デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(05/22) 信用取引貸借倍率表(05/22)

令和2年05月25日(月)


 5月22現在海外相場
NYダウ 24456ドル −8ドル
ナスダック指数 9324P +39P
CME日経先物 20550円 +190円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎「全面解除」への期待で

 政府は東京など5都道県で続く新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の解除について、25日に基本的対処方針等諮問委員会を開いて諮問、解除が妥当だと判断されれば政府の対策本部で正式に決めるとしています。残る東京と埼玉、千葉、神奈川、北海道が対象から外れれば全47都道府県が解除となる訳です。

全面解除する際、新型コロナウイルスに関する基本的対処方針を改定。イベント用施設の使用制限要請を段階的に緩和するなど経済活動の再開に向けた方針を示すもので、感染予防措置の継続も呼びかけ、経済との両立を目指すとしています。宣言を解除した後に一定の移行期間を設けるなど、経済活動を徐々に戻すのが柱で、各業界が策定する感染予防ガイドラインに沿って営業するよう求めています。

 政府は解除の基準として(1)感染状況(2)医療提供体制(3)PCR検査などの監視体制――の3つを踏まえ総合的に判断するとのことで、感染状況は「直近10万人あたりの感染者が0.5人程度以下」が目安。「0.5人」を超える場合でも「1人程度以下」であれば、感染経路が不明な患者の人数などを総合的に考慮して解除する場合があるそうで、日本経済新聞のまとめで直近1週間の10万人あたりの感染者数は東京が0.36人で埼玉、千葉両県も目安を満たし、神奈川は0.70人、北海道は0.72人で「0.5」を上回るものの、感染経路が判明しているケースが多いようで、政府の方針で言えば、「解除」の基準を満たしているようです。

 一方で東京都は、新型コロナウイルス対策の休業要請を段階的に緩和する行程表「ロードマップ」を公表し、首都の経済活動再開の道筋を示しています。緩和のステップは原則2週間単位で進め、感染の「第2波」への警戒を強くにじませていると報じられています。都は現在、飲食店に対して午後8時までの営業時間短縮を要請しており、緩和のステップ1ではこれを午後10時までに延ばし、ステップ3では午前0時まで。ステップ1での緩和は美術館や体育館、学校といった施設にとどまるが、ステップ2では生活必需品以外を扱う店舗や学習塾も再開可能となり、日常生活の回復が実感できるようになるとみられる。ステップ3ではネットカフェやパチンコ店も緩和対象に入ってくる。イベントについてはステップ1で50人まで、2で100人まで、3で1000人までと段階的に開催が認められるとのことです。

 この東京都の工程表なるものは、政府の緊急事態宣言解除の方針からすると、いささか強すぎるようで、各所から批判が相次いでいます。正に7月の都知事選の選挙対策だとの批判です。2週間単位で決める方針ですから、ステップ3まで行くのに6週間かかり、正に選挙実施日まで掛かってしまう訳です。他の候補者の選挙活動を抑制する施策だとする見方もあるようで、仮にこれが選挙対策だとすると何とも頂けないものになってしまうのかも知れません。

 実際に東京は日本全国の経済の中心であり、東京が経済活動を本格的に再開しなければ、日本全体の経済活動も再開出来ないと言っても過言でない訳です。その意味でも、勿論感染の「第二波」への警戒を怠って良い訳ではないのですが、それでも経済の事を考えますと、「解除」する動きを進めるべきだと言えそうですね。

 さて、話は海外の件になりますが、中国が先週末22日に開幕した全国人民代表大会(全人代)で、香港への直接的な統治を強化する新たな治安法制の審議を始めています。最終日に採決する構えをみせており、「一国二制度」を支持してきたトランプ米大統領は「現実になれば、非常に強力な対応をとる」とけん制。ポンペオ国務長官も22日に中国を非難する声明を出しています。米中関係の溝が深まるとの警戒感からこの日の米国株は朝方に売り優勢となっています。

ここにきて米中摩擦が意識される場面が増えており、市場は新型コロナウイルス感染拡大が収束に向かうと言う「期待」の一方で、米中関係への「懸念」に左右される局面が続くことになりそうです。そのような中で欧米では「コロナ後」も成長期待の大きいハイテク株が株高をけん引、日本株でも日経平均株価のPBR(株価純資産倍率)が2カ月半ぶりに1倍の水準を回復するなど、株式相場自体は非常に強い基調となっています。

特にこの数か月、相場の重石になった新型コロナウイルス感染については、「第二波」への警戒がある中でも、収束に向かうと言う意味での「期待」は大きく、その背景になっているのが、ワクチン開発への「期待」だと言えます。5月18日に米バイオ製薬のモデルナが開発中のワクチンの初期の治験結果が有望と発表し、経済活動回復を支えるとの期待が広がっています。ワクチン開発は経済正常化の確度を高めると言う見方が強いだけに、感染収束局面ではコロナ後も需要が底堅いIT・ハイテクがけん引する流れが続くとの見方で、ハイテク株が相場を牽引するとの見方となっています。

 さて先週末の日経平均株価の終値は2万388円でしたが、75日移動平均線は2万370円と僅かに上回って終えています。世界的に潤沢な資金供給により、運用資金が欧米や日本株式市場のハイテク株へ資金流入しているとの見方となっているようで、前述の相場見通しにも適合する動きとなっているようです。この流れが何処まで続くのかと言うことになりますが、「コロナ後」の世界の経済環境を見極める動きとなりそうで、特に米国の経済指標の発表に市場は神経質になりそうで、日本株もその動きと連動する流れになりそうです。


3762 テクマトリックス
情報インフラ構築とアプリ開発が主柱。医療、コールセンターなどクラウドに実績を持つ。5月21日発表、軽井沢風越学園向けに学びの個別化を実現するコミュニケーション・プラットフォーム「typhoon」を新規開発。20年3月通期連結業績では12.3%増収、28.3%経常増益となった。5期連続最高益、今21年3月期業績は非開示。売上高は、継続的なセキュリティ投資の需要の高まりを背景に、情報セキュリティ関連製品等の売上げが堅調に推移したほか、従前より戦略的に推進している「ストック型ビジネスの拡大」が奏功した。

3902 メディカル・データ・ビジョン
医療機関、製薬向けに医療・医薬品データのネットワーク化と利活用の両サービスを提供。5月21日発表、PHR(パーソナルヘルスレコード)システム「カルテコ」を活用したオンライン診療向けサービスを6月に開始。20年12月通期連結業績では19.2%増収、11.9%経常増益を見込む。医療機関向けのパッケージ販売を主としたデータネットワークサービスにおいては、DPC分析ベンチマークシステム「EVE」の導入数が790病院と、大規模なDPC実施病院のベンチマークデータを保有。また、病院向け経営支援システム「Medical Code」の導入数は273病院。4月22日に同社は547万人の健康保険組合のデータを製薬会社やアカデミアなどに提供を始めると発表。

4557 医学生物学研究所
臨床検査薬・研究用試薬製造。自己免疫疾患など難病領域に強み。がん領域も。JSR子会社に。5月21日発表、新型コロナウイルスを検出する体外診断用医薬品「MEBRIGHT SARS-CoV-2 キット」の製造販売承認を取得。21年3月期連結業績では1.3%増収、16.8%経常増益を見込む。18円増配。国内市場で主力の自己免疫疾患関連試薬、昨年度に新発売・保険収載された遺伝子検査試薬の販売が好調であること、海外市場で中国子会社MBLBによる中国診断薬メーカー向けへの企業向けマテリアルの売上が当初計画よりも順調に推移。感染症分野の検査薬、診断薬に強みを持っている。

4559 ゼリア新薬工業
製薬中堅。医療用は消化器系中心。滋養強壮剤『ヘパリーゼ』も柱。スイス企業買収で海外展開。5月21日発表、発行済み株式数(自社株を除く)の1.73%にあたる80万株(金額で17億6000万円)を上限に自社株買いを実施。又、20年3月期連結業績では2.3%減収、17.7%経常増益となった。今21年3月期業績は非開示。利益は海外におけるアサコールの売上増加や販管費の削減などによる。

6182 ロゼッタ
人工知能とWeb検索活用の自動翻訳サービス・ソフトを提供。5月21日発表、4月のMT事業受注高は前年同月比23%増。緊急事態宣言の影響で新規顧客は27%減少。20年2月期連結業績では34.5%増収、32.2%経常増益となった。2期連続最高益、21年2月期の連結業績予想は、最低額のみの開示で、過去最高売上(3,910百万円)以上、過去最高利益(営業利益448百万円)以上としてのみ公表。

8154 加賀電子
独立系電子部品商社。EMS柱に車載、IoTに注力。商業施設、コンビニ向け省エネ商材も。5月21日発表、20年3月期連結業績では51.5%増収、29.0%経常増益となった。2期ぶり最高益、今21年3月期業績は非開示。売上高は、富士通エレクトロニクスの収益が第1四半期から通年で寄与したことに加え、中核事業である電子部品事業が医療機器および車載関連向けを中心に堅調に推移した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う各国政府の規制により、一部の海外EMS生産拠点において操業を一時休止したが、その影響は軽微。

4390 アイ・ピー・エス
海外はフィリピンでケーブルテレビ向け通信回線提供、国内はMVNO向け通信サービスが柱。5月21日株価は上昇で昨年来高値更新。5月15日発表、21年3月期連結業績では36.8%増収、122.2%経常増益を見込む。6期連続最高益更新。主力である通信事業は、コロナウイルス感染症の流行の影響を受けにくい事業であり、今期開通予定の国際通信回線の案件は、既設の回線を所有者から取得するもので、海底ケーブルの新設に比べて投資規模を抑えることができ、すでにCATV事業者・通信事業者に対して当社が今回構築した設備の一部を提供することを見込めることなどから、好調に推移することを見込んでいる。

4448 Chatwork
クラウド型ビジネスチャットツールを開発・販売。広告表示や容量制限のない有料版が収益源。5月21日株価は上昇で昨年来高値更新。20年12月期の業績予想は、競合・市場環境に対応し、機動的な投資判断が必要との観点から、営業利益以下の各段階利益については黒字を継続しつつ、具体的な金額予想は開示しない方針。また、売上高は、Chatwork事業で前事業年度並みの前事業年度比40%以上、セキュリティ事業は市場環境より前事業年度比微減を想定し、全体売上高では前事業年度比30%以上の成長を目標。3月30日にいちよし証券が投資判断を新規「A」、目標株価を2000円に。新型コロナウイルスを契機に、日本国内でテレワークが注目を集めているとした上で、Chatworkが提供するビジネスチャットサービス「Chatwork」が急速に普及する可能性がある。

6327 北川精機
プリント基板プレス、FA機械の中堅。新規2事業撤退後兼営の合板プレス譲渡し1本柱経営。5月21日株価は上昇。20年6月通期連結業績では22.3%減収、38.7%経常減益を見込む。同社はプリント基板真空プレス機メーカーで、5G基地局向けCCL成形用真空大型プレスの世界トップメーカーで5G関連として注目されている。

7862 トッパン・フォームズ
凸版系。データプリントサービス(DPS)首位。BPO(業務外注)受託に強み。ICタグに力。5月21日株価は上昇。20年3月通期連結業績では0.7%減収、0.5%経常増益となった。香港子会社の清算や一部得意先における大型案件の縮小の影響がったが、金融機関を中心としたデータ・プリント・サービス(DPS)需要の取り込みやデジタルソリューション、ペイメントサービス、IoTなど、成長領域の拡大が進んだ。

8154 加賀電子
独立系電子部品商社。EMS柱に車載、IoTに注力。商業施設、コンビニ向け省エネ商材も。5月21日株価は上昇。20年3月通期連結業績では売上高で0.2%、営業利益で11.1%、経常利益で11.1%、純利益で16.0%上方修正している。最高益予想を上乗せ、配当も10円増額。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う各国政府や地域行政機関の指導に従い、中国やマレーシアなど一部の海外EMS生産拠点において一時操業を休止していたが、一方で、部品調達不足を懸念した顧客からの前倒し受注等もあり、前回予想を僅かながら上回る見通し。

2767 フィールズ
遊技機の企画開発、販売が軸。『エヴァ』シリーズ著名。円谷プロ買収等コンテンツ事業拡充も。5月21日株価は上昇。5月15日発表、20年3月期連結業績では31.2%増収、経常利益は9.39億円の黒字化。今期業績は非開示。第4四半期に販売、3月に納品した『パチスロ新鬼武者』、パチスロ『エヴァンゲリオンフェスティバル』等の販売に注力した結果、販売台数が想定を上回る着地となった。

4477 BASE
個人、小規模事業者向けECプラットフォーム『BASE』運営。店舗売上連動の利用料が収益源。5月21日株価は上昇で昨年来高値更新。20年12月期連結業績では37.5%から44.1%増収、経常利益は3.91億円の赤字から0.55億円の黒字を予想。継続的な成長に向けてTVCMやオンライン広告等のプロモーション活動に取り組み、2019年8月にショップ開設数が80万ショップを突破。

4998 フマキラー
殺虫剤3位。園芸用品、花粉対策品も。新興国に積極進出。エステーと継続提携。収益上期偏重型。5月21日株価は上昇で昨年来高値更新。5月13日発表、20年3月通期連結業績では売上高で3.0%、営業利益で58.0%、経常利益で43.4%、純利益で126.5%上方修正している。主力の殺虫剤が暖冬により店頭で早期に導入されたことや、新型コロナウイルスによるパンデミックの影響により、家庭用晶の除菌剤関連商品の出荷が増加したこと等により、前回発表予想を上回る見込み。

2929 ファーマフーズ
卵黄由来のサプリや化粧品通販が主力。機能性食品素材ギャバ等は内外の食品メーカーへ販売。5月21日株価は上昇で一時ストップ高。20年7月通期連結業績では最終利益を8.3%上方修正。前期比5%増に。最高益で、未定だった期末配当は3.5円実施。薬用育毛剤「ニューモ」は酵素などに卵由来ペプチドの独自成分「HGP」を配合した、同社の通販事業で展開する薬用育毛剤が人気化。20年7月通期連結業績は29.6%増収、18.2%経常増益を見込む。機能性素材事業は、 主力の「GABA」、新規美白素材「セレプロン」が好調に推移。OEM事業も堅調に受注を積み上げた。通信販売事業は、主力の「タマゴサミン 」が成長をけん引。さらに、化粧品のリピート通販が拡大した。

6161 エスティック
ナットランナ(ネジ締め機器)国内首位級。自動車向け主体。独自の電動式で差別化。海外強化中。5月21日株価は上昇で一時ストップ高。、20年3月通期連結業績では2.4%増収、0.6%経常増益となった。9期連続最高益、年間配当では3円増配、今期業績は非開示。ハンドナットランナ及びナットランナが当初予想を上回り堅調に推移、ネジ締付装置は前年比では増加しているものの当初予想を下回る結果。

こだわりレーティング
05月22日(金)分

2181 パーソルHD ジェフリーズ Buy継続 1500円→2000円
2267 ヤクルト みずほ 買い継続 6500円→7700円
3116 トヨタ紡織 野村 Buy継続 1550円→1700円
3626 TIS 三菱UFJMS Overweight継続 2750円→2800円
4704 トレンドマイクロ 三菱UFJMS Overweight継続 7050円→7100円
5802 住友電気工業 野村 Buy継続 1300円→1470円
6367 ダイキン工業 メリル 買い継続 15000円→17000円
6586 マキタ GS 買い継続 3800円→3900円
6702 富士通 大和 1継続 9900円→12000円
7974 任天堂 野村 Buy継続 57000円→59000円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
01/27 01/28 01/29 01/30 01/31
02/03 02/04 02/05 02/06 02/07
02/10 02/12 02/13 02/14
02/17 02/18 02/19 02/20 02/21
02/25 02/26 02/27 02/28
03/02 03/03 03/04 03/05 03/06
03/09 03/10 03/11 03/12 03/13
03/16 03/17 03/18 03/19
03/23 03/24 03/25 03/26 03/27
03/30 03/31 04/01 04/02 04/03
04/06 04/07 04/08 04/09 04/10
04/13 04/14 04/15 04/16 04/17
04/20 04/21 04/22 04/23 04/24
04/27 04/28 04/30 05/01
05/07 05/08
05/11 05/12 05/13 05/14 05/15
05/18 05/19 05/20 05/21 05/22
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本