デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(08/20) 信用取引貸借倍率表(08/14)

令和2年08月21日(金)


 8月20日現在海外相場
NYダウ 27739ドル +46ドル
ナスダック指数 11264P +118P
CME日経先物 22970円 +90円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎材料難でも下値買い

 米国株が強い動きとなっています。NYダウは米国の代表的な30銘柄の平均株価ですが、一方でS&P500指数は主要な大型株500銘柄で構成されており、米国株全体の動きをより正確に示しているとされています。そのS&P500指数がここのところ高値圏にあり、約6カ月ぶりに史上最高値を更新しています。米アマゾン・ドット・コムなど大型株が総じて堅調で、株価指数を押し上げる動きとなっています。

 S&P500指数が高値を更新したことで、目先弱気相場入りしたのではないかとの一部で見られていましたが、これで史上最短の弱気相場が幕を下ろしたことを確認したとする見方も出ているようです。日本株も同様に新型コロナウイルス感染による経済や企業業績悪の影響を実感しているにも関わらず、株価は総じて堅調だと言えます。

 投資家の多くがこのような悪材料をものともせずに株高に熱狂するのかについて、面白い発言が出ていました。CFRAのチーフ投資ストラテジスト、サム・ストバル氏が「一般社会は今日を生きているが、株式市場は明日を見据えている。金融と財政の大規模な対策が既に打ち出されており、製薬会社がコロナワクチンの実用化に近付いているとの確信も増大している」と話しています。

 今日を生きる一般社会と、明日を見据える株式市場、言い得て妙だと言えそうです。実際にはこの「明日」は1年先なのか2年先なのかは分かりませんし、その点では不確実性があるのですから、株式市場の場合には確信があっての事ではない訳です。あくまでも投資家の「期待」と先行きを見越した「予想」に基づくもとだと言えます。

 個人的な見解で言いますと、明日を見ている訳ではなく、逆に足元の金融環境を見極めているのかも知れないと考えています。と言うのも米国でも日本で現在の金融環境は極めて強い緩和状況となっています。新型コロナウイルス感染により疲弊した経済や企業業績を下支えする為に市場に資金を大量に供給し、超低金利状態を作っています。

米連邦準備理事会(FRB)は3兆ドル規模の支援策を表明し、リスク性資産のてこ入れに動いて社債買い入れにまで手を広げています。これにより投資家は「FRBとはけんかをするな」という言葉を実感させられているのかも知れません。日本でも「国策に売り無し」と言う格言があるのですが、米国でもFRBの金融政策には逆らうなと言うことになります。

 実際にFRBの取り組みを米国議会も財政措置で後押しし、投資家を勇気付けており、第2・四半期の米企業決算で利益が予想を超えたケースが多かったことも、株価の好材料になっています。同時に、FRBが超低金利と大規模緩和を長期間継続するとの観測から、一部の国債利回りが過去最低圏に低下し、株式への資金シフトにつながった格好です。金融システムには潤沢な資金が滞留しており、大部分は株式市場に居場所を見つけ出しているとの指摘もあるようで、明日を見ているのではなく、足元の「金融環境」を見ていると言うことなのかも知れません。日経平均株価はNYダウのもたつきを見てやや上値が重くなっています。2万3000円台を割り込む動きとなりましたが、手掛かり材料難であるだけに、25日移動平均線の2万2699円辺りまでの調整があるのかも知れません。


4187 大阪有機化学工業
アクリル酸エステルに強く多品種少量生産が得意な独立系化学企業。感光材など電子材料も。8月19日発表、三菱ケミカルから頭髪化粧品用アクリル樹脂の製造・販売事業を譲受。20年11月期第二四半期連結業績では1.1%増収、35.6%経常増益となった。20年11月通期連結業績では3.5%増収、2.0%経常増益を見込む。半導体材料を中心に電子材料事業の販売が好調に推移したため、利益面で前回発表予想を上回る見込みとなり、業績予想を修正することにした。

4776 サイボウズ
業務を効率化するグループウェアで国内シェア高い。パッケージソフト、クラウド両方で提供。8月19日発表、トヨクモの新規上場に伴う株式売り出しに際し、一部保有株20万株を売却する予定。20年12月期第2四半期連結業績では17.1%増収、31.1%経常増益となった。20年12月通期連結業績では15.3%〜17.6%増収、12.4%〜51.2%経常増益を見込む。国内のクラウド製品、パッケージ製品ともに売上が堅調に推移。利益項目では、IT機器の購入額が計画より少なくなったことや、一部の投資計画を来期へ変更した。

7803 ブシロード
『ヴァンガード』『バンドリ!』など自社IP多数保有。多面展開に特徴。傘下に新日本プロレス。8月19日発表、コロプラ子会社でゲーム関連メディアを運営するソーシャルインフォの全株式を取得し子会社化。20年7月期連結業績では2.6%増収、14.2%経常減益を見込む。緊急事態宣言が解除されて以降、社会全般で経済活動再開の動きが見えてきたことに加え、主力事業であるライブIP 事業において、ソーシャルディスタンスに配慮した座席数の制限等はあるものの、各興行、ライブ及びイベントにおいて段階的な営業再開が可能になった状況を踏まえ、現時点において入手可能な情報および合理的と判断される前提条件に基づき通期業績予想を公表した。

6327 北川精機
プリント基板プレス、FA機械の中堅。新規2事業撤退後兼営の合板プレス譲渡し1本柱経営。8月19日発表、20年6月期連結純利益が前の期比103.6%増。21年6月期連結業績では売上高が12.5%増、純利益が16.5%増を見込む。同時に、今期の年間配当は5円と11期ぶりに復配。銅張積層板・多層基板成形用のプレス装置、自動車部品製造ライン・樹脂成形用プレス装置など多様な受注を獲得する中で、大型案件の受注を背景に工場の高稼働率を維持し生産効率が上がったことに加え、継続的に実施している案件ごとの原価管理を徹底。

2335 キューブシステム
金融、流通、通信向けのシステム構築が主力。プロジェクト管理能力に定評。研修制度充実。21年3月期第一四半期連結業績では0.2%減収、130.8%経常増益となった。尚。21年3月通期連結業績では8.8%増収、14.7%経常増益を見込む。8月3日に東洋証券が投資判断を新規「Buy」、目標株価を1220円に。

4429 リックソフト
豪アトラシアン社などの業務系パッケージソフト販売。導入支援や運用支援、自社開発も行う。21年2月通期連結業績では26.5%増収、35.3%経常増益を見込む。6期連続最高益更新。これまで通りAtlassian製品や他社製品の販売に注力するとともに、自社製品の新たな開発・バージョンアップやRicnCloudの売上拡大により一層の業績向上を目指し、国内外での営業活動を活性化、グローバル市場での売上拡大に努める。

2385 総医研HD
抗疲労食品・飲料の直販と、化粧品が収益柱。評価試験や医薬品臨試受託も。利益は下期偏重。8月17日発表、21年6月通期連結業績では7.4%増収、18.4%経常増益を見込む。2期連続最高益更新。化粧品事業の売上高が、杭州高浪控股有限公司との資本業務提携の効果、商品ラインナップの拡充、中国における輸入許可の取得による販路の多様化等により、引き続き拡大傾向で推移。一方、生体評価システム事業のうち医薬臨床研究支援事業については、当連結会計年度末の受注残高が前期末比で32.0%減少したこと等から減収及び減益となる見通し。

3627 ネオス
ソリューション・デバイス事業を展開。AI・IoT分野の開発に強み。キッズ向けコンテンツも。21年2月通期の連結業績予想では最大で2.9%減収、8.6%営業減益を見込んでいる。20年2月期に札幌及びベトナムでの体制強化策を実施済みであり、開発体制の拡充は済んでいることから、DXに対して積極的な顧客を新たに開拓していくことや、リモートワーク等の現在の事業環境に対応したICTニーズの発掘に注力することに加え、デバイスソリューションとサービスソリューションの営業活動を同期するなかで、ハードからソフト・サービスまで総合的に提供できるという当社グループの強みを活かした案件開拓にも取り組む。

4449 ギフティ
商品・サービスと交換できる電子チケット・eギフト発券・流通を一貫展開。マレーシアに現法。20年12月期連結業績では46.2%増収、99.1%経常増益を見込む。4期連続最高益更新。eギフトプラットフォームの利用者に対して新規サービスを提供することで、プラットフォームの利用価値を高めると共に、収益の多様化を図る。また、そのための人員増員及び戦略的M&Aも実施していく方針。

4484 ランサーズ
2008年創業。企業にフリーランス人材をあっせんするプラットフォーム『ランサーズ』運営。8月13日発表、21年3月期第1四半期連結業績では売上高は8.67億円、経常利益は0.11億円の赤字となった。21年3月期連結業績では13.7%から23.8%増収、経常利益は0.1億円から0.5億円の黒字化を見込む。当第1 四半期の売上高は、新型コロナウイルス感染症の影響により、非対面で仕事を発注できる当社グループサービスへのニーズが一段と高まり、新規登録クライアント数が拡大したことから、前回予想を上回る結果。また、連結営業利益、連結経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益においても、売上高の増加に加えて、新型コロナウイルス感染症により経済環境の先行きが引き続き不透明な状況を踏まえて、グループ全体として、一段の業務の見直しを実施し、生産性向上やコスト削減等に取り組んだことから、前回予想を上回る結果となった。

6535 アイモバイル
広告配信ネットワーク大手。アフィリエイト・動画・インフィード広告、ふるさと納税事業が成長。8月5日発表、20年7月通期連結業績では売上高で0.9%、営業利益で26.9%、経常利益で28.0%、純利益で48.1%上方修正している。ふるさと納税事業「ふるなび」において、積極的なキャンペーンが奏功したことに加え、アプリ運営事業が引き続き好調に推移した。また、新型コロナウイルス感染症に伴う外出自粛による『巣ごもり需要』が「ふるなび」に追い風となったことに加え、予定しておりましたTVCMの制作及び放映の延期により販管費減少となったことで計画を大幅に上回る見込み。

3656 KLab
ソーシャルゲームを開発・運営。スマホアプリに注力。海外のゲーム配信会社との提携に意欲的。20年12月通期連結業績では6.1%から15.7%増収、38.5%経常減益から84.6%経常増益を見込む。新作タイトルのヒット度合い及び既存タイトルの状況により業績が大きく変動することに鑑み、レンジ形式による通期業績予想開示を採用。

3968 セグエグループ
セキュリティ製品の輸入販売とソリューション関連が両輪。SE派遣に強み。自社開発品育成。20年12月期連結業績では14.2%増収、7.2%経常増益を見込む。加速度的成長のため、人財の確保及び育成を重要視し、積極的な採用及び教育の充実に加え、オフィスの増床・整備や働き方改革の推進等により働きがいのある環境づくりに取り組む。また、自社開発製品の開発継続及び販売拡大、セキュリティにフォーカスした製品及びサービスラインアップの拡充、新規商材と既存商材のクロスセルなどの取り組みを継続。

3970 イノベーション
IT製品比較・資料請求サイト運営。掲載企業に成果報酬型課金。クラウド型マーケツールも。8月11日発表、21年3月期第1四半期連結業績では45.4%増収、178.3%経常増益となった。21年3月期連結業績では4.3%〜15.2%増収、1.8%経常減益から21.3%経常増益を見込む。「ITトレンド」への掲載製品・サービス数の拡大を図るとともに、検索エンジンを中心とした集客の最適化を追求することで、堅調に推移している来訪者数の更なる増加を見込む。オンラインメディア事業で主力の「IT/BIZトレンド」の閲覧者数が急拡大。

6199 セラク
ITインフラ構築・保守が柱。サイト、システムのカスタム開発も。エンジニアの社内育成に注力。20年8月期連結業績では22.7%増収、5.8%経常増益を見込む。期末配当は0.2円増額の3.4円を予定。投資拡大が期待されるIoTサービス、ビッグデータやAIなど新たな技術の活用への投資が拡大し、またそれに伴い巧妙化するサイバー攻撃に対応するセキュリティーサービスなど、活発に広がりをみせており、これら企業の需要に対応する質の高いITエンジニアの採用・育成の重要性が増している。

6538 キャリアインデックス
複数求人ポータルの情報を集約、一括検索・応募できるサイト運営。送客成果報酬課金で稼ぐ。21年3月期業績では売上高25.5億円(前期比9.1%増)、営業利益4.25億円(同39.3%増)を見込む。2020年5月後半より経済活動が段階的に再開し、足元の業績は、アルバイト・派遣領域においては一定の影響が出ているものの、正社員領域、不動産賃貸領域においては底堅く推移している。しかし、新型コロナウイルス感染症の第2波、再拡大の懸念による経済への影響は、今後も一定程度残るものと想定。

こだわりレーティング
08月20日(木)分

1925 大和ハウス SMBC日興 1継続 3400円→3600円
2282 日本ハム みずほ 買い継続 5200円→5600円
2398 ツクイ 三菱UFJMS Buy継続 800円→960円
2413 エムスリー みずほ 中立→買い格上げ 4600円→7300円
4182 三菱ガス ジェフリーズ Hold→Buy格上げ 1720円→2350円
4516 日本新薬 野村 新規Buy 12000円
4704 トレンドマイクロ 大和 2→1格上げ 6500円→7800円
6367 ダイキン工業 三菱UFJMS Overweight継続 16600円→23000円
6586 マキタ GS 買い継続 4400円→5200円
6728 アルバック ジェフリーズ Buy継続 3800円→4700円
6758 ソニー 大和 1継続 9700円→10600円
6902 デンソー 三菱UFJMS Overweight継続 4800円→5200円
6923 スタンレー電気 モルガンS Overweight継続 3400円→3600円
7203 トヨタ自動車 ジェフリーズ Buy継続 8100円→8300円
7269 スズキ ジェフリーズ Buy継続 4150円→4750円
7803 ブシロード SBI 新規買い 3850円
7988 ニフコ 三菱UFJMS Neutral→Overweight格上げ 2900円→3200円
9984 SBG 野村 Buy継続 7240円→8190円
9989 サンドラッグ みずほ 中立→買い格上げ 3700円→4900円

ヒストリカル
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
11/18 11/19 11/20 11/21 11/22
11/25 11/26 11/27 11/28 11/29
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06
12/09 12/10 12/11 12/12 12/13
12/16 12/17 12/18 12/19 12/20
12/23 12/24 12/25 12/26 12/27
12/30
01/06 01/07 01/08 01/09 01/10
01/14 01/15 01/16 01/17
01/20 01/21 01/22 01/23 01/24
01/27 01/28 01/29 01/30 01/31
02/03 02/04 02/05 02/06 02/07
02/10 02/12 02/13 02/14
02/17 02/18 02/19 02/20 02/21
02/25 02/26 02/27 02/28
03/02 03/03 03/04 03/05 03/06
03/09 03/10 03/11 03/12 03/13
03/16 03/17 03/18 03/19
03/23 03/24 03/25 03/26 03/27
03/30 03/31 04/01 04/02 04/03
04/06 04/07 04/08 04/09 04/10
04/13 04/14 04/15 04/16 04/17
04/20 04/21 04/22 04/23 04/24
04/27 04/28 04/30 05/01
05/07 05/08
05/11 05/12 05/13 05/14 05/15
05/18 05/19 05/20 05/21 05/22
05/25 05/26 05/27 05/28 05/29
06/01 06/02 06/03 06/04 06/05
06/08 06/09 06/10 06/11 06/12
06/15 06/16 06/17 06/18 06/19
06/22 06/23 06/24 06/25 06/26
06/29 06/30 07/01 07/02 07/03
07/06 07/07 07/08 07/09 07/10
07/13 07/14 07/15 07/16 07/17
07/20 07/21 07/22
07/27 07/28 07/29 07/30 07/31
08/03 08/04 08/05 08/06 08/07
08/11 08/12 08/13 08/14
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本