デイトレ・デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

中期期待株を探る|上がる株の見方は|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

初歩からの株式投資講座
初歩からの株式投資講座:初心者からプロまで充実の講座内容
デイトレ初心者のためのデイトレード入門講座お申込み
ビギナー向け用語集
中期期待株を探る


 − 10/29(水) −


上がる株の見方は。


 実は、上がる株はさらに上がる。下がる株はさらに下がる。そんなことが多くあります。実際には、上がる株を売り、安い株を買うと、売った株がさらに上がって、安い株は上がらない、そんなことが起こる。

 特に儲からない人のパターンは、損したくないから下値不安のない株を買う。すると、確かに損は少ないが、ちっとも上がらない。とにかく上がらない。下げないが、上がらない。そんなことも多くあるのです。

 「儲ける」とは、リスクのある株を買うことなり。上がる株はリスクがある。そのリスクの扱い方こそ、200万円から1億円作る方法。そのリスクのとり方がうまい人は大儲けする。そのリスクのとり方が出来ない人、下手な人は損する。それが株式市場。


 大儲けした人の運用を見てビックリ。ほとんど綱渡りじゃん。高い株に飛びつく、そして利食いする。それからさらに上がることもあり、急落しているケースもあるけど、とにかく完璧な運用ではないけど、その都度うまく利食いしている。

 反面、儲からない人の運用は、リスクある株はやらないか、リスクある株やるととにかく下手で、そのまま持ち続けて下げて持続して、それはリスクをそのままかぶり、損している。要するに、運用の力がないのにやってはならない株をやっている。


 まず自分がやっている運用が自分にあっているかどうかを確認する。そして、自分がやるべきタイプの運用をする。それを回数重ねていき磨けば、億が待っている。

 ところが9割の人は、間違った運用を間違ったまま続けている。特に短期で失敗→そのまま持続→上がらない効率の悪いことを続けてしまい、数年してもあまり儲からない。増やせない人になる。


 銘柄選択は、株価が上がってない位置のものから探していき、今後、中期、長期としっかり上がる業績、業容、材料性の株を買う。これが、運用下手な人がやる運用となります。この具体的な資金増やす運用の方法を、これからの「カブーフレンズ」では取り上げていきます。特に10月から11月、「儲からない人を儲かる人に変える」というテーマで「スイングトレード」に書いていきます。力がないのに力のある人と同じ運用しても一生儲かりませんから、しっかり運用を見ていき、まずは自分に合う運用を知ることです。特に昨年、今年、儲けてない人は、このまま続けても儲かりません。やめた方がいいです。このまま続けるならやめた方がいいです。方法を知り、そして正しい運用を繰り返して上達する。「カブーフレンズ」に入って黙って3カ月、毎日通信を見てください。きっと儲かる投資家になるための何かが見えてくると思います


「カブーフレンズ」のご案内は<ここ>をクリックください。


8308 りそなHD  
 大手で始めて振込み24時間サービススタート。銀行株の押し目買いが入ったとの情報などあったが、ここで注目はメガバンクとともに、りそなHDや新生銀行、さらに業績好転で株価が下げていた銀行株は狙い。りそなHDは10/15にUBS証券が690円目標、10/9にはゴールドマン・サックス証券が830円目標にしている

1820 西松建設  
 これから上向き。今後の日本で、建設株は公共投資、都内開発、リニア、五輪特需、老朽化した首都高や高速道路工事など、あらゆるところで需要拡大ありそう。建設株は押し目狙いだ。好調、西松建設と大豊建設。実力でさらなる高みがありそう。取組面では買い長も問題なく、500円突破期待。

8050 セイコーHD  
 野村證券が800円目標にして、株価は420円前後から10/1には512円に変化した。全体相場の1800円安で450円まで調整したが、そこから反発となり500円接近。年内は512円突破から550−600円方向。来年はさらに大きくなりそうだ。業績好調、含み一等地銀座にあり、今後五輪に向けて堂々たる浮上期待。

6703 OKI  
 230円台狙い。10/7の272円から220円台まで調整したが、この押し目は狙い。9/30に丸三証券が「買い」として目標株価を330円にしているが、年末までには一段高期待。来年は300円以上での活躍もありそうだ。中国でATMが好調、今後業績も期待できる。ブラジルATM事業買収などの効果期待。

3765 ガンホー  
 値ごろ感からみても、そろそろ買い場のガンホー。403円まで下げて450円前後まで戻してきたが、550円処の戻りが年内目標。短期的に見ても中期的な見方でも、ここは買い場となりそうだ。業績好調、連結最終利益600億円予想。売上も好調だ。これからの戻り有望。

4763 クリーク&リバー  
 10/9の800円突破から、さらに9/30の880円を一定速度で奪回すると、さらなる高値となりそう。同社はウェブコンテンツ制作代行をしている会社だ。テレビ番組制作、電子書籍取次といろいろと事業をしているが、連続増収増益見込みであり、売上は右肩上がり。株価は年内950〜1000円狙い。ここでチャートも良く、反発がありそうだ。



ヒストリカル
10/1
10/8
10/15
10/22

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

PHS


カブーフレンズ見本