デイトレ・デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

Go−Goニュース|ハウス食G、東芝プラ、東急建、新日本建設などが高値を更新|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

初歩からの株式投資講座
初歩からの株式投資講座:初心者からプロまで充実の講座内容
デイトレ初心者のためのデイトレード入門講座お申込み
ビギナー向け用語集
Go−Goニュース


 − 7/29(金) −


ハウス食G、東芝プラ、東急建、新日本建設などが高値を更新


 朝方の東京市場は全般高安マチマチで推移している。本日のNY市場ではダウ平均が最高値圏で推移していたことで目先の利益を確定する目的の売りがやや優勢となり、ダウは小幅に4日続落となる15ドル安(ナスダックは15ポイント高)となったことを受け、週末の東京市場も全般的に動意を欠いた展開となっている。日経平均は小幅続落で推移している。業種別では証券・商品、不動産、その他金融、保険、空運などが高い。個別ではハウス食G、東芝プラ、東急建、新日本建設などが高値を更新している。9:03現在の日経平均株価は17円安の16,459円、為替相場は1ドル104円77〜82銭で推移している。


【東証1部】アルパイン、小糸製作所、トヨタ紡織、東芝プラ、ブロドリーフ、日本空港ビル、ハウス食G、ワイヤレスG、SBI、クスリアオキ、ISID、NSSOL、東海理、日新電機、味の素、JPX、日テレHD、東京建物、ピジョン、富士通ゼネラルなどが高い。

【東証2部】ジー・スリー、安川情報、マイスター、浜井産業、南海辰村、くろ工、ランドコンピ、ジャパンミート、大都魚類、象印、マルコなどが堅調。

【マザーズ】オンコリス、ユナイテッド、アウン、弁護士COM、シリコンスタ、アスカネット、メドレックス、フュトレック、ミクシィなどがしっかり。

【店頭市場】MAGHD、ブロメディア、プロパスト、ウエストHD、フロイント、アクモス、インフォコム、RSC、研創、インフォコム、アクモス、ぱどなどが個別に物色されている。



※寄り付き前の外国証券10社による売買動向は売りが1680万株、買いが1210万株、差し引き470万株の売り越しだった。

※9:15現在の東証一部の新高値銘柄(数)は19、一方、新安値銘柄は24だった。

※9:15現在の東証一部の値上がり銘柄数は751、値下がり銘柄数は992だった。

※8:30現在のグローベックス24時間取引のS&P先物はプラス1.50ポイントの2166.25、ナスダック100はプラス8.75ポイントの4728.50とそれぞれ小高く推移している。


【主な活発銘柄】

モノタロウ(3064) 3020円買い気配 「工具通販大手のMonotaROが28日発表した2016年1〜6月期の連結決算は、純利益が前年同期比37%増の29億円だった。広告宣伝を強化して新規顧客を増やし、利益率の高いプライベートブランド(PB=自主企画)商品の品ぞろえも広げた。円高で輸入品の仕入れ価格が下がり、物流拠点の拡充などの費用増を吸収した」と報じられたことを好感、買い気配となっている。

小林製薬(4967) 4490円買い気配 「小林製薬は28日、2016年4〜9月期の連結業績予想を上方修正した。純利益は70億円と従来予想(65億円)より増える。決算期変更に伴い海外収益の計上時期が異なるため、前年同期と比較はできない。医薬品やスキンケア商品の新製品が想定より伸び、訪日外国人向けに衛生雑貨品も好調に推移する。研究開発費で税控除を受け、法人税負担も軽くなる」と報じられたことを材料視、買い気配となっている。

マキタ(6586) 6740円買い気配 「電動工具大手のマキタが28日発表した2016年4〜6月期の連結決算(米国会計基準)は、純利益が前年同期比21%増の132億円だった。国内外で販売が堅調だったことに加え、人民元安で主力の中国工場からの輸出採算が改善した。前年同期に計上した有価証券評価損がなくなったことも寄与した」と報じられたことを好感、買い気配となっている。

キリンHD(2503) 1775.5円10.0円高 「キリンホールディングスの2016年1〜6月期の連結営業利益は、580億円前後と前年同期(579億円)並みとなったようだ。19%減の470億円としていた従来予想を上回った。ビール類は苦戦したが、飲料事業で緑茶「生茶」などの販売が想定より好調だった。国内の薬価改定の影響などを見込んだ医薬・バイオケミカル事業の収益も想定ほど落ち込まなかった」と報じられたことを好感、シッカリしている。

ソフトバンク(9984) 5420円54円高 「ソフトバンクグループが28日発表した2016年4〜6月期の連結決算(国際会計基準)は、最終的なもうけを示す純利益が前年同期比19%増の2541億円となった。米国の携帯電話事業は減益となったが国内通信事業で光回線の小売りが好調だった。中国・アリババ集団株の売却益も利益を押し上げた」と報じられたことを材料視、堅調に推移している。



ヒストリカル
    6/29(水) 6/30(木) 7/1(金)
7/4(月) 7/5(火) 7/6(水) 7/7(木) 7/8(金)
7/11(月) 7/12(火) 7/13(水) 7/14(木) 7/15(金)
7/18(月) 7/19(火) 7/20(水) 7/21(木) 7/22(金)
7/25(月) 7/26(火) 7/27(水) 7/28(木) 7/29(金)
8/1(月) 8/2(火) 8/3(水) 8/4(木) 8/5(金)


スポンサー








カブーフレンズ

トレーダーズショップ

PHS


カブーフレンズ見本