デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(8/7) 信用取引貸借倍率表(8/2)

令和元年08月08日(木)


 8月7日現在海外相場
NYダウ 26007ドル −22ドル
ナスダック指数 7862P +29P
CME日経先物 20600円 +130円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎為替次第

 7日の米国株が大幅に下げて始まっています。新興国を中心に世界の中央銀行が相次ぎ利下げを表明、欧州市場や米国市場でも長期金利が低下し、世界経済の減速懸念が強まっています。投資家が株式を売って、相対的に低リスク資産とされる金や国債を買う動きを強めています。又、7日の上海外国為替市場で、中国人民銀行(中央銀行)は取引開始の目安として示す人民元の対ドル基準値を1ドル6.9996元に設定し、節目の7元は上回ったものの、6日比では0.0313元の元安ドル高となっています。

 前日にいったん和らいでいた市場のリスク回避ムードが再燃し、ドイツなどの欧州債や米国債に買いが殺到し、米欧金利が大幅に低下しています。さらに、7日朝には、トランプ米大統領がツイッターで、米連邦準備制度理事会(FRB)に即時の大幅利下げを要求し、この発言を受けて金利が一段と低下する中、NYダウは朝方に589ドル安まで下押ししています。午後に掛けては買い戻しも入り、値を戻す動きとなっていますが、リスク回避ムードが今後も続くのかどうかを市場は見極める動きと言うことになりそうです。

 日経平均株価は昨日の7日に20400円近辺まで下押し、6日の取引時間中に付けた2万100円台までの下げに警戒感を抱く動きもあるようで、下げ渋る動きとなっています。2万円の大台割れが視野に入り、流石にそこまで売り込むには無理があるとの判断だったのでしょうが、「リスク回避」の流れが一段と強まり、ドル円相場が1ドル105円台を割り込む更にこの流れが強まる訳ですから、日経平均株の2万円の大台も吹っ飛んでしまうことになりますから、下値目途とも言っておられませんが、それでも投資家心理としては大きな節目として存在していることになります。

 ドル円相場の105円、日経平均株価の2万円を目先の下値の節目として見ることになりますが、要は米中貿易戦争が今後どう展開するのか次第な訳で、中国がこの貿易戦争によるマイナスを相殺する為に、元安誘導しているとして、米国が為替操作国とした訳で、実際に目に見えない形で元相場を安値誘導しているのは明白と言うことになります。元安で現在の米中貿易戦争をやり過ごして、米国の次期政権、願わくば、民主党政権まで持ちこたえようとする腹積もりのようです。

 この動きに対して米国、と言うかトランプ大統領がどう出るのかと言うことで、既に制裁関税に関して流石にこれ以上強硬な対応する事が出来るのかと言う点もありますし、実際に世界経済に対する不安も強まっていますから、強硬な姿勢を示すことに躊躇するのかも知れません。そもそも自由主義国と、一党独裁政権との間で、貿易自由化を行うと、どうしても一党独裁政権が有利になってしまいますから、同じ道場で勝負するのには無理があると言えます。更には国民性から言えば、ルールを無視しても、自国の利益の為なら、何でもありの中国と戦うこと自体無理なのかも知れません。

 そのような不利な条件の元でどう戦うのかと言うことになりますが、自由主義国家が連携して、中国を世界のルールに沿った動きに持っていくしかないのかも知れません。ただ既に欧州各国が中国に取り込まれているだけに、米国や日本が頑張るしかないのですが、この戦いはまだまだ続くと言うことになりそうです。

 日経平均株価ですが、7日の米国株が午後戻していますから、下値不安と言うかリスク回避のムードが目先後退する動きになりそうで、2万500円前後で徐々に下値を固める展開になりそうです。いじれにしても円や元などの為替次第と言う動きに変わりはないと言えそうです。


2469 ヒビノ
コンサート等の映像・音響設備提供サービスが柱。機器開発製造、高級音響装置の輸入販売も。8月6日株価は上昇で年初来高値更新。8月5日発表、20年3月期第1四半期連結業績では41.5%増収、経常利益は1.61億円で前年同期の1.78億円の赤字から黒字化。尚、20年3月期連結業績では28.3%増収、4.4%経常増益を見込む。20年の東京五輪に向けた施設整備需要増期待。

2477 手間いらず
宿泊施設向け予約管理システム販売が主力。ホテルのネット予約事業も。商品比較サイトが祖業。8月6日株価は上昇で年初来高値更新。8月2日発表、19年6月通期業績は22.2%増収、27.6%経常増益となった。尚、20年6月通期業績では25.2%増収、31.7%経常増益を見込む。6期連続最高益、前期配当を5.5円増額、今期は6.5円増配予定。アプリケーションサービス事業で、宿泊施設では東京オリンピックにおいて、予約サイトコントローラーの需要の高まり、25年の大阪万博開催決定を受け宿泊旅行業界の盛り上がりが当面続くと予想される。

4800 オリコン
音楽データベースから出発。現在はニュースサイト運営、顧客満足度(CS)調査事業が2本柱。8月6日株価は上昇で年初来高値更新。8月5日発表、20年3月期第1四半期連結業績では14.0%増収、80.4%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では銃利益を前期比25.1%増の7.23億円を見込む。年間配当では5円増配を予定。コミュニケーション事業が前年同期を大きく上回って推移した。

6062 チャームケアコーポレーション
近畿中心に介護付き有料老人ホーム展開。首都圏でも拡大中。リースバック方式の運営を推進。8月6日株価は上昇で年初来高値更新。8月5日発表、19年6月通期業績は22.0%増収、39.2%経常増益となった。尚、20年6月通期業績で20.8%増収、30.0%経常増益を見込む。4期連続最高益、前期配当を2.5円増額、今期も10円継続予定。

3612 ワールド
総合アパレル大手。SCから百貨店まで展開。構造改革し再上場。投資事業でM&Aなど推進。8月6日株価は上昇。8月5日発表、20年3月期第1四半期連結業績では1.6%減収、36.5%税引前増益となった。尚、20年3月期連結業績では0.1%増収、11.8%税引前増益を見込む。年間配当は前期比19円増配予定。当第1四半期は減収ながらもIFRS適用後の比較可能な過去6期間において、コア営業利益以下のすべての利益段階で最高益を更新。

1407 ウエストHD
 太陽光発電工事を全国展開。金融機関や工務店との提携戦略テコに売電や省エネ提案事業育成。8月6日株価は上昇。7月26日発表、19年8月期の期末一括配当を従来計画の35円から45円(前期は35円)に増額修正している。19年8月通期連結業績では24.6%増収、15.0%経常増益を見込む。ストックビジネスを担う省エネルギー事業、電力事業及びメンテナンス事業の利益率が改善。19年8月通期の業績が上方修正される可能性も高い。

1429 日本アクア
硬質ウレタンフォームを使った住宅・建築物断熱材の施工販売、エコ注文住宅の桧家グループ。8月6日株価は上昇。8月1日発表、19年12月期第2四半期連結業績では売上高で7.6%、経常利益で60.0%、純利益で67.9%上方修正している。木造戸建及び建築物向けの断熱材「アクアフォームR」の商品力及び施工力を生かした受注活動が奏功した。尚、19年12月通期業績では8.2%増収、83.1%経常増益を見込む。年間配当は2円増配を予定。

3097 物語コーポレーション
中部地盤。直営・FCで郊外に出店。食べ放題店『焼肉きんぐ』が主力。ラーメンやお好み焼きも。8月6日株価は上昇。7月16日発表、19年6月期6月月次既存店売上高は前期比104.7%となった。6月4日発表、音声特化のAIベンチャーHmcommと『音声AI』を活用した外食初の機器開発を目指し、実証実験を進めるため業務提携契約を締結した。19年6月通期連結業績では15.9%増収、13.8%経常増益を見込む。

3950 ザ・パック
百貨店や専門店向け等の紙袋大手。ポリ袋、紙器でも有力。段ボールや紙おむつ用袋も手がける。8月6日株価は上昇。19年12月期第1四半期連結業績では6.0%増収、11.7%経常減益となった。19年12月通期では5.4%経常増益を見込む。又、発行済み株式数の3.27%にあたる65万株を上限に自社株TOBを実施すると発表。

4298 プロトコーポレーション
中古車販売サイト中心の広告収入とタイヤほか物販が柱。新車販売店や整備工場領域を拡充。8月6日株価は上昇で年初来高値更新。20年3月期連結業績では0.3%増収、1.2%経常減益を見込む。中期経営計画の最終年度22年3月期に、資本コストを上回るROE12%以上の実現を計画。

4985 アース製薬
殺虫剤(虫ケア用品)首位、口腔衛生用品他日用品も。大塚製薬グループ。傘下にバスクリン、白元。8月6日株価は大幅反発。8月5日発表、19年12月期第2四半期連結業績は2.9%増収、12.6%経常増益となった。尚、19年12月通期連結業績では3.0%増収、102.5%経常増益を見込む。天候不順の影響で国内虫ケア用品の販売が伸び悩む一方、日用品、総合環境衛生事業が売上を伸ばした。

6035 アイ・アールジャパンHD
企業のIRとSR(株主情報)に特化したコンサル業務。株主判明調査など独自サービスに強み。8月6日株価は上昇で年初来高値更新。8月2日発表、20年3月通期連結業績では売上高で7.1%、経常利益で15.0%、純利益で16.0%上方修正している。IR・SRコンサルティングの順調な売上拡大、とりわけプロキシーならびにファイナンシャル・アドバイザー業務のパイプラインが着実に進行することを見込む。

7164 全国保証
独立系の信用保証最大手。金融機関全業態と提携の住宅ローン向けが柱。沖縄除く全国営業展開。8月5日、大和証券が投資判断を「1」継続、目標株価を5000円から5100円に。8月2日発表、20年3月期第1四半期連結業績では7.6%増収、10.3%経常増益となった。尚、20年3月期業績では3.5%増収、2.6%経常増益を見込む。前期の年間配当を85円から87円に増額、今期も前期比3円増の90円に増配する予定。

9672 東京都競馬
大井競馬場の大家。歩合家賃と在宅投票システムが主力。賃貸倉庫や『東京サマーランド』も。8月5日、三菱UFJMS証券が投資判断を「Buy」継続、目標株価を5100円から6000円に。7月31日発表、19年12月期第2四半期連結業績では売上高で4.8%、経常利益で46.5%、純利益で32.0%上方修正している。公営競技事業において、「在宅投票システム(SPAT4)」が当連結累計期間においても引き続き順調に推移した。尚、19年12月通期連結業績では3.8%増収、14.8%経常減益を見込む。


4921 ファンケル
通販主力の無添加化粧品メーカー。サプリや健康食品も展開。8月6日発表、キリンホールディングスと資本・業務提携を締結。健康に関する事業開発のスピードを加速させるのが狙い。7月30日発表、20年3月期第1四半期連結業績では5.7%増収、3.5%経常減益となった。尚、20年3月通期連結業績では6.9%増収、22.3%経常増益を見込む。

3073 DDHD
居酒屋『わらやき屋』など複数業態の飲食店を運営。ビリヤードバーも展開。開発力に強み。8月6日発表、8月31日を基準日として1株ヲ2株へ株式分割する。20年2月期第1四半期の連結業績では13.5%増収、51.5%経常増益となった。尚、20年2月通期連結業績では13.3%増収、5.3%経常増益を見込む。国内飲食カテゴリー及びウェディングカテゴリーで構成される飲食事業の売上高既存店昨対比は、101.1%で堅調な推移となったことに加え、アミューズメント事業は108.0%と引続き好調に推移。

4579 ラクオリア創薬
ファイザー日本法人の中央研究所が前身。新規開発化合物の導出による収益獲得が事業の基本。8月6日発表、欧州で出願していたカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)の新規用途に関する特許について、特許査定の連絡を受けた。7月1日発表、あすか製薬と、特定のイオンチャネルを標的とした創薬研究に関する共同研究契約を締結した。初のヒト領域医薬品を19 年3月に販売を開始。中南米やアジアでのサブライセンスの動きも活発化。

2196 エスクリ
専門式場、ゲストハウス等多様な業態で展開。駅ビル・駅近に特徴。受託、M&A、海外展開も。8月6日発表、20年3月期第1四半期連結業績では5.1%減収、31.9%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では3.3%増収、13.0%経常増益を見込む。年間配当では8円増配を予定。ブライダルが前期出店施設の通期稼働に加え既存店も堅調に推移した。

3179 シュッピン
カメラを軸に専門性高い商材の中古品や新品をネットと店舗で販売。会長はソフマップ創業者。8月6日発表、20年3月期第1四半期連結業績では8.5%増収、53.5%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では8.9%増収、9.2%経常増益を見込む。又、19年7月度月次売上げ高は前年同月比111.7%となった。カメラ、時計事業の中古売上高は、EC、店舗ともに順調に推移している。

3837 アドソル日進
大企業向け大規模システムの開発に強み持つ。技術水準に定評。ソリューション提案を強化。8月6日発表、20年3月期第1四半期連結業績では10.9%増収、28.4%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では3.3%増収、9.5%経常増益を見込む。年間配当では1円増配を予定。社会インフラ事業におけるエネルギー分野や交通・運輸分野が堅調に推移し、先進インダストリー事業における基盤システム分野が計画通り推移した。

4350 メディカルシステムネットワーク
薬局向け医薬品情報仲介が祖業の調剤薬局持株会社。M&Aで店舗全国化。介護・医業支援育成。8月6日発表、20年3月期第1四半期連結業績では7.3%増収、67.7%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では4.9%増収、59.9%経常増益を見込む。医薬品ネットワーク部門において新規加盟件数が順調に推移したことや、調剤薬局部門においてM&Aにより取得した店舗の業績が寄与したこと及び既存店の売上が順調に推移した。

6741 日本信号
3大信号会社のトップ。鉄道、交通信号とも強い。自動出改札装置など駅務合理化機器に注力。8月6日発表、20年3月期第1四半期連結業績では26.0%増収、412.9%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では5.1%増収、7.6%経常増益を見込む。年間配当では1円増配を予定。ICTソリューション事業では駅務自動化システムを中心とする「AFC」で、多様なラインナップを強みとしたホームドアの受注・売上があり、海外市場では、インドチェンナイメトロのAFCシステムを受注した。

7550 ゼンショーHD
外食最大手。牛丼首位『すき家』が柱。『はま寿司』やファミレス『ココス』を展開。M&Aに積極的。8月6日発表、20年3月期第1四半期連結業績では6.4%増収、42.7%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では8.8%増収、21.5%経常増益を見込む。年間配当では2円増配を予定。第1四半期末の店舗数は、113店舗出店、37店舗退店及び「TCRS」を子会社化した結果、9,719店舗となった。

8841 テーオーシー
ホテルニューオータニ系。TOCビルなど流通関連ビル賃貸首位。ランドリー、薬品などを兼営。8月6日発表、20年3月期第1四半期連結業績では3.8%増収、11.8%経常増益となった。尚、20年3月通期連結業績では1.7%増収、2.0%経常増益を見込む。又、上限10億3200万円、150万株(自己株式を除く発行済株式数の1.55%)の自社株買いを実施。

こだわりレーティング
8月7日(水)分

3231 野村不動産HD 三菱UFJMS Buy継続 3200円→3300円
4307 NRI 大和 1継続 2300円→2400円
4661 OLC 三菱UFJMS Overweight継続 21000円→21200円
4676 フジメディアHD 三菱UFJMS Overweight継続 2400円→2440円
6723 ルネサスエレク マッコーリー OP継続 690円→780円
6750 エレコム 野村 Buy継続 4050円→4350円
8841 テーオーシー 野村 Buy継続 1440円→1450円
9432 NTT 野村 Buy継続 5870円→6040円

ヒストリカル
07/02 07/03 07/04 07/05 07/06
07/09 07/10 07/11 07/12 07/13
07/17 07/18 07/19 07/20
07/23 07/24 07/25 07/26 07/27
07/30 07/31 08/01 08/02 08/03
08/06 08/07 08/08 08/09 08/10
08/13 08/14 08/15 08/16 08/17
08/20 08/21 08/22 08/23 08/24
08/27 08/28 08/29 08/30 08/31
09/03 09/04 09/05 09/06 09/07
09/10 09/11 09/12 09/13 09/14
09/18 09/19 09/20 09/21
09/25 09/26 09/27 09/28
10/01 10/02 10/03 10/04 10/05
10/09 10/10 10/11 10/12
10/15 10/16 10/17 10/18 10/19
10/22 10/23 10/24 10/25 10/26
10/29 10/30 10/31 11/01 11/02
11/05 11/06 11/07 11/08 11/09
11/12 11/13 11/14 11/15 11/16
11/19 11/20 11/21 11/22
11/26 11/27 11/28 11/29 11/30
12/03 12/04 12/05 12/06 12/07
12/10 12/11 12/12 12/13 12/14
12/17 12/18 12/19 12/20 12/21
12/25 12/26 12/27 12/28
01/04
01/07 01/08 01/09 01/10 01/11
01/15 01/16 01/17 01/18
01/21 01/22 01/23 01/24 01/25
01/28 01/29 01/30 01/31 02/01
02/04 02/05 02/06 02/07 02/08
02/12 02/13 02/14 02/15
02/18 02/19 02/20 02/21 02/22
02/25 02/26 02/27 02/28 03/01
03/04 03/05 03/06 03/07 03/08
03/11 03/12 03/13 03/14 03/15
03/18 03/19 03/20 03/22
03/25 03/26 03/27 03/28 03/29
04/01 04/02 04/03 04/04 04/05
04/08 04/09 04/10 04/11 04/12
04/15 04/16 04/17 04/18 04/19
04/22 04/23 04/24 04/25 04/26
05/07 05/08 05/09 05/10
05/13 05/14 05/15 05/16 05/17
05/20 05/21 05/22 05/23 05/24
05/27 05/28 05/29 05/30 05/31
06/03 06/04 06/05 06/06 06/07
06/10 06/11 06/12 06/13 06/14
06/17 06/18 06/19 06/20 06/21
06/24 06/25 06/26 06/27 06/28
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本