Go−Goニュース|GMO−PG、OLC、エニグモ、村田製作所、CTSなどが高値を更新|株式情報株情報株入門デイトレードならキッチンカブー

Go−Goニュース



 − 6/19(火) −


GMO−PG、OLC、エニグモ、村田製作所、CTSなどが高値を更新


 朝方の東京市場は全般軟調に推移している。本日のNY市場では米中貿易摩擦を警戒した売りが続き、ダウは5日続落となる103ドル安(ナスダックは0.647ポイント高)となったことを受け、朝方の東京市場も米株安や円相場が強含んでいることなどが重しになっているようだ。日経平均は100円程度の下落となっている。業種別で高いのは鉱業、石油・石炭、精密機器、卸売業など。個別ではGMO−PG、OLC、エニグモ、村田製作所、CTSなどが高値を更新している。9:02現在の日経平均株価は96円安の22,584円、為替相場は1ドル110円15〜16銭で推移している。


【東証1部】ヨシムラHD、カプコン、Jマテリアル、クボタ、CTS、GMO−PG、NSD、コスモHD、小野薬、第一カッター、シュッピン、Hamee、アイロムG、T&G、ブレインパッド、リログループ、パラベッド、インソース、エムアップ、関西みらいなどが高い。

【東証2部】明治機械、大丸エナ、アイケイ、ウエスコHD、森尾電機、プレミアグループ、RVH、野崎印刷、進和、森尾電機などが堅調。

【マザーズ】窪田製薬、シェアリングテクノロジー、ファイバーゲート、グレイス、アンビション、エスユーエス、ブティックス、エニグモ、ビープラッツ、MSコンサル、JIA、シルバライフ、SOU、FRONTEO、弁護士コムなどがしっかり。

【ジャスダック】クラスター、ジェクシード、ファンドクリG、システムズD、クルーズ、ユニバーサル、リーバイス、エスプール、グリムス、山王、ユビキタス、UTグループ、シンバイオ、ネクスウェア、フォーサイド、セプテニHDなどが個別に物色されている。



※9:15現在の東証一部の新高値銘柄(数)は44、一方、新安値銘柄は167だった。

※9:15現在の東証一部の値上がり銘柄数は815、値下がり銘柄数は1133だった。

※8:30現在のグローベックス24時間取引のS&P先物はマイナス0.25ポイントの2779.50、ナスダック100はプラス1.25ポイントの7277.25とそれぞれ小動きで推移している。


【主な活発銘柄】

小野薬(4528) 2708.0円買い気配 「小野薬品工業などは18日、中国でがん免疫薬オプジーボが非小細胞肺がんの治療薬として承認を得たと発表した。中国では毎年78万人以上が肺がんと診断され、がんの中で最も発症率と死亡率が高いという。中国でがん免疫薬そのものが承認されるのは初めてとしている」と報じられたことを材料視、買い気配となっている。

三井E&S(7003) 1427円9円高 「三井E&Sホールディングスは2019年3月期に純現金収支(フリーキャッシュフロー)の赤字を6年ぶりに解消する見込みだ。前期は126億円の赤字だったが、今期は380億円の黒字を見込む。前期に追加損失が発生したプラント案件が完工する一方、今期は海洋開発事業の収益が改善する」と報じられたことを好感、小ジッカリで推移している。

パーソルHD(2181) 2475円16円高 「パーソルホールディングスは2020年3月期をメドに自己資本利益率(ROE)を14%程度に高める計画だ。18年3月期のROEは5.5%だった。転職仲介事業など利益率が高い事業を伸ばす一方、増配を継続して資本の増加を抑える」と報じられたことを材料視、堅調に推移している。

東芝(6502) 335円3円高 「ムーディーズ・ジャパンは18日、東芝(6502)のコーポレート・ファミリー・レーティング(CFR、投機的等級を付与している企業の格付け)を従来のCaa1(トリプルCプラスに相当)からB1(シングルBプラスに相当)に3段階引き上げたと発表した。ムーディーズは東芝メモリの売却後、東芝の流動性および財務基盤が著しく改善したことを反映したと説明した。格付けの見通しは安定的とした」と報じられたことを好感、小ジッカリで推移している。

やまねメディカル(2144) 709円買い気配 「当社は、本日開催の取締役会において、成長の第2ステージと位置付ける総合ケアセンター事業に続いて、暗号通貨発行を伴う新事業を第3ステージの主力事業として位置付け、社会の急速な高齢化の進行に伴い深刻化する諸問題へのソリューション提供事業に加えて、新たに生じ拡大する多様な需要に応える新事業の展開に全力で取り組んで行くことを正式に意思決定いたしました。これに伴い、暗号通貨推進室、暗号通貨研究室、全社横断的な暗号通貨事業推進会議を組成して、社内での推進体制を整備いたしました」と報じられたことを材料視、買い気配となっている。

窪田製薬(4596) 379円買い気配 「エミクススタト塩酸塩の増殖糖尿病網膜症を対象とした臨床第2相試験の解析結果において、黄斑浮腫を改善する可能性を示唆」などと報じられたことを好感、買い気配となっている。