NOW おいしい銘柄|2484 出前館 3961 シルバーエッグ・テクノロジー|株式情報株情報株入門デイトレードならキッチンカブー

第一線市場レター



 − 9/3(木) −


思惑膨らみ株価高に

2484 出前館

 9/1に一時ストップ高となり2800円突破。この株は1700円台から一度1400円台となり、この通信では毎日のように押し目買いお伝えした。先日、WBSがUber Eatsとの買収検討伝え、翌日には2444円まで上げた。会社側の全面否定から株価は落ち着いたが、ここで何も材料らしいもの出てないのにどんどん上がり2800円。要するに、買いを入れている人は、今後何かがある、あるはずだで買い、買収劇があるとどうなるのか、という想像から買いが入る。今は決まっていないのに、思惑買いが入る状況。このままで次なる動きでは3000円突破も期待。


「Go Deep」戦略の推進やネット通販需要増の影響で上期は大幅な増収

3961 シルバーエッグ・テクノロジー

 AI技術をベースに、インターネットサイトにおける利用者の好みにあった物品やサービスを推薦するための技術や手法を顧客企業に提供するマーケティング・サービスを展開しているシルバーエッグ・テクノロジー。8月11日に発表された上半期決算が大幅な増収となり(30.5%増)、営業利益も通期計画に対する進捗率がちょうど100%に達するなど(2017年12月期の営業最高益を軽々と上回るペース)、今2020年12月期がハイペースで推移していることに関心が集まっており、株価にもさらなる水準訂正の余地が残されていると予想する。上半期は「Go Deep」戦略を推進(既存業界であるアパレル、人材、電子書籍を中心とした既存顧客の売上が堅調に推移した)、加えて新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛要請に伴う「巣ごもり消費」に起因するインターネット通販需要増加時期の影響もあり、特に既存顧客向けの取り込みにより大幅な増収を達成、利益面も費用抑制効果等が奏功した。今後もAI技術をベースにしたデジタルマーケティングサービスの提供を通じ、多様なマーケティング背笹クノ効果向上を支援すると共に、あらゆるチャネルとデバイス上でのパーソナライゼーションによる付加価値向上を実現する、そのような方針を会社側も示しており、時価水準には大いに投資妙味が感じられる。