デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(05/07) 信用取引貸借倍率表(05/01

令和2年05月08日(金)


 5月7日現在海外相場
NYダウ 23875ドル +211ドル
ナスダック指数 8979P +125P
CME日経先物 19775円 +75円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎銘柄選別の動き

 今朝のニュース記事を見ていますと、「休業要請の解除」と言う言葉があちこちで出ていました。特に13の特定警戒都道府県以外の地方でのことのようで、一部の施設に求めていた休業要請の解除が始まったと報じられています。日本経済新聞が同日までに集計したところ、34県のうち28県が全面解除もしくは一部解除を決めたとのことです。

 4月7日に緊急事態宣言を発動してから一カ月ですから、既に感染者数が減少している地域などでは、休業を解除しても良いのかも知れません。更に特定警戒地域でも実際には解除しても良いような地域は数多くあるようで、それは個々に判断してと言うことなのかも知れません。実際に1か月間の自粛生活で流石に住民もストレスが溜まっているようで、先日もスーパーでおばあさん同士がどこにも行けないとぼやいていたようです。

 毎日毎日ゲームばかりしている我が娘を見ていますと、早く元の生活に戻って欲しいと思ってしまいますし、現実的には独り暮らしの学生などは飲食店のバイトが出来ない状況の中で、生活費にも困窮する事態になっているようです。10万円程度もらっても生活費の足しにならないと言うことで、仕方なくウーバーイーツのバイトをすると言った話もあるようです。ユーチューブを見ていますと、一回配達すると大体400円くらいのようで、時間給では700円から800円程度と言う事のようです。

 いずれにしても経済と健康と言う事をどう両立させるのかと言う点が重要ですから、当局もその辺りは悩ましい限りなのかも知れません。テレビメディアを見ていますと、何でもかんでも政府のする事を批判する報道を連日行っており、まるで野党の代弁者のような報じ方となっています。昨日も申し上げましたが、日本よりも他国の方が優れているので、見習うべきだとする論調が多いようで、先日もフジのMCが頭を下げて韓国に教えを請おうと言ったような発言をしていました。何とも悲しい限りですね。

 株式相場ですが、先日、政府の専門家会議が提唱した「新しい生活様式」が株式の選別の要になっていると記事に出ていました。この提案によってこれまでもその動きはあったのですが、鉄道や小売銘柄が売られる一方で、ネットやITサービスを手掛ける銘柄が上昇すると言った展開が強まっています。緊急事態宣言の延長期限である5月末を過ぎても外出自粛の影響が長期化するとみて、投資家の先回りした売買が広がっているとの見立てのようです。

 「コロナ後」については別のコンテンツでも紹介しましたが、その動きを先読みした物色の流れが強まっていると言えます。「新しい生活様式」は新型コロナ対策が長丁場になることを前提に、人との接触機会を減らすのが柱で、帰省や旅行を控えめにして買い物は通販を活用し、テレワークを続けることなどが具体例となっており、このような生活が今後の「新常態」になれば業績への打撃は大きい訳ですから、当然株式市場も物色の方向性が決まってくると言うことになりそうです。

と言うことで相場ですが、日経平均株価も2万円大台を前にややもたつく動きとなっています。7日のNYダウは300ドル高程度のようですから、比較的週末相場は底固い展開になりそうですが、シカゴCME日経先物は昨日の大証比で動きが悪いようですから、底固い一方で上値を積極的に狙い辛い展開になりそうです。今晩に米国では4月雇用統計の発表がありますから、又この結果次第で米国株波乱と言うことになりそうですから、動き辛い展開と言うことのようです。


9619 イチネンHD
自動車リース中堅、リース車両整備受託、燃料販売等ケミカル事業も展開。M&Aに積極的。5月1日発表、20年3月通期連結業績では12.5%増収、9.5%経常増益を見込む。3期連続最高益、今期業績は非開示。

3630 電算システム
情報処理サービス開発中堅。払込票決済など収納代行を拡大中。グーグルの販売代理店展開も。5月1日発表、20年12月期第一四半期連結業績では10.4%増収、48.4%経常増益となった。20年12月期連結業績では9.4%増収、3.9%経常増益を見込む。SI・ソフト開発及び商品販売は、オートオークション業務システム、教育関連システム、デジタルサイネージやG Suiteなどクラウド関連サービスなどの案件により大きく伸長。

3762 テクマトリックス
情報インフラ構築とアプリ開発が主柱。医療、コールセンターなどクラウドに実績を持つ。5月1日発表、20年3月通期連結業績では売上高で6.5%、営業利益で22.8%、経常利益で22.4%、純利益で16.3%上方修正している。売上高は、継続的なセキュリティ投資の需要の高まりを背景に、情報セキュリティ関連製品等の売上げが堅調に推移したほか、従前より戦略的に推進している「ストック型ビジネスの拡大」が奏功したことなどにより、前回予想を上回る見通し。

7595 アルゴグラフィックス
CADシステム販売、保守サービス主柱、自動車向け半分。CAE育成中。SCSKと資本提携。5月1日発表、20年3月通期連結業績では売上高で3.8%、営業利益で22.1%、経常利益で21.9%、純利益で18.6%上方修正している。自動車業界を中心とする製造業の研究開発投資に対する意欲が根強く、システム商品販売並びにサービス事業全般にわたり好調に推移していることに加え、一層の経費節減に努めた結果、前回業績予想を上回る。最高益予想を上乗せ、配当も10円増額。

3689 イグニス
スマホ向けアプリを企画、制作、運営。ソーシャルゲームや無料アプリ配信、婚活サイトも運営。5月1日株価は上昇。20年9月通期連結業績では28.2%減収を見込む。コミュニティ事業では『with』のユーザー数が順調に増加し、このジャンルの売上高構成比は53.6%(前連結会計年度は35.5%)と連結売上高に占める割合はより一層高まり順調にトップラインを伸ばしている。オンライン恋活・婚活マッチングサービスのマーケットは拡大が続くという予測もあることから、今後も『with』のユーザー数・トップラインともに成長を見込んでいる。20年9月期についても、この『with』の収益が連結業績に大きく貢献してくる見込み。

4974 タカラバイオ
遺伝子・再生医療研究用試薬や理化学機器販売が主。再生医療開発にも注力。5月1日株価は上昇で昨年来高値更新。4月21日、日経新聞が新型コロナのワクチン量産体制を構築すると報じている。4月13日、ジェフリーズ証券が投資判断を新規「Buy」、目標株価を2700円に。3月6日発表、新型コロナウイルスPCR検査用試薬・機器が国立感染症研究所マニュアルに収載。2月6日、日本経済新聞電子版が「タカラバイオは新型コロナウイルスの検査試薬を大幅に増産する」と報じた。中国・大連市から安定供給の緊急要請を受け、生産量を従来比50倍の週25万検体分に増やした。20年3月期連結業績では5.4%減収、12.1%経常増益を見込む。アンジェスが新型コロナウイルス対策のための予防用DNAワクチンの開発を行うと発表、製造は同社が担当する予定。

4719 アルファシステム
通信系ソフトから非通信系システム開発に急傾斜。独立系だが富士通、NTTグループ6割強。5月1日株価は上昇で昨年来高値更新。20年3月期業績では4.1%増収、4.1%経常増益を見込む。DX関連技術をはじめとする先端技術の積極活用を推進するとともに、オープンシステム分野における収益基盤の拡大に努める。

4599 ステムリム
大阪大学発バイオベンチャー、損傷細胞の活性化物質を動員、再生を促す『再生誘導医薬』を開発。5月1日株価は上昇。4月8日に、モーニングスターが投資判断を新規「Overweight」目標株価を1400〜1600円に。20年7月期の事業収益は前期比300%増の4億円、経常利益は11.34億円の赤字を見込む。塩野義製薬と締結しているHMGB1ペプチドに関するライセンス契約に基づく臨床データ使用許諾の対価を受領した。

4722 フューチャー
システムのコンサル、開発が主。メディア、ECへの投資も。大型コンピュータの小型化に特色。5月1日株価は上昇。20年12月通期連結業績では6.4%増収、10.4%営業増益を見込む。ITコンサルティング&サービス事業において、フューチャーアーキテクトをはじめとする各社の業績が好調。

4978 リプロセル
東大・京大発ベンチャー。iPS試薬・モデル細胞、遺伝子改変等研究支援と再生医療の2本柱。5月1日株価は上昇。4月20日発表、東京工業大学との共同研究開発計画の関東経済産業局公募事業における19年度補助金交付額が2000万円に確定。4月7日発表、細胞機能測定システムの世界大手アクシオン・バイオシステム社の新製品「MAESTRO Z」を販売開始。T細胞を用いたがん免疫研究を高精細かつ高効率に実施することを可能にする。20年3月期連結業績では31.8%増収、経常利益は6.87億円の損失を見込む。

3771 システムリサーチ
製造業を中心とした企業向け情報システム構築と保守・運用。トヨタグループ向けが4割弱。5月1日株価は上昇。4月30日発表、20年3月通期連結業績では売上高で8.4%、営業利益で22.3%、経常利益で23.0%、純利益で30.8%上方修正している。製造業、非製造業を問わず幅広い業種の当社主要顧客からのIT投資需要が堅調に推移、売上高は当初予想を上回る見込み。

3990 UUUM
ユーチューバーの制作サポート事業を展開する会社。5月1日前場株価は上昇で一時ストップ高。5月1日株価は上昇で一時ストップ高。4月28日発表、吉本興業のMCN(マルチチャンネルネットワーク)運営権の一部を譲受するとともに、同社と業務提携契約を締結。吉本興業所属タレントのYouTubeチャンネル運営などで協業。20年5月通期連結業績では31.8%増収、11.3%経常増益を見込む。5期連続最高益更新。動画広告市場の成長を取り込み、売上成長に沿った売上総利益の増加を見込む一方、人員増加に伴う費用や新規事業への投資を見込む。

こだわりレーティング
05月07日(木)分

4151 協和キリン 野村 Buy継続 2500円→2800円
4151 協和キリン GS 買い継続 2750円→2800円
4307 NRI SMBC日興 1継続 2900円→3000円
4385 メルカリ 大和 1継続 3000円→3300円
4385 メルカリ メリル 買い継続 2600円→3000円
4519 中外製薬 CS OP継続 15000円→16000円
6645 オムロン UBS Sell→Buy格上げ 5200円→7500円
6920 レーザーテック ジェフリーズ Buy継続 6000円→8300円
7518 ネットワンシステムズ 三菱UFJMS Overweight継続 3500円→3650円
ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
01/27 01/28 01/29 01/30 01/31
02/03 02/04 02/05 02/06 02/07
02/10 02/12 02/13 02/14
02/17 02/18 02/19 02/20 02/21
02/25 02/26 02/27 02/28
03/02 03/03 03/04 03/05 03/06
03/09 03/10 03/11 03/12 03/13
03/16 03/17 03/18 03/19
03/23 03/24 03/25 03/26 03/27
03/30 03/31 04/01 04/02 04/03
04/06 04/07 04/08 04/09 04/10
04/13 04/14 04/15 04/16 04/17
04/20 04/21 04/22 04/23 04/24
04/27 04/28 04/30 05/01
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本