デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

おすすめランチ|株式投資に関わっている人にとっては待望の待ちに待った決算発表シーズン...|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
おすすめランチ


 − 7/21(水) − 


株式投資に関わっている人にとっては待望の待ちに待った決算発表シーズン...


山岡マネージャー:明日からは連休ということもありまして、そんなに決算発表は本日は予定されていませんが、それでも今日は17社ですか。いよいよ来週からですね。来週からは発表が本格化し、来週の29日は153社、30日は444社が発表を予定しています。そこから怒濤の決算発表で8月13日で一巡ということですが、たびたび申し上げますように大いに期待していいと思います。ちょっとした“かき入れ時”になってくるのだと思います。


海原総料理長:そういうことじゃな。オリンピックも楽しみではあるが株式投資に関わっている人にとっては待望の待ちに待った決算発表シーズンであり、上手に利用していきたいところだろう。株価が動く材料、投資家心理が刺激を受ける要因としては決算発表は代表的なものであろうし、しかも、昨年の4〜6月期決算が大きく落ちこんだだけに、余計に大きなリバウンドが期待できるし、加えて2022年3月期通期への期待だな。コロナへの警戒感というのはなかなか後退しないところがあるが、それでも、ワクチン接種が着実に進んでいるのだから、昨年の今頃とは「収束へのリアルさ」が全く違うのだから、投資家心理もまた違うはずであり、ここからの株価の回復、反発を大いに期待していいだろう。


山岡マネージャー:おっしゃる通りだと思います。今の世の中というのは二言目にはコロナ・コロナで少しうんざりするところがありますが、相場の世界は未来を考えていく世界ですから、ワクチン接種が進んでいる以上、いつまでもコロナ・コロナと騒いでいる場合ではないですし、遅かれ早かれ収束するはずですから、一歩先、二歩先を考えて行動していくとしたら買いですよね。間違いなく買いです。ここからの年後半にかけた巻き返しに大いに期待しましょう。それでは本日も、いくつか「先高期待株」をお願いします。


海原総料理長:そうじゃな。中小企業向けの経営コンサルティングサービスや、IT商材の仕入れ販売などを手掛けている6580ライトアップだが、成長が続いており、株価にもアップサイド・ポテンシャルを十分に有していると予想したい。売上高、各利益が揃って過去最高を更新した2021年3月期に続き、2022年3月期も13.1%増収、営業22.1%増益が計画されている。『全国、全ての中小企業を黒字にする』をコーポレート・ミッションとして、インターネット関連技術を活用し、様々な業種の中小・零細企業に対し総合的な経営支援、マーケティング支援を主たる業務として展開している同社だが、リモートワークやWeb商談の為のITツールへのニーズ、インターネット広告市場など、得意とする分野での需要はますます拡大していくものと予想されており、2023年3月期以降も高い成長を維持していくと市場では観測している。8月13日発表の第1四半期決算にも期待が寄せられているようだ。


山岡マネージャー:車載通信機器メーカーとして知られる6800ヨコオですが、業績見通しが良好、かつ予想PERが14倍台と特段の割高感が感じられないこともあり、株価には上値の余地があると予想します。会社側は2022年3月期の見通しについて、売上高は8.4%増の650億円、営業利益は12%増の58億円と、売上高は2期ぶり、営業利益は前期に続き、それぞれ過去最高を更新すると計画しています。自動車市場については需要が回復傾向にあり、また、携帯通信端末市場についてはPOS端末を中心に着実に伸長するとみられ、ウェアラブル端末や産業機器向けの需要も堅調に増加すると見込んでいます。また、同社は為替の想定レートが1ドル105円となっており、輸出採算の改善が進んでいます。市場では2023年3月期以降も増収増益を維持すると観測しており、8月8日発表の第1四半期決算も期待されています。


海原総料理長:ニチガスを商標とする関東圏一円を地盤とする大手ガス事業会社で電力・ガス販売では東電HDと提携し、新規顧客開拓に注力している8174日ガスだが売上高、営業利益が揃って過去最高を更新した2021年3月期に続き、2022年3月期も見通しが良好ということもあり、好業績銘柄を狙った買いに支えられた底堅い動きが続くと予想したい。2022年3月期について会社側では売上高は前期比4%増の1500億円、営業利益は同6%増の145億円と予想。今期も新規顧客開拓を進め、顧客純増数はLPガス4万件、電気12万件、都市ガス9.5万件をそれぞれ見込んでいる。顧客数の増加により、売上総利益の伸長を見込み、販管費の増加を抑えることで営業利益は3期連続増益となる見通しだ。市場では来2023年3月期以降も安定的な増収増益を維持できると観測している。7月29日に発表を予定している第1四半期決算も充実の好決算となることが予想されている。


山岡マネージャー:ブログやSNSなどソーシャルメディアを運営する企業に対し、投稿されるコメントの内容を24時間365日監視するサービスなどを提供するインターネットセキュリティ事業を展開の6050E Gですが、売上高、各利益が揃って過去最高を更新した2020年9月期に続き、今期も計画通りに順調に推移しており、株価にも水準訂正の余地があると予想します。今2021年9月期は会社の想定をやや上回って推移しています。市場拡大を背景に動画関連売上が増加したソーシャルサポート売上が好調、加えてアドプロセス売上も上期に続いて好調に推移し、昨年10月に子会社化した3社による“シナジー効果”によってサイバーセキュリティ売上も好調とのことです。市場では8月2日に発表される予定の第3四半期決算の“進捗”にも期待を寄せているようです。


海原総料理長:物質を成分分析するクロマトグラフが収益源の分析機器製造、7705ジーエルだが、成長が続いており(前2021年3月期は売上高、各利益が揃って過去最高を更新)、株価指標面でもPERが11倍程度と割安状態にあるということもあって、株価には活躍の余地があると予想したい。今2022年3月期に関しても会社側では売上高は2.3%増、営業利益は7.6%増を計画している。分析機器事業は社会環境の変化に柔軟に対応しながら、事業の持続的な拡大を目指していくと模様だ。今期の滑り出しとなる第1四半期決算を8月4日に発表する予定。今後も業績は右肩上がりで拡大していくと市場でも観測されている。


山岡マネージャー:自動車業界を主力に、情報・通信機器業界などに向けてプラスチック成形品、及びプラスチック成形用金型を製造販売する車両、電子機器向け樹脂成形大手として知られている7888三光合成ですが、ここで発表された前期決算が好調、続く2022年5月期通期の見通しが車両向けの内外装部品や家電関連の部品などが好調でポジティブということもあり、株価には根強い先高感が感じられる状態にあります。期の営業利益は20.0億円から24.11億円に上方修正されて着地したように足もとの業績が好調、会社側によると、2022年5月期通期の見通しは売上高が8.8%増の600億円、営業利益は20.3%増の29億円と、それぞれ4期ぶりに過去最高を更新する見通しとなっています。加えて、自動車市場の回復が進み、車の内外装部品の需要増加を見込み、米インディアナ州に工場を増設すると発表したことも好材料と言えます。その子さんは何か材料株情報ございますか?


その子さん:ていうかぁー、こないだも言ったかもしれないけれど、コロナに関しては「壮大な人体実験」よね。まだ実験結果が完全に出ていない“実験中”という状態。その実験の対象となっているのがイギリスだとか海外の国々で、アタシ達日本人は「実験結果の行方」を遠巻きに見守っているということ。だから、お気楽と言えばお気楽よね。まだ“実験中”だから、再び猛烈な「変異ウイルス」に襲われてイギリスやアメリカが第何波なのかわからないけれど、新しい感染の波に見舞われ、再びとんでもない犠牲者が出てくるのかもしれないし、わからない。でも、その先に本当の本物の「答え」が待っていると思うし、「答え」が出て来るのも時間の問題だと思う。本当にどうなることやらよね〜。だって、途上国だとかお金がない国はワクチンがまだまだなんでしょ?それで変異・変異ってなっていったら、どうなるのか想像もつかないところがあるけれど、いずれにしても人類のコロナとの戦いはまだまだ決着が着くのは暫く先だと思うし、その行方を冷静に見守っていくしかないんだと思う。てなわけで、9843ニトリHD。第1四半期の営業利益の上期計画に対する進捗率が57%、コロナ前に戻りつつある、そんなことが報じられていた。まぁ、成長が続いているところだし、株価水準もちょっと出遅れているし、悪くないんじゃない?お値段以上、ニトリ♪また来週ぅ〜!


山岡マネージャー:ありがとうございました。それでは、総料理長の方から「今日のおすすめ」をお願いします。


海原総料理長:そうじゃな。技術者専門の派遣会社である7361HCHだが(顧客企業先へエンジニアが常駐してシステムの開発・保守を行うスタイルを基本とする)、業績見通しが明るいこともあり、株価は水準訂正が進んでいるものの、依然として伸びしろを残していると予想したい。2021年9月期通期について会社側では売上高が11%増の51億円、営業利益が66%増の5.0億円と、それぞれ過去最高を更新する見通しだとしている。上期の契約単価、及び稼働率が改善したことなどから、コロナ禍の影響によるエンジニアの非稼働リスクは極小化したと判断、上期は抑制していた技術者採用を下期以降は活性化させる、などとしている。8月10日に発表される予定の第3四半期決算にも市場は期待を寄せているようだな。押し目は狙っていきたい。



『老後に2000万円が必要』を解決する“ソリューション”が『カブーフレンズ』

 幸か不幸か私達には金融市場を通じて資産を形成しなければいけない時代が訪れています。人口減少・高齢社会の到来によって現役世代にとっては社会保障負担が増す一方であり、通常の労働による報酬だけでは生活が立ち行かなくなる、そんな時代が訪れつつあります。では、自身の生活・家族の暮らしを守り、それと同時に資産を形成して豊かな人生を歩むにはどうしたらいいか?そのためには欧米諸国がやり遂げたのと同様、金融市場を通じて資産を形成しなければいけないのです。ただし、失敗は許されません。経済的な変動や社会情勢の悪化によって資産形成をするという目標が「やってはみたが不運にもできなかった」では許されません。そうした不安や問題を解決するソリューションが当キッチンカブーの有料サイト『カブーフレンズ』です。『カブーフレンズ』を念入りにご購読し、ご活用いただければ皆様方が直面する「資産形成を試みたが不運にもできなかった」などという問題や不安を間違いなく解消できることをお約束致します。『カブーフレンズ』の1カ月のご購読料金は8,228円(7,480円+消費税)です。お支払いは便利なクレジットカード決済です。カブーフレンズの案内は≪ここ≫をクリックして下さい。


click here click here click here


※未確認情報が含まれています。投資判断は自己責任でお願いします。


 有価証券の投資については相場変動リスクが伴います。投資顧問業報酬、および、相場変動リスクについて詳しくは、こちらの『金融商品取引法に基づく表示』にある『有価証券等に係るリスクについて』をよくお読みください。


ヒストリカル
6/21(月) 6/22(火) 6/23(水) 6/24(木) 6/25(金)
6/28(月) 6/29(火) 6/30(水) 7/1(木) 7/2(金)
7/5(月) 7/6(火) 7/7(水) 7/8(木) 7/9(金)
7/12(月) 7/13(火) 7/14(水) 7/15(木) 7/16(金)
7/19(月) 7/20(火) 7/21(水) 7/22(木) 7/23(金)
7/26(月) 7/27(火) 7/28(水) 7/29(木) 7/30(金)

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ


カブーフレンズ見本