デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(10/28) 信用取引貸借倍率表(10/25)

令和元年10月29日(火)


 10月28日現在海外相場
NYダウ 27090ドル +132ドル
ナスダック指数 8325P +82P
CME日経先物 22960円 +110円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎強基調継続

 週明け28日、日経平均株価は67円高の2万2867円と6日続伸し、6日連続で年初来高値を更新しています。そして米国株も週明け続伸しており、NYダウは100ドル超上げており、2万7000ドル台に乗せています。NYダウの史上最高値が7月の2万7359ドルですから後300ドル程度に迫っています。更に機関投資家の多くが運用指標とするS&P500種株価指数は一時、7月に付けた過去最高値の3025ポイントを上回る動きとなっています。

 シカゴCME日経先物は2万2900円台と2万3000円の大台に迫る動きと言うことで、このまま行きますと本日も強い基調が続くことになります。終わってみれば7連騰となるのかどうかは日中の動き次第ですから、今の時点では何とも言えませんが、ただ強い地合いに投資家の多くが先高感を感じる動きになっていることだけは確かなようです。

 特に目先では決算発表と日米の金融政策に市場の関心が集まる動きです。決算発表については米国では総じて好調な内容が発表されており、これが相場を押し上げている側面があるようです。日本でも同様になって欲しいところですが、こればかりは蓋をあけて見なければ分からないと言うことになります。週末に掛けて発表企業数が多くなり、明日30日は180社、31日は400社、週末11月1日は130社程度の発表予定です。
 尤も3連休明けの5日の週がピークとなり、この4日間の週だけで1100社程度が発表を予定していますから、取り敢えずここからの1,2週間は決算発表週間と言うことになりそうです。そしてもう一つの材料は日米の金融政策ですが、日銀の金融政策が開催される30日から31日については追加緩和見送りで現状維持を通すようですから、特に話題にもなりませんが、一方で29−30日開催の米FOMC(米連邦公開市場委員会)に市場は注目する動きになっています。追加緩和はないにしても、声明でその後のFRBの緩和姿勢を読み解くと言う意味では重要なポイントになりそうです。

 と言うことで日経平均株価は既に心理的な節目2万3000円が視野に入っていることになりそうで、取り敢えず大台回復して、その後を探ると言う動きを想定するとことになりそうです。このFOMC(米連邦公開市場委員会)が目前に控えているだけに、上値を積極的に買い上がり辛いと言うのが買い手控えの理由になるのですが、そういう時程相場の強さが目立つのかも知れません。


3038 神戸物産
冷凍食品など食材販売の『業務スーパー』をFC展開。外食買収で食材供給拡大。輸入材料多い。10月25日発表、19年9月度売上高は前年比116.7%の237.11億円となった。10月18日、UBS証券が投資判断を新規「Buy」、目標株価を7000円に。9月24日発表、10月31日を基準日として、1株を2株に株式分割する。投資単位の水準を引き下げることで、株式の流動性の向上と投資家層の更なる拡大を図るのが狙い。19年10月期第3四半期連結業績は11.1%増収、26.0%経常増益となった。尚、19年10月通期連結業績では5.5%増収、3.0%経常増益を見込む。顧客ニーズに対応したPB商品の開発に注力、これらのPB商品がメディアに取り上げられる等、新規顧客獲得のきっかけに繋がり、事業が堅調に推移した。

3612 ワールド
総合アパレル大手。SCから百貨店まで展開。構造改革し再上場。投資事業でM&Aなど推進。10月25日発表、ブランドバッグに特化したシェアリングサービスを展開するラクサス・テクノロジーズの株式62.5%を取得し子会社化する20年3月期第1四半期連結業績では1.6%減収、36.5%税引前増益となった。尚、20年3月期連結業績では0.1%増収、11.8%税引前増益を見込む。年間配当は前期比19円増配予定。

8060 キヤノンマーケティングJPN
複合機、カメラ、インクジェットプリンタ等、キヤノン製品の国内販売が主。IT事業にも強み。10月25日発表、19年12月期第3四半期連結業績は27.9%増収、41.7%経常増益となった。尚、19年12月通期連結業績では0.2%増収、5.5%経常増益を見込む。デジタル一眼レフカメラや産業機器等が減少したものの、ITソリューションが大企業及び中堅・中小企業向けでも増加。

3461 パルマ
ディア・ライフ傘下。トランクルームの滞納保証が主力。施設の開発・販売、運営、仲介も行う。10月25日発表、19年9月期の経常利益(非連結)を従来予想の4億円から4.8億円と20.0%上方修正し、増益率が24.6%増から49.5%増に拡大、従来の6期連続での過去最高益予想をさらに上乗せ。又、期末一括配当を従来計画の6円から8円に大幅増額修正している。ビジネスソリューションサービスにおいて堅調に受託件数が増加したことに加え、ターンキーソリューションサービスにおいて想定以上にセルフストレージ施設の開発及び販売ができた。

4307 野村総合研究所
野村証券系SI。コンサル、システム開発・運用の一貫体制。顧客は金融機関と流通業が中心。10月25日発表、20年3月期連結業績見通では、営業利益を760億円から800億円(前期比12.0%増)、最終利益を660億円から680億円(同33.5%増)と最高益更新予想を更に上乗せする。企業の事業競争力強化に向けたIT投資のニーズが旺盛で、コンサルティングと一体化したシステム開発が幅広い業種で伸びる好採算の案件が増えている。更に、発行済み株式数の15.2%にあたる1億1459万1500株の自社株を12月2日付で消却する。

6849 日本光電
医用電子機器専門。病院向け生体情報モニターが主力。世界首位の脳波計やAEDにも強み。10月25日発表、20年3月期第2四半期連結業績では売上高で6.2%、営業利益で55.6%、経常利益で40.0%、純利益で44.4%上方修正している。消費税率引上げ前の駆け込み需要や、大学、官公立病院市場における新築移転に伴う大口商談の受注により、国内市場が好調に推移したことから、売上高は前回発表予想を上回る見込み。また、増収効果に加え、販管費が一部第3四半期以降への期ずれを含め当初の想定を下回る見通しとなったことから、利益も前回発表予想を上回る見込み。

6855 日本電子材料
半導体検査用プローブカード大手。ブラウン管カソード等から出発。海外生産比率向上に注力。10月25日発表、20年3月期第2四半期連結業績では売上高で6.3%、営業利益で150.0%、経常利益で147.1%、純利益で46.2%上方修正している。半導体市場の回復の遅れにより、プローブカードの需要も、本格的な回復は遅れる傾向で推移しているものの、当第2四半期は、収益性の高い製品の拡販が進んだこと等により、売上、利益ともに予想を上回る見通しとなった。その他半導体市場は、中長期的には緩やかな成長を予想する一方で、半導体メーカーの設備投資の先送りや、海外経済の動向等、当社を取り巻く事業環境の先行きに対する不透明感は増している。

4429 リックソフト
豪アトラシアン社などの業務系パッケージソフト販売。導入支援や運用支援、自社開発も行う。10月25日株価は上昇。20年2月期連結業績では20.9%増収、5.8%経常増益を見込む。ソフトウェアの開発手法でスピードを重視する「アジャイル開発」に期待。

6387 サムコ
半導体など電子部品製造装置の研究開発型企業。LED向け薄膜形成、加工が主軸。アジア注力。10月25日株価は上昇で年初来高値更新。20年7月期業績では経常利益が前期比2.4倍の7億2000万円に急拡大する見通し。今期は海外販売や成膜装置の販売拡大に注力。設備投資需要の持ち直すなか、通信系レーザーやパワーデバイス、センサー向け製造装置などの販売が伸び、25.6%の大幅増収を見込む。

6323 ローツェ
半導体や液晶工場に導入されるウエハ、ガラス基板の搬送装置を製造。10月25日株価は上昇。20年2月期第2四半期連結業績では10.0%増収、51.8%経常増益となった。尚、20年2月通期連結業績では7.6%増収、4.9%経常増益を見込む。N2パージ対応ウエハストッカやウエハソータなどの半導体関連装置の受注及び販売が好調に推移した。

6584 三桜工業
自動車用の各種チューブや集合配管などを製造、国内シェア約4割。独立系。世界に工場多数。10月25日株価は上昇で年初来高値更新。20年3月通期連結業績では3.2%増収、39.4%経常増益を見込む。9月30日に20年3月期第2四半期業績予想の修正を発表。営業利益は従来の12億円から28億円に上方修正している。2本は売上の増加に対し、人件費等のコントロールを通じて固定費の増加を抑制できたことから増益となる見込み。また欧州の子会社について立上げコストの減少等により当初見込んだ赤字幅が縮小する。通期計画の26億円を超過しており、通期予想については精査中。リチウムイオン電池の開発と実用化に貢献した吉野氏を含む3人の科学者に19年のノーベル化学賞を授与すると発表。リチウムイオン電池関連。

3150 グリムス
中小製造業などへ電力料金削減を提案、電子式開閉器を販売。太陽光発電設備から電力小売りも。10月25日株価は上昇。20年3月通期連結業績では30.4%増収、12.8%経常増益を見込む。エネルギーコストソリューション事業は、業務用エアコン・トランス・コンプレッサー・冷凍機などの各種省エネ設備の販売を推進。スマートハウスプロジェクト事業は、ハウスメーカーとの提携販売やVPP(バーチャルパワープラント)の活用といった多様な販売手法を活用し、蓄電池や住宅用太陽光発電システムの販売を積極的に推進。

3778 さくらインターネット
データセンター運営の業界大手。ベンチャーや小口顧客の比率高い。AI、IoT関連も育成中。10月25日株価は上昇で年初来高値更新。20年3月期第2四半期連結業績では経常利益で106.7%、純利益で220.0%上方修正している。サービス用機器の投資時期見極めや、機器選定プロセスの改善及び稼働ラック等の既存リソースの効率的な活用によるサービス原価の最適化の効果として、減価償却費・リース料、電力費、賃借料が当初想定を下回ることや、グループ会社での採用の遅れ及び既存人員の活用による人件費見通しの減少等により、利益が当初想定を上回り、順調に進捗する見込み。20年3月通期連結業績では17.4%増収、21.3%経常増益を見込む。

7595 アルゴグラフィックス
CADシステム販売、保守サービス主柱、自動車向け半分。CAE育成中。SCSKと資本提携。10月24日、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を新規「バイ」、目標株価を3680円に。20年3月通期連結業績では2.7%増収、2.5%経常増益を見込む。主力のダッソー・システムズの3DCADソフト関連の好調に加えて、21年3月期からの半導体製造工程管理システムの回復などで、過去最高益更新が継続すると予想。

4397 チームスピリット
勤怠管理等業務ソフトを一体化したクラウドサービス提供。10月25日株価は上昇。9月24日、東海東京調査センターが投資判断を新規「アウトパフォーム」、目標株価2300円に。19年8月期の営業利益を2億4000万円と会社計画の2億5000万円に対してややショートを見込むものの、20年8月期は前年比倍増、21年8月期も同倍増と高い伸びを予想。19年8月通期業績では51.7%増収、361.5%経常増益を見込む。9月25日に東京で開催される「Salesforce World Tour Tokyo」に出展。同社の働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」のデモおよび詳細な解説を行う予定。

6315 TOWA
封止や切断加工など半導体後工程用製造装置大手。精密金型製作に競争力。中国等に生産拠点。10月25日株価は上昇で年初来高値更新。20年3月通期連結業績では6.1%増収、72.4%経常増益を見込む。又、19年3月期連結業績では経常利益で70.9%上方修正している。

9277 総合メディカルHD
調剤薬局上位。勤務医の転職支援、院内備品リースも。薬局モール注力。18年10月持株会社移行。10月25日株価は上昇。10月24日発表、20年3月期第2四半期連結経常利益は前年同期比22.1%増の25.65億円となった。尚、20年3月通期連結業績では14.3%増収、16.1%経常増益を見込む。医業支援部門は、ルフト・メディカルケアのグループ化による売上寄与やリース・割賦事業の売上増、薬局部門においては医療モール内調剤薬局の売上増や調剤薬局の新規出店効果により、売上高は前年同期比16.0%増となった。

6722 エイアンドティー
病院向け臨床検査機器システムメーカー。トクヤマの子会社。日本電子と提携。海外開拓に注力。10月25日株価は上昇で年初来高値更新。19年12月期第3四半期連結業績は39.2%増収、880.3%経常増益となった。尚、19年12月通期業績では7.4%増収、30.1%経常増益を見込む。臨床検査機器システム及び消耗品を中心に自社製品販売が増加。一方、臨床検査情報システム及び検体検査自動化システムの大型案件増に伴い、付随する他社製品の販売が増加したことにより、増収幅に対し増益幅は縮小。

6947 図研
プリント基板CAD/CAMの国内最大手。世界でもトップ級。自動車関連や生産管理に触手。10月24日、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を新規「バイ」、目標株価を2710円に。20年3月通期連結業績では3.8%増収、6.0%経常減益を見込む。自動車関連業界のCASE対応など製造業の電装化進展によりPCB、WH(ワイヤーハーネス)設計用CADソフトの需要が拡大傾向にある点を評価。加えて、大手ユーザーを中心にPCB設計用CADソフトでよりハイエンドなCR-8000への移行が起こっていることや、WH設計用CADソフトの新製品の貢献などで過去最高益更新が継続すると見込む。

7970 信越ポリマー
信越化学系。半導体ウエハ容器が主力。車載用タッチスイッチ、OA機器用部品、塩ビ建材も。10月25日株価は上昇で年初来高値更新。10月24日発表、20年3月期第2四半期連結業績では4.8%減収、3.4%経常減益となった。尚、20年3月通期連結業績では2.9%減収、0.3%経常減益を見込む。又、ストック・オプション権利行使時に交付する株式として使用するため、自社株買いを行う。取得上限は45万株(自己株を除く発行済み株式数の0.55%)5億円。

こだわりレーティング
10月28日(月)分

2317 システナ 大和 1継続 1850円→1900円
2413 エムスリー 野村 Buy継続 3000円→3200円
3479 TKP SMBC日興 2→1格上げ 6000円→6500円
3635 コーエーテクモHD 野村 Buy継続 2500円→2900円
4307 NRI 野村 Buy継続 2650円→2750円
4368 扶桑化学 三菱UFJMS 新規Buy 3200円
6622 ダイヘン 三菱UFJMS Buy継続 3600円→3800円
6875 メガチップス マッコーリー OP継続 2100円→2650円
7518 ネットワンシステムズ 大和 1継続 3400円→3500円
7730 マニー SBI 新規買い 3440円
7917 藤森工業 三菱UFJMS 新規Buy 4500円
8818 京阪神ビル 野村 Buy継続 1650円→1660円
9436 沖縄セルラー 野村 Buy継続 4280円→4400円

ヒストリカル
07/02 07/03 07/04 07/05 07/06
07/09 07/10 07/11 07/12 07/13
07/17 07/18 07/19 07/20
07/23 07/24 07/25 07/26 07/27
07/30 07/31 08/01 08/02 08/03
08/06 08/07 08/08 08/09 08/10
08/13 08/14 08/15 08/16 08/17
08/20 08/21 08/22 08/23 08/24
08/27 08/28 08/29 08/30 08/31
09/03 09/04 09/05 09/06 09/07
09/10 09/11 09/12 09/13 09/14
09/18 09/19 09/20 09/21
09/25 09/26 09/27 09/28
10/01 10/02 10/03 10/04 10/05
10/09 10/10 10/11 10/12
10/15 10/16 10/17 10/18 10/19
10/22 10/23 10/24 10/25 10/26
10/29 10/30 10/31 11/01 11/02
11/05 11/06 11/07 11/08 11/09
11/12 11/13 11/14 11/15 11/16
11/19 11/20 11/21 11/22
11/26 11/27 11/28 11/29 11/30
12/03 12/04 12/05 12/06 12/07
12/10 12/11 12/12 12/13 12/14
12/17 12/18 12/19 12/20 12/21
12/25 12/26 12/27 12/28
01/04
01/07 01/08 01/09 01/10 01/11
01/15 01/16 01/17 01/18
01/21 01/22 01/23 01/24 01/25
01/28 01/29 01/30 01/31 02/01
02/04 02/05 02/06 02/07 02/08
02/12 02/13 02/14 02/15
02/18 02/19 02/20 02/21 02/22
02/25 02/26 02/27 02/28 03/01
03/04 03/05 03/06 03/07 03/08
03/11 03/12 03/13 03/14 03/15
03/18 03/19 03/20 03/22
03/25 03/26 03/27 03/28 03/29
04/01 04/02 04/03 04/04 04/05
04/08 04/09 04/10 04/11 04/12
04/15 04/16 04/17 04/18 04/19
04/22 04/23 04/24 04/25 04/26
05/07 05/08 05/09 05/10
05/13 05/14 05/15 05/16 05/17
05/20 05/21 05/22 05/23 05/24
05/27 05/28 05/29 05/30 05/31
06/03 06/04 06/05 06/06 06/07
06/10 06/11 06/12 06/13 06/14
06/17 06/18 06/19 06/20 06/21
06/24 06/25 06/26 06/27 06/28
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本