デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

NOW おいしい銘柄|3925 DS 1433 ベステラ|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

初歩からの株式投資講座
初歩からの株式投資講座:初心者からプロまで充実の講座内容
デイトレ初心者のためのデイトレード入門講座お申込み
ビギナー向け用語集
NOWおいしい銘柄


 − 3/23(木) −


ビッグデータで飛躍する株

3925 DS

 マザーズのダブルスタンダードは、ビッグデータ解析の企業。提供と活用両面で今後とも成長が期待される会社。多くの引き合いがあり、今後ともビッグデータ情報を集めて、資料化して事業に活用する内容は、顧客増加から業績も順調に推移するものと予想される。一般顧客向けサービスもスタートさせて、さらにアプリなどを利用した開発なども今後期待が大きい。前期の好調に続き今期も増収増益確保、配当は33円見込みである。来期もしっかりした展開が期待されることから、ここで株価は3500円から4400円台に変化して、目先は3800円と調整したが、この押し目は買い場となりそう。狙いどころは4500−5000円。さらに、年間通じては6000−7000円も期待する。人気があり、買いが入ると集中して買われる面もあり、日柄はかかるがしっかり株高となりそうだ。


“オールドエコノミー”ながら将来性は抜群の成長企業

1433 ベステラ

 いわゆる“オールドエコノミー”とも言える石油などプラント解体工事を専門とするマザーズ上場のベステラですが、収益が着々と伸びており、株価にはまだまだ値上がりの余地が十分に残されていると予想します。手持ちのプラント解体工事が進んだことで大幅な増収増益となり、全ての利益が過去最高を更新した2016年1月期に続き、3月17日に発表された2017年1月期決算でも「産業競争力強化等の政府の各種政策」が後押しとなり、受注工事の増加を背景に約9%の増収で着地しました。利益面に関しては“完成後ズレ”の影響もあって11%の営業減益、13%の経常減益、最終7%減益となりましたが今期は再び回復します。2018年1月期は手持ち工事が豊富なことや「リンゴ皮むき工法」などで利益率も改善し、大幅な増収増益を見込み、2期ぶりに全ての利益が過去最高を更新します。また、将来的にも高度成長期以降に建設されたプラントの急速な老朽化を背景に市場拡大が続くことも同社にとっては強い追い風と考えられます。


<T.K>



ヒストリカル
3/16
3/23
3/30
4/6

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

PHS


カブーフレンズ見本