デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

おすすめランチ|やはり、最後に生き残るというか最後に勝ち抜くのは日本だと...|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
おすすめランチ


 − 4/9(木) − 


やはり、最後に生き残るというか最後に勝ち抜くのは日本だと...


山岡マネージャー:日本は人口が多い7都府県で「緊急事態宣言」が発令され、日本中が改めて気を引き締め直しているところですが、感染拡大が深刻化した欧米では、ソロリと「封鎖緩和」に動き始めています。中国では、とっくに日常生活を取り戻している、そんなことが報じられていますが、でも、どうでしょう?欧米の「封鎖緩和」は少し拙速過ぎるというか早まった考えではないかと思えてしまうのは私だけでしょうか。中国の「封鎖解除」や欧米の「封鎖緩和」が再びの感染拡大につながるような気がしてなりません。


海原総料理長:そういうことじゃな。それには残念ながらワシも同感だ。正直、中国のことはよくわからないが、感染の中心となっている欧米諸国は少し感染拡大のペースが鈍ってきている、「よかったよかった」とやっているわけだが、しかし、死者数は毎日のように日本の死者数全体の10倍ぐらいのペースで人が死んでいるわけだし、それで楽観的になるという、その神経が日本人にはよくわからないところがある。フランスでは1日に350人ぐらい死んでいるとか米国では1日に750人ぐらい死んでいるが、日本は1日に3人か4人だ。しかも、欧米よりも先に日本は新型コロナウイルスの問題が明らかになり、もう2カ月以上も戦い続けている。にも関わらず1日に数百人も人が死ぬなんてことにはなっていないし、ちょっと次元が違うわけだが、その欧米が「封鎖緩和」なんてのは俄に信じられないものがあるし、ほぼほぼ100%間違いなく逆戻りしてしまうことになるだろうな。これだけ大変なことになり、もうヘトヘトになっている中で再びどん底に叩き落とされるとなると、そのショックは計り知れないものがある。やはり、最後に生き残るというか最後に勝ち抜くのは日本だとワシは思う。欧米諸国には申し訳ないが恐らくそうだろう。


山岡マネージャー:おっしゃる通りだと思います。よく海外メディアは日本のことを「今頃になって緊急事態宣言は手遅れだ」とか「日本は緊張感が乏しすぎる。すぐに欧米のようになる」などと批判をしていますが、本当にそうでしょうか?毎日、日本の100倍も200倍もの人の命が奪われているというのに、そのおぞましい現実があるにも関わらず「封鎖緩和」に動き出そうとしている欧米諸国のほうがどうかしていると思いますし、気が緩み過ぎだと思うし、リスク・マネジメントがなってないと思いますし、また、感染拡大が深刻化して、死ななくてもよかった人までどんどん死んでいくことになり、社会や経済がメチャメチャになってしまう恐れがあります。そして、連日のように申し上げていますが感染拡大がジワジワと進んでいる後進国・途上国への支援をどこの国もやらないでしょうし、後進国・途上国は阿鼻叫喚の悲劇が待ち受けていると思います。欧米が完全に壊滅状態となり、後進国・途上国は地球上の地図から消えてしまう、そんなことにもなりかねない中、日本は「我が道を行く」、そんなことになっていくのだと思います。それでは本日も、いくつか「先高期待株」をお願いします。


海原総料理長:そうじゃな。たびたびお伝えする7564ワークマンだが、業績が拡大を続けている割には足元の株価水準には出遅れ感が感じられる状態にあり、引き続きここからの積極的な姿勢を推奨したい。新型コロナウイルスの感染拡大のが続く中にあって、依然として足元の月次売上高が高い伸びを続けている。4月1日に発表された3月の月次売上高だが、3月は例年と比べ気温が高く、ショートソックスや薄手の長袖Tシャツ、カーゴパンツの販売が伸びたほか、人混みの多い場所を避けた行動をする人が増えたことでアウトドア・スポーツ向けのクライミングパンツなどが好調。3月の既存店売上高は前年同月比17.7%増となり、2桁増の基調を維持している。5月7日に発表される予定の本決算にもサプライズが予想される。


山岡マネージャー:新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからないことで米国などの医療機関では人工呼吸器が不足しており、関連で8086ニプロには改めて物色の矛先が向かう可能性が高いと考えられます。マスクが極端に不足していることや感染者でも重症化した人には人工呼吸器が必要なこと、また、現在はオンライン診療も注目されています。政府が大都市圏を中心にホテルを使って“コロナ病院”を整備し始めていますが、感染者がやホテルで療養する際の経過観察にオンライン診療が使えるほか、持病の通院先で二次感染を防ぐ役割も期待されています。ニプロのオンライン診療は医療機関のパソコンに専用ソフトとカメラをセットし、患者のスマホにアプリを入れるだけのもの。暫く同社株は底堅い動きが続く可能性があります。


海原総料理長:人工知能(AI)技術を用いた光学式文字読み取りサービスの4488AIinsideだが、主力サービス「DX Suite」の契約が順調に増加していることもあり、株価は足元で急伸。同サービスは各種申込書や受発注伝票などの手書き文字を自動でデータ化することで、事務作業の『省力化』につながることとして需要が拡大しており、中長期の収益拡大期待が高まっている。新型コロナウイルスが拡大する中、手書きで書かれた医者のカルテをデータ化することで医療情報の精度の向上にもつながるとして医療現場でも導入が進んでおり、2021年3月期以降も高成長を維持できると観測されている(2020年3月期本決算は5月13日に発表される予定)。押し目を拾えれば確度の高いリバウンドが狙えそうだ。


山岡マネージャー:雑貨製造販売の7818トランザクションも業績成長が続いていますが、ここで中国からマスクを緊急輸入し、販売するといったことが報道されたこともあり、新型コロナウイルス関連の一つとして株価も値上がりが見込めるのではないかと予想します。一般(デザイン)雑貨・エコ雑貨・ヘルスケア&ビューティー雑貨などを企画・デザインし、アジア圏で製造委託する移動型ファブレスメーカーの同社。ここでは、報道にあったように、これまで合計で約1500万枚のマスクと70万個の除菌ウェットティッシュを緊急輸入糸、順次供給を続けてきましたが、ここでさらに追加でマスク1000万枚を緊急輸入し、事業者向けに供給体制を強化すると発表(4月7日より5円値下げして1枚あたり55円で販売する)。来週13日に発表される予定の第2四半期決算にも期待が寄せられているようです。


海原総料理長:生鮮食料品や惣菜・弁当などに使われる簡易食品トレー業界ではトップとして知られる7947エフピコだが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で世界的に株安が起きる中、新型コロナウイルスの感染拡大が追い風になっているようで3月4月と逆行高を演じており、株価には根強い先高感が感じられる状態にある。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で外食を避け、スーパーなどで買った惣菜を持ち帰って食べたり、あるいはデリバリーの注文が増加するなど、いわゆる「中食」が増加していることで同社は恩恵を受けているという(自宅で炊事する人が増え、電子レンジで使用可能な透明容器も足もとで販売が伸びていると考えられる)。また、この株は信用の取り組み倍率が0.24倍と「売り長」となっており、売り方の損失覚悟の買い戻しが膨らみやすいことも買い方には好都合と言えよう。


山岡マネージャー:100円ショップ「Watts」「meets.」「sik」などを展開している2735ワッツですが、足元の株価が底堅い動きを見せているように業績が好調、株価にもまだまだ値上がりの余地があると予想します。同業のセリアなどと同様に新型コロナウイルスの感染拡大を受け、マスクや様々な生活用品などの販売が増加しています。先に発表されていた3月の月次売上高も全社では5.0%増でしたが既存店は8.8%増と好調。既存店の推移は1月が2.8%増、2月が17.0%増、3月が8.8%増でしたが、この4月も同様の高い伸びが続いていると観測されています。本日9日に上半期決算の発表を予定していますが、市場の期待に応えるようなポジティブ・サプライズが予想されています。その子さんは何か材料株情報ございますか?


その子さん:ていうかぁー、何かに書いていたけど、今回のテレワークやリモートワークの推進によって首都圏から人が離れてしまい、首都圏の地価が安くなるのかもしれないわね。それって悪いことのようだけど、でも、地価が下がれば買いやすくなるし、投資資金も入り込みやすくなるから、それはそれでいいんじゃないかしら?あまりアタシは電車や地下鉄に乗らないからわからないんだけど、新型コロナウイルス騒動が始まる前からテレワークってのは鉄道各社が訴えていたじゃない?もう首都圏はキャパを越えているし、ちょっとでも遅延すると大混雑が発生し、鉄道の運営会社も乗客も辛いだけだから、できるだけ時差通勤やテレワークをしましょうって推奨されていたじゃない?で、今回のコロナウイルスで一気に拍車がかかり、やってみたら案外できる業界が多かったことに気づいてしまった。「なんであんな満員電車に揺られて大変な思いをして職場に行っていたんだろう」とテレワークができることに気づき、週に1〜2日ぐらいは都心の職場に通うが、それ以外は地方でノンビリ暮らしてテレワーク、そんな選択をする人は間違いなく増えると思う。それも船橋とか浦和とか、そんな近郊ではなく那須塩原とか軽井沢とかじゃない?那須塩原なんて月に新幹線の定期券で12万円ぐらいかかるらしいけど、8〜9割は企業が負担してくれるでしょうし、那須塩原駅から徒歩数分の広い家に住み、新幹線で通勤〜、週末はリゾート〜、いいんじゃないの?仕事もキッチリとしているわけだし、言うことないと思う。そうやってね、日本人の「働き方改革」が進み、「ライフスタイル」も段々と変わり、より洗練されたものになっていくんじゃないかしら?てなわけで、1407ウエストHD。13日に四半期決算を発表する予定。コロナウイルスとかテレワークとは関係ないけどね。ウエストだから西の大阪ガスと再生エネルギーで提携ってのが出ていた。そういうこともあり、上方修正なんかもあり、低PERでもあり、投資対象としては悪くないと思う。


山岡マネージャー:ありがとうございました。それでは、総料理長の方から「今日のおすすめ」をお願いします。


海原総料理長:そうじゃな。225採用の6702富士通だが、日経の「会社情報」にも“システム好調”などといった記述があるように主力のシステム開発が伸びて業績が好調で、4月下旬に発表される予定の2020年3月期通期は大幅な増益が見込まれており、現状の株価水準には出遅れ感が感じられる状態にある。「AI関連」の有力銘柄でもあり、また、国内で次世代通信規格「5G」の商用化が始まるのを前に通信機器需要への期待も高まっており、買い安心感が感じられる。株価下落でPERも12倍台まで低下しており、少なくとも株価は11,000円ぐらいまでは戻しても特に割高感は感じられないと予想する。



『老後に2000万円が必要』を解決する“ソリューション”が『カブーフレンズ』

 幸か不幸か私達には金融市場を通じて資産を形成しなければいけない時代が訪れています。人口減少・高齢社会の到来によって現役世代にとっては社会保障負担が増す一方であり、通常の労働による報酬だけでは生活が立ち行かなくなる、そんな時代が訪れつつあります。では、自身の生活・家族の暮らしを守り、それと同時に資産を形成して豊かな人生を歩むにはどうしたらいいか?そのためには欧米諸国がやり遂げたのと同様、金融市場を通じて資産を形成しなければいけないのです。ただし、失敗は許されません。経済的な変動や社会情勢の悪化によって資産形成をするという目標が「やってはみたが不運にもできなかった」では許されません。そうした不安や問題を解決するソリューションが当キッチンカブーの有料サイト『カブーフレンズ』です。『カブーフレンズ』を念入りにご購読し、ご活用いただければ皆様方が直面する「資産形成を試みたが不運にもできなかった」などという問題や不安を間違いなく解消できることをお約束致します。『カブーフレンズ』の1カ月のご購読料金は8228円(7,480円+消費税)です。お支払いは便利なクレジットカード決済です。カブーフレンズの案内は≪ここ≫をクリックして下さい。



click here click here click here


※未確認情報が含まれています。投資判断は自己責任でお願いします。


 有価証券の投資については相場変動リスクが伴います。投資顧問業報酬、および、相場変動リスクについて詳しくは、こちらの『金融商品取引法に基づく表示』にある『有価証券等に係るリスクについて』をよくお読みください。


ヒストリカル
3/9(月) 3/10(火) 3/11(水) 3/12(木) 3/13(金)
3/16(月) 3/17(火) 3/18(水) 3/19(木) 3/20(金)
3/23(月) 3/24(火) 3/25(水) 3/26(木) 3/27(金)
3/30(月) 3/31(火) 4/1(水) 4/2(木) 4/3(金)
4/6(月) 4/7(火) 4/8(水) 4/9(木) 4/10(金)
4/13(月) 4/14(火) 4/15(水) 4/16(木) 4/17(金)

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ


カブーフレンズ見本