デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

ポジショントレード|3698 CRIミドルウェア 4403 日油|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

初歩からの株式投資講座
初歩からの株式投資講座:初心者からプロまで充実の講座内容
デイトレ初心者のためのデイトレード入門講座お申込み
ビギナー向け用語集
ポジショントレード


 − 7/26(水) −


収益変貌が期待されるVR関連株

3698 CRIミドルウェア

 家庭用やスマートフォン向けゲームの音声、映像表現を豊かにするミドルウェア(ソフトウェア)を開発する同社に注目。株価は昨年9月の戻り高値4985円から調整局面にあるが、4月安値2002円で底打ちを果たした。最初のリバウンドは真空地帯の上限付近である2820円(6/29)までとなり、足元は再度の調整局面にあるが、ここからの押しは値頃感が強まろう。都内を中心にVRが体験できる施設が続々とオープンし、連日大盛況だ。中長期的な業績変貌期待は大きいといえよう。家庭用ゲームではVR(バーチャル・リアリティ)の普及が見込まれているほか、スマートフォン向けの360度パノラマVR動画のライブ配信が広がりつつある。高画質の映像を遅滞なく伝送するためには、独自の音声・映像圧縮技術により高品質な音声・映像を提供する同社の存在感が高まろう。同社は第三者割当でCB(転換価額2914円、潜在株式数35万株)を発行し、手取概算で10億0990万円を調達する。調達資金は資本・業務提携、M&A費用に充当するという。VR関連製品などへの需要が高まっており、ゲーム開発の高度化やVR市場の拡大などを背景に、中期的な成長が見込まれるなか、年初来高値3750円奪回も視野に入る。


新たな成長ステージへ移行

4403 日油

 油脂化学の先駆者。油脂技術をベースに多角化。ニッチながら独自性ある機能性商品群が稼ぐ。5月10日発表17年3月通期の連結業績は、売上高は1740.57億円(16年3月期比2.1%増)、営業利益は243.36億(同25.7%増)、経常利益は250.01億円(同24.0%増)、純利益は175.86億円(同29.4%増)となった。新製品開発では、国内外における産官学連携の活用により研究開発のスピードアップと効率化を進め、新製品上市の加速に努力。海外事業展開では、海外ネットワークの活用および営業要員の増強などにより営業力強化を図った。尚、18年3月通期の連結業績では売上高は1720.00億円(前期比1.2%減)、営業利益は220.00億円(同9.6%減)、経常利益は230.00億円(同8.0%減)、純利益は162.00億円(同7.9%減)を見込む。新たに2017年度を初年度とする3ヵ年計画「2019中期経営計画」を策定。目指す3分野「ライフサイエンス」「電子・情報」「環境・エネルギー」において事業環境に柔軟に対応、独創性のある製品を国内外の市場に提供できる機能材メーカーとして進化を遂げるとのこと。みずほ証券では従来の油脂事業や食品事業などを中心とする収益構造から、防錆処理剤や化粧品原料など機能化学品事業をコアに、薬物送達システム(DDS)などライフサイエンス事業を成長ドライバーとする新たな成長ステージへの移行を想定。大和証券でも高収益のニッチ化学・火薬メーカーで積極的な株主還元などを評価。みずほ証券では7月18日に投資判断を「買い」目標株価を1,810円、大和証券では7月20日に投資判断を「1(買い)」目標株価を1890円としている。


<T.K>



ヒストリカル
6/28
7/5
7/12
7/19

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

PHS


カブーフレンズ見本