デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

おすすめランチ|「確実ににお金を稼ぎたい」というのであれば株式投資に注力するのが賢明...|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

初歩からの株式投資講座
初歩からの株式投資講座:初心者からプロまで充実の講座内容
デイトレ初心者のためのデイトレード入門講座お申込み
ビギナー向け用語集
おすすめランチ


 − 7/17(火) − 


「確実ににお金を稼ぎたい」というのであれば株式投資に注力するのが賢明...


山岡マネージャー:世間的には夏休みというムードになってきているわけですが夏休みとなればバカンス、レジャーということで、レジャーということになると今は参院でも議論が重ねられているカジノですね。でも、反対している野党も話を聞いていると相変わらず「反対ありき」という姿勢が見え隠れしており、野党も野党で反対する根拠が乏しいんですよね。だって、問題となっている“ギャンブル依存症”ですけれどカジノに入定できる人はお金がある人じゃないですか?いくら損をしても特に生活や仕事に支障が出る恐れがない裕福な人が仮に“ギャンブル依存症”になっても社会には特に影響はありません。


海原総料理長:そういうことじゃな。ギャンブルだとかカジノそれ自体に何も罪はないし、世の中にある娯楽の中の一つに過ぎないわけだが問題になっていることは中毒になってしまって仕事もしないし、まともに生活もできないということだけでも大問題なのにサラ金で借金をして周囲の人にも迷惑をかけるとかDVや子育てができない親になってしまうとか、そうした重大な社会問題につながることを警戒・懸念しているのであって、そんなことと富裕層のカジノ通いをゴッチャにするのは間違っているだろう。とかく野党というのは何でもかんでもゴッチャにして「ダメだダメだ」と主張しているが、どこの世界にもそういったぶっ飛んだ考えを持っている人間やハグレ者というのはいるもので、そういう連中の話をまともに聞いていたら前に進むものも進まなくなってしまう。カジノは特に大賛成とは言わないが心配するような依存症問題は起きそうにないし、税収増につながることであれば歓迎すべきことであり、実現していいことだとワシは思う。カジノでなければ、やはり、株式投資だろうな。「お金を稼ぎたい」という側に立って考えればカジノは儲かる確度が低いし、それは依存症を大量に発生させているパチンコもパチスロも一緒であり、とにかく「確実にお金を稼ぎたい」というのであれば株式投資に注力するのが賢明だな。


山岡マネージャー:おっしゃる通りだと思います。よく世の中には「パチンコ・パチスロ・競輪・競馬・ボート・オートなどのギャンブルと株も大差はない」などと考えている人がいるようですが、ちょっと頭が固いというか古いというか前近代的な考えというか、要するに無知なんですよね。無知で理解をしていないから「株はギャンブルだ」と頭ごなしに決めつけてしまい、結果、やれば稼げる世界であるにも関わらず自ら門戸を閉じてしまって儲けのチャンスを失っている、そんな人が世の中にはたくさんいます。「そこまで言うことはないだろう」と反発するぐらいだったら素直にやるべきだと思います。ギャンブルは儲からないし、ギャンブルと株は違うし、株は「NOT OR ALL」なんてことはないだけでなく「プラスプラス」ということも続く世界であり、やり方次第では少ない資金から億というお金を作れる世界なんですからね。是非とも、もっともっと多くの人が参入して資産を築いていただきたいと思います。それは決して今からでも遅いことはありませんしね。それでは本日も、いくつか「先高期待株」をお願いします。


海原総料理長:そうじゃな。ペースメーカーなど医療器具の輸入商社として知られるおなじみの7575日本ライフラインだが、売上高・営業利益・経常利益・最終利益が揃って過去最高を更新した前期に続き、今期も見通しが良好ということもあり、株価にも上値の余地は十分に残されていると予想する。前期は心腔内除細動カテーテル「BeeAT(ビート)」などの「EP/アブレーション事業」、及び腹部用の「AFXステントグラフトシステム」などの「外科関連事業」、条件付きMRI(磁気共鳴画像)検査対応ペースメーカ「KORA250(コーラ250)」といった「リズムディバイス事業」の主力3事業がそれぞれに売上を伸ばし、全体の増収増益に貢献している。今通期も増収増益で前期に続いて売上高・営業利益・経常利益・最終利益が揃って過去最高を更新する見通しだが、市場ではひとまず7月27日に発表される予定の第1四半期決算にも市場は大いに関心を持っているようだ。出遅れ修正を狙った買いに支えられた底堅い動きが今週も期待できそうだ。


山岡マネージャー:低価格の戸建て分譲住宅6社が統合したパワービルダーでは業界トップの3291飯田グループホールディングスですが、前2018年3月期こそ建築資材や輸送費用などのコストがかさんで減益決算となったものの(主力の戸建て分譲事業は販売棟数が増えて売上高は過去最高を更新)、今期は回復が見込まれており、株価にも上値の余地は十分にあると予想します。今2019年3月期は戸建て、マンションともに販売の増加を見込んでおり、売上高は前期比12%増の1兆4967億円、純利益は28%増の887億円などを見込むなど、売上高・営業利益・経常利益・最終利益が揃って過去最高を更新します(各利益は2期ぶりの最高益)。今の市場は米中貿易摩擦を考慮し、外需株よりも内需株に関心が向かいやすいことも同社株には追い風と考えられます。


海原総料理長:電子・機械部品商社として知られている7613シークスだが、営業利益・経常利益・最終利益が揃って過去最高を更新した2017年12月期に続き、今2018年12月期も見通しが明るいということもあり、株価にはまだまだ“伸びしろ”が十分にあると予想する。第1四半期決算では家電機器用部材や通信機器用部材の出荷が減少したものの、車載関連機器用部材の出荷が増加したことで増収(7.2%増)、純利益3%増となっていた。2018年12月期通期も引き続き車載関連機器用部材が海外を中心に伸びが見込めるほか、2次電池のパッケージングも貢献することなどで、売上高は前期比14.5%増の2670億円、営業利益が同13.3%増の110億円を計画するなど売上高・営業利益・経常利益・最終利益が揃って過去最高を更新する。ここでみずほ証券(11日)が目標を3100円に引き上げてきていたことも株価にはプラス材料と言えそうだ。


山岡マネージャー:コールセンター等への人材派遣を軸としているおなじみのジャスダック上場、2471エスプールですが、引き続き業績が拡大しており、株価にもまだまだ上値の余地があると予想します。同社は先頃、上半期決算を発表しましたが好決算だったとはいえ、それまで高成長や好決算を期待して買い進まれてきていたこともあり、決算発表と共に手掛かり出尽くし感から売られる場面がありました(上半期の通期に対する進捗率は各利益共に60%前後に達している)。しかし、そうした売り物が一巡したことで改めて見直されています。引き続き人材ソリューション事業(コールセンターや事務センター等のオフィスサポート業務と、スマートフォンや家電製品等の店頭販売支援業務に関する人材サービスを展開)、及びビジネスソリューション事業(シニアや障がい者など潜在労働力の活用を支援するサービスや、企業の業務の一部を受託するアウトソーシングサービスを提供)が伸びており、10月に発表される第3四半期、及び通期の見通しも強含んだ状態にあります。


海原総料理長:半導体封止材では世界トップとして知られている4203住友ベークライトだが、大幅な増益決算となった2018年3月期に続き、2019年3月期も増収増益で営業利益・経常利益・最終利益が13期ぶりに過去最高を更新すると観測されており、株価にもまだまだ活躍の余地あると予想する。前期は前の期に実施した人員合理化などリストラ関連費用が一服したほか、車載用半導体や「IoT」製品向けに需要が拡大したことなどで、最終利益は前の期比58.4%増と大幅増益で着地した。今2019年3月期も引き続き半導体の封止材が収益を牽引するほか、ポリカーボネイト樹脂製品の価格転嫁などが進むことなどで売上は前期比4%増の2200億円、純利益は6%増の160億円を見込み、13期ぶりに最高益を更新する。さらに、2020年3月期以降も市場では安定した推移を予想しており、買い安心感が感じられる。投資妙味が大いに感じられる。


山岡マネージャー:太陽光発電など再生可能エネルギー施設の開発事業を手掛けていることで知られる9519レノバですが、引き続き先行きの見通しが良好ということもあり、株価には根強い先高感が感じられます。同社の今2019年3月期の連結純利益は9億円になるとの見通しで、決算期変更に伴う10カ月の変則決算のため単純比較はできないものの、2018年5月期実績(8億円)を上回る見込みであることが市場では評価されています。一方、機関投資家やアナリスト向けに開催した決算説明会では、2019年3月の四日市ソーラー発電所をスタートに順次運転を始める予定の建設中事業について会社側では“工事は順調に進捗している”などと説明。市場では2020年3月期以降に一段と収益が積み上がるのではという見通しが“共有”されているようで、株高は当面続く可能性があります。その子さんは何か材料株情報ございますか?


その子さん:ていうかぁー、連休明け早々からお金の話を言うのなんだけど、でも、世の中はやっぱりお金よ〜。「お金がなくても愛があれば生きていけるわ」なんてことを抜かしているのはネットの婚活サイトなんかで「結婚詐欺師」とかにコロッと騙されるタイプが、100人に1人いるかいないかぐらいの何をやっても真面目にやらない「ダメンズ」を進んでつかみにいくようなオマヌケさんに違いない。日本の決勝トーナメント進出で盛り上がったサッカーのワールドカップも盛り上がったには盛り上がったけど、でもさ〜、実際に観に行って応援するにしても国内じゃないんだし、やっぱりお金がかかるわけじゃない?特に大きな国際的なイベントの時は宿代だって高くなったりするしさ〜。次の2022年のカタールだって結構遠いし、その次の2026年のアメリカ・カナダ・メキシコなんてのは日韓大会なんかよりもはるかに広範囲でやるわけじゃない?カナダからメキシコに移動するなんてことになったら3000qぐらい移動しなくちゃならないなんてことになるでしょ?お金がかかるわよ〜。好きなことをするには大体のことがお金がかかることばかりだし、自由に使えるお金を手に入れるには仕事をしたり投資をしてお金を稼がなければいけないし、その一回で済めば話は別だけど人間だもの「またやりたい」と必ずなるわけだし、それも飛行機代だのホテル代だのと結構なコストがかかるものなんだからさ〜。やっぱ、連休明けだろうが何だろうが「お金を稼ぐしかない!」、それだけだと思う。てなわけで2436共同PR。独立系PR会社ってやつなんだけど、「インバウンド関連株」なんですってね。日本での事業を伸ばしたい、そんな海外企業の手助けをするらしいんだけど、いいんじゃないかしら?成長中、おまけに配当も実施するってことでファンダメンタルズも悪くない。株価も右肩上がりが続く可能性があると思う。


山岡マネージャー:ありがとうございました。それでは、総料理長の方から「今日のおすすめ」をお願いします。


海原総料理長:そうじゃな。公認会計士が主体となって設立したM&Aの仲介などを手掛けているコンサルティング企業の6196ストライクだが、先に報じられていた第3四半期が好調、通期(9月27日)に関しても高い業績変化が見込まれていることもあり、株価にも活躍の余地が残されていると予想する。同社の第3四半期決算は経営者の高齢化を背景にした事業承継に伴うM&Aの需要が強く(M&A仲介の成約件数は63組と10組増えた)、売上高は前年同期比40%増の28億円、税引き利益は前年同期比28%増の7億1700万円と大幅な増収増益を達成。2018年8月期通期は従来予想を据え置き、売上高で前期比14%増35億円、税引き利益は13%増の9億900万円を見込んでいるわけだが、第3四半期決算の通期計画に対する進捗率は営業利益が80.16%、経常利益が80.12%、税引き利益が78.87%と計画を超過しており、見通しが強含んでいる。まさに“どストライク”の直球銘柄という感じであり、ここから改めて見直される展開を予想する。



確実な資産形成を実現するためのソリューションが『カブーフレンズ』

 幸か不幸か私達には金融市場を通じて資産を形成しなければいけない時代が訪れています。人口減少・高齢社会の到来によって現役世代にとっては社会保障負担が増す一方であり、通常の労働による報酬だけでは生活が立ち行かなくなる、そんな時代が訪れつつあります。では、自身の生活・家族の暮らしを守り、それと同時に資産を形成して豊かな人生を歩むにはどうしたらいいか?そのためには欧米諸国がやり遂げたのと同様、金融市場を通じて資産を形成しなければいけないのです。ただし、失敗は許されません。経済的な変動や社会情勢の悪化によって資産形成をするという目標が「やってはみたが不運に もできなかった」では許されません。そうした不安や問題を解決するソリューションが当キッチンカブーの有料サイト『カブーフレンズ』です。『カブーフレンズ』を念入りにご購読し、ご活用いただければ皆様方が直面する「資産形成を試みたが不運にもできなかった」などという問題や不安を間違いなく解消できることをお約束致します。『カブーフレンズ』の1カ月のご購読料金は8,078円(7,480円+消費税)です。お支払いは便利なクレジットカード決済です。カブーフレンズの案内は≪ここ≫をクリックして下さい。




click here click here click here


※未確認情報が含まれています。投資判断は自己責任でお願いします。


 有価証券の投資については相場変動リスクが伴います。投資顧問業報酬、および、相場変動リスクについて詳しくは、こちらの『金融商品取引法に基づく表示』にある『有価証券等に係るリスクについて』をよくお読みください。


ヒストリカル
6/18(月) 6/19(火) 6/20(水) 6/21(木) 6/22(金)
6/25(月) 6/26(火) 6/27(水) 6/28(木) 6/29(金)
7/2(月) 7/3(火) 7/4(水) 7/5(木) 7/6(金)
7/9(月) 7/10(火) 7/11(水) 7/12(木) 7/13(金)
7/16(月) 7/17(火) 7/18(水) 7/19(木) 7/20(金)

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

PHS


カブーフレンズ見本