デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(07/02) 信用取引貸借倍率表(06/26)

令和2年07月03日(金)


 7月2日現在海外相場
NYダウ 25827ドル +92ドル
ナスダック指数 10207P +53P
CME日経先物 22315円 +135円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎揉みあいが続く

 3月のコロナショックから6月初めに掛けての3か月で約6000円超戻した日経平均株価ですが、6月中盤以降から上値の重い展開で何とも悩ましい動きとなっています。2万3000円が壁になった感じですが、一方で経済活動再開への期待感から下値も売り辛いと言う状況になっています。
 
 多くの企業が今期業績見通しを非開示としていることでも分かる通り、この先の半年、1年先の経済に対しては新型コロナウイルス感染がどのように収束し、そして経済活動がコロナ前の水準に戻るのかを見極められない状態になっています。コロナに打ち勝つと信じる動きが強いのは確かですが、企業経営者としては、その辺りは慎重を期す動きだと言えます。

 実際に新型コロナウイルス感染に対する警戒心は市場心理として不安を感じているようで、昨日も午後に東京都内の新型コロナウイルスの新規感染者が2カ月ぶりに100人を超えたと報じられたことで、国内での感染拡大への懸念や緊急事態宣言の再発出に対する警戒感が強まった事が相場の重石になっています。

 ただ、死亡者数や現在入院している重症患者数は圧倒的に少なくなっているようで、7月1日現在で累計で970人程度で日々の死者数もゼロか一桁台前半となっています。更に重症者数は40人足らずで医療環境自体は大きく改善されており、ベット数も余裕が相当にあるようです。

 感染者数が多くなっている背景には、検査を数多く行っているからに他らない訳で、実際に陽性率が0.1%だと言われていますから、東京都の場合ですと1万人以上が感染していると言う計算になる訳で、検査をすればするほど、陽性と判定される人が多くなる訳です。ただ、殆どの人が無症状で、日常生活の中で感染していることに気が付かない訳です。防疫に対して気を付けていれば、他人に感染させることもない訳で、今回は夜の世界でどんちゃん騒ぎをし、飛沫を通して他人に感染させたことによる、感染者数の増加に過ぎない訳です。

 当初のように、症状が出た人だけに念のために検査を行うと言うシステムであれば、これだけに感染者数の増加はないと言うことになりますから、その意味ではテレビメディアが過剰に騒ぎ立てる程の警戒は必要はないのかも知れません。検査、検査と騒ぎ立てる専門家や素人コメンテータなどが、焚き付ける動きですが、それが日本国民に不安を助長させ、経済活動の再開を阻害する要因だと言うことになりそうです。

 そうは言っても、現実としては投資家心理として不安を抱いていることに違いはない訳で、特に米国の感染拡大の状況を見ていると、日本も同様の状況に陥るのではないかといった不安が強まるのも致し方ないところです。実際に米国の新型コロナウイルスの新規感染者数が1日に5万人を超え、過去最多となっています。全米の半数以上の州で感染者が増加しており、4日の独立記念日の祝日を控えて感染再拡大への懸念が高まっているとのことです。

 ただ、その一方で感染拡大は不安だが、経済回復への期待も強く、2日に発表になった6月の米雇用統計が市場予想以上に改善、非農業部門の就業者数が前月比480万人増加し、市場予想の300万人増を上回っています。失業率も11.1%と予想を超える改善となっています。新型コロナウイルスの感染拡大で停滞していた経済活動を再開する動きを背景に、雇用の回復が確認されているようで、2日の米国株を押しあげる動きとなっています。目先的にはこのような、感染に対する不安と経済活動再開に対する期待が交錯する展開が続きそうです。日経平均株価は引き続き2万2000円台前半で揉みあう動きとなりそうです。


3031 ラクーンHD
衣料・雑貨の企業間電子商取引『スーパーデリバリー』運営。掛け売り決済代行、売掛債権保証も。7月1日発表、プラネット・テーブルが運営する農畜水産物の新たな流通プラットフォーム「SEND」に、BtoB掛売り決済サービス「Paid」が採用。21年4月通期の連結業績では12.1%増収、12.9%〜25.6%経常増益を見込む。12期連続最高益更新。売上高は既存サービスの継続的な事業成長を見込んでいる。新型コロナウイルス感染症により、企業活動に必要なサービスとして当社の各サービスの認知度が向上したことを実感。顧客となった企業に対しては継続して利用してもらえるようサービスの利便性向上に取り組む。

3854 アイル
中堅・中小企業向け販売在庫管理システムを開発。実店舗とネットショップの統合管理に展開。7月1日発表、基幹システム「アラジンオフィス」などがIT導入補助金2020の対象ツールに認定。20年7月通期連結業績では17.3%増収、57.9%経常増益を見込む。2019年10月の消費税率の改定に伴う駆け込み需要や2020年1月をもってWindows7のサポート終了等によるWindows10への買い替え需要等による、受注の好調を受け、売上高が大幅に伸長。

3906 ALBERT
AI、ディープラーニング技術活用したビッグデータ分析主体。自社開発のアルゴリズムに強み。7月1日発表、トヨタシステムズと営業代理店契約を締結。AI・高性能性能チャットボット「スグレス」のトヨタグループへの導入拡大を目指す。20年12月期業績では24.8%増収、49.8%経常増益を見込む。2期ぶり最高益更新。業績は拡大傾向にある。2018年12月期から受注案件も大型化し売上高が急増。19年12月期は前の期比43%増の23億円。アルベルトには約200人のデータサイエンティストがおり、同社では1つの産業を網羅的に分析できることが魅力の1つ。これに関心を抱いて働こうという社員も少なくない。直近では会社が業界横断的なビジネスを進めようとしていることから、活躍の場はさらに広がっていきそうだとの見方。

6099 エラン
全国の病院や介護関連施設を通じ利用者に身の回り品などをレンタルする『CSセット』提供。7月1日発表、入退院・入退所に特化した困りごと相談サービス「キクミミ」をリリース。20年12月期の連結売上高は前期14.6%増収、15.2%経常増益を見込む。全国20ヶ所の営業拠点からCSセットの導入施設の開拓をさらに進めるとともに、サービスの付加価値を高めることで競合他社に対する優位性を確保し、新規導入施設数の増加、利用者数の増加を推進。また、各種システム化をさらに推し進めることで、業務効率化及び生産性の向上を図り、グループ全体の収益性を高めてる。

6425 ユニバーサルエンターテインメン
パチスロ大手。フィリピンのカジノ・リゾート『オカダ マニラ』の開発に注力。7月1日発表、19年12月末が基準日の株主優待品をクオカードとすることを決定。20年12月期連結業績では40.1%増収、経常利益は270億円を見込む。フィリピンにおける統合型リゾート(IR)事業は、カジノ税優遇など規制環境の恩恵を享受しつつ、高い成長をみせており、事業規模、売上も拡大基調。

2385 総医研HD
抗疲労食品・飲料の直販と、化粧品が収益柱。評価試験や医薬品臨試受託も。利益は下期偏重。7月1日発表、20年6月通期連結業績では売上高で12.5%、営業利益で13.6%、経常利益で14.1%、純利益で12.1%上方修正している。15期ぶり最高益、配当も1円増額。化粧品事業において、「モイストクリームマスクPro.」を中心とする中国市場向け商品の販売が、同国の流通企業である杭州高浪控股有限公司との資本業務提携(2019年2月締結)の効果もあり拡大傾向で推移し、同事業の売上高が計画を超過。

2471 エスプール
物流等のアウトソーシングとコールセンター等への人材派遣中心。障害者雇用支援で農園販売。7月1日発表、20年11月期第二四半期連結業績では売上高で1.3%、営業利益で25.7%、経常利益で26.4%、純利益で35.0%上方修正している。新型コロナウイルス感染症の拡大により、一部のサービスでは業務の縮小や延期があったが、その一方でロジスティクスアウトソーシングサービスにおいては、巣ごもり需要によりEC通販業務が増加。また、主力の人材アウトソーシングサービス及び障がい者雇用支援サービスに関しては、新型コロナウイルス感染症の影響は限定的。

3180 ビューティガレージ
理美容機器や業務用化粧品を販売する専門商社。低価格に特徴。シンガポールにアジア拠点。7月1日株価は上昇。21年4月通期連結業績では6.4%増収、19.0%経常減益を見込む。ECサイトのUI/UXのさらなる進化・改善を進めていくとともに、新西日本物流センターの開設などの積極投資を予定しており、営業面、サービス面の一層の強化を行うことでロイヤル顧客の拡大と一顧客あたりの年間利用額の増加を目指す。

6036 KeePer技研
カーコーティング材料の製造卸のほかサービス店舗を直営とFCで展開。施工の技術教育に力。7月1日株価は上昇。7月1日発表、6月の既存店売上高が前年同月比3割増。20年6月期業績では10.0%増収、7.8%経常増益を見込む。EXキーパーを4月1日から全国で販売開始予定、これまでのコーティングはアフターマーケット中心であったが、今後は新車向けの売上増加が見込める。

6567 SERIO HD
子育てと仕事の両立目指す既婚女性対象に就労支援や育児支援事業を展開。保育事業にも参入。7月1日株価は上昇で一時ストップ高。6月30日発表、20年5月期連結業績では営業利益で51.7%、経常利益で105.4%、純利益で90.3%上方修正している。就労支援事業、放課後事業、保育事業、全ての事業において原価率低減の取組に加え、採用経費効率化等の販売管理費削減の経費抑制を継続した結果、収益性が改善し営業利益が前回予想より上回る見通し。経常利益は、営業利益の伸びに加え、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う休業・休職補償を派遣社員および従業員に実施した結果、雇用調整助成金の営業外収益により、前回予想を上回る見通し。

6668 アドテック プラズマ テクノロジー
プラズマ用高周波電源装置の大手。半導体・液晶製造用が主柱。研究機関・大学関連事業も。7月1日株価は上昇。20年8月通期連結業績は22.2%増収、113.6%経常増益を見込む。売上高は、当初予測として第2四半期以降に受注回復を見込んでいたが、緩やかではあるものの第1四半期より受注が回復してきている。

4293 セプテーニHD
ネット広告代理大手、傘下にスマホマーケ支援やCRM関連サービスも。漫画アプリ育成中。7月1日株価は上昇。20年9月期連結業績では1.2%増収、当期利益では前期の7.34億円の赤字から7.2億円の黒字に転じる予想。新市場の開拓及び電通グループとの協業の促進、各新規事業の成長により前期比で増収増益の見込み。

7065 ユーピーアール
物流、製造現場向け箱型荷台(パレット)等をレンタル・販売。IT事業も。東南アジアに拠点網。7月1日株価は上昇で年初来高値更新。20年8月通期連結業績では7.1%増収、19.0%経常増益を見込む。IoTサービスでは、位置情報ソリューション及び遠隔監視ソリューションの販売案件の受注が増加、ビークルソリューションサービスでは、堅調な顧客の増車計画に伴い、カーシェアリングシステムのレンタル及び販売が想定を上回るペースで推移。

2760 東京エレクトロンデバイス
東京エレ系半導体商社。扱いは米国製が主。産業用に強み。製品開発、設計、製造のPB事業も。7月1日株価は上昇で年初来高値更新。21年3月期連結業績では1.9%増収、14.7%経常増益を見込む。緩やかな回復基調へと移りつつあった半導体市場も、本格的な需要回復にはさらなる時間を要するものと見込まれる中、グループでは半導体及び電子デバイス事業において顧客商権を一層拡大させるとともに、企業におけるクラウド利用の拡大を背景としたコンピュータシステム関連事業での好調さを維持し、PB(自社ブランド)事業の伸長に引き続き注力。

6962 大真空
水晶デバイス総合大手。音叉型や民生用振動子などシェア首位級。人工水晶から一貫生産に強み。7月1日株価は上昇で年初来高値更新。6月8日、三菱UFJMS証券が投資判断を「Overweight」継続、目標株価を2000円から2100円に。20年3月通期連結業績では5.0%増収、9.9%経常減益となった。21年3月期業績は非開示。カーエレクトロニクス向けや産業向けの販売が減少したが、通信向けや民生向けの販売が増加。

9755 応用地質
地質調査首位、建設コンサルも。国内外で計測機器を展開。公共投資の比率高く収益は上期偏在。7月1日株価は上昇。20年12月通期連結業績では2.1%増収、11.2%経常増益を見込む。インフラ関連機器事業を行う米国子会社が中国経済の緩やかな減速や米中貿易摩擦の影響を受けたものの、福島の復興関連事業やシンガポールのインフラ需要の取り込みにより増収。防災・減災事業は引き続き政府の国土強靭化計画推進に伴う防災・減災関連事業の好調。

9795 ステップ
神奈川県中西部軸に学習塾『ステップ』運営。県立トップ高受験に強み。横浜、川崎地区を攻略中。7月1日株価は上昇。20年9月期第二四半期業績では0.5%増収、5.2%経常増益となった。尚、20年9月通期業績は非開示。当第2四半期累計期間における生徒数は、小中学生部門、高校生部門ともに堅調に推移し、トータルの期中平均は前年同期比4.1%増。

2148 アイティメディア
IT系ネットメディア運営。各種広告展開。見込み客リスト提供するリードジェン事業が成長。7月1日株価は上昇で年初来高値更新。20年3月通期連結業績では12.2%増収、30.9%税引き前増益となった。4期ぶり最高益、今期業績は非開示。新規顧客の開拓やLBPによる業務効率化を通じてリードジェン事業の収益安定化や利益率上昇が進んでおり、同事業を中心に収益予想は上向き。

4599 ステムリム
大阪大学発バイオベンチャー、損傷細胞の活性化物質を動員、再生を促す『再生誘導医薬』を開発。7月1日株価は上昇で一時ストップ高。6月30日発表、20年7月期業績では経常利益が3.64億円と前期の11.34億円の赤字から一転黒字化となる。4期ぶり最高益更新へ。14年11月14日付のライセンス契約で塩野義製薬株式会社へ導出済みの HMGB1ペプチドに関して、塩野義製薬との間で、今後、複数の疾患に対する臨床開発を加速度的に展開していくための新たな契約を締結。

6254 野村マイクロ・サイエンス
超純水装置の大手。北興化学から分岐。韓国、台湾企業向け開拓で先駆、韓国サムスンと取引多い。7月1日株価は上昇で年初来高値更新。21年3月期連結業績では5.1%増収、3.4%経常増益を見込む。2円増配。中国・台湾の水処理装置案件の工事進ちょくが予想を下回る一方、国内・中国のメンテナンスおよび消耗品販売が期末にかけて増加した。メンテナンスおよび消耗品の増加とともに、期末にかけて予定していた旅費交通費をはじめとする各種経費が予想を下回る見通し。

7826 フルヤ金属
結晶製造容器(るつぼ)、ターゲットなど製造。プラチナ、イリジウム使った金属加工に強み。7月1日株価は上昇で年初来高値更新。20年6月通期連結業績では5.4%減収、28.2%経常減益を見込む。有機EL向けや電極向けの貴金属原料・化合物、HD向けルテニウムターゲット及び銀合金ターゲット受注が概ね堅調に推移。

6264 マルマエ
液晶、半導体、太陽電池製造装置の精密部品加工業。大型高精度品強い。産活法による再建終了。7月1日株価は上昇で年初来高値更新。6月30日発表、20年8月期第3四半期業績では7.9%増収、73.8%経常増益となった。20年8月通期業績では8.6%増収、72.9%経常増益を見込む。売上高は、従来の想定に比べ半導体分野のロジック向けが減少しながらもメモリ向けが増加している状況から、ほぼ想定通りに推移する見通し。損益面は、従来の予想に対し実績では材料費や外注費などの変動費が減少している状況で、足元も同様の傾向が続いていることから、営業利益は改善する見込み。なお、デバイスメーカー各社の半導体製造装置の設備計画は、一部計画に先送りがあることで本年8月から9月に一時的な停滞も見込まれるが、年間を通じては大きな変化は無く、前年同期比では増加傾向で推移しており、現時点においては、本年後半も順調に推移する見通し。

2925 ピックルスコーポレーション
漬物業界1位。セブン&アイ向け3割弱。キムチ、浅漬けなど『ご飯がススム』ブランド展開。7月1日株価は上昇。6月30日発表、20年2月期第一四半期連結業績では13.4%増収、19.6%経常増益となった。21年2月通期連結業績では3.8%増収、2.8%経常増益を見込む。4期連続最高益更新。営業面では、看板商品である「ご飯がススム キムチ」を中心としたキムチや、主力となる浅漬、惣菜を積極的に提案することにより、新規得意先の開拓や既存得意先の深耕を図る。また、「ピーネ」と「八幡屋」の2つのサイトを展開しているEC事業にも注力。

3919 パイプドHD
クラウド活用のデータ管理プラットフォーム『スパイラル』が柱。月額サービス料が売上の大半。7月1日株価は上昇。6月30日発表、21年2月期連結業績では経常利益を従来の9.5億円から11億円と15.8%上方修正している。グループのサービス面で、コロナ禍においてこそ顧客や社会の需要に応える形で、業績への貢献に期待が持てる新サービス・ソリューションを開発・提供開始しており、ポジティブに捉えられる要因もある。

こだわりレーティング
07月02日(木)分

3659 ネクソン みずほ 買い継続 2800円→3100円
4479 マクアケ SBI 新規買い 7800円
5713 住友金属鉱山 ジェフリーズ Buy継続 3350円→3550円
6005 三浦工業 JPモルガン Overweight継続 3700円→5000円
7034 プロレド SBI 新規買い 8000円
7320 日本リビング保証 SBI 新規買い 2200円
8316 三井住友FG 三菱UFJMS Underweight→Overweight格上げ 3900円
8750 第一生命 GS 中立→買い格上げ 1430円→1560円
9064 ヤマトHD モルガンS Underweight→Overweight格上げ 1500円→2800円
9375 近鉄エクスプレス モルガンS Overweight継続 2000円→2100円
9672 東京都競馬 ジェフリーズ Buy継続 5550円→6200円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
01/27 01/28 01/29 01/30 01/31
02/03 02/04 02/05 02/06 02/07
02/10 02/12 02/13 02/14
02/17 02/18 02/19 02/20 02/21
02/25 02/26 02/27 02/28
03/02 03/03 03/04 03/05 03/06
03/09 03/10 03/11 03/12 03/13
03/16 03/17 03/18 03/19
03/23 03/24 03/25 03/26 03/27
03/30 03/31 04/01 04/02 04/03
04/06 04/07 04/08 04/09 04/10
04/13 04/14 04/15 04/16 04/17
04/20 04/21 04/22 04/23 04/24
04/27 04/28 04/30 05/01
05/07 05/08
05/11 05/12 05/13 05/14 05/15
05/18 05/19 05/20 05/21 05/22
05/25 05/26 05/27 05/28 05/29
06/01 06/02 06/03 06/04 06/05
06/08 06/09 06/10 06/11 06/12
06/15 06/16 06/17 06/18 06/19
06/22 06/23 06/24 06/25 06/26
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本