デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

NOW おいしい銘柄|7421 カッパ・クリエ 4176 ココナラ|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

ビギナー向け用語集
NOWおいしい銘柄


 − 4/8(木) −


コロワイドグループで復活狙う

7421 カッパ・クリエ

 かっぱ寿司展開。コロワイドから社長投入。回転寿司から回転しない寿司屋となり、改革で、ここでいろいろな変化は出てきたが、今のところ業績伸び悩んでいるものの、復活傾向にあり、国内産を多くしたり、さらにキャンペーン強化など、今後に期待。コロワイドグループ入りした大戸屋が、株主優待の相互利用で、大戸屋株主も今後かっぱ寿司やステーキ宮などを使えるようになることから、今後はカッパ・クリエの株主も大戸屋使用ができるという可能性も出てきそう。今後株価は上向きであり、1600-1700円も期待できそう。


国内に競合相手がいないと観測されており、業界内で高い競争力を維持

4176 ココナラ

 個人の知識やスキル、経験に基づいたサービスを売買できるスキルシェアサービス『ココナラ』を運営しているココナラ(3月19日に新規公開したばかり)。株価指標面では割安感はないものの現在の株価には新規上場直後の“過熱感”は感じられなくなっており、ここからは高い成長を評価した買いに支えられた戻りを試す展開を予想する。同社はフリーランスらの仲介大手の一角で約200万人のサービス登録者を抱えている(2019年に創業から7年半をかけて100万人なり、そこから1年半で約200万に増加)。同社が属する個人の技能をやり取りする「スキルシェア」市場は2030年度には最大2兆6000億円になるとの試算がある。「働き方改革」を背景に手に職をつけたり、経験を社外で生かしたい会社員の副業利用も広がり、新しい働き方を支える基盤が厚みを増している。同社のビジネスモデルである出品者がサービスを提示して購入者が買う電子商取引(EC)型でのサービスのマッチングサイトは大手としては国内に競合相手がいないと観測されており、業界内で高い競争力を維持している。2021年8月期の単独業績は売上高にあたる営業収益が前期比36%増の24億2600万円、最終損益は4400万円の黒字(前期は9400万円の赤字)を見込む。



ヒストリカル
3/11
3/18
3/25
4/1

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ


カブーフレンズ見本