デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

ポジショントレード|9843 ニトリ 2362 夢真HD|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
ポジショントレード


 − 10/21(水) −


来期出店ペース加速で成長拡大

9843 ニトリ

 10月2日に発表された21.2期上期(3-8月)は、売上高が3,625億円(前年同期比13%増)、営業利益が806億円(同45%増)で着地となった。テレワークの普及、戸建て住宅の需要拡大などの生活様式の変化が追い風となり、期初段階の会社上期計画を大きく上回る結果となった。巣ごもり消費も追い風となり、国内既存店増収率は同14%増に対し、通販事業が同56%増とそれぞれ高い伸びを示している。国内で企画し、海外自社工場で製造した開発輸入品が8割を占めるため、円高も業績に対してメリットとなる。為替レートの影響や、商品入替等の原価対策等により粗利率は同2.6%ptの改善となったことも収益を押し上げた。米大統領選挙の結果等、外部環境の変化に左右されにくいクオリティ株への物色シフトが期待され、同社株もその候補となろう。20.2期以前の直近5年間では、年間店舗純増数は50店前後が続いており、海外を含めた出店ペースの加速は引き続き業績拡大に繋がろう。会社側では、22.2期に向けて100億円以上の業務改善効果を目指していると言及している。35期連続営業増益が視野に入るなか、商品開発力向上等を背景に中長期的な成長が期待できる企業として改めて評価したい。


企業のIT投資需要増の恩恵享受

2362 夢真HD

 施工図作図が祖業、大量採用による建設現場の若年層施工管理技術者派遣が主力。技術者派遣も。20年9月期第3四半期連結業績では17.0%増収、27.2%経常増益となった。20年9月通期連結業績では売上高は580億円から6000億円、営業利益は58億円から66億円を見込む。技術者の増員及び派遣単価の上昇に起因した建設技術者派遣事業及びエンジニア派遣事業の伸張、また、M&Aにより新たに子会社化した会社が寄与した。



ヒストリカル
9/23
9/30
10/7
10/14

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ


カブーフレンズ見本