デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

NOW おいしい銘柄|4435 カオナビ 7320 日本リビング保証|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
NOWおいしい銘柄


 − 7/22(木)分 −


4435 カオナビ

 マザーズ株のカオナビですが、今年4890円から3065円と1800円売られて調整が続きました。マザーズ全体調整であり人気離散となり、業績が良くなる株も売られました。同社は人事管理の会社であり、社員情報の一元管理をクラウド上で提供します。マザーズ株は好業績の株や将来がある株の押し目を一定期間の中で買っておけば今後はかなり浮上期待が強く、投資チャンスとの見方があります。ミンカブもカオナビも今後期待。クリエイターのスキルを可視化するオンラインポートフォリオサービスつを提供するforiioへ出資を発表しました。ゴールドマン・サックス証券が買い推奨として目標株価を5000円としました。ここは買い場でありガッチリ上がりそうです。


上方修正(済)による人気が沈静化、今期のさらなる成長を見込んだ仕込み好機へ

7320 日本リビング保証

 購入後の住宅に対し、設備保証(フリーメンテナンス)、点検・検査、補修・リペアなど住宅寿命の延長に必要な作業をサポートするトータルソリューションを展開の日本リビング保証。旺盛な需要に支えられて成長が続いており、株価には依然として“伸びしろ”が残されていると予想する。同社は5月10日に前2021年6月期本決算の見通しを増額修正しており(売上高を24億円から前の期日38.1%増の27億円、営業利益を3.1億円から前の期比168.6%増の5.50億円にそれぞれ増額した)、直後から人気化し、6月に入ってからも人気を集めて6月15日には3000円弱の高値を形成。その後は利益確定売りが膨らみ、現状はテクニカル面の過熱感が後退した状態にある。前期の本決算が発表される8月11日には会社側から2022年6月期の見通しが公表されると予想されているが、市場では2022年6月期以降も増収増益を維持すると観測しており、現水準は今期のさらなる成長を見込んだ仕込み好機と考えられる。



ヒストリカル
6/24
7/1
7/8
7/15

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ


カブーフレンズ見本