デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

ポジショントレード|6098 リクルートHD 9692 シーイーシー|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
ポジショントレード


 − 3/20(水) −


二桁増益の持続は濃厚

6098 リクルートHD

 主力のメディア&ソリューション事業が好調。地方圏や都市圏郊外での取引店舗数が順調に拡大した美容分野(HotPepper Beauty)や、住宅分野が収益拡大を牽引している。中期的な成長の柱と位置付けるHRテクノロジー事業(IT技術を使った人事関連業務)は、検索技術に強みを持つ求人サイトIndeed(インディード)をグローバルで運営しており、株式市場からは成長ドライバーとして注目されている。米国の好調な雇用市場を背景に、新規、既存顧客ともに有料求人広告利用が増加したほか、1Qに買収が完了した米求人サイトGlassdoor(グラスドア)も貢献を開始するなど、全社的に業績拡大が期待される事業が多い。19.3期3Q累計(4-12月)の税引き前利益は前年同期比17.3%増の2015億円に伸びた。会社側は、期初計画を据え置いているが、3Qまでの進捗率は84%と高く、上振れ期待は大きい。特にHRテクノロジー事業は月間ユニークビジター数が順調に増加していることに加え、今後はIndeedとGlassdoorの買収シナジーも期待できる。両社のデータ解析等を通じて、ユーザーにより適した情報提供が可能となろう。


組み込みソフト開発に強み

9692 シーイーシー

 独立系SI。トヨタグループなど優良顧客の情報活用ツールに実績。組み込みソフト開発も強い。3月13日発表19年1月通期の連結業績は、18年1月期比8.7%増収、同32.4%経常増益となった。19年1月期配当を2円増額している。成長戦略が計画通り進捗したことに加え、活況な市場環境を背景に事業全般が好調に推移した。尚、20年1月通期の連結業績では売上高は515億円(前期比3.0%増)、営業利益は51.5億円(同3.4%増)、経常利益は52億円(同2.8%増)、純利益は35億円(同2.9%増)を見込む。19年1月期を初年度とする第2期中期経営計画「PROMINENT(プロミネント)」は計画どおり進捗しており、業績面では、製造分野・公共分野を中心にIT 投資が活発化し取引が拡大したことに加え、注力事業であるスマートファクトリー事業およびセキュリティサービス事業が活況な市場動向を背景に伸長した。



ヒストリカル
2/20
2/27
3/6
3/13

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ


カブーフレンズ見本