デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(05/01) 信用取引貸借倍率表(05/01

令和2年05月07日(木)


 5月6日現在海外相場
NYダウ 23664ドル −218ドル
ナスダック指数 8854P +45P
CME日経先物 19360円 −270円
 5月5日現在海外相場
NYダウ 23883ドル +133ドル
ナスダック指数 8809P +98P
CME日経先物 19545円 −85円
 5月4日現在海外相場
NYダウ 23749ドル +26ドル
ナスダック指数 8710P +105P
CME日経先物 19390円 −240円
 5月1日現在海外相場
NYダウ 23723ドル −622ドル
ナスダック指数 8604P −284P
CME日経先物 19515円 −115円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎GW明けの相場は

 緊急事態宣言の延長が発表された今年のゴールデンウイークですが、この連休中の米国株、NYダウの動きを見ると、

1日(金)-622ドル
4日(月)+ 26ドル
5日(火)+133ドル
6日(水)‐218ドル

4月30日(木)の終値比でみると600ドル程度下げている感じです。シカゴCME日経先物では5月1日の日経先物比では200円超の下げとなっています。いずれにしても、連休前に比べて水準は下方だと言えますが、ただ下値を売ると言う動きではなく、上値が重いと言う動きとなりそうです。

と言うことで相場は引き続き新型コロナウイルスの感染状況と、治療薬やワクチン開発の進展具合などの材料に影響を受ける展開です。感染が収束し、社会生活が再開されていると言う報道などには好材料視するのですが、一方で完全な収束には時間を要し、更にはコロナショックによる経済への打撃がどの程度のものなのかを計り知れないところがあるだけに、投資家は積極的になれないと言うのが本音のようです。

 実際に先月4月末に日経平均株価は2万円台を回復したのですが、それも束の間、緊急事態宣言が一か月延長され、新型コロナウイルス感染の状況よりも、それによる景気悪化の状況に対する先行き不安の方が相場に影響を及ぼす動きとなっています。ただ、この辺りの先行き不安については、相当の部分を株価に織り込んだ訳で、それが3月の日経平均株価の1万7000円割れに表れた訳です。

 悪材料が次々に出たとしても、既に3月に悪材料を織り込んだ分、打たれ強くなっている事は確かです。むしろ下値が固いとするムードが買戻し中心ではあるものの、4月の2万円までの上昇相場を支えた訳です。2万円以上の相場に必要な材料は何かを想定した場合には、やはり新型コロナウイルスの早期の収束で、完全に収束は無理としても、最低でも通常の社会生活に戻る事が出来ると言う期待が出てくることが必要なのかも知れません。

 尤も、それでも悪い話は色々とあるもので、先週末もトランプ米大統領が、中国が初期対応を誤った結果、新型コロナウイルスが世界に拡散したとして、同国に報復措置を検討していると明らかにしています。トランプ氏は関税引き上げに言及したほか、政権は損害賠償金の請求なども検討。米国内の感染拡大の責任を中国に押しつける意図も強いのですが、対中関係の一段の悪化は米経済・社会の混乱を強めかねない状況です。

更に米ミネソタ大学の研究チームが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)は1年半〜2年間、世界の人口の約3分の2が免疫を獲得するまで続くとの予測を発表。各国が経済再開に向けて動き出すなか、新型コロナへの対応が長期化するとの懸念が広がっています。ミネソタ大の感染症研究政策センターが報告書をまとめています。

 新型コロナは潜伏期間が長く、無症状の感染者も多いため、インフルエンザに比べて制御が難しいと指摘。人口の60〜70%が免疫を得るまで、パンデミックは終わらないとの見方を示しています。足元で米国の人口の5〜15%程度しか免疫をもっていないことを踏まえ、流行は18〜24カ月続くとみているようです。

 このように新型コロナウイルス感染からの収束への期待と、一方で経済悪化への懸念などの先行き不安の強弱感の対立が連休明けの相場のポイントになりそうです。自粛生活が一カ月延長されたことで、日本経済への打撃は更に強まる訳ですが、特に注目されるのは3月期企業の決算発表が集中する5月中旬に投資家心理が再び悪化する可能性があるとの懸念もある訳で、この悪い状況を乗り越えれば、その先は反転のパワーが強まるのかも知れません。



2148 アイティメディア
IT系ネットメディア運営。各種広告展開。見込み客リスト提供するリードジェン事業が成長。4月30日発表、20年3月通期連結業績では12.2%増収、30.9%税引き前増益となった。4期ぶり最高益、今期業績は非開示。新規顧客の開拓やLBPによる業務効率化を通じてリードジェン事業の収益安定化や利益率上昇が進んでおり、同事業を中心に収益予想は上向き。

4587 ペプチドリーム
基盤技術PDPSで特殊環状ペプチド医薬品候補を大手製薬と創製、技術供与。自社創薬も。4月30日発表、特殊ペプチドを用いた新型コロナウイルス感染症の抗ウイルス治療薬の研究開発を開始。4月20日、野村証券が投資判断を「Buy」継続、目標株価を6600円から6900円に。3月12日発表、三菱商事と業務提携し、合弁会社ぺプチグロースを設立する。細胞培養向け成長因子を代替するペプチドの実用化を目指す。20年6月通期業績では売上高は100億円以上、経常利益は54億円以上を見込む。

4722 フューチャー
システムのコンサル、開発が主。メディア、ECへの投資も。大型コンピュータの小型化に特色。4月30日発表、アンジェスや大阪大学が進める新型コロナウイルス感染症向けDNAワクチン共同開発に参画。抗体誘導ペプチド推定AIによって、抗原配列などの最適かつ効率的な設計に貢献し、次世代ワクチンの開発スピードを向上させる。20年12月通期連結業績では6.4%増収、10.4%営業増益を見込む。ITコンサルティング&サービス事業において、フューチャーアーキテクトをはじめとする各社の業績が好調。

9619 イチネンHD
自動車リース中堅、リース車両整備受託、燃料販売等ケミカル事業も展開。M&Aに積極的。4月30日発表、20年3月通期連結業績では売上高で5.0%、営業利益で8.3%、経常利益で7.9%、純利益で10.4%上方修正している。主力である自動車リース関連事業の業績が好調に推移したことに加え、買収企業の結合に伴う負ののれん発生益を計上すること等が主な要因。

9672 東京都競馬
大井競馬場の大家。歩合家賃と在宅投票システムが主力。賃貸倉庫や『東京サマーランド』も。4月30日発表、20年12月期第一四半期連結業績では11.9%増収、42.4%経常増益となった。20年12月期連結業績では6.9%増収、6.3%経常増益を見込む。2期連続最高益、前期配当を10円増額・今期も50円継続。遊園地事業 において 、梅雨明けの遅れにより7月の売上高が大幅に減少したため 、前回予想を下回る見込みとなるが、公営競技事業において、「在宅投票システム( SPAT4 )」が 引き続き好調に推移している。

9682 DTS
情報サービス業大手。金融、通信向けソフト開発強い。オープン・Web系の技術力強化。独立系。4月30日発表、21年3月通期連結業績では0.4%増収、0.0%経常増益を見込む。7期連続最高益、前期配当を5円増額・今期も55円継続。また、発行済み株式数(自社株を除く)の1.16%にあたる53万5000株(金額で10億円)を上限に自社株買いを実施。

2146 UTグループ
製造業派遣・請負大手。半導体向け中心だが自動車や電池など業種多様化。技術者派遣も開始。4月30日株価は上昇。20年3月期連結業績では18.7%増収、21.2%経常増益を見込む。主力のマニュファクチャリング事業、半導体・電子部品分野の一部半導体製造装置関連顧客などで生産調整局面が継続、自動車関連分野・住宅関連分野などで人材需要は底堅く推移し。またソリューション事業では増収を確保し、引き続き順調に規模を拡大。

3103 ユニチカ
繊維事業は不採算部門の撤退・集約など構造改革進展。フィルムや樹脂など高分子事業を強化。4月30日株価は上昇。医療現場で不足しているアイソレーションガウンを緊急生産するため、防護服専門メーカーのエイブル山内と連携し、国内および海外の縫製工場との生産体制を確立。20年3月期連結業績では7.0%減収、57.7%経常減益を見込む。シンジケートローン組成にともなう金融費用等の発生が見込まれる。

4875 メディシノバ・インク
米国が本拠の医薬品開発ベンチャー企業。4月30日株価は上昇。4月8日発表、新型コロナウイルス感染による急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を対象とするMN-166(イブジラスト)の臨床治験を米イェール大学と共同で実施。SMBC日興証券では「筆頭パイプラインであるMN-166の進行型多発性硬化症と筋萎縮性側索硬化症を対象にした探索的試験での有効性・安全性データはそれぞれ有望である」と指摘。19年度内に中枢神経系領域での商業化権利の導出契約が締結されれば、「MN-166上市への期待感がますます高まっていく」と評価。

6553 ソウルドアウト
地方や中堅・中小企業に特化したWebマーケ支援が柱。ネット広告代理のオプトHD傘下。4月30日株価は上昇。4月28日発表、20年12月期第一四半期連結業績では32.7%増収、248.6%経常増益となった。20年12月通期連結業績では16.7%増収、10.6%営業増益を見込む。前期年間配当は10円増配。前期より取り組んでいた組織改編による顧客支援体制の強化を継続したことで、新規顧客及び既存顧客との取引が増加。広告商品としては、5大プラットフォーム(Amazon、Facebook、Google、LINE及びYahoo!Japan)との取引高が、依然として高い水準で推移。また、ソフトウエア(SaaS)事業では、連結子会社SO Technologiesにおいて、特に「ライクルGMB(Googleマイビジネスの簡易的な登録と集客を支援するサービス)」の利用アカウント数が堅調に伸長した。

6619 ダブル・スコープ
リチウムイオン電池セパレーター専業メーカー。日本が本社だが、生産は韓国、販売先は日中韓。4月30日株価は上昇で昨年来高値更新。高容量リチウムイオン電池の内部抵抗を従来品より20%抑え、耐熱性を向上させて、安全性を大幅に改善するセパレータの新製品を開発した。20年12月期連結業績では51.9%増収、経常利益は8億円の黒字に。

9616 共立メンテナンス
独立系の寮運営会社。寮、ホテル事業が2本柱。4月30日株価は上昇。20年3月期連結業績では12.4%増収、7.5%経常増益を見込む。新規事業所の開業やゴールデンウィークの影響などもあり増収を見込む。利益も、リゾート事業が10月の台風で大きく影響を受け苦戦が続いたものの、堅調な寮事業や、インバウンド影響を克服し成長しているドーミーイン事業が好調に推移したほか、前期に引き続き不動産流動化による利益などもあり、リゾート事業を主とした開業準備費用や、お客様満足度向上のための大規模リニューアル費用等の発生などを吸収した。

2454 オールアバウト
総合ポータル運営。専門分野のプロが情報を提供するサービスに特徴。食品サンプリング事業も。4月30日株価は上昇。4月24日発表、20年3月通期連結業績では売上高で1.3%、営業利益で95.5%、経常利益で95.5%、純利益で300.0%上方修正している。マーケティングソリューションセグメントにおいて、 コンテンツマーケティング及びグローバルマーケティング等の営業活動による受注及び売上が想定を上回って推移、及びコンシューマサービスセグメントにおいて、年度末にかけて新型コロナウィルス感染拡大による経済への影響が懸念される一方で巣ごもり消費拡大の影響もありサンプル百貨店の売上が伸びた。未定だった配当は1円増配。

4331 テイクアンドギヴニーズ
『ハウスウェディング』のパイオニア。直営施設を全国展開、海外挙式も注力。ホテル事業に進出。4月30日株価は上昇。20年3月通期連結業績では1.3%減収、7.7%経常増益を見込む。ただ、20年5月13日に予定していた20年3月期の決算発表を5月21日に延期。主力事業である国内ウエディング事業の挙式披露宴 単価が向上、さらに 高利益率商品の販売強化及び販管費の効率化を継続的に推進した。ただ、2月以降より新型 コロナウイルス感染症の拡大懸念が高まり 、その後、政府及び自治体による自粛要請 や渡航規制が出されたことで、挙式日の延期を希望する顧客が増加している。

6074 ジェイエスエス
スイミングスクール専業。関西軸に直営と受託で全国展開。ジュニアからの競泳選手育成に定評。4月30日株価は上昇。20年3月通期業績では2.4%増収、3.2%経常増益を見込む。年間配当では2.5円増配を予定。特許出願中である自社開発の水中バイクを使ったプログラム開発を行い、関西地区5校で体験会を実施。

6125 岡本工作
平面研削盤で国内首位。液晶、半導体製造装置も手がける。汎用機はタイ、シンガポールで生産。4月30日株価は上昇。20年3月期連結業績では0.2%減収、19.1%経常減益を見込む。。中期経営計画「SHINKA 2022」の下、マーケティング体制の強化による拡販、サービス体制の拡充等に努めた。

7199 プレミアグループ
中古車オートクレジットとワランティ(修理保証)の2本柱。整備・板金育成、東南アに展開。4月30日株価は上昇。20年3月期連結業績では27.8%増収、53.5%税引前増益を見込む。年間配当では株式分割を考慮して実質1.5円増配を予定。クレジット事業、ワランティ事業が大きく伸長した。

3990 UUUM
ユーチューバーの制作サポート事業を展開する会社。7月16日株価は大幅上昇。4月30日株価は上昇で一時ストップ高。4月28日発表、吉本興業のMCN(マルチチャンネルネットワーク)運営権の一部を譲受するとともに、同社と業務提携契約を締結。吉本興業所属タレントのYouTubeチャンネル運営などで協業。20年5月通期連結業績では31.8%増収、11.3%経常増益を見込む。5期連続最高益更新。動画広告市場の成長を取り込み、売上成長に沿った売上総利益の増加を見込む一方、人員増加に伴う費用や新規事業への投資を見込む。

3328 BEENOS
主力は越境EC事業。ブランド品の宅配買い取りや国内外でのインキュベーション事業も展開。4月30日株価は上昇で一時ストップ高。20年9月通期連結業績では2.9%増収、75.1%経常増益を見込む。2期ぶり最高益、前期配当を5円増額・今期も18円継続。当社の規模や成長性を示す経営指標のひとつである流通総額(国内外における商品流通額)は、Eコマース事業のクロスボーダー部門はFROM JAPAN(海外向け)事業の成長を見込んでいるものの、バリューサイクル部門、リテールライセンス部門については、外部環境や足元の業績動向を鑑み保守的に見積もっていることから当期比1.3%増の510億円(2019年9月期実績は503億円)と計画。

4812 電通国際情報サービス
親会社電通の社内システム構築が安定収益源。製造向け設計開発支援、金融向けに強み。無借金。4月30日株価は上昇。4月28日発表、20年12月期第一四半期連結業績では14.5%増収、26.6%経常増益となった。20年12月期連結業績では4.3%増収、5.9%経常増益を見込む。3期連続最高益、9円増配。売上高は、コミュニケーションITセグメントを中心に予想を上回る見通し。利益も、増収に伴い、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益すべての段階利益で前回予想を上回る見通し。

6189 グローバルキッズCOMPANY
首都圏軸に保育所展開するグローバルキッズ主体。15年持株会社化。4月30日株価は上昇。20年9月期連結業績では14.2%増収、64.7%経常減益を見込む。

6558 クックビズ
飲食業界に特化した求人情報サイトを運営。同サイト通じた有料職業紹介、求人広告事業を展開。4月30日株価は上昇。20年11月通期業績では13.4%増収、32.0経常増益を見込む。3期ぶり最高益更新。営業人員の採用による人員強化やプロモーション強化により堅調に推移した。従業員の待遇改善、積極的な人材採用などの人材投資および広告宣伝投資を実施した。

2491 バリューコマース
アフィリエイト(成果報酬型)広告で首位級。ヤフー出店者向けに展開するCRMツールが成長。4月30日株価は上昇。4月28日発表、20年12月期第一四半期連結業績では21.6%増収、22.5%経常増益となった。20年12月通期連結業績では16.8%増収、10.3%経常増益を見込む。配当は1円増配予定。「Yahoo!ショッピング」のストア向けクリック課金型広告「ストアマッチ」が好調に推移していること、及び成果報酬型広告「アフィリエイト」が堅調に推移。

6145 NITTOKU
コイル用自動巻線機最大手で全自動システム機に特色。モーター用巻線機も。FA企業志向。4月30日株価は上昇。20年3月期連結業績では13.6%減収、36.2%経常減益を見込む。ただ20年3月期決算発表は5月22日に延期。

6920 レーザーテック
半導体マスク欠陥検査装置が柱。マスクブランクス検査装置シェア100%。レーザー顕微鏡も。 4月30日株価は上昇で一時ストップ高。4月28日、野村証券が投資判断を「Buy」継続、目標株価を5931円から7359円に。4月28日発表、20年6月期第三四半期連結業績では19.2%増収、56.9%経常増益となった。20年6月通期連結業績では39.0%増収、65.9%経常増益を見込む。

こだわりレーティング
05月01日(金)分

6268 ナブテスコ メリル 買い継続 3000円→3400円
6594 日本電産 GS 買い継続 7700円→7800円
6981 村田製作所 GS 買い継続 6500円→6800円
8035 東京エレク モルガンS Overweight継続 24500円→25000円
8630 SOMPOHD メリル UP→買い格上げ 4300円
8803 平和不動産 野村 Buy継続 3730円→3790円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
01/27 01/28 01/29 01/30 01/31
02/03 02/04 02/05 02/06 02/07
02/10 02/12 02/13 02/14
02/17 02/18 02/19 02/20 02/21
02/25 02/26 02/27 02/28
03/02 03/03 03/04 03/05 03/06
03/09 03/10 03/11 03/12 03/13
03/16 03/17 03/18 03/19
03/23 03/24 03/25 03/26 03/27
03/30 03/31 04/01 04/02 04/03
04/06 04/07 04/08 04/09 04/10
04/13 04/14 04/15 04/16 04/17
04/20 04/21 04/22 04/23 04/24
04/27 04/28 04/30 05/01
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本