デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(07/31 信用取引貸借倍率表(07/31)

令和2年08月03日(月)


 7月31日現在海外相場
NYダウ 26428ドル +114ドル
ナスダック指数 10745P +157P
CME日経先物 21920円 +160円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎決算発表本格化

 この週末も新型コロナウイルスの感染拡大の話題で持ちきりでした。ただ、日本のみならず世界で見ても、これまで感染を封じ込めてきた地域も含めて、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が再燃している状況となっています。新型コロナウイルス感染症のリスクは当面のあいだ排除できず、制御する以外にないことが明らかになっています。

 日本国内では昨日2日、新型コロナの新規感染者が午後9時までに1324人確認され、5日連続で1000人を超えています。東京都292人、大阪府194人、愛知県160人、福岡県145人と感染者数の高止まりが続いています。特に東京都内においては感染者数の増加傾向に加えて、感染経路が不明な件数が多くなっているようで、感染経路が多様化しているとの見方です。

 東京都は本日3日より酒類を提供する飲食店やカラオケを対象に営業時間の短縮を要請、午後10時までとしています。ただ、これまで午後12時までだとか、午後11時までだとかの飲食店が午後10時までにして何の意味があるのかと言った意見もあるようで、大手飲食チェーン店のグローバルダイニングなどは、要請を聞かないとしています。

 確かに、4月以降の緊急事態宣言時には日本全国で休業要請などに従う動きが強まり、街中が静まりかえりましたが、既に今回の新型コロナウイルス感染症の傾向が分かってきた段階で、4月と同じような防疫体制は必要がないように思われます。このコンテンツでも何度も申し上げた事ですが、重要なポイントは重篤な患者を出さず、死亡者数を限りなくゼロに近づける事が必要だといえます。

 感染者数が300人、400人と多くなっても、死亡者数がゼロであれば、例年の季節性のインフルエンザの対応で十分であると言えます。実際に季節性のインフルエンザでは毎年3000人以上の人がお亡くなりになられています。今回の新型コロナウイルス感染での死亡者数は3月から7月の5か月間で1000人ですから、ある意味ではインフルエンザと比較しても少ないと言えます。

 勿論、外出自粛を行い、個々に防疫対策、手洗いやうがい、そしてマスクをしたことにより感染し、死亡に至ると言うケースが減少したと言うことになりますが、仮に緊急事態宣言を出さずに、防疫対策を何もしなかった場合には一体、何人の人が死に至ったのかと言うことになります。仮の話ですから、意味のない理屈になるのですが、それでも3000人を大幅に超える事はなかったのかも知れません。

 最近の傾向を見ると、ウイルスが弱毒化しているという報告もあるようです。ある医者の報告では4月、5月時に比べて7月に入ってからは、重篤で運ばれる患者の数が減っているそうで、CT検査を行い肺炎が疑われる人が少なくなっているそうです。勿論、この地域だけの特有の傾向かも知れませんから、全ての地域に当てはまる訳ではないのでしょうが、それでも、最近の感染者数の増加数に比べて死亡者数が多くない理由なのかも知れません。

 と言うことでテレビメディアで大騒ぎするほどの事ではなく、これまで通りに手洗いやうがい、マスクを着けると言った防疫対策を個々人が厳密に行えば良いのであって、その上で経済活動、社会活動を通常通り行い、そして経済を回復させると言う動きが必要なのかも知れません。このまま行きますと、年後半の日本経済と言うか世界経済は間違いなく、大きく減速することになりかねません。決算発表が本格化する中で多くの企業が今期業績を下方修正しています。防疫対策の為ではなく経済回復の為の政策を打ち出す必要がありそうで、例えば消費税減税なども現実的なものになるのかも知れません。

相場は足元で本格化している2020年4〜6月期決算を受けて株価が下落する銘柄が多く、企業業績への不安感が広がっています。円高ドル安が加速したことも重石になったとの見方です。先週末には日経平均株価が節目の2万2000円を割り込みました。新型コロナウイルスの感染者数の増加が影響しているとの見方もあるようですし、緊急事態宣言が再発令され、経済活動が低迷してしまうと言う警戒感も出ているようです。

 今週は週末7日に700社以上を含め、1400社以上の企業が決算を発表します。先週のようにファナックやアドバンテストが相場全体に影響を及ぼす可能性も否定できませんが、それでも全体相場はやや売られ過ぎのようですから、日経平均株価の2万2000円割れ水準は押し目買い意向が強くなりそうです。


2491 バリューコマース
アフィリエイト(成果報酬型)広告で首位級。ヤフー出店者向けに展開するCRMツールが成長。7月30日発表、20年12月期第2四半期連結業績では18.0%増収、27.4%経常増益となった。20年12月通期連結業績では16.8%増収、10.3%経常増益を見込む。配当は1円増配予定。「Yahoo!ショッピング」のストア向けクリック課金型広告「ストアマッチ」が好調に推移していること、及び成果報酬型広告「アフィリエイト」が堅調に推移。

4662 フォーカスシステムズ
公共向けシステム開発に強い。保守・運用・セキュリティサービスも。独自の暗号システムに進出。7月30日発表、脳核医学領域初のAIを用いた検査時間短縮の共同研究を開始。AI仮想画像の生成で約5分の1の検査時間を目指す。21年3月通期業績では0.4%増収、2.6%経常減益を見込む。

2127 日本M&Aセンター
中堅中小企業のM&A仲介で最大手。全国の地銀、会計事務所等と連携網。事業承継案件に強み。7月30日発表、21年3月期第1四半期連結業績では18.1%増収、24.1%経常増益となった。10期連続で過去最高益を更新。未定だった今期配当は26円実施。21年3月期の連結業績予想非開示。7月16日、JPモルガン証券が投資判断を新規「Overweight」、目標株価を6200円に。

2151 タケエイ
建設関連産業廃棄物の中間処理、再資源化から最終処分までの一貫処理に強み。首都圏地盤。7月30日発表、21年3月期第1四半期連結業績では7.1%増収、45.2%経常増益となった。21年3月通期連結業績では8.7%増収、4.1%経常増益を見込む。再生可能エネルギー事業は、20年5月1日に株式会社横須賀バイオマスエナジーを株式会社タケエイグリーンリサイクルへ吸収合併し、一体的な燃料材の受入・リサイクル体制を強化。環境エンジニアリング事業も、不透明感が続く経営環境下だが、引き続き強みとする廃棄物の選別機やスクラップ関連設備の大型案件の受注に注力。

2412 ベネフィット・ワン
官公庁や企業の福利厚生・健康診断・保健指導の運営代行サービスが主。パソナグループ傘下。7月30日発表、21年3月期第1四半期連結業績では5.0%減収、13.2%経常増益となった。21年3月期連結業績では7.7%増収、7.5%経常増益を見込む。10期連続最高益、3円増配。第1四半期中はヘルスケア事業における健診事業・保健指導事業の実施延期、福利厚生事業や購買・精算代行事業等におけるサービス利用減少や取引開始延期などの影響を見込んでいるが、第2四半期以降は営業活動、サービス提供の制約が概ねなくなる状況を前提としており、下期にはヘルスケア事業を中心とした本来の取引拡大、利益成長を見込んだ業績予想を策定。

3167 TOKAI HD
東海地盤。LPガスのザ・トーカイとCATV等のビック東海が11年4月経営統合。水宅配等も。7月30日発表、21年3月期第1四半期連結業績では1.5%減収、14.3%経常増益となった。21年3月期連結業績では4.8%増収、2.7%経常増益を見込む。顧客獲得の推進や受注案件の増加などの取り組みが奏功。ただ今期連結業績見通しについては新型コロナウイルスの影響は予想には織り込んでいない。

3199 綿半HD
長野県地盤のHCと建設事業が2本柱。HC全店で食品、一部店で生鮮品も扱う。貿易事業併営。7月30日発表、21年3月通期連結業績では、営業利益で11.2%、経常利益で12.2%、純利益で14.2%上方修正している。新型コロナウイルス感染症の流行に伴う巣ごもり需要により、DIY用品や園芸等、利益率の高い商品の売れ行きが想定以上に好調であったこと、感染予防としてチラシ配布を中止したことや出張中止による販管費の減少が影響し、第2四半期累計期間における連結の業績は前回発表予想を上回る見通しとなった。

3630 電算システム
情報処理サービス開発中堅。払込票決済など収納代行を拡大中。グーグルの販売代理店展開も。7月30日発表、20年12月通期連結業績では売上高で5.0%、営業利益で4.8%、経常利益で6.6%上方修正している。2020年7月31日付で株式会社ピーエスアイの持株会社であるACAS2株式会社を子会社化したことに伴い、同社の2020年7月1日から2020年12月31日までの業績を当社の連結決算に算入することや、当第2四半期時点における案件の受注状況などを鑑み、通期連結業績予想を修正した。

4293 セプテーニHD
ネット広告代理大手、傘下にスマホマーケ支援やCRM関連サービスも。漫画アプリ育成中。7月30日発表、20年9月通期連結業績では売上高で2.9%、営業利益で60.0%、当期利益で52.8%上方修正している。緊急事態宣言解除後も、従業員に対する在宅勤務推奨を継続しており、これに伴って、営業活動関連費用を中心にコスト管理が進んでいる。これらの状況を踏まえ、前回の決算発表時点での予想を上回る見通しとなった。

4812 電通国際情報サービス
親会社電通の社内システム構築が安定収益源。製造向け設計開発支援、金融向けに強み。無借金。7月30日発表、20年12月期第2四半期連結業績では11.9%増収、33.2%経常増益となった。20年12月期連結業績では4.3%増収、5.9%経常増益を見込む。3期連続最高益。7月28日、三菱UFJMS証券が投資判断を「Buy」継続、目標株価を4370円から6810円に。

4980 デクセリアルズ
旧ソニーケミカルが再上場。異方性導電膜、光学弾性樹脂などニッチな電子部材・材料に強い。7月30日発表、21年3月期第1四半期連結業績では5.9%減収、36.5%経常増益となった。21年3月通期連結業績では0.5%増収、20.3%経常減益を見込む。異方性導電膜(ACF)が、スマートフォン向けに数量が伸び、車載向けも好調に推移したほか、光学樹脂材料においてスマートフォンのカメラモジュール向け精密接合用樹脂の新規採用が増加。

6754 アンリツ
通信系計測器の有力企業。携帯電話や基地局に強い。海外でも高シェア。食品向け産業機械も。7月30日発表、21年3月期第1四半期連結業績では10.6%増収、102.1%税引き前増益となった。21年3月通期連結業績では2.8%増収、1.9%税引き前増益を見込む。新型コロナウイルスが上期中に収束することを前提としており、第2四半期を底に第3四半期からの回復を見込んでいる。

7191 イントラスト
家賃債務保証を軸に介護・医療費用保証も手掛ける。不動産、金融の業務受託が第2の柱。無借金。7月30日発表、21年3月期第1四半期連結業績では19.7%増収、18.0%経常増益となった。21年3月通期連結業績では17.2%増収、7.5%経常増益を見込む。8期連続最高益、1円増配。総合保証サービス会社として、保証事業及びソリューション事業を推進。また、新たな分野や未開拓の市場を開拓するとともに、家賃債務保証で培ったノウハウを横展開し、業務上の課題を解決する専門的な業務支援サービスであるソリューションサービスの提案・販売にも取り組む。

7826 フルヤ金属
結晶製造容器(るつぼ)、ターゲットなど製造。プラチナ、イリジウム使った金属加工に強み。7月30日発表、20年6月通期連結業績では売上高で12.4%、営業利益で10.8%、経常利益で16.7%、純利益で30.6%上方修正している。薄膜部門のHD向けルテニウムターゲットはサーバー需要増加を受け好調に推移した。センサー部門も半導体需要増加に伴い期初予想を大きく上回った。また、ケミカル事業の有機EL向け化合物及び電極向け貴金属化合物の受注が堅調に推移したことにより当初の予想値を上回る見込み。

8174 日本瓦斯
関東地盤にLPガス、都市ガスを展開。直販に特色。M&A戦略で商圏拡大。電力にも参入。7月30日発表、21年3月期第1四半期連結業績では2.6%増収、24.1%経常増益となった。21年3月通期連結業績では5.7%増収、14.2%経常増益を見込む。7月15日、野村証券が投資判断を新規「Buy」、目標株価を5810円に。

8771 イー・ギャランティ
企業の売掛債権保証で成長。リスクは再保証先に委託。地銀との業務提携積極化。伊藤忠系。7月30日発表、21年3月期第1四半期連結業績では17.6%増収、18.1%経常増益となった。21年3月期連結業績では29.3%増収、9.1%経常増益を見込む。17期連続最高益、前期配当を1円増額・今期も14円継続。信用リスク保証サービスは引き続き堅調に推移。新規顧客の増加を図るべく販売チャネルとの取り組みを強化するとともに、サービスの活用により、企業が行っている与信管理や債権回収の業務効率化を提案するなどのコンサルティング営業を展開。

3981 ビーグリー
スマホ向け電子コミック配信サービス『まんが王国』運営。漫画家、出版社との直接契約に特徴。20年12月通期連結業績では10.9%増収、23.3%経常増益を見込む。電子書籍ビジネスは、「まんが王国」の継続成長は当然ながら、他サービスの規模拡大も目指す。中核サービスである「まんが王国」では引き続き一人ひとりにあったサービス提案を行う接客強化に取り組む。無料マンガアプリ「コミックevery」では昨年後半からの伸長をさらに伸ばしていけるよう、コンテンツ拡充とサービス改良に取り組み、電子小説サービス「ノベルバ」においては、サービス単体での収益化と既存サービスとのシナジー創出に取り組む。

6535 アイモバイル
広告配信ネットワーク大手。アフィリエイト・動画・インフィード広告、ふるさと納税事業が成長。20年7月期連結業績では30.4%減収、44.2%経常減益を見込む。ふるさと納税事業「ふるなび」において、認知度向上のためのTVCMと、積極的な販売促進活動が奏功したことで当初計画を上回り、くわえて、重点戦略であるアプリ運営事業などの高い利益率が確保できる事業も順調であった。

2413 エムスリー
ソニー関連会社。医療従事者向け情報サイトで製薬会社の情報提供支援。治験など周辺分野開拓。7月29日、野村証券が投資判断を「Buy」継続、目標株価を5300円から6000円に。モルガンスタンレー証券が投資判断を「Overweight」継続、目標株価を5650円から5750円に。7月29日発表、21年3月期第1四半期連結業績では15.3%増収、25.8%税引き前増益となった。尚、21年3月期業績は非開示。メディカルプラットフォームでは新型コロナウイルス感染症拡大に伴い製薬会社の需要が急激に拡大。

3328 BEENOS
主力は越境EC事業。ブランド品の宅配買い取りや国内外でのインキュベーション事業も展開。20年9月通期連結業績では7.0%減収から24.2%増収、37.1%から83.2%」経常増益を見込む。新型コロナウイルスの影響はクロスボーダー部門では軽微ではあるものの、バリューサイクル部門の外出自粛に伴う買い控えの影響、リテール・ライセンス部門のイベント開催の見通しが不透明であることに加え、インキュベーション事業の営業投資有価証券の売却機会の創出が不透明であることから、19年11月7日に公表した20年9月期連結業績予想をレンジでの予想に修正。

3415 TOKYO BASE
国内ブランド特化型のセレクトショップと独自ブランド『UNITED TOKYO』店運営。6月全社売上高は前年同月比11.5%増と6ヵ月ぶりに前年実績を上回った。既存店売上高は同3.2%減。20年2月通期業績では売上高は152.47億円、経常利益は12.91億円となった。21年2月期業績は非開示。STUDIOUS業態は前年同期の春物商材の仕入抑制による苦戦が一巡して実店舗が牽引、一方でECについては2019年3月にリニューアルした自社ONLINE STOREの効率化やZOZOTOWN向けの低価格帯オリジナル商品廃止の補填など引き続き改善を進めた。UNITED TOKYO業態は前期に引き続き実店舗、ECともに成長。

3031 ラクーンHD
衣料・雑貨の企業間電子商取引『スーパーデリバリー』運営。掛け売り決済代行、売掛債権保証も。21年4月通期の連結業績では12.1%増収、12.9%〜25.6%経常増益を見込む。12期連続最高益更新。売上高は既存サービスの継続的な事業成長を見込んでいる。新型コロナウイルス感染症により、企業活動に必要なサービスとして当社の各サービスの認知度が向上したことを実感。顧客となった企業に対しては継続して利用してもらえるようサービスの利便性向上に取り組む。

4323 日本システム技術
独立系のシステム開発。ソフト開発、パッケージ、システム販売、医療ビッグデータが4本柱。20年3月期連結業績では6.8%増収、17.9%経常増益となった。12期ぶり最高益、今期業績は非開示。ソフトウェア事業(受注ソフトウェアの個別受託開発)は、通信業向け案件が前年を下回ったものの、サービス・流通業、製造業及び大学向け案件等がそれぞれ増収となった。GAKUEN事業は、大学向けPP(プログラム・プロダクト)、仕入販売及び導入支援等がそれぞれ増収となった。医療ビッグデータ事業は、レセプト自動点検サービス及び分析・医療費通知サービスが堅調に推移した。

6855 日本電子材料
半導体検査用プローブカード大手。ブラウン管カソード等から出発。海外生産比率向上に注力。20年3月期連結業績では8.7%増収、6.1%経常減益となった。今21年3月期業績は非開示、前期配当を3円増額。、メモリーIC向けの製品の拡販が進んだことにより、前連結会計年度を上回る結果。利益面は、新工場稼働における先行費用の発生等があったものの、前連結会計年度に対して概ね横ばいの結果。

8203 MrMaxHD
九州地盤の家電、日用品ディスカウントストア。17年9月持株会社体制に。配当性向30%目安。21年2月通期連結業績では売上高で2.5%、営業利益で32.3%、経常利益で37.0%、純利益で33.8%上方修正している。当第1四半期累計期間について、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い全国的に外出自粛が広がるなか、巣籠り消費に関連した商品群や感染症対策商品の売り上げが伸び、営業収益が計画を上回った。一方経費面では、売上増加などにより人件費の増加があったものの、お客様の集中を避けるための販促の見直しやウェブ会議の活用などのコスト削減を実行したことで、当初の計画内で進捗した。

9749 富士ソフト
ソフト開発の独立系大手。FA、自動車向けの組み込み系ソフトに強み。持分会社にエース証券。7月10日、CLSA証券が投資判断を「OP」から「BUY」に、目標株価を5400円に。20年12月通期連結業績では3.0%増収、0.7%経常増益を見込む。年間配当では9円増配を予定。SI事業が好調に推移。

5857 アサヒHD
金、プラチナなど貴金属リサイクルと産業廃棄物処理が事業の柱。健康機器は台湾企業に売却。7月29日発表、21年3月通期連結業績では売上高で10.0%、営業利益で31.3%、税引き前利益で31.6%、当期利益で32.1%上方修正している。配当も20円増額。国内などの貴金属リサイクル分野における貴金属回収量の確保や貴金属価格の上昇、また北米の貴金属精錬分野における製品加工・販売や金融取引の増加などに伴い、期初の計画を大幅に上回る見込み。

5933 アルインコ
足場等建設機材の大手。脚立・フィットネス器具等住宅機器や無線機も。配当性向40%目標。21年3月期第1四半期連結業績では11.5%減収、12.0%経常減益となった。21年3月期連結業績は非開示。社会インフラの改修・整備に向けた建設需要は官民ともに堅調で、特に、高速道路補修工事向けの「SKパネル」は好調に推移した。また、従来から取り組みを強化してきたeコマース市場拡大への対応により、フィットネス機器の販売や次世代型物流自動システム向けラックの受注が好調に推移した。

こだわりレーティング
07月31日(金)分

3092 ZOZO CLSA OP→BUY格上げ 3200円
3092 ZOZO メリル 中立→買い格上げ 2750円→3100円
3231 野村不動産HD CLSA UP→BUY格上げ 2500円
3659 ネクソン GS 新規買い(再開) 3500円
4063 信越化学工業 モルガンS Overweight継続 14000円→14900円
6201 豊田織機 マッコーリー 新規OP(再開) 6700円
6432 竹内製作所 三菱UFJMS Overweight継続 2500円→2600円
6502 東芝 ジェフリーズ Buy継続 3720円→4690円
6504 富士電機 マッコーリー OP継続 3825円→4000円
6702 富士通 UBS Buy継続 16800円→17500円
6702 富士通 野村 Buy継続 13700円→16400円
6723 ルネサスエレク マッコーリー OP継続 800円→870円
6723 ルネサスエレク モルガンS Overweight継続 750円→800円
6758 ソニー GS 新規買い(再開 CL採用) 13300円
6762 TDK 野村 Buy継続 15700円→16400円
6762 TDK モルガンS Overweight継続 13500円→15000円
6762 TDK GS 買い継続 13200円→14500円
6857 アドバンテスト 野村 Buy継続 7022円→7642円
6857 アドバンテスト マッコーリー OP継続 7350円→7500円
6902 デンソー マッコーリー 新規OP(再開) 5700円
7267 ホンダ マッコーリー 新規OP(再開) 3500円
7269 スズキ CLSA SELL→OP格上げ 4100円
7735 スクリーンHD マッコーリー OP継続 7650円→7730円
7832 バンナムHD GS 新規買い(再開) 7000円
7974 任天堂 GS 新規買い(再開) 64000円
9086 日立物流 GS 買い継続 3300円→3450円
9697 カプコン GS 新規買い(再開) 4900円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
01/27 01/28 01/29 01/30 01/31
02/03 02/04 02/05 02/06 02/07
02/10 02/12 02/13 02/14
02/17 02/18 02/19 02/20 02/21
02/25 02/26 02/27 02/28
03/02 03/03 03/04 03/05 03/06
03/09 03/10 03/11 03/12 03/13
03/16 03/17 03/18 03/19
03/23 03/24 03/25 03/26 03/27
03/30 03/31 04/01 04/02 04/03
04/06 04/07 04/08 04/09 04/10
04/13 04/14 04/15 04/16 04/17
04/20 04/21 04/22 04/23 04/24
04/27 04/28 04/30 05/01
05/07 05/08
05/11 05/12 05/13 05/14 05/15
05/18 05/19 05/20 05/21 05/22
05/25 05/26 05/27 05/28 05/29
06/01 06/02 06/03 06/04 06/05
06/08 06/09 06/10 06/11 06/12
06/15 06/16 06/17 06/18 06/19
06/22 06/23 06/24 06/25 06/26
06/29 06/30 07/01 07/02 07/03
07/06 07/07 07/08 07/09 07/10
07/13 07/14 07/15 07/16 07/17
07/20 07/21 07/22
07/27 07/28 07/29 07/30 07/31
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本