デイトレ・デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

おすすめランチ|売られるはずがないものまで売られた後だから、少なくとも修正高...|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

初歩からの株式投資講座
初歩からの株式投資講座:初心者からプロまで充実の講座内容
デイトレ初心者のためのデイトレード入門講座お申込み
ビギナー向け用語集
おすすめランチ


 − 7/1(金) − 


売られるはずがないものまで売られた後だから、少なくとも修正高...


山岡マネージャー:英国のEUからの離脱などという大きな出来事があったことから、改めて「世界景気への不安」などといったことが意識される場面があった6月相場でしたが、しかし、冷静に各国の消費動向などを見てみますと、必ずしも悪いところばかりでもないんですよね。肝心の米国あたりは絶好調というわけではないものの安定感があります。


海原総料理長:そうじゃな。あまり米景気は良くないなどと言われたりもするが、そうかといって住宅の販売だとか自動車の販売など「大きな買い物」が決して冷え込んでいるわけでもない。減税だとか低金利などという追い風があるとはいえ、本当に余裕がなかったら簡単に買えるようなものじゃないし、少し早いかもしれないが一年で最も消費額が膨らむクリスマス商戦だって今年はマズマズの盛り上がりを期待していいだろうな。


山岡マネージャー:ですよね。世界景気の先行きに不安があるとか、米国がなかなか利上げをすることができないとか、色々と言われていますけれど、今のところ米景気にはそれほど懸念材料は見当たりませんし、よく問題視されている中国にしても足もとでは自動車販売が回復を続けていると報じられていましたし、ロシアとかブラジルとか悪いところは悪いですが好調なところは好調ですし、なんでもかんでも一緒くたに考えるのは間違いですよね。


海原総料理長:そういうことじゃな。「世界景気への不安」と言うのは簡単だが、世界には知っての通り様々な国があるし、経済の規模もそれぞれ違えば人種も文化も全然違うし、同じ先進国の中でも米国や日本やドイツとそれ以外の先進国では少し違うし、それが世界の何十何百という国のことになったらそれぞれに違いがあっても何ら不思議はない。それは株式における銘柄選びや投資対象の探し方においても同様だろう。ああいった英国の国民投票に対する反応のようなことも時にはある。何が想定外の悪材料が出てくれば好業績銘柄もそうではない銘柄でも一緒くたに売られる場合もあり、また、その反対もありだが、しかし、そうした想定外の出来事というのはそうそうあるものではなく、ノーマルな投資環境の時には買われるべきものは買われ、売られるべきものは売られるのだから、今は買われるべきものや売られるはずがないものまで売られた後だから、少なくとも修正高ということは暫く続くだろうな。


山岡マネージャー:おっしゃる通りだと思います。やっぱ投資やトレーディングというのはよく考えて調べた上でやることも大切ですよね。そこらへんの御用学者のトークだとか悲観的ジャーナリズムが報じることを黙って聞いているだけでは何にも出来なくなったりしますし、何でもかんでも一緒くたに良い悪いを決めつけたりしますし、要するにアバウト過ぎたりする場合が多いんですよね。例えば麻薬戦争などで知られている南米のコロンビアがあるじゃないですか?最近は麻薬組織と政府が和平協定を締結し、50年の長い戦いに終止符を打ったと報じられていましたが、ああいったところはイメージも良くなるでしょうし、観光客も戻ってくるでしょうから、経済活動も動き始めるはずですので逆に投資対象としては魅力的なんですよね。そのように株式投資やトレーディングに関してもよく考えて細かく調べた上で現実に沿って組み立てていくべきだと思います。それでは本日も、いくつか「先高期待株」をお願いします。


海原総料理長:そうじゃな。8月上旬に中間決算の発表を控えているアルバイト紹介事業を主力としている4848フルキャストだが、業績の回復が続いていることもあり、株価にはまだまだ上値の余地が十分に残されていると予想する。前2015年12月期も好調だった。旺盛な求人需要を背景に大幅な増収増益で着地した2015年12月期に続き、今期も伸びが続く。労働市場の慢性的な人手不足を背景に主力のアルバイト紹介事業が拡大を続けている。また、マイナンバー管理も加わった給与管理代行も受注を伸ばしている。8月に発表される中間決算にも期待が寄せられているが、今2016年12月期通期に関しても増収増益(約9%の増収、2桁の増益が見込まれている)と安心感が感じられる。


山岡マネージャー:業績の拡大が続いていることもあり、株価も高値更新た続いている6055Jマテリアルですが、今通期、及び来期も見通しがポジティブなこともあり、株価にはまだまだ“伸びしろ”があると予想します。半導体製造向け特殊ガスの供給装置製造などを主力としている同社ですが、大幅な増収増益で全ての利益が過去最高を更新した2016年3月期に続き、今期も業績の拡大が続く見通しです。半導体、液晶工場向けの特殊ガスを中心とした設備の運転管理や技術メンテナンスが拡大しているほか、特殊ガス販売も好調。今期も増収増益で4期連続の最高益更新となる見通しで、さらに2018年3月期も高い業績変化が見込まれており、当分、業績拡大の勢いは衰えそうにありません。


海原総料理長:ゲーム大手の9684スクウェア・エニックス・ホールディングスも業績の拡大が続いていることもあり、株価にはまだまだ値上がりの余地が残されていると予想する。前期も業績は好調だった。前期は家庭用、及びモバイルゲームなどの成長を背景に大幅な増収増益となり、最終利益が過去最高を更新したが今期に関しても好調だ。今期は「ファイナル・ファンタジー ブレイブエクスヴィアス」や「星のドラゴンクエスト」などモバイルゲームの課金収入の伸びが見込まれているほか、「ファイナル・ファンタジー」シリーズの新作など新規タイトルの発売も予定しており、今期は全ての利益が過去最高を更新する(ゴールドマンの目標4000円も一つの好材料といえる)。安定感が感じられる。


山岡マネージャー:半導体製造装置部品会社で真空シールでは世界でも高いシェアを有している6890フェローテックですが、好調だった前期に続き、今期も好決算が見込まれていることもあり、株価にはまだまだ活躍の余地があると予想します。大幅な増収増益となった前期に続き、今2017年3月期も半導体や液晶パネルの製造装置に用いる真空シールや石英製品が好調、自動車の車内のシートに使う温度を制御する部材の出荷も自動車生産の拡大を追い風に好調。太陽電池関連部材も採算が改善するなどで今期も増収増益が見込まれています。株価は決して安値圏ではないとはいえ、予想PERは15倍弱と特段の過熱感は感じられない状態にあることも買い方には好条件と言えます(三菱モルガンが目標株価を1760円としている)。


海原総料理長:関西や首都圏でマンション開発を展開している8892日本エスコンも業績が回復を続けていることもあり、株価にはまだまだ値上がりの余地があると予想する。業績は前2015年12月期も好調だった。マンション販売が好調で不動産販売事業が収益を牽引したほか、予定外の土地企画販売も利益を押し上げ、大幅な増収増益となった。今2016年12月期に関しても住宅ローン金利が低下したことで分譲マンションの販売が好調なことに加え(関西だけでなく関東でも販売が拡大)、商業施設の賃貸事業も堅調なことなどで今期も増収増益で着地する公算だ(8月上旬に発表される中間決算も好決算が見込まれている)。来期は訪日客向けのホテル事業参入も収益を押し上げる。成長が続きそうだ。


山岡マネージャー:トラック大手のおなじみの7202いすゞ自動車ですが、引き続き業績の回復が続いていることもあり、株価にはまだまだ戻りの余地があると予想します。前期はタイの販売不振などの影響で苦戦したものの今期に関しては旺盛な国内のトラック・バス需要に支えられています(特にバスはオリンピックの特需)。加えて不振だったタイでもピックアップトラックの販売が持ち直してきており、全体的に明るさを取り戻しています。今期は本業の儲けを示す営業利益が2.0%増で過去最高益を更新する見通しです(3期ぶりに)。ここで外資系のモルガン・スタンレーMUFGが目標株価を1500円に引き上げてきたこと(6月27日)も一つの買い方にとっての支援材料と言えます。その子さんは何か材料株情報ございますか?


その子さん:ていうかぁー、目先は参院選だとか都知事選なんかが話題になるのかもしれないけれど、やっぱり、個人的にはオリンピックかしら。それも治安の悪さがとんでもない状態らしいじゃない?人間てさ〜「怖いもの見たさ」ってあるじゃない?ほんとは、そういった人の不幸や悲劇を期待しちゃいけないんだけどね。いけない、やましい、よこしまな気持ちかもしれないんだけど、別に自分が悪いことをするわけじゃないし、なんていうのかな〜、テレビでもよくやる「とんでも映像」とか「ビックリ動画」みたいなのを観たいのと似たようなものよね。あの日本でやったサッカーのワールドカップで優勝した時のブラジル代表のリバウドも自分の国でやるオリンピックを“祝福”するどころか「命が惜しければ来ちゃいけない」なんて警告しているぐらいだからね。国を象徴するスポーツ、そのサッカーの名選手が自分の国に「来るな!」と警告するだけでも異常なトンでもないことだというのに、そこにきてジカ熱だデング熱だでしょ?しかも、遠い海外からブラジルにやってくる人なんてのは仕事もしなくていいような金持ちだとか富裕層に違いないから、それこそリオのファベイラ(スラム街)のギャングに囲まれて「命だけは助けてやるから」と金銀財宝を全部奪われる、そんなことがあちこちで起きるんだと思う。別に期待しているわけじゃないわよ?そういうんじゃなく、やっぱ危ない国には行っちゃいけないし、安全な日本でテレビで観戦すればいいし、「ブラジルは危ない国」ということが再認識されれば「危なくない安全な国」である日本に改めて投資マネーも流れ込んでくることになるんじゃないかしら?あんまり円高が進むのは勘弁して欲しいけど、でも、消去法的に日本株なんかに投資マネーが改めて流れ込んでくることになると思う。てなわけで6324ハーモニック。今年のというか今の投資テーマの一つにあるロボット。しかも、このハーモニックは業績もいいしね。目先、まだ狙えるんじゃないかしら?そいじゃーねー。また来週ぅ〜♪


山岡マネージャー:ありがとうございました。それでは、総料理長の方から「今日のおすすめ」をお願いします。


海原総料理長:そうじゃな。鉄道保守や駅舎工事などJR関連工事を主力としている1835東鉄工業は業績見通しが良好な割には株価には出遅れ感や割安感が感じられる状態であり、まだまだ戻りの余地は十分にあると予想する。前期も好調だった。前期は大幅な増益で営業利益・経常利益・最終利益が揃って過去最高を更新したが今期に関しても好調だ。日経の「会社情報」にも“最高益”といった記述があるように主力の鉄道整備が堅調なことに加え、JR山手線のホームドア設置工事など手持ち工事を豊富に抱えていることなどで今期も増収増益となり、全ての利益が過去最高を更新する。PERも11倍台と株価指標面で割安感が強く感じられることは買い方にとっても好都合なことと言えよう。2020年の東京オリンピックに向け、まだまだ業績の拡大が続きそうだ。



【デイトレ・ターゲット】をより“厳選”し“スピーディ”に提供します!

 当キッチンカブーの有料版『カブーフレンズ』ではキッチンカブーでご好評いただいているコンテンツの【デイトレ・ターゲット】に記載されている銘柄をより“厳選”し、しかも、ザラバ中の動意づく前にご購読のお客様だけに“スピーディ”に提供をさせていただいています。さらに、ご希望のお客様にはご利用のスマートフォンや携帯電話などのアドレス宛に弊社より直接“お知らせ”をする【情報メール送信サービス(登録無料)】も提供させていただいています。現在の日本株は【アベノミクス効果】で各方面からの投資資金の流入が活発化し、連日のように人気株が続出しており、“千載一遇” の株儲けのチャンスが到来しています。どうか、この機会により効率的にトレーディング収益をあげることを可能にする当『カブーフレンズ』のご購読を強く強くお奨め致します。『カブーフレンズ』の1カ月のご購読料金は8,078円(7,480円+消費税)です。お支払いは便利なクレジットカード決済です。カブーフレンズの案内は≪ここ≫をクリックして下さい。



click here click here click here


※未確認情報が含まれています。投資判断は自己責任でお願いします。


 有価証券の投資については相場変動リスクが伴います。投資顧問業報酬、および、相場変動リスクについて詳しくは、こちらの『金融商品取引法に基づく表示』にある『有価証券等に係るリスクについて』をよくお読みください。


ヒストリカル
  5/31(火) 6/1(水) 6/2(木) 6/3(金)
6/6(月) 6/7(火) 6/8(水) 6/9(木) 6/10(金)
6/13(月) 6/14(火) 6/15(水) 6/16(木) 6/17(金)
6/20(月) 6/21(火) 6/22(水) 6/23(木) 6/24(金)
6/27(月) 6/28(火) 6/29(水) 6/30(木) 7/1(金)
7/4(月) 7/5(火) 7/6(水) 7/7(木) 7/8(金)

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

PHS


カブーフレンズ見本