デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

今の狙い・上昇期待株|本日の注目銘柄|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
今の狙い・上昇期待株


 − 1/27(月) −


◎本日の注目銘柄(投資期間1週間程度を目標)


3835 eBASE
 商品情報管理ソフト『eBASE』を開発、販売。食品業界間でのトレーサビリティ用途が主軸。1月23日前場株価は上昇で昨年来高値更新。20年3月期連結業績では2.6%増収、6.0%経常増益を見込む。eBASE事業では主力とする各業界向けビジネスのソフトウエア販売が順調に推移。特に日雑業界にて工事進行基準を適用した大型案件の進ちょくが順調。更に、IT開発アウトソーシングビジネス分野のeBASE-PLUS事業も売上、利益ともに堅調に推移。

4396 システムサポート
 ITシステム開発・保守、オラクルDB得意。データセンター受託に注力、自社製ソフト販売も。1月23日前場株価は上昇で昨年来高値更新。1月22日発表、20年6月期第2四半期連結業績では売上高で7.1%、営業利益で40.6%、経常利益で33.3%、純利益で33.9%上方修正している。クラウドサービス利用支援分野の受注拡大に加え、消費税率の改正に伴う機器・ライセンス販売の伸張やソリューション事業における大型案件の前倒し等により、前回予想の売上高を上回る見込み。また、利益面は、増収に伴う売上総利益の増加に加え、販売費及び一般管理費の圧縮や第3四半期以降への繰り延べ等により、営業利益、経常利益、親会社劇主に帰属する四半期純利益についても前回予想を上回る見込み。

4465 ニイタカ
 業務用洗剤、洗浄剤、固形燃料の製造、販売。旅館や外食向けの固形燃料は国内シェア6割以上。1月23日前場株価は上昇で昨年来高値更新。20年5月期連結業績では2.9%増収、1.9%経常増益を見込む。原材料価格が当初の見込みよりも下がったことと生産現場における業務の効率化が順調に進んだことにより売上原価率が低下。4期連続最高益更新。新中期経営計画「NIP Q60」に基づき、従来のシェア拡大の取り組みに加えて、製品の統廃合や生産方法の改革等によるコストダウン、人員配置の最適化による生産性の向上等を進める。

8095 イワキ
 医薬品・医薬原料商社。化学品も展開。傘下にジェネリック(後発)薬、表面処理薬品製造子会社。1月23日前場株価は上昇。20年11月通期連結業績では3.8%増収、3.5%経常増益を見込む。4期連続最高益、前期配当を1円増額・今期は1円増配。5G切り替えにおける各種電子部品関連の需要増や車載部品事業の環境好転が期待できることから、表面処理薬品分野で受動部品用めっき薬品や微細配線向け各種表面処理薬品、パワー系半導体向けのUBM用めっき薬品、バンプ形成用エッチング薬品などの拡大を図る方針。

4671 ファルコHD
 臨床検査受託大手、調剤薬局も展開。傘下の示野薬局を13年12月譲渡しドラッグストア撤退。1月23日前場株価は上昇で昨年来高値更新。1月22日発表、20年3月通期連結業績では売上高で1.7%、営業利益で53.3%、経常利益で47.1%、純利益で200.0%上方修正している。平成31年2月3日に発生した火災事故からの復旧が火災発生当初の想定より早く完了したこと及びコンパニオン診断薬「MSI検査キット(FALCO)」の販売実績が順調に推移したことにより、前回予想を上回る見込み。また、営業利益及び経常利益につい ては、同検査キットの販売実績が順調に推移したこと及び調剤薬局事業における収支の改善等により、前回予想を上回る見込み 。

6098 リクルートホールディングス
 求人情報検索エンジン『インディード』、生活情報分野の販促・人材メディア、人材派遣の3本柱。1月22日、SMBC日興証券が投資判断を「1」継続、目標株価を3700円から4400円に。20年3月通期連結業績では8.2%増収、12.6%経常増益を見込む。年間配当では2円増配を予定。HRテクノロジー事業及びメディア&ソリューション事業が好調、特にHRテクノロジー事業の成長が寄与している。

6407 CKD
 省力・自動機械の大手。管球製造装置、薬品包装機、半導体用薬液制御機器などで高シェア。1月22日、メリルリンチ証券が投資判断を「買い」継続、目標株価を2100円から2200円に。20年3月通期連結業績では売上高で3.1%、営業利益で168.8%、経常利益で158.9%、純利益で160.6%上方修正している。配当を1円増額。第2四半期の業績は、機器部門では、想定通りに国内外ともに半導体設備投資の延期や自動化投資縮小の影響を受けたため、業績はほぼ予想通り。一方、自動機械部門では収益性改善が進んだことに加え、自動包装システム用交換パーツの売上増加等により、予想を上回った。通期は、機器部門では米中貿易摩擦の長期化に伴う影響などはあるものの、延期されていた半導体設備投資が一部再開されることなどにより、売上高及び利益の増加が見込める。また、自動機械部門では、取組んできた収益性改善による利益の増加が見込める。

7532 パン・パシフィック・インターナショナルHD
 総合ディスカウント店ドン・キホーテを展開。子会社にHCドイト、長崎屋。19年にユニー買収。1月22日、クレディスイス証券が投資判断を新規「OP」継続、目標株価を2300円に。20年6月通期連結業績では24.9%増収、0.4%経常減益を見込む。ドン・キホーテは、2019年8月に北海道・新千歳空港内に新たに増築された国際線ターミナル3階にインバウンド需要対応型店舗の「ソラドンキ新千歳空港店」を、2019年9月に地域密着型エンターテイメント店舗の「ドン・キホーテ栃木平柳店」及び徳島県内初出店であり、フードコートを併設した大型店舗の「MEGAドン・キホーテ徳島店」の3店舗を新規に開店した。



ヒストリカル
        12/27(金)
12/30(月) 12/31(火) 1/1(水) 1/2(木) 1/3(金)
1/6(月) 1/7(火) 1/8(水) 1/9(木) 1/10(金)
1/13(月) 1/14(火) 1/15(水) 1/16(木) 1/17(金)
1/20(月) 1/21(火) 1/22(水) 1/23(木) 1/24(金)
1/27(月) 1/28(火) 1/29(水) 1/30(木) 1/31(金)

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ



カブーフレンズ見本