デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(10/10) 信用取引貸借倍率表(10/04)

令和元年10月11日(金)


 10月10日現在海外相場
NYダウ 26496ドル +150ドル
ナスダック指数 7950P +47P
CME日経先物 21675円 +155円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎米国株続伸

 米中両政府は10日、ワシントンで約2カ月半ぶりとなる閣僚級貿易協議を再開しています。中国が対立の小さい米農産物の購入や金融市場の開放などでの部分合意を探るのに対し、米国は強硬姿勢を崩しておらす、両国が妥協点を見いだし関税合戦の悪化を回避できるか予断を許さない状況となっています。

 一方でトランプ米大統領が10日朝、「中国の副首相と明日(11日)ホワイトハウスで会う」とツイッターに投稿し、米中貿易協議での両国の歩み寄りを期待した買いが優勢になっています。トランプ氏は「(10日は)中国と交渉する大きな1日になる。彼らは取引成立を望んでいる」とも投稿しています。

 9日夜にはニューヨーク・タイムズ(電子版)が米政権が米企業に中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への一部製品の供給を近く認める方針だと報じ、米中関係の悪化に歯止めがかかるとの見方につながっています。

 中国売上高比率が高い建機のキャタピラーや化学のダウの上げが目立っており、半導体株のインテルやマイクロン・テクノロジーなども買われています。金利上昇で利ざやが改善するとの見方から金融株も上げているようです。

 NYダウは昼に掛けて上げ幅を拡大し一時200ドルを超える上昇となっています。いずれにしてもこの米中貿易協議の結果を見極めようとする動きとなっていますが、週末に向けて相場の方向性を決めると言う意味では重要なタイミングとなりそうです。

 足元で8月決算企業の決算発表が本格化しています。本日11日も100社程度の企業が決算を発表する予定ですが、特に8月決算企業は小売り企業が多く、外部要因に拠らない動きとなるだけに、好業績銘柄にはそれなりの資金が振り向けられているようです。

 一方で今月下旬より3月決算企業の上期決算発表が本格化します。月末の週に掛けては800社以上の企業が決算を発表を行う予定です。ピークは11月第二週ですから今月末から来月に掛けては企業業績に対する市場の関心が集まりそうですし、10月からの消費税増税の影響を先行きの業績をどのように判断しているのかを見極める重要なポイントになりそうです。

 いずれにしても、その決算発表の前に目先の米中貿易戦争の動向がこの先どこに向かうのかで相場の方向性も決まるとすると、どこかで米中がこの貿易協議で合意に至るのかどうかが重要なポイントになりそうです。ただ、昨日のコンテンツでも大和証券のレポートでも今回合意に至らなかったとしても過度の懸念は必要ないと言うことのようです。

 仮に、再び貿易協議が交渉決裂となったとしても、年内にはもうワンチャンス存在すると大和証券では見ているようです。11月のAPEC首脳会議は、米中首脳が顔を合わせる年内最後の機会となりそうで、そして、この会議の約1ヶ月後に「第4弾」の残りの品目に対して追加関税の発動を控えています。今回の協議での決着が見送られたとしても、この国際会議までに合意に至り、米中首脳会談で成果を披露することができれば、世界に向けて貿易問題決着をアピールすることが可能となる訳です。それは、国内での求心力を高めたいと考える両首脳にとっては、好機といえる訳です。仮に、今回の会合が不調に終わったとしても、過度の失望は不要と同証券では見ているのですが、いずれにしても、合意か否かは相場にとっては重要な問題であるのは間違いないところになりそうです。


3093 トレジャー・ファクトリー
家電、家具、雑貨など総合リユース軸に衣料、スポーツなど専門業態の展開加速。10月9日発表、20年2月期第2四半期連結業績では営業利益で27.3%、経常利益で32.6%、純利益で40.6%上方修正している。リユース事業において、主力業態の総合リユース業態、スタイル業態を中心に好調に推移した。売上総利益率の改善と販管費率低減も進み、営業増益となった。20年2月通期連結業績では11.3%増収、0.2%経常減益を見込む。

3141 ウエルシアHD
ドラッグチェーン最大手。イオン子会社。調剤併設、深夜営業に強み。CFS統合し売上首位に。20年2月期第2四半期連結業績では10.3%増収、21.7%経常増益となった。尚、20年2月通期連結業績では9.1%増収、13.0%経常増益を見込む。10月4日、ゴールドマンサックス証券が投資判断「買い」継続、目標株価を5100円から6000円に。

3962 チェンジ
工場や施工現場の作業や官公庁の情報処理を携帯端末とITで効率化する仕組みを開発・提案。10月9日発表、AIを用いた高業績社員の発掘・離職防止のためのアナリティクスサービスの共同開発開始。HR Tech領域へのAI適用をAI CROSSと共同で推進へ。19年9月期連結業績では売上高は74.88億円、経常利益では13.23億円を見込む。AI人材・データサイエンティストなどのデジタル人材の育成、AIを利用した生産性向上プロジェクト、業務効率化アプリケーションの開発・提供、働き方改革を支えるモバイルセキュリティプラットフォームの販売など、NEW-ITトランスフォーメーション事業は順調に推移した。

4714 リソー教育
首都圏地盤に個別指導受験塾『TOMAS』、客層は高所得。幼児教育、家庭教師派遣、英会話も。10月9日発表、20年2月期第2四半期連結業績では10.0%増収、19.0%経常増益となった。尚、20年2月通期連結業績では10.2%増収、18.1%経常増益を見込む。主力のTOMAS(完全1対1の進学個別指導塾)や名門会(100%プロ社会人家庭教師)、伸芽会(名門小学校受験・幼稚園受験指導)の在籍生徒数が前期から約10%増加。また、スクールTOMAS(学校内個別指導塾)の契約校数、長時間英才託児事業および学童事業の伸芽’Sクラブの在籍生徒数が堅調に推移した。

4820 イーエムシステムズ
調剤薬局向けシステム開発、販売、メンテの大手、国内シェア3割と首位。医科システムを拡大。10月9日発表、20年3月期第2四半期連結業績では売上高で8.4%、経常利益で27.7%、純利益で27.4%上方修正している。前期末に買収した介護/福祉ビジネスでの増収及び、消費税増税やWindows7のサポート終了によるハードリプレイスの駆け込み需要が想定した規模を大幅に上回った。20年3月通期連結業績では0.3%増収、39.1%経常減益を見込む。

6183 ベル24HD
コールセンター(CRM)事業大手。伊藤忠が筆頭株主に。10月9日発表、20年2月期第2四半期連結業績では4.9%増収、11.6%税引前増益となった。尚、20年2月期連結業績では6.5%増収、36.6%税引前増益を見込む。20年2月期配当も6円増配の42円を予定。CRM事業では前期から業務開始した既存継続案件の売上が拡大した他、伊藤忠商事とのシナジー案件が堅調に推移、凸版印刷との協業強化によるシナジー効果が拡大したこと及び参議院選挙業務等のスポット業務の伸長等による。

6255 エヌ・ピー・シー
祖業は食品用真空包装機。太陽電池の後工程向け装置で大手。検査、パネルリサイクル事業も。10月9日発表、20年8月通期連結業績は19.7%増収、18.8%経常増益となった。豊富な受注残高に加えて、装置関連事業で下期に米国の主要顧客に対して大型の新規ラインを売り上げ計上する見込み。同時に、15万株(発行済み株数の0.68%)、または5000万円を上限とする自社株買いを実施すると発表。

8194  ライフコ−ポレ−ション
食品スーパー大手。首都圏と近畿で集中展開。10月9日発表、20年2月期第2四半期連結業績では1.5%増収、21.3%経常増益となった。尚、20年2月期連結業績では3.0%増収、1.3%経常増益を見込む。20年2月期配当も10円増配の40円を予定。上半期の営業増益が2ケタ増益となり、従来予想を上回った。5店舗の新規出店と4店舗の改装を行ったことに加えて、おいしさの追求などの商品施策が奏功し売上高が増加。一方で人件費や物件費などのコスト増はあったものの、商品政策など各種施策の成果がそれを上回っている。

4435 カオナビ
顔写真使う企業向け人材マネジメントシステムをクラウドで提供、リクルートの持分法会社。10月9日株価は上昇。20年3月期第1四半期連結業績では売上高は5.76億円、経常利益は0.6億円となった。尚、20年3月通期連結業績では50.3%増収を見込む。クラウド人材マネジメントシステム「カオナビ」の成長が続いており、20年3月期第1四半期末時点の利用企業数は1408社。アイ・ティ・アールの調査レポートで、クラウド人材管理システム「カオナビ」が国内人材管理市場での売上金額推移及びシェアで、全体市場とSaaS型(クラウド)市場で1位を獲得したと発表。

4461 第一工業製薬
凝集剤、合成糊料など工業用薬剤首位。技術力定評。四日市に主力工場。中国には製造子会社。10月9日株価は上昇。同社は5G用基板の製造工程で使う「光硬化樹脂」と呼ばれる特殊な樹脂の材料を手掛けている。20年3月期連結業績では7.4%増収、19.8%経常増益を見込む。『機能材料』セグメントのIT・電子用途の光硬化樹脂用材料やゴム・プラスチック用途の難燃剤が顕著に伸長した。「REACT1000」計画最終年度となる2019年度は、質的充実を重視した活動を進める。

6584 三桜工業
自動車用の各種チューブや集合配管などを製造、国内シェア約4割。独立系。世界に工場多数。10月9日株価は上昇で年初来高値更新。20年3月通期連結業績では3.2%増収、39.4%経常増益を見込む。9月30日に20年3月期第2四半期業績予想の修正を発表。営業利益は従来の12億円から28億円に上方修正している。日本は売上の増加に対し、人件費等のコントロールを通じて固定費の増加を抑制できたことから増益となる見込み。また欧州の子会社について立上げコストの減少等により当初見込んだ赤字幅が縮小する。通期計画の26億円を超過しており、通期予想については精査中。

4595 ミズホメディー
感染症抗体、ホルモンなどの体外検査用医薬品専業。インフルエンザから腎・肝機能など幅広い。10月9日株価は上昇。19年12月期業績は10.1%増収、7.8%経常増益を見込む。POCTメーカーとして新しい検査技術や新製品の開発を推進、既存製品の改善や改良にも尽力。

6233 極東産機
自動化・省力化の産業機械メーカー。法人向けは内装施工機、受注生産は2次電池製造機が得意。10月9日株価はストップ高。10月8日発表、コンシューマ事業部で、ダスキンとの契約を締結。10月21日から、「畳張替サービス」を開始。ダスキンおよびダスキンフランチャイズチェーン加盟店が、一般家庭の畳新調・畳張替え工事を受注、同社が有する全国の畳店ネットワークを活用して工事を請け負う。

6200 インソース
企業等の人事部向けに講師派遣型研修、公開講座を運営。人事や営業サポートシステムも展開。10月9日発表、2019年9月度KPI(業績指標)進捗状況では講師派遣型研修単月実施回数は前年比111.5%の1,393 回、公開講座単月受講者数は前年比135.8%の7,527人。さらに、WEBinsource累計登録先数が11,335組織、人事サポートシステム「Leaf」有料利用組織数が162 組織。19年9月通期連結業績を売上高で1.3%下方修正、経常利益で9.1%、純利益で9.3%上方修正している。セミナールーム数増 、大型の人財育成スマートパック利用増 等により公開講座事業 が売上好調である一方 、重要な外交行事が重なったこともあり 、講師派遣型研修事業における 官公庁向けが伸び悩んだ。

9381 エーアイテイー
関西発祥の複合一貫輸送業者。日中間の海上輸送で衣料、日用雑貨等輸入に強み。通関業務注力。10月9日発表、20年2月期第2四半期連結業績では72.7%増収、22.9%経常増益となった。尚、20年2月通期連結業績では80.0%増収、15.0%経常増益を見込む。日新運輸を完全子会社化、中国や東南アジアから日本への輸入海上輸送の取扱規模が拡大した。

2148 アイティメディア
IT系ネットメディア運営。各種広告展開。見込み客リスト提供するリードジェン事業が成長。10月9日株価は上昇。20年3月期第1四半期連結業績では7.8%増収、48.2%営業増益となった。尚、20年3月通期連結業績では3.1%増収、38.0%当期増益を見込む。8月1日にいちよし証券が投資判断を「B」から「A」に、目標株価を600円から1000円に。新規顧客の開拓やLBPによる業務効率化を通じてリードジェン事業の収益安定化や利益率上昇が進んでおり、同事業を中心に収益予想を上方修正している。

こだわりレーティング
10月10日(木)分

6920 レーザーテック みずほ 新規買い 8800円
7270 SUBARU メリル 買い継続 3200円→3300円
7272 ヤマハ発動機 メリル 買い継続 2100円→2200円
9787 イオンディライト ジェフリーズ Buy継続 4100円→4150円

ヒストリカル
07/02 07/03 07/04 07/05 07/06
07/09 07/10 07/11 07/12 07/13
07/17 07/18 07/19 07/20
07/23 07/24 07/25 07/26 07/27
07/30 07/31 08/01 08/02 08/03
08/06 08/07 08/08 08/09 08/10
08/13 08/14 08/15 08/16 08/17
08/20 08/21 08/22 08/23 08/24
08/27 08/28 08/29 08/30 08/31
09/03 09/04 09/05 09/06 09/07
09/10 09/11 09/12 09/13 09/14
09/18 09/19 09/20 09/21
09/25 09/26 09/27 09/28
10/01 10/02 10/03 10/04 10/05
10/09 10/10 10/11 10/12
10/15 10/16 10/17 10/18 10/19
10/22 10/23 10/24 10/25 10/26
10/29 10/30 10/31 11/01 11/02
11/05 11/06 11/07 11/08 11/09
11/12 11/13 11/14 11/15 11/16
11/19 11/20 11/21 11/22
11/26 11/27 11/28 11/29 11/30
12/03 12/04 12/05 12/06 12/07
12/10 12/11 12/12 12/13 12/14
12/17 12/18 12/19 12/20 12/21
12/25 12/26 12/27 12/28
01/04
01/07 01/08 01/09 01/10 01/11
01/15 01/16 01/17 01/18
01/21 01/22 01/23 01/24 01/25
01/28 01/29 01/30 01/31 02/01
02/04 02/05 02/06 02/07 02/08
02/12 02/13 02/14 02/15
02/18 02/19 02/20 02/21 02/22
02/25 02/26 02/27 02/28 03/01
03/04 03/05 03/06 03/07 03/08
03/11 03/12 03/13 03/14 03/15
03/18 03/19 03/20 03/22
03/25 03/26 03/27 03/28 03/29
04/01 04/02 04/03 04/04 04/05
04/08 04/09 04/10 04/11 04/12
04/15 04/16 04/17 04/18 04/19
04/22 04/23 04/24 04/25 04/26
05/07 05/08 05/09 05/10
05/13 05/14 05/15 05/16 05/17
05/20 05/21 05/22 05/23 05/24
05/27 05/28 05/29 05/30 05/31
06/03 06/04 06/05 06/06 06/07
06/10 06/11 06/12 06/13 06/14
06/17 06/18 06/19 06/20 06/21
06/24 06/25 06/26 06/27 06/28
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本