デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

今の狙い・上昇期待株|本日の注目銘柄|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
今の狙い・上昇期待株


 − 4/12(月) −


◎本日の注目銘柄(投資期間1週間程度を目標)


7780 メニコン
 日本初の角膜コンタクトレンズ開発。自社で製販一貫。定額制『メルスプラン』の会員基盤が強み。4月7日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンと近視進行抑制分野で業務提携。21年3月期連結業績は1.6%増収、25.5%経常増益を見込む。メルスプラン会員数が伸長していることもあり、売上高は計画通りに推移。

7342 ウェルスナビ
 ロボアドバイザー活用した全自動の資産運用サービスを提供。手数料収入は預かり資産の1%。4月1日、ロボアドバイザー「ウェルスナビ」の預かり資産が4000億円を突破。20年12月期業績は62.1%増収、経常利益は9.99億円の赤字となった。21年12月期業績は非開示。「WealthNavi(ウェルスナビ)」の機能拡充は、1月に「WealthNavi for SBI証券」における「資金移動サービス」の提供開始、5月にオンラインで本人確認が完結する新機能「クイック本人確認機能」を追加したほか、10月に「北國おまかせNavi」の新機能として「定期受取機能」の提供を開始。

9262 シルバーライフ
 高齢者向け配食サービスのFC本部運営が柱。4月5日、株主優待制度を新設。毎年7月末時点で200株以上を保有する株主を対象に、自社ECサイトで利用できる商品券1万円相当を贈呈する。21年7月期第2四半期連結業績では38.2%経常増益。11-1月期も26%経常増益。21年7月通期業績では7.9%増収、29.1%経常減益を見込む。

3179 シュッピン
 カメラを軸に専門性高い商材の中古品や新品をネットと店舗で販売。4月7日、3月売上高は前年同月比49.0%増と2ヵ月連続で前年実績を上回った。10-12月期は47%経常増益。21年3月期業績は9.1%減収、28.8%経常減益を見込む。6月以降更なるEC強化を進め、商品掲載数、コンテンツの拡充等を図り、主力のカメラ、時計事業でECの新品、中古品の販売が順調に推移。

2130 メンバーズ
 企業Webサイトやソーシャルメディア制作・運用が柱。21年3月期第3四半期連結業績では11.4%税引き前減益。21年3月期連結業績では18.0%増収、8.3%税引き前減益を見込む。年間配当は前期比2.5円増の16.5円に増配する予定。

2326 デジタルアーツ
 ネットの有害情報遮断、情報漏洩防止フィルタリングソフト国内最大手。他業種との連携推進。21年3月期連結業績では32.9%増収、52.6%経常増益を見込む。14期連続増収、7期連続増益。今期の年間配当を前期比5円増の55円に増配予定。

4062 イビデン
 インテル向けICパッケージが主軸。スマホ用プリント配線板も。自動車用黒煙除去装置も大手。21年3月期連結業績では8.1%増収、73.2%経常増益を見込む。テレワークやオンライン教育の普及及びデータセンター市場の拡大を背景とした電子事業におけるIC パッケージ基板の好調な需要が続いている。更に、セラミック事業における自動車市場の回復傾向と生産性改善が順調に進んでいる。

4286 レッグス
 飲料、食品、流通関連が主顧客。3月31日、ウォルト・ディズニー・ジャパン、エスエルディーと共同で、関西地区初の旗艦店舗となるディズニースペシャルカフェ「OH MY CAFE OSAKA」を4月にオープンする。20年12月期連結業績では経常利益で73.2%上方修正。最高益、配当も13円増額。売上高は、流通顧客向け物販および流通顧客向けプレミアムが好調だったことにより、当初の予想を上回る見込み。これらの増収による売上総利益の増加が、主に人件費等を中心とした販売費及び一般管理費の増加を吸収し、営業利益、経常利益および親会社株主に帰属する当期純利益についても、当初の予想を上回る見込み。

4980 デクセリアルズ
 旧ソニーケミカルが再上場。異方性導電膜、光学弾性樹脂などニッチな電子部材・材料に強い。21年3月期連結業績では経常利益で39.7%上方修正。新型コロナウイルス感染症の拡大によるマイナスの影響はあったものの、経済・社会のデジタル化の進展により、ノートPC、タブレット、5Gスマートフォンを中心とするモバイルIT製品の需要が世界的に拡大し、モバイルIT製品で使われる当社製品の数量が上半期に続いて伸びたことで業槍が好調に推移した。

5713 住友金属鉱山
 非鉄金属と電子材料が2本柱。資源開発・製錬に重点投資、ニッケルで非鉄メジャー入り狙う。21年3月期連結業績では税引き前利益が53.7%上方修正。配当も41円増額。非鉄金属価格について、足元の水準を考慮の上で将来の需給バランスを予測して見直した結果、前回発表予想に比べ金価格は下回ることが見込まれるものの、銅価格及びニッケル価格は前回発表予想を上回る水準で推移することが見込まれる。

6035 アイ・アールジャパンHD
 企業のIRとSR(株主情報)に特化したコンサル業務。21年3月通期連結業績は26.3%増収、29.9%経常増益を見込む。SR業務の順調な拡大とともに、PA・FAの投資銀行業務の大型プロジェクトの受託が増加することを見込む。

6532 ベイカレントコンサルティング
 経営戦略からITまで高い専門性が強みの総合コンサル会社。21年2月期第3四半期業績は81.0%税引き前増益。21年2月期業績では24.3%増収、37.3%税引き前増益を見込む。6期連続最高益、未定だった配当は25円増配。営業活動やプロジェクトに関して概ね問題なく遂行、コロナの影響は限定的。

6622 ダイヘン
 電力向け小型変圧器首位。21年3月期第3四半期連結業績では51.8%経常増益。4-12月期は52%経常増益。21年3月通期連結業績では3.5%減収、12.2%経常増益を見込む。世界経済の停滞に伴う設備投資需要の減少により溶接メカトロ事業を中心に減収となるが、利益面ではコスト削減に取組むことで前年同期並みの水準を確保する見通し。

7732 トプコン
 測量やGPS関連のITシステムで世界規模。眼底検診など眼科医療分野は新製品で用途拡大。21年3月期連結業績では6.4%減収、30.9%経常減益を見込む。エッセンシャルビジネスとしての堅確な需要継続には引き続き期待が持てるものの、足元では世界的な新型コロナウイルス感染再拡大に伴う欧米各国でのロックダウン再開、加えて半導体不足による生産への影響の懸念もあり、先行き不透明感が増しています。



ヒストリカル
        3/12(金)
3/15(月) 3/16(火) 3/17(水) 3/18(木) 3/19(金)
3/22(月) 3/23(火) 3/24(水) 3/25(木) 3/26(金)
3/29(月) 3/30(火) 3/31(水) 4/1(木) 4/2(金)
4/5(月) 4/6(火) 4/7(水) 4/8(木) 4/9(金)
4/12(月) 4/13(火) 4/14(水) 4/15(木) 4/16(金)

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ



カブーフレンズ見本