デイトレード・株式情報サイト「キッチンカブー」

NOW おいしい銘柄|2438 アスカネット 4777 ガーラ|デイトレ、デイトレード、株式情報ならキッチンカブー

HOME

デイトレード・株式情報_はじめての方へ

株式情報サイトキッチンカブーヘようこそ!

キッチンカブーのメニュー

デイトレード・株式情報_有料サービスのご案内

初歩からの株式投資講座
初歩からの株式投資講座:初心者からプロまで充実の講座内容
デイトレ初心者のためのデイトレード入門講座お申込み
ビギナー向け用語集
NOWおいしい銘柄


 − 5/24(木) −


今期は新規事業の拡大のほか、引き続き高齢社会の到来も追い風に

2438 アスカネット

 デジタル画像処理のアスカネットだが売上高・営業利益・経常利益・最終利益が過去最高を更新した2017年4月期に続き、2018年4月期(6月11日に発表予定)も業績が拡大、続く今2019年4月期も見通しが明るいということもあり、株価にはまだまだ“伸びしろ”が十分にあると予想したい。6月11日に発表される予定の2018年4月期本決算は増収(過去最高を更新)だが、利益面ではやや落ち込むことになったようだ。プロ向けに写真集を作成する事業が伸びたほか、遺影写真加工の受託が好調だったことで売上高は前の期比約5%増となった模様だが、利益に関しては運送料金が値上げされたことで写真集など商品の配送費用が膨らんだことや画像処理部門の人員増などで人件費も増えたことが重しになり、営業利益〜最終利益はそれぞれ3%〜5%程度の減益で着地することになりそうだ。しかし、これは経営の先行きに不安が生じるような減益要因ではないことは言うまでもないだろう。今2019年4月期は新規事業の伸びが期待されている。空中に画像を浮かび上がらせることのできる「ASKA3Dプレート」の樹脂製の製品の試作に成功し、6月からサンプル供給を開始する模様で、新製品の受注拡大によって業績拡大が見込まれている。また、引き続き高齢社会の到来を背景に遺影写真加工の受託も伸びが予想されており、今2019年4月期は再び売上高・営業利益・経常利益・最終利益が過去最高を更新すると観測されている。


戻りチャート人気再燃か

4777 ガーラ

 値ごろ的にもチャート妙味からも、400円台は狙いであり、これからの相場では1-2週間かけて2-3割高狙う。時価は狙いとなりそう。5月11日に決算発表あったが、通期営業損失も赤字幅は縮小した。2018/03連結、2.6億円の赤字。前期から縮小した。売上げ規模が小さく、最終利益赤字では狙わない人も多いが、実際にはいざ浮上すると、地道に下値を切り上げていく可能性があり、これからの数週間では30-60円高も期待。さらに、今後は500円も期待。調整からの反発で確率高い戻りチャートとなった。この位置は狙える。韓国企業の開発したスマホゲームの日本におけるライセンス契約を締結したことから、刺激となっている。



ヒストリカル
4/26
5/3
5/10
5/17

スポンサー










カブーフレンズ

トレーダーズショップ

PHS


カブーフレンズ見本