デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

今の狙い・上昇期待株|3741 セック|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
今の狙い・上昇期待株


 − 7/10(金) −


宇宙天文分野の開発が増加傾向


6月29日日経新聞より

『人工衛星、衝突回避へ警報、政府検討、宇宙ビジネス参入支援。
政府は民間企業が運用する人工衛星に宇宙ごみ(デブリ)や他の衛星が接近して衝突しそうになった場合、事業者に警告を発して回避できる仕組みをつくる。近く官民で検討する体制を作り2〜3年以内での本格運用をめざす。民間の宇宙ビジネス参入を後押しする。宇宙の軌道上にはデブリや世界各国の政府や企業が運用する衛星が多く周回し、互いに衝突するリスクが高まっている。気象衛星や資源探査衛星だけでなく通信衛星も増加。海外企業の参入も活発で、米スペースXは4万基の通信衛星を打ち上げる計画を公表した。この結果、役割を終えた衛星や壊れた部品がデブリとなり、高速で宇宙空間を漂っている。10センチメートル以上のデブリは2万個以上あるという。政府は地上に設置したレーダーでデブリなどの動きを探知し、サービスを利用する企業の衛星とぶつかるリスクがある場合に警告して衛星に回避行動をとってもらう。宇宙航空研究開発機構(JAXA)や防衛省が手掛けるレーダーを活用できるか検討を進める。料金設定なども含め、日本企業が使いやすい仕組みを作る。こうした警告サービスは米空軍も運用しており、日本企業も利用できる。日本側は独自のシステムを整え、日米双方で警告を発する仕組みが作れれば、民間企業のリスクをさらに軽減できるとみている。』


宇宙ビジネス関連銘柄

2359 コ ア 東証1部
3004 神 栄 東証1部
3401 帝 人 東証1部
3402 東 レ 東証1部
3524 日東網 東証1部
3626 TIS 東証1部
3741 セック 東証1部
4091 大陽日酸 東証1部
4202 ダイセル 東証1部
4208 宇部興 東証1部
4667 アイサン 東証JQS
5189 桜ゴム 東証2部
6355 住友精 東証1部
6370 栗田工 東証1部
6467 ニチダイ 東証JQS
6486 イーグル工 東証1部
6503 三菱電 東証1部
6701 NEC 東証1部
6702 富士通 東証1部
6703 OKI 東証1部
6709 明星電 東証2部
6807 航空電子 東証1部
6937 古河電池 東証1部
6965 浜松ホトニ 東証1部
7011 三菱重 東証1部
7012 川 重 東証1部
7013 IHI 東証1部
7270 スバル 東証1部
7739 キヤノン電 東証1部
7745 A&D 東証1部



3741 セック

 リアルタイムソフトウェア技術に強み。モバイル端末向けや防衛分野、ロボットで開発受託。21年3月通期連結業績では0.9%増収、11.0%経常減益を見込む。移動体通信事業者向けのサービス系の開発が減少したものの、官公庁案件や交通系のモバイル決済関連の開発案件が増加したことに加え、車両自動走行の研究開発案件や宇宙天文分野の開発案件が増加した。モバイルネットワークビジネスフィールドは、移動体通信事業者向けのサービス系の開発は前期並み、電機メーカー向けのスマートフォン関連の開発は減少し、全体では減少を見込んでいる。インターネットビジネスフィールドは、民間企業向けのWEBシステムの開発が、設備投資抑制により若干減少すると見込んでいる。社会基盤システムビジネスフィールドは、官公庁系の開発や防衛分野の商談が引続き堅調で、前期並みを見込んでいる。宇宙先端システムビジネスフィールドは、車両自動走行を含めたロボットの研究開発案件が堅調で、宇宙天文分野の開発も増加傾向にあるため、増加を見込んでいる。



ヒストリカル
    6/10(水) 6/11(木) 6/12(金)
6/15(月) 6/16(火) 6/17(水) 6/18(木) 6/19(金)
6/22(月) 6/23(火) 6/24(水) 6/25(木) 6/26(金)
6/29(月) 6/30(火) 7/1(水) 7/2(木) 7/3(金)
7/6(月) 7/7(火) 7/8(水) 7/9(木) 7/10(金)
7/13(月) 7/14(火) 7/15(水) 7/16(木) 7/17(金)

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ



カブーフレンズ見本