デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

おすすめランチ|世界経済は世界の人口増と共に緩やかに成長を続けていくし、それに従って株価も...|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
おすすめランチ


 − 4/12(月) − 


世界経済は世界の人口増と共に緩やかに成長を続けていくし、それに従って株価も...


山岡マネージャー:社会的には依然として新型コロナとの戦い、感染対策というものが続けられているのですが、これはもう長期戦ですよね。仮に今回の新型コロナを完全に克服して撲滅することができたとしても、二度と同じような未知の感染症が発生しないなんてことはまずあり得ませんし、経済活動が再開し、国と国との国交も始まったりしてくると、また第2第3の新型コロナが出てきて、しかも、今回のワクチンで接種した抗体が全く通用しない、そんな恐れだってあるはずです。ですから、超長期的に感染対策というのは続けないといけないかもしれない、でも、経済は今のような状態が今後も続くはずです。


海原総料理長:そういうことじゃな。今回の新型コロナでもわかったように同じウイルスなのに違うウイルスが発生したかのようにウイルスも生き延びるのに必死なのでどんど違う変異株というものに姿を変えていくわけで、変異に変異が重なり、元々は新型コロナウイルスだったのに全く違うウイルスに変わってしまうということは起こりうるだろうし、人類の歴史上、今回の新型コロナが「最終最後の感染症」ということになるなど、まずあり得ないだろうな。世界の人口はどんどん増え続けているし、かつてのコロナ前までのような盛んな人と人との接触や交流が行われるようになれば、また厄介な感染症が発生してくるし、その繰り返しだ。これまでがそうだったのだから、これからだって未知のウイルスが次々と出てくると考えるのが自然であり、「今回で最後だ」と考えるのは逆に不自然だ。だから、感染対策というのは半ば永遠に続けなければいけないことと覚悟しなければいけないし、その一方では経済は経済で成長が続くだろうな。人間が生きている以上は衣食住というものが必ず必要なのだから、経済が動かないわけがないわけで、コロナではちょっと停滞したところもあったが、結局のところ世界経済は世界の人口増と共に緩やかに成長を続けていくし、それに従って株価も右肩上がりトレンドを保つ、そのように考えて大きな間違いはないな。成長するものに投資をする株式投資を改めて真剣に考えたい。


山岡マネージャー:おっしゃる通りだと思います。コロナ禍で一人一律10万円が出たとか、海外旅行も国内旅行も行けなくなり、外食などの飲食もできなくなり、お金の使い道が無くなったという人が過去一年で随分と発生したと言われていますが、そうした方々の多くは消費ではなく株式への投資というお金の使い方をしたと報じられています。投資ですから使ったという言い方は少し変ですが、ただ残しておくぐらいであれば指数が動いている株式に投入すれば少しは増えるだろう、金利がほとんどつかない銀行に預金しているぐらいであれば投資をしようと考える人が出てきても不思議はありませんし、実際に余剰資金を投資に振り向けた方は大半が良い結果が出ていますし、そうした方々は今後も積極的に投資を続け、資産形成に少しずつ近づいていくのだと思います。コロナ禍が追い風になった企業もあれば、コロナ禍を上手に利用した個人投資家さんも数多くいた、そんなことが今後も起きるのだと思います。それでは本日も、いくつか「先高期待株」をお願いします。


海原総料理長:そうじゃな。企業の効率化を支援するコンサルティングを展開している6560LTS(長期での契約が特徴)だが、旺盛な需要に支えられて成長が続いており(前2020年12月期は売上高、各利益が揃って過去最高を更新)、株価にも活躍の余地が残されていると予想したい。2021年12月期に関して会社側では26%の増収、営業21.3%増益を計画しているという。今期の主力のプロフェッショナルサービス事業(収益構成で96%を占める)だが、企業の競争力を確保するための戦略的IT投資や業務効率化、「新しい生活様式」に適応したテレワーク等の働き方改革といった経営のDXに対する需要は堅調な推移が見込まれている。5月中旬頃を予定している今期の“滑り出し”となる第1四半期決算にも市場は期待を寄せているようだ。


山岡マネージャー:システム開発ですが、電通の子会社で金融・製造業向けに豊富な実績を有している4812ISIDも成長が続いており、株価にも依然として“伸びしろ”が残されていると予想します。売上高、各利益が揃って過去最高を更新した前2020年12月期に続き、2021年12月期も見通しは良好です。今期に関しても会社側は1.2%増収、営業2.6%増益と微増ながらも増収増益を計画しています。新型コロナウイルス感染症の再拡大を背景に、景気の先行きは不透明な状況にあるものの、コミュニケーションITセグメント当該事業部を加え、マーケティングから基幹領域全体をカバーするDX支援事業を強力に推進し、増収増益を今期も確保する公算です。市場では2022年12月期以降も増収増益を維持できると観測しています。4月28日に発表予定している今期の“滑り出し”となる第1四半期決算にも市場は期待を寄せているようです。


海原総料理長:メール管理の国内トップとして知られるおなじみの3923ラクスだが、業績成長が続いていることを評価した買いに支えられ、株価は今後も底堅い動きを保っていくと予想したい。5月上旬に発表される予定の2021年3月期通期の業績について、会社側では昨年10月に増額した見通しを据え置いており、30%の増収、営業利益3.1倍を見込んでいる。広告宣伝費が減少することなどが大幅増益につながるとのことだ(通期の営業利益計画に対する第3四半期累計の進捗率は77%と順調)。「クラウド事業」は新規受注が好調であり、「IT人材事業」ではアサインの遅れから低下していた稼働率が足もとで回復傾向にあるとしている。今後、「クラウド事業」では好調な「楽楽明細」や販売管理システム「楽楽販売」の営業人員を増やすなど成長投資を強化し、育成、「IT人材事業」では稼働率が回復してきたことから停止していた採用活動を再開する模様だ。2022年3月期も大幅な増収が続く見通しとなっている。


山岡マネージャー:スマホ向けの家計簿アプリを展開しているおなじみの3994マネーフォワードですが、ここも旺盛な需要に支えられて成長が続いており、株価にも水準訂正の余地があると予想します。売上高が過去最高を更新した2020年11月期に続き、2021年11月期も売上高は30%増〜39%増を見込み、営業損益では前期比で16億円改善の12億円の赤字〜同20億円改善の8億円の赤字を計画しています。「MFクラウド」を中心とするBusinessドメインが引き続き成長を牽引する見通しです。「FMクラウド」では引き続き法人顧客の獲得に注力するほか、個人向けサービス家計簿アプリ「マネーフォワードME」とのサービス連携により、個人事業主の開拓も加速する、そのような考えを示しています。ここでクレディ・スイスが5400円目標としてきたことも一つの株価への好材料と考えられます(第1四半期決算は4月13日に発表)。


海原総料理長:ネット環境の自動管理を行っている3914JIG−SAWだが、売上が過去最高を更新した2020年12月期に続き、業績予想は非開示ながら2021年12月期もストック型ビジネス(解約率の低い月額課金)の堅調な推移により、前期決算の発表時において、過去最高の売上高が見込まれるなどと会社側は説明している。また、今年1月には再生医療分野におけるソフトウェアによる細胞制御技術について、米国特許商標庁から特許査定を受領したと発表。可視光波長変換ソフトウェアをスマートグラス型の映像装置に搭載するもので、視覚を回復することを目的としているとのことだ。2021年12月期の業績にプラスに働く材料として引き続き注目されている。


山岡マネージャー:流通・製造業向けなど企業業務系を中心にシステム設計・構築を手掛けている3798ULS−Gですが、成長が続いており、株価にもアップサイド・ポテンシャルを十分に有していると予想します。前2020年3月期は売上高、各利益が揃って過去最高を更新しましたが、5月14日に発表を予定している2021年3月期本決算も順調に推移しています。好調さを象徴するように売上高を58.5億円から72億円に、営業利益を10億円から14.4億円へとそれぞれ増額修正をしています(2月初旬)。建設、金融、製造及びサービス業等を中心とする既存顧客のIT投資の拡大や新規顧客の増加により、前回発表時の想定を超えて受注が堅調に推移し、増収(上方修正)に貢献しています。損益面についても売上高の拡大に加え、プロジェクト管理の効率的なグループ事業運営の徹底により、営業利益以下、全ての利益項目が揃って上方修正されています。この勢いは2022年3月期以降も維持される見通しとなっており、今後も売上高の伸び、利益の伸びが続きます(揃って過去最高を更新していく見通し)。その子さんは何か材料株情報ございますか?


その子さん:ていうかぁー、皇室の眞子様だっけ?結婚するしないとかでゴタゴタしてて、何だか気の毒よね〜やんごとなき人達だけのことだけにね〜、華やかに幸せになってもらわないと下々のアタシたちとしては困っちゃうんだけどさ〜、あの小椋佳じゃなくて小室圭さんだっけ?あんまり感じが悪い人でもないし、半グレ集団に所属していたような悪党でもないし、ごくごく普通の真面目なお坊ちゃんという感じなんだけど、でもさ〜、自分の問題というよりも親の問題が引っ掛かってるわけじゃない?そんなのはさ〜、要するに「断捨離」しちゃえばいいのよ〜。そもそも両性の合意のみに基づいて婚姻は成立するわけだし、あんな母親は「断捨離」して、もう関係がないという関係にしてしまえば2人で結婚してトンズラすればいいんじゃないの?眞子様も皇室から出ることになるけれど単純に愛し合う2人が添い遂げたいというのであれば変な母親を捨て、眞子様は皇室のしがらみを捨て、さっさと結婚してトンズラして地方でコンビニのフランチャイズでもやって食べていけばいいのよ(笑)。まぁ〜、そう単純に行かないからモメモメとモメているんだけどね。女性は好きな男生と一緒になり、男性は好きな女性と一緒になり、仲良く幸せに生きていけば、あとは何か仕事をやり、あるいは株式のトレーダーをやりで、稼いで生きていけばいいんじゃないの?そういうことでしょ?てなわけで、4180エイピアグループ。AIを使ったマーケティング支援。もう散々買われているけれど、でも、今のところはまだ投資資金を呼び込みやすい状態が続くんじゃないかしら?


山岡マネージャー:ありがとうございました。それでは、総料理長の方から「今日のおすすめ」をお願いします。


海原総料理長:そうじゃな。電気料金の削減を提案する電力コンサルのおなじみの3150グリムスだが、成長が続いており、株価にも水準訂正の余地があると予想したい。前期は売上高、各利益が揃って過去最高を更新したが、2021年3月期に関しても会社側は9%の増収、営業9%増益を見込んでいる。しかし、第3四半期累計の営業利益は通期計画に対して100%の進捗率で計画を達成済みだ。エネルギーコストソリューション事業、小売電気事業などが牽引し、2021年3月期も売上高、各利益が揃って過去最高を更新し、続く2022年3月期に関しても高い業績変化を維持すると市場では観測している。いい企業だ。



『老後に2000万円が必要』を解決する“ソリューション”が『カブーフレンズ』

 幸か不幸か私達には金融市場を通じて資産を形成しなければいけない時代が訪れています。人口減少・高齢社会の到来によって現役世代にとっては社会保障負担が増す一方であり、通常の労働による報酬だけでは生活が立ち行かなくなる、そんな時代が訪れつつあります。では、自身の生活・家族の暮らしを守り、それと同時に資産を形成して豊かな人生を歩むにはどうしたらいいか?そのためには欧米諸国がやり遂げたのと同様、金融市場を通じて資産を形成しなければいけないのです。ただし、失敗は許されません。経済的な変動や社会情勢の悪化によって資産形成をするという目標が「やってはみたが不運にもできなかった」では許されません。そうした不安や問題を解決するソリューションが当キッチンカブーの有料サイト『カブーフレンズ』です。『カブーフレンズ』を念入りにご購読し、ご活用いただければ皆様方が直面する「資産形成を試みたが不運にもできなかった」などという問題や不安を間違いなく解消できることをお約束致します。『カブーフレンズ』の1カ月のご購読料金は8228円(7,480円+消費税)です。お支払いは便利なクレジットカード決済です。カブーフレンズの案内は≪ここ≫をクリックして下さい。



click here click here click here


※未確認情報が含まれています。投資判断は自己責任でお願いします。


 有価証券の投資については相場変動リスクが伴います。投資顧問業報酬、および、相場変動リスクについて詳しくは、こちらの『金融商品取引法に基づく表示』にある『有価証券等に係るリスクについて』をよくお読みください。


ヒストリカル
        3/12(金)
3/15(月) 3/16(火) 3/17(水) 3/18(木) 3/19(金)
3/22(月) 3/23(火) 3/24(水) 3/25(木) 3/26(金)
3/29(月) 3/30(火) 3/31(水) 4/1(木) 4/2(金)
4/5(月) 4/6(火) 4/7(水) 4/8(木) 4/9(金)
4/12(月) 4/13(火) 4/14(水) 4/15(木) 4/16(金)

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ


カブーフレンズ見本