デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

Go−Goニュース|ITbook、ログリー、インパクト、アートスパーク、ラクス、チェンジが高値更新|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
Go−Goニュース


 − 9/25(金) −


ITbook、ログリー、インパクト、アートスパーク、ラクス、チェンジが高値更新


 朝方の東京市場は全般買い優勢で推移している。本日のNY市場ではハイテク株への買いや金融のゴールドマンなどへの買いに支えられ、ダウは小幅反発となる52ドル高、ナスダックは39ポイント高となったことを受け、週末の東京市場も米株高が好感されているようだ。日経平均は反発している。業種別で高いのは海運、紙・パルプ、倉庫・運輸、非鉄金属、ガラス・土石、輸送用機器、ゴム製品、電力・ガスといったところ。個別ではITbook、ログリー、インパクト、アートスパーク、ラクス、チェンジ、バンナムHDが高値を更新している。9:04現在の日経平均株価は111円高の23,199円、為替相場は1ドル105円48〜49銭で推移している。


【東証1部】エコナック、日本製鋼所、神戸物産、LTS、IRJHD、タカキタ、日東電工、サイバーリン、フューチャー、チェンジ、カネカ、エイトレッド、ヨシムラHD、PRTIMES、M&Aキャピ、競馬、ビジョンなどが高い。

【東証2部】理経、オーミケンシ、ファーマフーズ、アイケイ、ジュンテンドー、ダイトーケミ、ギグワークス、ベース、日精機、アートスパーク、サイオス、フュトレック、フライトなどが堅調。

【マザーズ】日本情報、バンクイノベ、ユナイト&グロウ、ウェルビー、SKIYAKI、ビープラッツ、サイバーセキ、グッドパッチ、ライトアップ、農業総研、ベルトラ、弁護士COMなどがしっかり。

【ジャスダック】ベクター、日本ラッド、ブロメディア、シンクレイヤ、ジシステム、3DM、ロングライフ、北川精機、アンビスHD、ユニリタ、田中化研などが個別に物色されている。



※9:15現在の東証一部の新高値銘柄(数)は71、一方、新安値銘柄は3だった。

※9:15現在の東証一部の値上がり銘柄数は1657、値下がり銘柄数は396だった。

※8:30現在のグローベックス24時間取引のS&P先物はプラス14.25ポイントの3252.25、ナスダック100はプラス57.25ポイントの10949.00とそれぞれ小高く推移している。


【主な活発銘柄】

ユナイテド海(9110) 1467円27円高 「2021年3月期第2四半期累計期間の業績予想については、新型コロナウイルス感染症の影響は今なお予断を許さない状況にあるものの、経済活動停滞からの持ち直しの動きがみられ、当初の予想を上回る見通しとなるため、修正する」と報じられたことを材料視、シッカリしている。

ガイシ(5333) 1467円買い気配 「足元の世界経済は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて各国が打ち出した財政・金融政策が下支えとなり、地域のばらつきはあるものの、第1四半期を底として持ち直しの動きが見られる。当第2四半期(累計)の連結業績については、売上高は、セラミックス事業で中国市場をはじめとして自動車販売や生産が回復しつつあることや、コロナ禍におけるデジタル化の進展によって電子部品の需要増加を背景に、前回予想を上回る見通しである」と報じられたことを好感、買い気配となっている。

川崎汽船(9107) 1292円買い気配 「連結売上高及び連結営業損益については、前回発表予想どおりの見通しである。連結経常損益及び親会社株主に帰属する四半期純損益については、持分法適用会社であるOCEAN NETWORK EXPRESS PTE. LTD.社の業績が、東西航路の荷量及び市況の改善により、前回発表予想を大幅に上回る見通しとなり、損益も前回発表予想を上回る見込みである」と報じられたことを材料視、買い気配となっている。

ニイタカ(4465) 3115円買い気配 「アルコール消毒液を手掛けるニイタカが24日発表した2020年6〜8月期の連結決算は、純利益が前年同期比97%増の4億7900万円だった。6〜8月期では最高となった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、オフィスや飲食店向けに手指用アルコール消毒液の販売が伸びた。主力の業務用洗剤や固形燃料は飲食店や宿泊施設の集客減少で落ち込んだが、吸収した」と報じられたことを好感、買い気配となっている。

SGHD(9413) 4840円買い気配 「SGホールディングスは24日、2021年3月期(今期)の連結純利益が前期比16%増の550億円になりそうだと発表した。11%増の525億円を見込んでいた従来予想から上方修正した。日立物流が保有するSGHD傘下の佐川急便株の取得で純利益が増加する」と報じられたことを好感、買い気配となっている。

日本郵船(9101) 1912円22円高 「日本郵船は24日、2020年4〜9月期の連結業績予想の上方修正を発表した。純利益は前年同期比62%増の180億円と、8月発表時点の予想(15%減の95億円)から増益に転じる。定期船事業は想定以上の積み高による需給改善でスポット運賃が堅調なほか、共同出資のコンテナ船会社の収支も想定を上回るなど、足元の堅調な業績を反映した」と報じられたことを材料視、プラスで推移している。

ニトリHD(9843) 21605円75円高 「ニトリホールディングスの2020年3〜8月期の連結営業利益は約800億円と前年同期に比べ4割強増えたようだ。同4%増の577億円としてきた会社予想を大きく上回る。新型コロナウイルス感染防止で在宅時間が長くなり、家具やカーテンなどインテリア需要が伸びている。自社でサプライチェーン(供給網)全体を手がける強みも業績を押し上げた」と報じられたことを好感、プラスで推移している。

ステムリム(4599) 946円買い気配 「当社は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が実施する、令和2年度『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する治療薬開発』(3次公募)に採択されたことをお知らせいたします」と報じられたことを材料視、買い気配となっている。

三菱UFJリース(8593) 522円7円高 「三菱UFJリースと日立キャピタルは24日、2021年4月に合併すると発表した。新会社の総資産は約10兆円となり、オリックスに次ぐ業界2位となる。リース事業は長引く低金利で稼ぎにくく、新型コロナウイルスによる逆風も吹く。規模拡大で海外の再生エネルギー分野などを本格展開し、収益機会を広げる。コロナの打撃を受けるリース業界で再編の機運が高まる可能性がある」と報じられたことを好感、シッカリしている。

神戸物産(3038) 5450円買い気配  「1株を2株に株式分割 基準日は10月31日」などと報じられたことを材料視、買い気配となっている。



ヒストリカル
  8/25(火) 8/26(水) 8/27(木) 8/28(金)
8/31(月) 9/1(火) 9/2(水) 9/3(木) 9/4(金)
9/7(月) 9/8(火) 9/9(水) 9/10(木) 9/11(金)
9/14(月) 9/15(火) 9/16(水) 9/17(木) 9/18(金)
9/21(月) 9/22(火) 9/23(木) 9/24(木) 9/25(金)
9/28(月) 9/29(火) 9/30(水) 10/1(木) 10/2(金)


スポンサー








カブーフレンズ

トレーダーズショップ


カブーフレンズ見本