デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(11/18) 信用取引貸借倍率表(11/15)

令和元年11月19日(火)


 11月18日現在海外相場
NYダウ 28036ドル +31ドル
ナスダック指数 8549P +9P
CME日経先物 23395円 −5円
(尚、CME日経先物の前日比は昨日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎相場強気の見方

 週明け18日の日経平均株価は前週末比で113円高の2万3416円となっています。先週12日に付けた2万3500円台を目指す動きが期待されているようで、米国株が底固いと言うか強い基調を続けている限りでは、この水準は既に視野に入り、次の上値である2万4000円台も年内に示現出来るのではないかと言った強気の見方も出ているようです。

 日本株もそうですが、米国株次第と言うことで言いますと、やはり米中貿易協議の進展具合が最も気になるところです。毎日のように米国や中国の要人が発言し、そして個別に会合を開き、その都度メッセージが発表され、その内容に市場が一喜一憂する動きとなっています。

 週明けの米国株市場でも米CNBCが、中国政府筋の話として、米中貿易協議「第1段階の合意」に署名することに「中国側は悲観的になっている」と伝えています。中国は発動済みの追加関税の撤回確約を署名の条件に位置付けていますが、トランプ米大統領が消極的になっていることなどが理由となっているようです。一方で中国の劉鶴副首相と米国のライトハイザー通商代表部(USTR)代表やムニューシン財務長官が16日に電話会談し、中国国営の新華社通信によると「第1段階の合意を巡り、それぞれの核心的な懸念について建設的な議論をした」ということです。

 米中貿易協議が進展しているとか後退しているとかで米国株が右往左往しているのですが、ただ、これまでの動きを見る限りではポジティブな評価が支配的のようで、それが米国株の高値更新を続けて居る原動力となっているようです。

 そのような強気見通しに中、米JPモルガンの著名ストラテジスト、マルコ・コラノビッチ氏が「マネーの流れが変化してきている」と確信しているとの見方を示しています。世界景気の先行きに対する見方が「懐疑」から「楽観」に振れる前兆が出ており、マネーのうねりは2020年にかけて、日本株の買いに向かいそうだとのことです。日経平均株価が年間で2割近く上げた17年の強気相場の再来となる可能性があると日経新聞で紹介されています。

 一ストラテジストの言う事ですから、俄かに信じるに足るとは思いませんが、それでも日経に記事が出て、多くの投資家や市場関係者が見る訳ですから、内心、先行き不安を強めていた投資家にとっては、心強いコメントだと言うことになるのかも知れません。勿論、上昇してくると強気のコメントが多く聞かれる訳ですから、あまり過度の楽観視は禁物ですが、流石に米国株高を見る限りでは、明らかに日本株の出遅れ感を意識する投資家、特に外国人投資家は多くなるのかも知れませんね。


1429 日本アクア
硬質ウレタンフォームを使った住宅・建築物断熱材の施工販売、エコ注文住宅の桧家グループ。11月15日発表、19年12月通期連結業績では売上高で0.9%、営業利益で27.1%、経常利益で28.6%、純利益で29.2%上方修正している。2期ぶり最高益、配当も5円増額。売上高は、10月に実施された消費税率引上げの影響が懸念されるものの、戸建住宅部門、建築物部門共に「アクアフォーム」の商品力を生かした営業展開が奏功し前回発表予想を上回る見込み。営業利益は、アクアフォームの原材料であるイソシアネートの供給不足による価格高騰の影響が解消したことにより、前回発表予想を上回る見込み。

4571 ナノキャリア
がん領域に特化した創薬ベンチャー。超微細な『ミセル化ナノ粒子』で副作用少ない新薬目指す。11月15日株価は上昇。11月14日発表、20年3月期第2四半期連結業績では34.7%増収、経常損益は7.3億円の赤字と前年同期の9.1億円から赤字幅が縮小した。尚、20年3月通期連結業績では17.0%増収、経常損益は15.36億円の赤字を見込む。主要パイプラインの開発推進、新規パイプラインの探索、提携先の開拓などに積極的に取り組んだ。

3076 あいHD
防犯カメラシステム運営、カッティング機器等情報機器、カード発行機、建設設計が4本柱。11月15日株価は上昇で年初来高値更新。11月14日発表、20年6月期第1四半期連結業績では24.3%減収、12.7%経常増益となった。尚、20年6月通期業績は5.9%減収、6.5%経常増益を見込む。年間配当では5円増配を予定。セキュリティ機器は、マンション向けの自社更新及び一般法人向けが引き続き好調。カード機器及びその他事務用機器は、病院向けカード発行機事業及び鉄骨業界向けのCADソフト事業がそれぞれ元号の改定、消費税改定前の需要増加から好調。

3328 BEENOS
主力は越境EC事業。ブランド品の宅配買い取りや国内外でのインキュベーション事業も展開。11月15日株価は上昇。20年9月通期連結業績では2.9%増収、75.1%経常増益を見込む。2期ぶり最高益、前期配当を5円増額・今期も18円継続。当社の規模や成長性を示す経営指標のひとつである流通総額(国内外における商品流通額)は、Eコマース事業のクロスボーダー部門はFROM JAPAN(海外向け)事業の成長を見込んでいるものの、バリューサイクル部門、リテールライセンス部門については、外部環境や足元の業績動向を鑑み保守的に見積もっていることから当期比1.3%増の510億円(2019年9月期実績は503億円)と計画。

4427 EduLab
ネットによる英語教育サービスが出発点、英検向けの比重高い、AI活用による次世代教育も。11月15日株価は上昇。20年9月通期連結業績では34.7%増収、31.8%経常増益を見込む。英検受験者数の増加でライセンス収入が拡大するほか、全国学力・学習状況調査の受託なども伸びた。又、従来未定としていた前期配当は創業20周年記念配当23円を実施する方針で初配当。

6233 極東産機
自動化・省力化の産業機械メーカー。法人向けは内装施工機、受注生産は2次電池製造機が得意。11月15日株価は上昇。11月14発表、20年9月通期連結業績では8.1%増収、135.8%経常増益を見込む。7期ぶり最高益更新。主力のインテリア事業部門の業務用カタログNO.15の発刊や、各セグメントでの新商品開発など、積極的な販売強化策を実施。

6584 三桜工業
自動車用の各種チューブや集合配管などを製造、国内シェア約4割。独立系。世界に工場多数。11月15日株価は上昇。11月14日発表、20年3月通期連結業績では営業利益で73.1%、経常利益で100%、純利益で200%上方修正している。配当も9円増額。欧州やインドにおいて、環境規制強化の影響等により売上高の減少が見込まれることから前回予想を下回る見通し。一方、連結営業利益及び経常利益は、国内拠点及び米国はじめ海外拠点において、生産効率の改善や物流費の低減、固定費の削減等を進めているほか、欧州事業については、不採算製品についての販売価格の見直しと品質ロス低減等の原価改善、間接人員削減を含む固定費の削減といった徹底した収益性改善策の効果等による。

9468 カドカワ
出版大手KADOKAWAと動画サイト運営のドワンゴが統合。ニコニコ動画の立て直し急務。11月15日株価は上昇。11月14日発表、20年3月通期連結業績では営業利益で85.2%、経常利益で74.2%、純利益で150%上方修正している。4期ぶり最高益、配当も10円増額。売上高は映像・ゲーム事業とその他事業において、期初予想時点では想定していなかった子会社売却を行ったこと等により、減収となった。営業利益は出版事業が引き続き好調に推移する見込み。また、昨年度より行なってきたドワンゴの構造改革が想定より早く進み、Webサービス事業で収益が大きく改善すること、全社にかかるコストが改善することにより、増益を見込む。

2170 リンクアンドモチベーション
 組織・人事・IRなど経営コンサルが主柱。IT・資格取得教室や外国語指導講師の配置も。11月15日株価は上昇でストップ高。11月14日発表、19年12月期第3四半期連結業績は4.4%減収、38.1%税引前減益となった。尚、19年12月通期連結業績では3.6%減収、45.3%税引前減益を見込む。第3四半期業績が通期予想を上ブレした事を好感する動きに。

3288 オープンハウス
不動産仲介からスタートした独立系。都内23区、川崎、横浜の狭小地の戸建てに強み、製販一体。11月15日株価は上昇で年初来高値更新。11月14発表、20年9月通期連結業績では11.0%増収、14.7%経常増益を見込む。8期連続最高益、実質増配。収益不動産事業及びマンション事業等において当初計画を上回って業績が推移することが見込まれる。

3981 ビーグリー
スマホ向け電子コミック配信サービス『まんが王国』運営。漫画家、出版社との直接契約に特徴。11月15日株価は上昇で年初来高値更新。11月14日発表、19年12月期第3四半期連結業績は12.1%増収、116.2%経常増益となった。尚、19年12月通期連結業績では9.4%増収、58.9%経常増益を見込む。
ゲームビジネスは「RenCa:A/N(レンカアルバニグル)」のリリースに向けた共同開発に注力したほか、新たな共同開発案件も進めている。なお、プロジェクト参画しているタイトルが複数リリースされ、2019年8月に月次最高売上高を更新し、当第3四半期の売上高は過去最高を記録した。

4047 関電化
古河系化学企業の一角。独自フッ素系技術擁す。精密化学品は半導体・FPD用特殊ガスに強み。11月15日株価は上昇で年初来高値更新。11月14日発表、20年3月通期連結業績では売上高で2.3%、営業利益で26.8%、経常利益で28.1%、純利益で19.0%上方修正している。主に精密化学品部門において、原材料価格や減価償却費などが計画を下回ったため、前回発表の予想を上回った。2020年3月期通期連結業績予想は、米中貿易摩擦及び日韓関係の緊張が今後の当社業績に及ぼす影響は依然として不透明ではあるものの、当期の業績への影響は足元の受注状況等から限定的であると判断したため、前回発表予想を修正している。

4435 カオナビ
顔写真使う企業向け人材マネジメントシステムをクラウドで提供、リクルートの持分法会社。11月15日株価は上昇。11月14日発表、20年3月通期連結業績では売上高で2.4%上方修正している。新規顧客の獲得と顧客単価の上昇が順調に推移しており、また上期に実施したTVCM等のマーケティング効果により下期以降の新規顧客の獲得がさらに進むことが想定されるため、前回発表を上回る。

6082 ライドオンエクスプレスHD
『銀のさら』『釜寅』など調理済み食材宅配事業を全国展開。飲食店の出前代行サービスにも注力。11月15日株価は上昇。11月14日発表、20年3月通期連結業績では売上高で0.9%、営業利益で35.2%、経常利益で34.2%、純利益で34.1%上方修正している。4期ぶり最高益更新。ゴールデンウィークの大型連休による特需効果、WEB注文促進の各種施策の効果などにより、宅配寿司「銀のさら」、宅配御膳「釜寅」の売上は好調に推移した。

7199 プレミアグループ
中古車オートクレジットとワランティ(修理保証)の2本柱。整備・板金育成、東南アに展開。11月15日株価は上昇。11月14日発表、20年3月期第2四半期連結業績では28.5%増収、192.8%税引前増益となった。尚、20年3月期連結業績では27.8%増収、53.5%税引前増益を見込む。年間配当では株式分割を考慮して実質1.5円増配を予定。クレジット事業、ワランティ事業が大きく伸長した。

こだわりレーティング
11月18日(月)分

2398 ツクイ 三菱UFJMS Buy継続 700円→750円
3453 ケネディクス商業R 野村 Buy継続 301000円→333000円
4324 電通 大和 1継続 5440円→5820円
6187 LITALICO 野村 Buy継続 2500円→3000円
6508 明電舎 SMBC日興 1継続 2100円→2400円
6770 アルプスアルパイン マッコーリー Neutral→OP格上げ 2000円→3200円
6963 ローム SMBC日興 1継続 9500円→9600円
6976 太陽誘電 三菱UFJMS Overweight継続 3200円→3500円
7202 いすゞ自動車 メリル 買い継続 1320円→1450円
7276 小糸製作所 野村 Buy継続 6600円→6700円
9062 日本通運 野村 Buy継続 6500円→7800円
9375 近鉄エクスプレス UBS Buy継続 2300円→2500円
9434 ソフトバンク 野村 Buy継続 1650円→1670円
9437 NTTドコモ SMBC日興 1継続 3000円→3500円

ヒストリカル
07/02 07/03 07/04 07/05 07/06
07/09 07/10 07/11 07/12 07/13
07/17 07/18 07/19 07/20
07/23 07/24 07/25 07/26 07/27
07/30 07/31 08/01 08/02 08/03
08/06 08/07 08/08 08/09 08/10
08/13 08/14 08/15 08/16 08/17
08/20 08/21 08/22 08/23 08/24
08/27 08/28 08/29 08/30 08/31
09/03 09/04 09/05 09/06 09/07
09/10 09/11 09/12 09/13 09/14
09/18 09/19 09/20 09/21
09/25 09/26 09/27 09/28
10/01 10/02 10/03 10/04 10/05
10/09 10/10 10/11 10/12
10/15 10/16 10/17 10/18 10/19
10/22 10/23 10/24 10/25 10/26
10/29 10/30 10/31 11/01 11/02
11/05 11/06 11/07 11/08 11/09
11/12 11/13 11/14 11/15 11/16
11/19 11/20 11/21 11/22
11/26 11/27 11/28 11/29 11/30
12/03 12/04 12/05 12/06 12/07
12/10 12/11 12/12 12/13 12/14
12/17 12/18 12/19 12/20 12/21
12/25 12/26 12/27 12/28
01/04
01/07 01/08 01/09 01/10 01/11
01/15 01/16 01/17 01/18
01/21 01/22 01/23 01/24 01/25
01/28 01/29 01/30 01/31 02/01
02/04 02/05 02/06 02/07 02/08
02/12 02/13 02/14 02/15
02/18 02/19 02/20 02/21 02/22
02/25 02/26 02/27 02/28 03/01
03/04 03/05 03/06 03/07 03/08
03/11 03/12 03/13 03/14 03/15
03/18 03/19 03/20 03/22
03/25 03/26 03/27 03/28 03/29
04/01 04/02 04/03 04/04 04/05
04/08 04/09 04/10 04/11 04/12
04/15 04/16 04/17 04/18 04/19
04/22 04/23 04/24 04/25 04/26
05/07 05/08 05/09 05/10
05/13 05/14 05/15 05/16 05/17
05/20 05/21 05/22 05/23 05/24
05/27 05/28 05/29 05/30 05/31
06/03 06/04 06/05 06/06 06/07
06/10 06/11 06/12 06/13 06/14
06/17 06/18 06/19 06/20 06/21
06/24 06/25 06/26 06/27 06/28
07/01 07/02 07/03 07/04 07/05
07/08 07/09 07/10 07/11 07/12
07/16 07/17 07/18 07/19
07/22 07/23 07/24 07/25 07/26
07/29 07/30 07/31 08/01 08/02
08/05 08/06 08/07 08/08 08/09
08/13 08/14 08/15 08/16
08/26 08/27 08/28 08/29 08/30
09/02 09/03 09/04 09/05 09/06
09/09 09/10 09/11 09/12 09/13
09/17 09/18 09/19 09/20
09/24 09/25 09/26 09/27
09/30 10/01 10/02 10/03 10/04
10/07 10/08 10/09 10/10 10/11
10/15 10/16 10/17 10/18
10/21 10/23 10/24 10/25
10/28 10/29 10/30 10/31 11/01
11/11 11/12 11/13 11/14 11/15
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本