デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

東京市場の展望|今朝の投資環境|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

初歩からの株式投資講座
初歩からの株式投資講座:初心者からプロまで充実の講座内容
デイトレ初心者のためのデイトレード入門講座お申込み
ビギナー向け用語集
東京市場の展望


 − 5/25(金) −


【今朝の投資環境】

 前日の日経平均はダウの小幅反発(52ドル高)という環境の中、円相場の先高感などが嫌気され、終日に渡って下げ続けるような軟調な展開が続いた。今週に入ってから月曜日に72円高(3日続伸)となった後は22日〜24日と3日続落となり、特に23日と24日は270円安、252円安といずれも1%超の値下がり率となっている。米市場と同様に「米朝首脳会談の中止が重しに」などということが下げの理由にされているわけだが、ダウの動きに比べて日経平均の下げがより深刻さを感じさせるのは首脳会談の中止というものが世界中で最も日本に悪影響を及ぼすからではないことは言うまでもないだろう。要するに円相場の問題だけであり、ここまでの5月相場(株式)が堅調続きだったことで円相場の上昇が株安のトリガー(引き金)になったわけで、特に日本経済のファンダメンタルズに問題が生じたわけでもなければ主要企業の業績見通しに著しい狂いが生じたわけでもないだろう。円高が進んだからといっても3月には1ドル104円台まであったことを考えれば依然として円安が進んだ状態にあり、輸出企業の業績見通しが過度に悪化したわけでもない。「首脳会談の中止を受けて朝鮮半島情勢が不透明になった」という見方も考え過ぎであり(本来の姿に戻っただけのことであり、米国国内でも特に話題になっていることではない)、メディア特有の悲観を煽るような見方と言えるだろう。ここでの日経平均が3営業日で下落した565円安によって「米朝首脳会談の中止」と、それに伴った円相場の上昇は相場に織り込まれたと考えられ、これ以上の米株安も日本株安、及び円相場の上昇には限度があると考えられる。昨日、一昨日と下げ続けた日経平均も週末を迎えて売り方も手仕舞う必要があることや新規の売り材料も見当たらないこともあって、本日は売り一巡後はムードが一変(買い気が戻る)する可能性も高いのではないだろうか(25日線割れは続かない)。


【中期目標の引き上げなどが引き続き材料視されているようだ】

4974タカラバイオ
 遺伝子工学を生かした治療の実用化に注力する試薬・食品開発のタカラバイオ。大幅な増収増益で売上高・営業利益・経常利益・最終利益が揃って過去最高を更新した2018年3月期に続き、今期も高い業績変化が見込まれていることもあり(2019年3月期の連 結純利益は前期比33%増の31億円と過去最高になる見通し)、株価には根強い先高感が感じられる。前期好調、今期も高成長が予想されていることを象徴するように同社では先頃、2020年3月期までの中期計画を引き上げている。月に発表した大塚製薬との提携や次世代がん遺伝子治療薬などの共同開発や販売を拡大する計画で、最大63億円の収入を見込んでいることで、2020年3月期の営業利益を従来比5割増の60億円に引き上げている。時価水準からの上値余地はまだありそうだ。


【足元好調、引き続き業績の拡大が続く】

2702マクドナルド
 ハンバーガーチェーンの日本マクドナルドホールディングス。1〜3月期が好調、足元の月次売上高も順調に推移していることもあり、株価にはまだま だ見直し買いによって水準訂正が進む余地があると考えられる。1月の大型キャンペーン「ダブチを超えろ!」などで客数が増加したほか、「グラン」シリーズなど高単価商品も好調で採算も上向いたことなどから1〜3月期の連結決算では営業利益が88億円と前年同期比39%増と大幅な増益となった(売上高も10%増)。足元の4月の月次売上高は前年比7.4%増と好調を維持しており、第2四半期、及び今2018年12月期通期にも高い期待が寄せられているようだ。


【伊藤忠、及び凸版印刷との“2つの提携”の相乗効果に期待】

6183ベル24HD
 コールセンター大手のベルシステム24ホールディングス。旺盛な需要に支えられ、前期決算も大幅な増益決算となり、今期に関しても見通しが明るい こともあり、株価は底堅い動きを辿っていく可能性が高い。同社の2018年2月期の連結決算(国際会計基準)は純利益が前の期比30%増の56億円だった。通信業向けの受託が好調だったほか、筆頭株主である伊藤忠商事のグループ企業や取引先からの受注も伸びた。同社は伊藤忠と提携しているが昨年11月には凸版印刷との提携にも期待が寄せられている。実際に伊藤忠の提携効果によって今2019年2月期も営業利益が押し上げられる見通しで(2019年2月期の連結業績は売上収益が前期比8%増の1247億円、純利益は10%増の61億円を見込む)、凸版印刷と併せた“2つの提携による相乗効果に市場も期待しているようだ。


【目標株価の引き上げ】

7013IHI SMBC日興 3500円→5500円
8056日ユニシス みずほ 2200円→3300円
1963日揮 SMBC日興 2600円→2900円
6997日ケミコン 三菱モルガン 4500円→5000円
7203トヨタ みずほ 7100円→7600円
8804東京建物 三菱モルガン 1680円→1770円
1435TATERU 三菱モルガン 2100円→2200円
8967日本ロジ 三菱モルガン 24.9万円→25.9万円
6435ホシザキ 三菱モルガン 12600円→13100円
6849日光電 三菱モルガン 3190円→3260円



ヒストリカル
    4/25(水) 4/26(木) 4/27(金)
4/30(月) 5/1(火) 5/2(水) 5/3(木) 5/4(金)
5/7(月) 5/8(火) 5/9(水) 5/10(木) 5/11(金)
5/14(月) 5/15(火) 5/16(水) 5/17(木) 5/18(金)
5/21(月) 5/22(火) 5/23(水) 5/24(木) 5/25(金)
5/28(月) 5/29(火) 5/30(水) 5/31(木) 6/1(金)

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

PHS


カブーフレンズ見本