デイトレ・デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

中期期待株を探る|疑心の中で相場育つ|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

初歩からの株式投資講座
初歩からの株式投資講座:初心者からプロまで充実の講座内容
デイトレ初心者のためのデイトレード入門講座お申込み
ビギナー向け用語集
中期期待株を探る


 − 7/1(水) −


疑心の中で相場育つ


 相場は調整と浮上を繰り返しながら、ここ数年で8000円台から2万円と変化。要するに、まともな株を持った人は倍増している相場。これからも、目先の波乱と浮上の中で、結局は不安、疑心の中で相場は育ち、日経平均3万円時代に突入することになるでしょう。ここでは、信じて長期で保有する運用と、短期で回転していく運用、半端なことをした人はもっとも損をして効率上がらない。つまり、短期で狙った株が失敗して下げて持続してしまい運用効率をダウンさせる。このタイプは、時代に関係なく損をしてしまう。短期運用なら、新興市場株をうまく運用することで億万長者も夢ではない。どうすれば良いのか、方法を知ること。「カブーフレンズ」で、もっとも大切な運用方法を解説。それで人生変わる、そんな運用もあるのだ。


 しっかり良い株を狙う。

8303 新生銀行 
 目先波乱なら押し目買い。評価高まり、この株は300円突破の期待あり。

3397 トリドール
 丸亀製麺。海外進出と、国内では100店舗のカフェ計画。目先調整も再浮上狙い。

3402 東レ
 押し目狙い。評価上がり、今後は1250円狙い。来年は1500円も狙える株となりそう。

8732 マネパG
 今後に期待あり。ここでヒット続く狙い筋が安値を狙う。しっかりした相場か。

7201 日産自動車
 今年は1500円狙い。イエローキャブ独占も問題なし。新たなる日産に。株高期待。

2586 フルッタフルッタ
 今後期待あり。リボミック、じげん、カルナバイオ、アエリア、イリソ電子、アドベンチャーなども、さらに上がりそう。


8306 三菱UFJ
 とにかく、上げても下げてもこの株。目先の波乱であれこれ、どうなるかブレている場合ではなく、下げたら買い増しあるのみ。


4404 ミヨシ油脂  
 今年の相場の特徴は、数年上がるわけもなかった株が上げていること。森永製菓、日本カーボン、さらに日本駐車場。ここでミヨシ油脂、蛇の目、石原産業までも浮上する可能性がある。ミヨシは15年12月期連結営業利益が前期比6.7倍、純利益は同2.7倍と好調。株価は150円から年末には180〜200円も期待。

9432 NTT  
 ここで再度、外国証券筋がマークのNTT。今年後半、かなりしっかりした相場となりそうだ。これからの相場では、上がっている株が少し休んで、さらに上がる。上がっていない株は少し休んで、また上がらない。そんな相場になりそう。ここで、NTTは夏相場では9000円突破がありそうだ。6/8に野村證券は「Buy」として、目標株価を9350円から10750円に引き上げた。

8411 みずほFG  
 大きくなりそうな、みずほFGは、資金少ない人が狙う株ではない。あくまでも、資金ある人が数年保有したら倍になった、という変化が今後発生することが予想されている。本日は10円高も目先ではなく、あくまでも長期で見る。6/19に野村證券が「Buy」として、360円目標にした。

5801 古河電気工業 
 私の書いた本「知識ゼロ、資金ゼロから億万長者になれる株入門」幻冬舎 では、厳選50本を投入した。株価倍増も夢ではない、そんな株を取り上げたが、原稿締切時の株価から見れば、かなりの数の銘柄がこの相場でしっかり上げている。実際、まだ上げていない古河電工は狙い。さらに、N株やD株もここが買い場だ。

5711 三菱マテリアル  
 セメント株、これから上がりそう。宇部興産、住友大阪などもチャンス。三菱マテリアルは年内650円狙い。ここで5月後半から格付けされた目標は、殆どが500円台の目標だが、350円と異常に低い目標を出していたモルガン・スタンレーが格上げしている点に注目。ここからの戻り有力。

3328 BEENOS  
 5/11に2322円があり ここで反発に転じ、2900円もつけてきた。一気の上げではなく、ここから日柄経過とともに、4/9の3150円突破から、さらに3400円相場も期待できる。宅配買い取り、通販サイト展開、海外客増加で効果大きい。アメ横で有名だった「多慶屋」と組んで、ネット注文のサービスも展開する。

6796 クラリオン  
 この株価の位置は、居心地が良いところであり、すぐに上がるわけではないものの、連結最終70億円、前期、今期と連続増収増益予想。ここで評価も高まりつつあり、株価は500円を目指す展開期待。6/15に岡三証券が「強気」として、500円目標にしている。

2768 双日  
 300円突破、次なる浮上が始まるかしっかり見ていくことになる。170円から300円となり化けたが、ここから次なる狙いは350円。年内400円突破を目指す。来年はさらに上がりそう。日商岩井、ニチメンが統合した会社だが、実力、業績などから見ても、しっかりした相場になりそうだ。

9984 ソフトバンク  
 昨年も今年も基本は突っ込み買いの吹き値売りで運用すると、効率的な運用になっている。反対に、持ち続けていれば上げ切れず、利食いも出来ずで推移している感触。ただし、この株、ソフトバンクは、短期は短期の運用をし、長期は徹底して強気で押し目買い増しをしていくことで、これからは効率的な運用となりそうだ。



ヒストリカル
6/3
6/10
6/17
6/24

スポンサー
覚悟の一冊











カブーフレンズ

トレーダーズショップ

PHS


カブーフレンズ見本