デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

ポジショントレード|6758 ソニー 4203 住友ベークライト|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

初歩からの株式投資講座
初歩からの株式投資講座:初心者からプロまで充実の講座内容
デイトレ初心者のためのデイトレード入門講座お申込み
ビギナー向け用語集
ポジショントレード


 − 1/17(水) −


営業利益1兆円乗せを織り込む

6758 ソニー

 VR(仮想現実)を筆頭に、新たな事業領域を切り開く可能性が期待される同社株に注目。中長期にわたって、付加価値を継続的に生み出す企業としての位置づけを完全に取り戻したと考える。当面の成長ドライバーとしては、「プレイステーション4」や「プレイステーションVR」が牽引するゲーム及びネットワークサービスが注目されている。VRを体験できる「プレイステーションVR」は、ゲームを超えて新たな事業領域を創出することが期待される。18.3期の業績はスマホや車載用のカメラに使用されるイメージセンサーなどの半導体分野が牽引し、20年ぶりの最高益更新が見込まれるも、これは単なる通過点だろう。今後はゲーム事業と半導体事業がドライバーとなる成長局面が本格化するとみられ、一部では、22.3期の営業利益が1兆円(18.3期予想6300億円)を達成するとの観測もあるほどだ。新年が明け、株式市場でも19年3月期の業績見通しの株価への織り込みが本格化する。当面の物色動向は、現状が典型的な業績相場であることから、好業績銘柄が対象となろう。ゲーム、音楽、センサーと、最重要3事業で上積みが期待できる同社株の活躍余地は大きいだろう。昨年来高値を更新中の同社株の上値志向は今年も継続すると考える。


半導体関連材料を核に成長シナリオは不変

4203 住友ベークライト

 住友化学傘下の樹脂加工大手。半導体向け封止材料で世界首位。高機能樹脂や医療関連製品等も。18年3月通期の連結業績は売上高は2100.00億円(前期比6.0%増)、営業利益は180.00億円(同6.6%増)、経常利益は184.00億円(同6.2%増)、純利益は115.00億円(同8.3%増)を見込む。又、18年3月期末配当は6円と前期比で1円増配、年間配当では12円となり前期比で2円増配となる予定。「CS(顧客満足)最優先」を基本とし、「新製品の早期立ち上げ・創生」「成長分野の収益力の強化・規模拡大」「既存事業の再生・事業転換」を基本戦略として持続的成長に向けて取り組むとしている。みずほ証券では民生用途の出荷増に加え、パワー半導体やECUなど自動車分野の需要拡大により、半導体封止材の売上高は同10%増と好調に推移する見通し。会社計画の営業利益180億円比では、半導体関連材料に対する会社側の見方を保守的と判断し上振れを予想。19年3月期は前期比17%増の224億円と予想。半導体封止材の売上高は同9%増と好調を持続、車載用途の比率は18年3月期18%から19年3月期20%へ上昇を見込んでいる。同証券では投資判断を「買い」目標株価を1220円としている。


<T.K>



ヒストリカル
12/13
12/20
12/27
1/10

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

PHS


カブーフレンズ見本