デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

中期期待株を探る|生きる投資をすること|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
中期期待株を探る


 − 4/24(水) −


生きる投資をすること


 「カブーフレンズ」では、全10回の「1億円作りのセミナー」をすべて見ることが出来ます。これは人生変える、そんな内容。儲けられない投資家は見てください。8078円で10回すべて見ることが出来ます。

 また、5月の10連休では特別企画があります。儲ける人になるためにどうすればよいか。そのまとめを書きます。さらに、具体的な小型成長株の狙い株を5/3に10本発表します。
 

 5/1のセミナーのまとめでは、生きるための投資家になること、専業トレーダーになることをお勧めしています。それは、なぜか。どうせなら、株で生活して家族のために裕福になっていただきたいからです。

 中には、この通信、日経先物をやるために読んでおられる方もいます。個別株主体、大化け株にこだわる通信なのに、日経平均先物を主体に組み立てている方もいます。したがって、225の基本データなどはとても重要だったり、日経平均動向などを何年も読んだためにこの通信を見ている方もいます。

 方法は、日経平均先物でも個別のデイトレでも、さらに中・長期でもいいわけです。とにかく儲ける投資家になることです。


 4382 HEROZが5000円も上がり、6047 Gunosyが1000円も下げる。下方修正が予想してレオスが10%仕込んだわけではありませんが、それでも営業利益下方修正でも、売上は伸び最終も良く、上向き。予想よりも下方というだけですから、このような場面では戻るでしよう。3190円目標にした証券が出ました。

 HEROZも3993 PKSHAも大幅高から、さらに調整・浮上あっても、大切なことは、2社のやっている事業がこれからの数年でどうなるか。つまり、3か月とか半年のスパンの運用と数年先の運用では違ってくるということになります。大化け期待は、例えば売上が数倍になるなら、それは株価もさらに数倍になる可能性が生まれることになります。


 5/1にセミナーのまとめを取り上げます。重要なところと、こうあると儲ける人になれるという内容を書きます。つまり、セミナーの肝です。金持ちになる人の組み立てを取り上げます。儲ける人と儲からない人では、実際にはそんなに大きな差はないのです。根性と、どこまで本気か、となります。儲からない人も本気だといいますが、実際には本来からの方法が違ったまま一所懸命に何年もやっても儲かりません。

 大儲けしている人はこんなことやっているのか、と思われると思います。それは、大きく上がる株の吟味をして、4428 シノプスなどのような上げ続ける株を毎日狙っている。それが方法なんです。上がる勢いがある株を見ているのです。そして、上がる株がさらに上がると考えて運用して、終わる、下がる場合には脱兎のごとくにげる。

 セミナーでは、とにかく儲ける投資家になる方法を書きました。そのまとめをしっかり 5/1に見てくださぃ。令和になる日です。


 5/3は、大化け期待の小型株に絞った夢企画です。10本の小型成長株、これから化ける株と思われるものをお伝えします。セミナーで触れた4382 HEROZが7000円から5000円高して、3993 PKSHAは倍増。さらに夢株は生まれてきましたが、さらにここで厳選に厳選して、化ける期待株を小型の成長期待株から絞り、10本発表します。お楽しみに。


 「カブーフレンズ」お申込みは<ここ>をクリックください。


4316 ビーマップ
 ストップ高となると、さらに強気もありそうだが、ここから割り切った投資狙う。コンテンツの企画・制作の会社。チャート良く、右肩上がり。ややトリッキーな動き。上方修正。営業利益、3000万円→6000万円、倍増、2019/03通期連結。850円突破あると高値更新で、900円以上も短期的に狙えそうだ。

3930 はてな  
 続伸となりそう。不思議な強気、SNSでの情報拡散、有力筋の買いの噂などもあり、株価は今年大幅高となり、3/22には4795円となった。目先は3600円前後、ここからの戻り狙えそう。任天堂とNintendo Switchソフト「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」のゲーム連動サービスを共同開発。刺激となり、ここからも値上がりありそう。

6777 santec  
 2000円突破となり、2328円奪回の可能性高まる。株価は2200円台から1400円台に調整、この位置から下値は狙い。5G関連として注目。光部品関連事業の伸び、光モニターの伸び期待。現在、ネットワークの高速化、大容量化、IoT、5Gへの対応を背景としたニーズで、国内外の通信機器メーカー・大学の研究所等を中心に売上・利益が大きく伸びている。この位置から戻り狙う。

6182 ロゼッタ  
 2100円から4800円と高値更新して、倍増以上の相場になってきた。今年の成長株の1本となりつつある。営業利益、3.5億円、2019/02通期連結。同社連結子会社である株式会社グローヴァを吸収合併存続会社。同じく、同社連結子会社である株式会社インターメディアを吸収合併消滅会社とする吸収合併。好調な業績を反映して、今後とも株高が続きそうだ。

6787 メイコー 
 プリント配線板の設計・製造の会社。2300円台となり高値更新。1600円台から2300円台とここで700円高となってきたが、さらに一段高期待する。業績好調。前期に続き、今期も増収増益予想。買いが買いを呼び、今後の期待もあるため、さらに高値取りとなりそうだ。

3698 CRI−MW  
 続伸模様。しっかりした相場続く可能性あり。マザーズ株。さらに浮上期待。ここで人気化する株が増えてきた。継続的に買われている。ここで6777 santec、6626 SEMITEC、6182 ロゼッタ、3697 SHIFTなどと共に目先人気株。ここでさらに浮上期待。4320円から3400円台に調整。戻りに入ると、4000円突破から高値4320円奪回を目指すことになりそう。



ヒストリカル
3/27
4/3
4/10
4/17

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ


カブーフレンズ見本