デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

NOW おいしい銘柄|6551 ツナグS 4975 JCU|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

初歩からの株式投資講座
初歩からの株式投資講座:初心者からプロまで充実の講座内容
デイトレ初心者のためのデイトレード入門講座お申込み
ビギナー向け用語集
NOWおいしい銘柄


 − 7/12(木) −


さらに1000円高も期待する株

6551 ツナグS

 相場は1800円台があり、一度1400円台に調整したが、ここで戻りに入り、さらに2000円突破から2500円方向期待。これから1000円高も狙う展開になりそうだ。2484 夢の街創造、6027 弁護士COMなど、やっている内容をしっかり評価すると1000円の株も3000円になるものは多く誕生するが、同社はこれからに注目したい。業績上向き、採用代行の会社。アルバイト、パートに特化している点に注目。コンビニなどは人手不足で外国人採用。外食も同様だが、このような新人採用を企業に代行して行う。当面は業績上向きであり、今後は大学生から外国人採用、さらに広告から人材獲得全般。業績上向きで、株価もしっかり上がりそうだ。期待できる。


最高益を更新中ながら株価指標面で割安で、投資妙味を感じさせる

4975 JCU

 メッキ薬品大手のJCU。業績が拡大している割には株価には出遅れ感が感じられる状態であり、見直される可能性が高いと予想したい。前2018年3月期は2桁の増収、2桁の増益で売上高・営業利益・経常利益・最終利益が揃って過去最高を更新した。収益構成で86%を占める主力の薬品事業が牽引している。ハイエンドスマートフォン向けのプリント配線板製造を行う顧客において新工法の量産があったことに加え、中国系スマートフォン向けの需要については高機能化等を背景に堅調に推移したことから、中国、台湾、韓国におけるプリント配線板用メッキ薬品の販売が順調に推移した。中国においては日系自動車の生産、及び販売が好調だったことから自動車部品用メッキ薬品販売も堅調に推移したほか、国内の薬品販売においても電子分野向けを中心に回復基調で推移したことで同事業の売上高は前期比18.5%増の199億2500万円、セグメント利益は前期比29.5%増の79億3300万円と高い伸びとなった。今2019年3月期についても引き続きスマートフォン内部の基盤に使う銅メッキ薬品の販売が内外で伸びることや自動車部品用メッキ薬品も好調を持続すると観測されており、増収増益を計画している。業績拡大中、しかしながら、PERは14倍台前半で推移しており、大いに投資妙味が感じられる。



ヒストリカル
6/14
6/21
6/28
7/5

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

PHS


カブーフレンズ見本