デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

IPO銘柄研究|ゴールデンウィーク前、最後のIPO|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

初歩からの株式投資講座
初歩からの株式投資講座:初心者からプロまで充実の講座内容
デイトレ初心者のためのデイトレード入門講座お申込み
ビギナー向け用語集
IPO銘柄研究


 − 4/24(月) −


ゴールデンウィーク前、最後のIPO


 一時1万8200円割れ水準まで調整した日経平均は、目先急ピッチで戻りを試しています。ただ1万9000円の大台を回復しておらず、北朝鮮問題が懸念材料として取り上げられています。

 前週のIPO、旅工房(6548)は公開価格の2.7倍、3750円の初値を付けてスタート、初値形成後も上昇を続け、一時5000円台にも乗せています。株式市場全般に不安材料がある中でのIPO案件は相対的な安心感があります。

 今週は1銘柄のIPOがあります。現時点で次のIPOスケジュールが出ておらず、ゴールデンウィークをはさんで少なくとも1ヶ月近くはIPO空白期間となります。


アセンテック(4/25マザーズ上場)公開価格2000円

 アセンテックはインターネットの仮想サーバーを提供する企業です。パソコンにOSをインストールすることなく利用でき、サイバー攻撃などにも対処しやすという利点があります。特に企業や官公庁向けに仮想デスクトップの導入から運営までのトータルサポートを提供、利用料によって運営しています。また、クラウドサービスも低価格の月額料金で利用できる手がけており、これからの成長事業と位置づけています。

 今1月期は最終利益で前期比14%増見通しです。配当の予定はありません。上場に伴う調達資金は人材採用に充てる、としています。

 公開価格のPERは18倍台となります。ベンチャーキャピタルからの出資にはロックアップがかかっているものの、1.5倍で解除となります。


<T.K>



ヒストリカル
3/27
4/3
4/10
4/17

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

PHS


カブーフレンズ見本