デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
こだわりブレックファースト
出来高増加銘柄検索(09/06) 信用取引貸借倍率表(09/03)

 
令和3年9月7日(火)


 09月03日現在海外相場(6日は休場)
NYダウ 35369ドル −74ドル
ナスダック指数 15363P +32P
CME日経先物 29595円  +435円
(尚、CME日経先物の前日比は前日の大証比)
本日のこだわり相場感
◎政策期待

 週明け6日(月)の米国株式市場はレーバーデーの祝日で終日休場。米国株や米国債のほか、原油先物などのニューヨーク商業取引所(NYMEX)を含むCMEグループの各市場も休場となり、通常取引は翌7日に再開されます。米国のこのレーバーデーは日本でいうところの勤労感謝の日にあたります。毎年9月の第一月曜日があたるのですが、三連休の最終日になり、この日を境にバケーションモードから切り替わっていくそうです。又、レーバーデー明けで米国市場では公式に夏が終了したとして、投資家が本格的に市場に戻ってくることになります。尤も今年も新型コロナウイルス感染で例年とは事情は違っているようですが。

 その新型コロナウイルスですが、日本では一時の感染拡大の流れにブレーキが掛かって来ているようで、最大の感染者数となっていた東京都の感染者数も昨日6日は久しぶりに1000人を下回っています。重症化数や死亡者巣に関しては減少傾向ではないだけにまだまだ予断を許すものではないのですが、それでも日本における第五波は下降ラインを辿っていることになりそうです。

 この状況下でも政府分科会は現在の緊急事態宣言を延長しようとしているようです。完全にコロナを無くす事が出来ない訳ですから、日本国民がこの宣言に対してあまり効果を期待していない事を踏まえると、何か違う対策も必要になるのかも知れません。実際に時短要請、更にはアルコール提供の禁止と言った要請も、少なくとも都内の飲食店を調査した結果では約6割の飲食店が時短要請には応じないと答えているようです。

 どこまで信じて良い調査かは分かりませんが、確かに都内では午後8時を過ぎても営業を行い、アルコールも提供しており、夜中までの営業を続けている、本当に通常営業を行っている飲食店は結構あるようです。小池都知事が声高に注意しても、ここまで年内、宣言が出されていなかったのがたった一カ月で残りの7か月はずっと緊急事態宣言なるものが発令され、酒を出すな、営業時間を短縮しろと言われ続けてきた業界にとっては、流石に我慢の限界と言うことになるのかも知れません。

コロナワクチン接種も日本では欧米に追い付き追い越せと言う動きで接種率が爆上げしています。菅首相のコロナ対策を批判する勢力も多いのですが、一方でワクチン供給とそして接種の関わる流れを構築したのは紛れもなく菅首相の貢献は大きかったといえますから、一定の評価をしても良いのですが、どうも見た目とアピール力の無さで不当に評価されたようで、今回の自民党総裁選事態と言う経緯になったのかも知れません。

問うことで相場は自民党総裁選が大混乱に成っている事を踏まえて出馬する候補者が次の衆議院選挙を睨み、色々な政策を打ち出す動きとなっている動きを好感しているようです。候補者が力を入れそうな政策の関連銘柄への物色が活発で、相場全体の先高観が強まっている状況です。

 世論調査では最有力とされる河野太郎規制改革相が「脱原発」を掲げていることから、太陽光発電などを手掛けるレノバは前週末比15%高、バイオマス発電のイーレックスは同8%高など、再生可能エネルギー関連で上昇が目立った。ほかにも、岸田文雄氏の新型コロナウイルス対策強化や、石破茂氏の地方創生などの関連銘柄にも物色が向かったようで、どこまでこの強い地合いが続くのかを注視することになりそうです。

 この株高を主導するのは外国人投資家とする日経の記事にありましたが、ある外資系証券トレーダーは「年金基金からヘッジファンドまで、海外勢が軒並み買いに動いている」と話しているそうです。高値圏の欧米株に比べ日本株は出遅れていたが、「新政権で閉塞感が打破されるとの期待から買いが入っている」そうです。特に政策の論点になる、再生可能エネルギーや医療人材の派遣業務など、政策課題に絡む個別銘柄の買いもみられたそうです。

株式市場ではありがちな動きで、期待先行でその先に現実が見えてくれば一旦売りが嵩む動きだということになります。それでも自民党総裁は即ち、日本の国の代表である首相に成る訳で、その首相が打ち出す政策は「国策」ということになります。株式の諺に「国策に売り無し」と言うことで考えれば、目先強気相場が続くことになりそうです。日経平均株価はまずは3万円の大台を目指す動きになるのかも知れません。


4880 セルソース
脂肪・血液由来の細胞の加工受託など再生医療、化粧品開発・販売などコンシューマー事業展開。9月3日、横浜F・マリノスとメディカルパートナー契約を締結。6月14日、21年10月期第2四半期累計(20年11月-21年4月)の経常利益(非連結)は前年同期比2.3倍の4.3億円に急拡大。通期の同利益を従来予想の5.7億円→7.7億円(前期は4.1億円)に35.3%上方修正し、増益率が38.3%増→87.1%増に拡大し、従来の5期連続での過去最高益予想をさらに上乗せ。

7157 ライフネット生命保険
インターネット専業生保草分け。商品のわかりやすさや低価格に特徴。KDDIと資本業務提携。9月3日、8月新契約件数は前年同月比19%増。8月11日、22年3月期第1四半期(4-6月)の経常損益(非連結)は9.2億円の赤字(前年同期は6.4億円の赤字)に赤字幅が拡大した。

3458 シーアールイー
物流施設の賃貸管理、開発、アセットマネジメントを手がける。首都圏地盤で大阪、福岡に展開。9月2日、物流施設「ロジスクエア大阪交野」をCREロジスティクスファンド投資法人 <3487> [東証R]へ売却。売却価格は223億円。22年7月期第1四半期に収益計上する。6月11日、。21年7月期第3四半期累計(20年8月-21年4月)の連結経常利益は前年同期比5.4倍の58.2億円に急拡大し、通期計画の45億円に対する進捗率が129.4%とすでに上回り、さらに5年平均の39.3%も超えた。

3547 串カツ田中HD
『串カツ田中』を直営、FCで関東中心に全国展開。家族客多いのが特徴。多様な出店立地に強み。7月15日、21年11月期第2四半期累計(20年12月-21年5月)の連結営業損益は12.3億円の赤字(前年同期は1億円の赤字)に赤字幅が拡大。通期の同損益を従来予想の2.8億円の黒字→23億円の赤字(前期は0.4億円の赤字)に下方修正し、一転して赤字見通し。通期の連結最終損益は従来予想の0.5億円の黒字→0.7億円の黒字(前期は1.9億円の赤字)に40.0%上方修正。

4078 堺化学工業
1918年創立で亜鉛から発祥。酸化チタン大手で電子材料や風邪薬『改源』含む薬品等も展開。8月6日、22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.3倍の23.5億円に急拡大。通期の同利益を従来予想の51億円→64億円(前期は40.1億円)に25.5%上方修正し、増益率が27.1%増→59.5%増に拡大する見通し。4-9月期(上期)の同利益を従来予想の27億円→37億円(前年同期は12.1億円)に37.0%上方修正し、増益率が2.2倍→3.0倍に拡大する見通し。

4490 ビザスク
ビジネス知見持つアドバイザーと顧客をマッチングし、インタビューを設営するサービス提供。8月18日、エキスパートネットワークサービス事業を米国を中心に展開するColeman Research Groupの全株式を取得し子会社化する。7月15日、22年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比60倍の1.2億円に急拡大し、通期計画の2.2億円に対する進捗率は54.5%に達し、さらに前年同期の1.0%も上回った。

4970 東洋合成工業
半導体や液晶のフォトレジスト用感光性材料を製造。化成品は香料材料、高純度溶剤などが柱。8月6日、22年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益(非連結)は前年同期比88.9%増の14.7億円に拡大し、4-9月期(上期)計画の19億円に対する進捗率は77.6%に達し、5年平均の53.1%も上回った。

5401 日本製鉄
粗鋼生産量で国内首位、世界3位。技術に定評、高級鋼板で圧倒的。12年に住金と合併し発足。8月3日、22年3月期第1四半期(4-6月)の連結最終損益は1621億円の黒字(前年同期は420億円の赤字)に浮上して着地。通期の同損益を従来予想の2400億円の黒字→3700億円の黒字(前期は324億円の赤字)に54.2%上方修正し、14期ぶりに過去最高益を更新する見通し。4-9月期(上期)の同損益を従来予想の1300億円の黒字→2000億円の黒字(前年同期は1911億円の赤字)に53.8%上方修正し、16期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通し。

5411 JFEHD
粗鋼生産国内2位・世界10位台のJFEスチールが中核の持株会社。商事、エンジニアリングも。8月12日、22年3月期第1四半期(4-6月)の連結税引き前損益は854億円の黒字(前年同期は504億円の赤字)に浮上して着地。通期の同損益を従来予想の1900億円の黒字→3400億円の黒字(前期は49.3億円の赤字)に78.9%上方修正。非開示だった4-9月期(上期)の業績予想は連結税引き前損益が1900億円の黒字(前年同期は1207億円の赤字)に浮上する見通し。

5805 昭和電線HD
東芝発祥の電線メーカー。電力用などインフラ系に強み。8月2日、22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比4.6倍の26.1億円に急拡大し、通期計画の83億円に対する進捗率は31.6%に達し、5年平均の16.2%も上回った。

6101 ツガミ
小型自動旋盤の首位。スマホや自動車向け強い。新興国開拓重視。中国子会社は香港市場に上場。7月30日、22年3月期第1四半期(4-6月)の連結税引き前利益は前年同期比2.8倍の50.5億円に急拡大した。

6325 タカキタ
飼料系農機が主で風力発電用軸受けも。クボタ、井関農機、ヤンマー等と関係強化。収益上期集中。7月29日、22年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益(非連結)は前年同期比2.7倍の1.8億円に急拡大し、4-9月期(上期)計画の3.7億円に対する進捗率は50.4%に達し、5年平均の39.7%も上回った。

6613 QDレーザ
半導体レーザー技術を活用したデバイスを開発、販売。視覚障害者向けアイウェアを育成。8月11日、22年3月期第1四半期(4-6月)の経常損益(非連結)は2億円の赤字となった。

6723 ルネサスエレクトロニクス
NECエレとルネサステクが統合。車載用マイコン世界首位級。米国2社を計1兆円で買収。7月29日、21年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結税引き前利益は前年同期比70.4%増の507億円に拡大。

6951  日本電子
電子顕微鏡で世界首位。分析機器・半導体装置・医用機器も。8月13日、22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.7倍の10.9億円に急拡大し、4-9月期(上期)計画の30億円に対する進捗率は前年同期の14.3%を上回る36.4%に達した。

7358 ポピンズHD
働く女性の支援目的にベビーシッターと介護の在宅サービス、保育所等運営のエデュケア展開。8月10日、21年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益は7.6億円(前年同期は非開示)。通期の同利益を従来予想の18.3億円→15.9億円(前期は15.6億円)に13.3%下方修正し、増益率が17.2%増→1.7%増に縮小する見通し。

こだわりレーティング
09月06日(月)分

1979 大気社 三菱UFJMS Overweight継続 3800円→4000円
2715 エレマテック 岩井コスモ B+→A格上げ 1450円
3923 ラクス CLSA UP→OP格上げ 4300円
4307 NRI みずほ 買い継続 4100円→4900円
4751 サイバーA 水戸 新規A 2600円
4816 東映アニメーション 東海東京 Neutral→OP格上げ 13000円→19000円
5201 AGC マッコーリー OP継続 6000円→6500円
5201 AGC 三菱UFJMS Overweight継続 5500円→6000円
6367 ダイキン工業 みずほ 買い継続 27000円→32000円
6501 日立 水戸 A継続 7200円→8000円
6622 ダイヘン みずほ 買い継続 6000円→6400円
6770 アルプスA モルガンS Underweight→Overweight格上げ 1050円→1550円
6856 堀場製作所 みずほ 買い継続 8300円→9000円
6920 レーザーテック 岩井コスモ A継続 26000円→31500円
6967 新光電気工業 CLSA OP→BUY格上げ 4800円
7186 コンコルディア SBI 買い継続 500円→510円
7952 河合楽器製作所 野村 Buy継続 7600円→8200円
8031 三井物産 大和 1継続 3300円→3450円
9432 NTT メリル 買い継続 3520円→3600円
9684 スクエニHD みずほ 買い継続 8900円→9300円
9697 カプコン みずほ 買い継続 4000円→4200円
9766 コナミ みずほ 買い継続 9100円→9500円

ヒストリカル
06/01 06/02 06/03 06/04
06/07 06/08 06/09 06/10 06/11
06/14 06/15 06/16 06/17 06/18
06/21 06/22 06/23 06/24 06/25
06/28 06/29 06/30 07/01 07/02
07/05 07/06 07/07 07/08 07/09
07/12 07/13 07/14 07/15 07/16
07/19 07/20 07/21
07/26 07/27 07/28 07/29 07/30
08/02 08/03 08/04 08/05 08/06
08/10 08/11 08/12 08/13
08/16 08/17 08/18 08/19 08/20
08/23 08/24 08/25 08/26 08/27
08/30 08/31 09/01 09/02 09/03
スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

カブーフレンズ見本