向を辿っている訳で、このまま行けば必ず政府は出さざるを得ないと言う見方です。

 東京都は2日、新型コロナウイルスの感染が新たに97人確認されたと発表しています。1日あたりの感染者数として最多だった3月31日の78人を上回っています。都の感染者は累計で700人に迫り、感染拡大の傾向が一段と顕著になったと報じられています。週末に掛けて1日の感染者数が100人200人単位で増加するようなことになれば、緊急事態宣言発令が現実のものになりそうです。

 ただ、緊急事態宣言が出ても、あまり状況に変化はないのかも知れません。これまで東京都知事が外出自粛要請を出していましたが、これが「指示」に変わる程度で、いずれにしても、強制力はない訳ですし、罰則規定もなにもないと言うことになります。

 後は都知事がどこまで踏み込んで規制を掛けるのかと言うことになります。極端に言いますと、東京メトロを止めるとか、道路封鎖を行うなど、都民の生活に打撃を与える動きが出来るのかと言うことになりますが、なかなかそれは批判の対象になりそうで、その面では海外のように日本では決断できないのかも知れません。

 強いてあげれば、医療崩壊を招かないように、民間の建物を借りたてたり、或いは臨時の医療設備を仮設する為に民間の土地の使用は強制的に出来ると言うことですが、そこまでしなくも今のところ、充足できるのではないかと言った見方が出ているようですから、その面では結局緊急事態宣言を出す必要性もないのかも知れません。

 ただ、緊急事態宣言を出すことで、テレビメディアはその深刻さをこれまで以上に煽るでしょうから、その面では日本国民、特に東京都民に深刻さを意識させる効果はあるのかも知れません。特に若者の意識の希薄さが問題視されていますが、その点では世間の目が彼ら彼女の行動に対して制止する効果が出るのかも知れません。勿論、これとてもあくまでの要請、指示ですから、何ら強制力がない訳で、その面では体制に批判的な強者が少なからず出てくるのも致し方ないのかも知れませんね。

と言うことで、週末の相場ですが、依然として新型コロナウイルス感染拡大の動向を見極める必要ありそうです。都市封鎖と言うネガティブな言葉が相場の上値を抑えている状況下ではなかなか強気になれないのですが、それでもこれまでの波乱の展開が徐々に安定してきた動きになっている事は一定の安心感を投資家は感じているのかも知れません。日経平均株価は1万7000円台値固め、米国市場では原油高でNYダウが上昇しており、円相場も1ドル108円近くでの推移となっていますから、それなりに下値は厚い動きになりそうです。


3038 神戸物産
冷凍食品など食材販売の『業務スーパー』をFC展開。外食買収で食材供給拡大。輸入材料多い。4月1日発表、洋菓子製造のサラニを買収。新規食品工場として稼働。3月25日発表、2月売上高は前年同月比25.2%増の254億円、営業利益は同17.1%増の15.6億円。20年10月通期連結業績では4.1%増収、4.2%経常増益を見込む。7期連続最高益、前期配当を5円増額・今期は実質増配予定。基幹事業である業務スーパー事業の更なる拡大を計画しており、2020年10月期末における店舗数は875店舗(純増30店舗)を目標。商品は、品質を維持しながらも安価にご提供するために、サプライチェーンや店舗運営の仕組みの改善、そして「食の製販一体体制」の拡大に注力し、他社との差別化を図る。

3687 フィックスターズ
マルチコアプロセッサーの性能を向上させるソフト開発が主。関連ハードウエア販売に注力中。4月1日発表、発行済み株式数(自社株を除く)の1.21%にあたる40万株(金額で3億円)を上限に自社株買いを実施。20年9月通期連結業績では8.4%減収、20.4%経常減益を見込む。主力のソフトウェア・サービス事業では、ソフトウェア開発・高速化サービスにおいて、自動運転を対象としたアルゴリズム開発や高速化案件、半導体メーカー向けソフトウェア開発案件が長期安定して継続。加えて、AIによるソフトウェア開発マネジメントサービスや量子コンピュータに関連する研究開発を行い、SaaS等の新たな収益モデルの確立に取り組んでいる。

4548 生化学工業
複合糖質で独自性。開発は関節疾患関連に特化。2種のヒアルロン酸製剤は科研と参天が販売。4月1日発表、エーザイ <4523> と変形性関節症治療剤SI-613の中国における共同開発、販売で提携。20年3月期連結業績では0.8%増収、31.2%経常増益を見込む。円安に伴う為替のプラス効果や、LAL事業及び医薬品原体の増加による。

6050 イー・ガーディアン
 SNS投稿等の目視監視や運用支援と、ゲーム利用者の問い合わせ対応代行が主体、広告審査も。4月1日発表、サイバー・コミュニケーションズとの合弁で広告・マーケティングに特化したBPO事業を展開する新会社を設立。20年9月通期連結業績では10.4%増収、7.3%経常減益を見込む。監視及びカスタマーサポートの継続的な成長による収益貢献を見込む一方で、総合ネットセキュリティ企業としてのさらなる飛躍を目指し、戦略的投資を行う。既存事業は、規模拡大のため拠点の増床移転及び新設を計画。加えて、新領域への投資フェーズと位置づけ、クラウド型サイバーセキュリティ製品開発への投資を進める。

9517 イーレックス
代理店通じた電力小売り主力。外資と提携し家庭向け参入。高知、大分にバイオマス発電所保有。4月1日発表、企業や自治体向け再生可能エネルギーによる電力販売でCCC COMMNITYと包括的業務提携。20年3月通期連結業績では44.4%増収、67.3%経常増益を見込む。販売電力量は順調に増加。8月26日、フィットネスクラブを運営するティップネスとイーレックス子会社が電気・都市ガス販売に関する業務委託契約を締結「ティップネスでんき」の販売を行うと発表。

4557 医学生物学研究所
臨床検査薬・研究用試薬製造。自己免疫疾患など難病領域に強み。がん領域も。JSR子会社に。4月1日発表、20年3月期純利益を9.1%上方修正している。同社とのシナジーや資本効率の観点から、100%子会社の株式会社新組織科学研究所の事業活動を本年6月末に停止し、解散に向けて進めると発表。これに伴い特別損失を1.5億円計上し、同時に繰延税金資産を2.5億円計上する。3月23日発表、新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」を検出するリアルタイムPCR試薬を27日に発売する。行政検査に加え、公的医療保険も適用。2月27日株価は上昇。2月26日発表、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の検査試薬開発に着手。20年3月期連結業績では13.7%増収、135.4%経常増益を見込む。国内市場で主力の自己免疫疾患関連試薬、昨年度に新発売・保険収載された遺伝子検査試薬の販売が好調であること、海外市場で中国子会社MBLBによる中国診断薬メーカー向けへの企業向けマテリアルの売上が当初計画よりも順調に推移。感染症分野の検査薬、診断薬に強みを持っている。

4323 日本システム技術
独立系のシステム開発。ソフト開発、パッケージ、システム販売、医療ビッグデータが4本柱。4月1日株価は上昇。3月11日発表、新型コロナウイルス感染拡大防止への支援策として、eラーニング学習支援システムの無償提供を開始。20年3月期連結業績では6.7%増収、9.6%経常増益を見込む。ソフトウェア事業(受注ソフトウェアの個別受託開発)は、通信業向け案件が前年を下回ったものの、サービス・流通業、製造業及び大学向け案件等がそれぞれ増収となった。GAKUEN事業は、大学向けPP(プログラム・プロダクト)、仕入販売及び導入支援等がそれぞれ増収となった。医療ビッグデータ事業は、レセプト自動点検サービス及び分析・医療費通知サービスが堅調に推移した。

3491 GA TECHNOLOGIES
AI活用した中古不動産の総合プラットフォームを開発・運営。クラウドファンディングも。4月1日株価は上昇。20年10月期連結業績では40.0%増収、50.0%経常増益を見込む。「RENOSY(リノシー)」の会員数獲得(累計会員数59,323人、令和元年10月末現在)のための広告宣伝及び人財確保のための投資等により、当連結会計年度においても過去最高の販売件数(1,856件)を達成。

3689 イグニス
スマホ向けアプリを企画、制作、運営。ソーシャルゲームや無料アプリ配信、婚活サイトも運営。4月1日株価は上昇。20年9月通期連結業績では28.2%減収を見込む。コミュニティ事業では『with』のユーザー数が順調に増加し、このジャンルの売上高構成比は53.6%(前連結会計年度は35.5%)と連結売上高に占める割合はより一層高まり順調にトップラインを伸ばしている。オンライン恋活・婚活マッチングサービスのマーケットは拡大が続くという予測もあることから、今後も『with』のユーザー数・トップラインともに成長を見込んでいる。20年9月期についても、この『with』の収益が連結業績に大きく貢献してくる見込み。

4441 トビラシステムズ
独自の抽出アルゴリズムを用い迷惑電話番号を自動的に拒否、警告するシステムを開発、提供。4月1日株価は上昇。3月26日発表、「迷惑SMSフィルター」がフィッシング詐欺の恐れがあるSMSを99%検知することを確認。20年10月通期業績では25.0%増収、23.5%経常増益を見込む。又、20年10月期配当は前期無配から10.6円配当を予定。売上高の伸長は順調な一方、上場維持のために必要な管理部門の人員増強、上場手数料等の増加等が発生し、報告セグメントに帰属しない全社管理コストが前年同期と比べ増加することとなった。

4448 Chatwork
クラウド型ビジネスチャットツールを開発・販売。広告表示や容量制限のない有料版が収益源。4月1日株価は上昇。20年12月期の業績予想は、競合・市場環境に対応し、機動的な投資判断が必要との観点から、営業利益以下の各段階利益については黒字を継続しつつ、具体的な金額予想は開示しない方針。また、売上高は、Chatwork事業で前事業年度並みの前事業年度比40%以上、セキュリティ事業は市場環境より前事業年度比微減を想定し、全体売上高では前事業年度比30%以上の成長を目標。3月30日にいちよし証券が投資判断を新規「A」、目標株価を2000円に。新型コロナウイルスを契機に、日本国内でテレワークが注目を集めているとした上で、Chatworkが提供するビジネスチャットサービス「Chatwork」が急速に普及する可能性がある。

4680 ラウンドワン
複合レジャー大手。ボウリング、ゲーム、カラオケ、時間制スポーツを関西、関東など全国展開。4月1日株価は上昇。3月31日発表、発行済み株式数(自社株を除く)の10.5%にあたる1000万株(金額で50億円)を上限に自社株買いを実施。2月既存店売上高は前年同月比5.3%増と2ヵ月連続で前年実績を上回った。尚、20年3月通期連結業績では6.2%増収、3.4%経常増益を見込む。

8771 イー・ギャランティ
企業の売掛債権保証で成長。リスクは再保証先に委託。地銀との業務提携積極化。伊藤忠系。4月1日株価は上昇で昨年来高値更新。20年3月通期連結業績では11.2%増収、7.7%経常増益を見込む。信用リスク保証サービスは引き続き堅調に推移。新規顧客の増加を図るべく販売チャネルとの取り組みを強化するとともに、サービスの活用により、企業が行っている与信管理や債権回収の業務効率化を提案するなどのコンサルティング営業を展開。

3968 セグエグループ
セキュリティ製品の輸入販売とソリューション関連が両輪。SE派遣に強み。自社開発品育成。44月1日株価は上昇で一時ストップ高。3月26日発表、子会社ジェイズ・コミュニケーション株式会社は、Juniper Networks 社が提供する、AIでユーザーの利用環境を学習し、自動的に改善するインテリジェントクラウド管理型Wi-Fi(無線LAN)ソリューション”Mist”の取り扱いを開始。20年12月期連結業績では14.2%増収、7.2%経常増益を見込む。加速度的成長のため、人財の確保及び育成を重要視し、積極的な採用及び教育の充実に加え、オフィスの増床・整備や働き方改革の推進等により働きがいのある環境づくりに取り組む。また、自社開発製品の開発継続及び販売拡大、セキュリティにフォーカスした製品及びサービスラインアップの拡充、新規商材と既存商材のクロスセルなどの取り組みを継続。

4480 メドレー
ヘルスケア領域向け成果報酬型人材紹介が主力。オンライン診療システムと電子カルテ育成中。4月1日株価は上昇で一時ストップ高で昨年来高値更新。2月25日、三菱UFJMS証券が投資判断を「BUY」、目標株価を1800円から2000円に。20年12月期連結業績では38.5〜44.8%増収、96.2%〜264.5%経常増益を見込む。今期は黒字浮上で3期ぶり最高益更新。

4488 AIinside
AI認識技術活用したクラウド型OCRサービスが柱。手書き文字のデジタル文字変換に強み。4月1日株価は上昇。20年3月期業績では売上高で14.3%、営業利益で57.9%、経常利益で60.2%、純利益で81.9%上方修正している。売上高は代理店による顧客獲得件数が想定を上回り、主力の「DX Suite」クラウド版の新規契約数が順調に増加したことに加え、リリース間もない「AI inside Cube」の需要が高く、主に期間限定のトライアル導入を想定していたものの、継続利用が見込める本番利用における導入台数が計画を超えた。3月2日、AI-OCRサービス「DX Suite」が1000契約を突破。AI-OCRとは、収集した大量の文字データから文字の特徴をディープラーニングし、高精度な文字認識を可能とするソリューション。「DX Suite」は同社独自のAI技術を導入しており、従来のOCRでは困難とされた手書き文字を高精度に読み取り、これまで人が手入力で行なっていたデータ化業務を自動化することができる。

3040 ソリトンシステムズ
セキュリティ対策ソフトとシステム構築が柱。映像伝送や人感センサーなど育成。技術力定評。4月1日株価は上昇。20年12月通期連結業績では2.9%増収、1.1%経常減益を見込む。ITセキュリティ事業は、ITインフラのクラウドシフトにあわせ、製品の見直しとサービス化を一層、推進。映像コミュニケーション事業は、国内外で主にパブリックセイフティ分野への展開を図り、機器の販売からレンタル、映像配信サービスまで提供し、利益の積み上げを図ります。エコ・デバイス事業は、新製品の開発/販売を進めるほか、超短遅延映像伝送システムの要素技術の開発/改善を継続し、様々な企業と連携の上、建機、農機、フォークリフト等限定された環境下でのリモート運転の実用化を目指す。3月2日、同社はテレワークに必要なソフトウェアとサービスを期間限定で無償提供することを発表している。

6095 メドピア
医師向け情報サイト運営、製薬会社の広告料が収益源。人材紹介会社へ医師の求職者情報も提供。4月1日株価は上昇で一時ストップ高。20年9月通期連結業績では売上高で20.9%、営業利益で2.5%、経常利益で4.6%、純利益で4.0%上方修正している。株式会社コルボ及び株式会社コルボホールディングスを2020年1月1日付けで連結子会社としたことが主な要因。売上高は、2020年1月1日から2020年9月30日までの9か月分のコルボ社の売上高を新規連結することにより900百万円増の5,200百万円となる見通し。

こだわりレーティング
04月02日(木)分

4483 JMDC 野村 新規Buy 5500円
8056 日本ユニシス シティG 新規1 4000円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
01/27 01/28 01/29 01/30 01/31
02/03 02/04 02/05 02/06 02/07
02/10 02/12 02/13 02/14
02/17 02/18 02/19 02/20 02/21
02/25 02/26 02/27 02/28
03/02 03/03 03/04 03/05 03/06
03/09 03/10 03/11 03/12 03/13
03/16 03/17 03/18 03/19
03/23 03/24 03/25 03/26 03/27
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本